|―3Dプリンターが変える家づくり

2017年03月14日

3Dプリンタなら24時間で家ができる

nt_170310printerkensetsu013Dプリンタを使い24時間で住宅が建てられる、というこちらの記事を見てビックリしました。

配線は壁をプリントしてから入れるのかな?

使用する部材の種類と数が多い住宅でも24時間でできるってすごいっ!

仮設住宅の建設時に役立つ技術になりそうですよね。

全てが3Dプリンタでできるようになるのは、まだ時間がかかるかもしれません。

でも基礎や軸組だけでも3Dプリンタでできるなら、かなりのコストダウンになりますね〜

この記事の住宅は約115万円ですって。


賛否両論あろうかと思いますが、これまでの概念が覆されるような建築技術の登場は、生活さえも変えてしまうかもしれないと、予測されます。

とかくスピードが速い最近、まだまだ先だよと思っていたことがあっという間に明日のこととなりそうだなぁ・・・


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします  


2014年02月06日

家は建てるのではなく印刷するが、もうそこまで

フード用の3Dプリンターが発売されるとのニュースがこちらに発表されていました。


チーズバーガー、ラビオリ、ニョッキ、クラッカー、ピザ、クッキー、パン、チョコレート菓子を作ってくれるそうです。

 

それぞれのレシピに合わせて、6種類の材料と、圧力、温度をコントロールするそうです。

 

また、スマートフォンのようなインターフェイスを搭載し、ソフトのアップデートやレシピのシェアを簡単にできるようにWi-Fiも使えます!



トースターとかオーブンは要らなくなりそうですね・・・・


14万円ではまだ一般に普及するには高価でしょうが、性能がもっと上がり安くなれば、あっという間にこれまでの調理家電に取って変わりそう。


3Dプリンターってホントすごいなぁと感心していたら、「あなたのマイホームを明日までに3Dプリンターで印刷します」というこちらの記事を発見。


字幕がないけれどこちらのyou tubeも見れば、プリンターがインクを紙に噴射しているかのごとく、コンクリートを地面に噴射して建物ができあがっていく映像がご覧いただけます。


プリンターに転送するデータにミスさえなければ施工途中に瑕疵が起こるわけもなく、休憩時間も要らず、日中だろうと夜間だろうと工事ができるってわけですね。



職人不足が懸念されるこの頃、もしかすると3Dプリンターの普及がそれを補ってくれるかもしれません。


必要な人員は施工したい場所に3Dプリンターを運んで設置する人だけになるかな??



以前の記事に3Dプリンターの家づくりをご紹介しました。

実用化ってかなり早いスピードみたいですね。


ライフスタイルそのものが大きく変わりそうな3Dプリンターの普及。

生きているうちに 「オーブン?トースター?あったねぇ、そんな機械」「家づくりに3か月もかかるなんて、ありえなーい。1千万や2千万なんて高過ぎ〜」という時がやってくるかな。


  • コンピューター上(CAD)でデザインした住宅をそのまま印刷できる。

  • 人の手を介さずに全て自動化されたプロセスで印刷できる。

  • 一般的な住宅よりも安価で丈夫で安全である。

  • 電気配線や配水管の設置なども全て自動化できる。

  • コンポジットファイバーを配合したコンクリートにより、1万PSIの強度を実現できる。

  • 通常のコンクリート構造は3千PSIなので、実に3倍以上の強度を誇る。

  • にもかかわらず壁は中空構造で、資源の節約も出来る。

  • コストをそのままに、柔軟なデザインや曲線を強度を損なわずに具現化できる。

  • 人口過多で住宅建設が間に合わない後進国において、効率良く住宅が建設できる。

  • 必要な資源と排出するCO2を大幅に削減できる。

  • 結果として、材料費を25〜30%、人件費を45〜55%、資金調達コストを20〜25%削減できる。


これが当たり前になると、住宅ローンを組まずとも安価にマイホームを持てそうですよねぇ。


職人も、この業界に関わる職種の色んな人が要らなくなる?


確実に生き方の変化を求められるであろうとことは、予測できます。


どう変化していけばいいか簡単に答えは出ないけれど、どんな変化にも対応できるよう、柔軟な頭と心を養っていかねばいけませんネ



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆



2013年10月15日

3Dプリンターが普及すると模型作りが簡単になる!?

3Dプリンター革命 モノづくり・ビジネスが変わる!
3Dプリンター革命 モノづくり・ビジネスが変わる!


先月ご紹介した3Dプリンターについて、もう少し知りたかったのでこちらの本を読んでみました。

 

建築業界での3Dプリンター普及は、模型など出力する素材が安価なものからかなと思ったら、そのように本にも書かれてました。

 

製造業とは違いスケールモデルを出力することになるので、ある程度のデフォルメなどをかける必要はあるのですが、これまで時間をかけて発泡スチロールで作成していた手間がなくなりますから、設計からコンペ用の立体モデルなども素早く行うことができます。

また、施主へのプレゼントとしても容易に作成することができます。

 

さらに、複雑な構造物の確認などに対しても、建物の任意断面をカットすることができます。

また、製造業とは違い、模型の強度が求められることがなければ、色付きプリンターを用いることで、色分けされた形でよりわかりやすい、モデルを作成することができます。

 

今後、建築業界でも3Dプリンターの活用が進むことが予測されます。

 

 

DCADで立体化された画像やウォークスルー機能でも、平面図だけ見せられるよりはずっとわかりやすいですよね。

 

さらに模型で見せてもらえると触れるから、お客さまにはもっと喜んでもらえるでしょう。

 

いずれ3Dプリンターの普及で単価が下がれば、1棟あたりの模型出力コストは数千円でできるかもしれません。

模型につけたい車や人、植樹、門扉もプリンターで出力できるだろうから、リアルな模型があっという間にできちゃうでしょうね。

 

出始めの頃は3DCADに感嘆の声を上げていたものですが、あれから10数年で3Dプリンターですかぁ。

技術の進歩は早くてビックリですよねぇ。

 

 

まだ実物を見たことはないので、早く3Dプリンターを見てみたいなぁ。

 

 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2013年09月10日

家も3Dプリンターでつくれる時代はすぐにやってくる!?

このところ話題になっている3Dプリンター。

先日こちらのニュース番組で3Dプリンターでなにができるが詳しく紹介されていました。

 

今、3Dプリンターやレーザーカッターなどのデジタル工作機械を誰でも自由に使うことができる市民工房「ファブラボ」が世界中で広がっている。

デジタル化によって、個人のアイデアが容易に形になり、独力で製品化も可能になったことから、第2の「産業革命」とも呼ばれている。

 

 

・通信インフラが整備されていないアフガニスタンで無線LANのアンテナ

・スペインでは分解し、運ぶことのできる木の家(ソーラーパネルで自家発電が可能)

という製造事例がある。

 

プラスチック製のおもちゃを作っているのを他のニュースで見たことがありましたが、そんなレベルをはるかに超え、家までつくれるんですか!?

 

ファブラボを主導している教授によると、

 

私たちは今、製造業の世界に起きている新たなデジタル革命の真っただ中にいる

 

ファブラボにある機械を使えば、家具やラジオ、電話機、コンピュータ、自転車や船、家も作れる。

売っているようなものは自分たちでどんどん作れるようになっている

大量生産というものは最もつまらないものを作っている。

誰もが気に入る無難なものでなってしまうからです。

デジタル製造では一人一人のために全く新しいものを作れます。

 

これからのキーワードはパーソナル&デジタル

この2つが融合しつつあります。

 

パーソナル

大量消費、大量生産、大量廃棄ではなく一人一人が生産と消費を行うこと

 

デジタル

デジタルとはデジタルデータをもとにものを作ること

反対にものをスキャンしてデータにすることもできる

データを送れば、遠いほか国の誰かに作ってもらうこともできる

 

 

「第2の産業革命」の意味がわかった気がします。

デジタルデータがあればなんでも作れるようになっていくとしたら、卸も小売もそういった業態そのものが、これからなくなっていくかもしれない。

 

家でさえつくれることが既に可能なのですから、そう遠くない未来には 「ハウスメーカー?工務店? そんな風に家を作っていた時代もあったよねぇ」と、なるかもしれない。

 

そんなのまだまだ先だよ、なんて考えていたら甘いかな・・・・

携帯のない時代からスマホが普通の最近まであっという間でした。

デジタル工作機械で既に家が作れるんですものねぇ。

 

生きているうちにデジタル産業革命を迎え、今とは違う仕事をする可能性は大いにありそうですね。

 

なにもかもがあまりに早く進みますが、確実なのは今この瞬間。

日々を大切に、来たる時代に向けて変化を楽しんでまいりましょ♪


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気