★イベント運営

2012年05月22日

DIYにはまる女性が増加中

DIY女子部というサイトがあります。

調べたら、昨年3月にOPENしたようです。

 

DIY女子部とは
DIY
の発展に貢献し事業として女子力を発揮できる環境作りを目指します。
女性ならではの目線・考え方・取り組み方法を活かす部活動を行います

 

★★テーマ★★
「楽しくかわいく美しく」 DIY活動をする事です
DIY
女子部のキャッチコピーは DIY☆ラブ! 萌えます
DIY
を愛し そして ドキドキ ワクワク 部活動を楽しみましょう

 

なんとも女性的で、楽しそうな活動ですね♪

 

木工教室を開催している工務店さんから、女性が自由に作る作品は出来上がると「へぇ」と驚かされるような仕上がりが多い、と聞いたことがあります。

発想が画一的にならず、自分に合うものを追い求める女性ならでは、かもしれませんね。

 

木工教室を開催している、あるいは開きたい、という工務店さんは、この女子部のサイトをぜひ参考にされてみてください。

地元の女子部をサポートする、という形で開催しても良さそうです。

 

自分で主催する場合、集客からなにから全部自分でやらないといけないから大変なこともあるでしょう。

でもサポートなら、全部を自分でやらなくてもいいので、開催も継続しやすいのでは。

 

 

DIYって料理に通じるところがあって、はまる女性が多いのもわかるなぁ。

集中して手を動かしなにかに取り組んでいると、瞑想にも似たフロー状態に入れて、けっこうスッキリします。

上手にやろうとか、やらなければいけないとか、そんな気持ちだとそうなり難いですが・・・・

純粋に誰かのため、自分のためと思って懸命に取り組むと、楽しくなりますね。

 

DIYにはまる女性は、今後も増加していくと思いますよぉ。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆

 


2012年05月19日

イベントは、目の前にいてくれる人をねぎらうために

お客さまに会える機会が小売業に比べて圧倒的に少ないこの業界。

それを補うために、見学会や相談会などのイベント開催をする工務店さんも多いと思います。

 

イベントは慣れないと開催し続けるための要領を得ず、毎回どっと疲れるという声をよく聞きますねぇ。

 

何ごともバランスを取るのは大事なこと。

あまりに疲れすぎると、イベントに関わるスタッフ全員がだんだんとイベントごとにやる気が下がり、ややもすると「面倒だから人が来ないと良いのになぁ」など、潜在的にイベントの成功を願わなくることも・・・

 

実はこれが一番、やってはいけないことかもしれません。

 

関わる人すべてができるだけ楽しむ。

義務感や責任感に押しつぶされないように配慮する。

やればいいんでしょ、とやっつけ仕事にならないよう余裕をできるだけもって準備する。

 

そういうイベントに付随する目に見えない背後の空気や関わる人の気持ちを大事にできないなら、する気がないなら、そもそも効果は期待できそうにないような。。。。

 

開催したときの集客数ばかりに気を取られず、全体を引いて捉え、始めから終わりまで気持ちよく実行できるなら、イベントは継続しやすくなるでしょう。

 

私がいつもオススメするのは、イベントは関連業者さんを主役にすること。

 

例えば現場見学会。

工事の仕上がり、それも清掃後をじっくり見てもらうことは少ないでしょうから、見学会当日に家族を連れて、日頃の頑張りを家族に披露&自慢してもらうのです。

職人さんがこうした場に訪れることに慣れると、だんだんと友人や知り合いなども連れてきてくれるようになりますから、そこから紹介が増えるといいですよね。

 

下職にイベントを手伝わせて当然という態度では、いけません。

現場に関わってもらった人の晴れ舞台を演出する、くらいの気持ちで労をねぎらってあげてください。

 

見ず知らずの人をイベントで大量に集客するというのは、費用もそれなりにかかります。

それよりも、既に関わっている人とその背後にいる人と深く出会う機会を作る場にする、という意識でイベントを開催すると、継続しやすくなりますよぉ。

 

まだ見ぬ遠くの人より、今、目の前にいてくれる人を大事にするほうが、長い目で見たら集客の効率は良いです。

そのためのイベントだと捉えると、燃え尽きるほどイベントに肩入れせずとも、コツコツできるのでは??


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2011年11月29日

イベントに活躍しそうなマスキングテープ用ラベルプリンター

マスキングテーププリンターマスキングテープ用のラベルプリンターが発売されていることを、先日知りました。

 


テプラのマスキンテープ版、みたいなやつです。

 

テプラは便利なのですが、替えのテープがプラスチックケースに入っていて、使い終わればゴミになるだけ。

なんだか環境に悪いなぁと思ってました。

 

マスキングテープの替えは紙の芯ですので、同じようにゴミになるとはいえ、まだプラスチックよりはましかな?

 

 

文具屋さんや雑貨屋さんでも様々な柄、素材のマスキングテープが売られ、今や国外でも人気があるみたいですねぇ。

 

工事現場で使われていたこのマスキングテープがこうした雑貨として売られるようになったのには、主婦のアイデアからだったとテレビで紹介されていました。

 

女性のアイデアから新たな視点で世界へとはばたいたマスキングテープ。

私も自宅で壁紙にポストカードなどを貼りつけるときは、お洒落な柄のマステを使ってます。

 

貼り跡が残らないのがGOOD。

 

個人的にもほしくなったこのラベルプリンター。

オフィスでも、イベントでも活躍してくれそう。

エコな印象にも、つながるかも。

 

まぁホントにエコを目指すなら、マステの上から手書きしたほうがいいでしょうが。。。(笑)

さて、物欲にも負けそうなこの弱き心と、どこで折り合いをつけようかしら・・・

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2008年01月17日

イベントは、お客さまと出会うための「場」づくりです

私がおつきあいさせていただいているビルダーさんはモデルハウスを持たず、お施主さんへの竣工引き渡し前に現場を借りて見学会を開催するところが多いです。


いつも大変だなと思うのは工事を予定通りに遂行し、引き渡し準備を兼ね、それでいて集客までいっぺんにやらないといけないこと。


工事期間の天候如何で予定が狂ったりすると、工事に追われて見学会の準備に手が回らず・・・なんてこともあるかもしれません。

こういう集客に専念できない状態で見学会を開催するなら、開催の目的を明確にして、実施するしかないように思えます。

いまどき見学会自体が珍しくないないので、単に集客して受注する「場」と捉えただけでは、見学会パターンを認識している人ともなれば上手にセールスをかわしてくるでしょう。

 

だからこれからは受注の「場」だけではなく、受注はさておき今どうしても伝えたいことを伝える「場」としての役割も必要ではないでしょうか。


とくに耐震偽装問題以降、国も法律や仕組みを大きく見直している最中、一般のお客さんにはまだ認知されていない変化の流れを伝え、いたずらに不安に悩まされないよう啓蒙することが必要だと思います。


少人数でがんばるビルダーがあえてそのためのセミナーを開催するのは負担が大きいですが、見学会会場でついでに開催してはいかがでしょう?

 

ニュースや新聞を読んでも、中立的な立場で変革を伝えているところは少ないように見受けられます。

また、そもそも今までどんな流れだったかわからないから、何がどう変わるのかもわからない、という基本的なところで詰まるお客さんも多いでしょう。

 

プチ・セミナー程度でいいと思うので、「これから建てる人も、もう建ててしまった人も知っておきたい改正基準建築法。来場いただいた方には、なんで知っておかなければいけないのか、をじっくり説明します」などのようなコピーと共に、自分の住まいが建築法とどう関わるのか多くの人に知ってもらいたいから、事務所より大人数を収容できる見学会会場にて開催しますなど開催理由を書き添えれば、見学会に来場する理由が明確にできます。

 

小規模ビルダーにはこうした「場」のとらえ方、活用方法を見学会開催前にじっくり練り、予算を抑えて効率的に集客することも検討してみてくださいね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
今週も人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2007年03月13日

イベントも活用次第

952aa9cd.gif

明日、14日はホワイトデーですね。

バレンタインにチョコもらってないから関係ないよ、で済ますには勿体ないかもしれません。

お客さまのところに顔をだす時は、こういうイベント時の方が記憶に残りやすいからです。

普通の日に販促品を持参してもたいして記憶に残らないかもですが、誕生日とか引渡しの日とか、明日のようなホワイトデーの日は、カレンダーと関連付けて記憶に残る確立も上がるでしょう。

 

何もない日のご挨拶より、ホワイトデーにかこつけて訪問するとか、お客さまとのアポにギフトをお渡しするなどすると、印象がグンとUPすること間違いなし。

奥様だけに限らずお嬢さんがいらっしゃる場合は、どちらにも差し上げてくださいね。

 

もちろん職場の女性スタッフへのギフトもお忘れなく。

例えバレンタインに貰ってなくとも、年に1回くらい感謝の意を込めて。

 

こういうイベントも斜に構えて眺めずに、大いに活用してくださいね。

活用次第で相手に好印象の記憶を抱き続けてもらえるなら、活用しきゃ損ですよ。

 

 今週も人気ブログランキングに投票してね


ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気