★ツール選び&活用方法

2016年01月23日

施主さまとの写真共有はどのサービスが便利?

スマホが普及してから施主さまが建築中の現場を訪れた際、たくさん写メしたものをメール添付で質問と一緒に送信してくる、なんてことも増えたかもしれません。

メールでのやり取りの場合は送受信時の容量制限もありますから、エラーが発生することもあるでしょう。

現場管理用のクラウドサービスが増え、そういったサービスに加入していればメール添付なんて面倒なことしなくてもいいのですが・・・

そうでない場合、大量の写真を容量気にせず、料金負担もなく、OSを気にせずやり取りするなら、グーグルフォトの共有か、iosデバイスで使用できる共有フォトストリームのいずれかがオススメです。

今やパソコンを動かしている基本ソフトであるOS(オペレーションシステム)のWindowsとMac。

スマホやタブレットならAndroidとiosと、4つありますね。

その4つのOS、いずれからも写真を簡単にUPするならグーグルフォトが操作は簡単です。

ただし、グーグルで無料アカウント取得が必要。 

あとはAndroidとiosにグーグルフォトアプリをインストールし、取得したアカウントでサインインすれば、 Androidとiosのスマホで撮影した写真はグーグルフォトにUPされます。

UPされた写真の中から好きなのを選んで「共有」を設定すればURLが発行されるので、それをメールの本文にコピーすれば、受信した人もそのリンクをクリックするだけでその写真を見ることができます。

iosデバイスで使用できる「共有フォトストリーム」も似たような操作手順にはなりますが、
Windowsのパソコンに保存した写真をUPするために、icloud driveのソフトをパソコンにインストールしておかないといけません。

そうなると一時的に
icloudの容量を食うので、無料分の5GBギリギリの空きしかないと、UPできるか微妙かな。

グーグルはパソコンにアプリのインストールは必要なく、容量無制限かつオンライン上の操作のみで簡単に写真がUPできるところが、楽チンです。

少し費用をかけてもいいなら、先日サービスが始まったばかりの容量無制限のAmazonのプライムフォトもいいかも。

プライムサービスが年額3900円で、このサービスの中に音楽配信と映像配信が含まれ、加えてこのフォトサービスが始まりました。

音楽と映像はストリーミング配信となりWiFiかモバイルデータ通信を使用するけど、例えば見学会ではBGM代わりに音楽を使用、子供用の映画やアニメも充実しているので、映像は打ち合わせ時に子供に見てもらう、という使い方もできるでしょう。

Amazonのプライムサービスはかなり使えるから、オススメ

とまぁ色々お伝えしましたが、詳しい操作はネットで検索するとこれまたわかりやすい画像付きでたくさんヒットします。

ご質問いただければ操作のヘルプもしますので、どうぞお気軽に


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします  

2013年01月24日

色を通して伝わるイメージに強く意識を向けてね

ツール制作時のアドバイスとして、あなたのテーマとなる色を決めたほうがいい、ということはいつも強く言わせてもらっています。

 

色に興味がない人にはピンとこないかもしれませんが、人の記憶に残る印象として「色」の影響は実に大きいです。

 

林家ぺーとパー子夫妻を思い浮かべてみると、よくわかるのではないでしょうか。

 

彼らを思い浮かべれば、ピンク色も一緒にイメージに浮かんできませんか?

 

もし林家夫妻にテーマカラーがなく、毎回違う色とテイストの服を着ていたら、メディアへの露出度はおそらくもっと下がるのではないでしょうか。

人々に残る記憶もまた、今とは違うかもしれませんね。

 

 

さて、テーマカラーが既にある、あるいはこれから決めるときは、その色の意味もご自身でよく把握されてください。

 

ネットで検索するとあらゆる角度から色の意味がわかるでしょうから、ピンとくるものをしっかり覚えておきましょう。

 

オレンジハート例えば私はオレンジがテーマカラーです。

オレンジは社交の色、快活、陽気、楽しさを表します。

洞察力や挑戦という意味もあります。

場を盛り上げるならオレンジということで、大工や職人さんを応援したい私にはぴったりかなと。

 

ビルダーナースとしての活動を始める前にきっちり調べたわけではなく、直感でオレンジしかないなと思ったのでそう決めたのですが、後に調べてみるとこうしてピッタリだったと自画自賛(笑)

 

そんな感じでもOKですので、色を決めたらその意味も調べ、ご自身の方向性と合うか確認されてくださいませ。

 

後付けでも、色に込めた想いを何かに書いて伝えるのもいいでしょう。

 

価格や技術、性能の訴求だけでは比較されやすいですが、色は視覚や体感覚に訴える記憶が強いので、あなたの人間性を垣間見せるには、優れたツールだと思います

 

これまで意識されてない人も、既に意識されている人も、「「色」に例えるならなんだろう? この色の意味は?」と、自問する回数を増やしてください。

 

色を通して伝わるイメージに強く意識を向け、個性をより際立たせてほしいです。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2012年11月03日

 ブランディングは心から

ブランディングについて工務店さんたちと雑談したときのこと。

 

巷にはブランドについてのビジネス本があふれているし、ブランディングが流行りの傾向にあるようですが、どうなんでしょうねぇ、と賛否両論飛び交いました。

 

認知度=シェア、売上げ

ハウスメーカーを見てもそう単純な図式になってないと思うのですが、何を目指してブランドと捉えるのかを自分の中で決めた方がいいのでは、と思います。

 

知名度の高さがピカイチでも、実際のメーカーシェア率って3割くらいですよねぇ。

戦後70年かけて大量の人や資金を投資し大手と言われるようになっても、いまだメーカー全社合わせて5割にも届かない。

 

必ずしも認知度の高さと売上が一致するわけではないので、そこを狙ってブランドとしたいなら、その方法は大丈夫かちょっと心配です。

 

会社組織として知名度を上げても、そこが売上と比例するのは限界があるってことは既に証明されてた、と捉えてみてはどうでしょう。

 

スマートハウスだなんだと、どれだけ技術的に先進な家を建てるとしても、その工程は超アナログ。

現場に関わる職人ひとりひとりの地道な作業なくしては、どんな家も建ちません。

 

だから表に出て評価されるべきは、ブランディングすべきは、そのひとりひとりの職人ではないでしょうか。

 

工法や設備、デザインなどだけのブランディングという方法もあるでしょうが、これだけ流れの早い現代では、次から次へと新しいものが生み出されるのも早く、こだわったものがすぐに古く感じられるかもしれません。

 

 

 

自分以外のものをブランドとして高め追い求めても、答えは自分の外にない。

ということにいつか気づくまでは、自分以外のものをブランドとし、自分と向き合えるまで準備しているんだろうなぁと思います。

どんなに自分の外に答えを求めても、描いた通りにならないと心底わかるそのときまで。

 

 

ひとくちにブランディングといっても、表に見えるような広告や販促物だけのことを言うわけではなく、本質は心の方にある。

ということをわかった上で取り組めば、期待以上の効果がでると思いますよぉ。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2012年10月23日

小ロットで綺麗に印刷してもらう名入れツールを作るには

住所ラベルがほしくてVistaprintというサイトから申し込んでみました。

 

オンライン上で試しに文字入れしたり、フォントや文字色を変えながら確認しながら簡単にできて楽しいっ。

 

自分でプリンタを使って作ることもできますが、フルカラーで出力するとインクがすぐなくなってしまうんですよねぇ。

そうたくさんは必要ないですが、綺麗に少しほしいとなると、印刷屋さんに頼むほどでもない。

 

そういうときにこういうサイトは便利です。

一度頼むと割引券やらキャンペーンのお知らせがすぐメールで届くので、はがきや封筒やらをまた注文しちゃいました。

 

手持ちの画像を使うことも、たくさんあるテンプレートから選ぶこともできるので、それもいいですね。

 

自社に合う名入れした事務用品や販促品を選ぶのに、試しに小ロットで注文してから吟味を重ねていくのに、こういうサービスはありがたいかも。

 

理想はやはり自社エリアの専門業者に頼み、仕事を介してまた人間関係を深めることですが、その前段階で自分の好みや概算を知っておくのに利用するには、ネット上でのサービスって本当に便利ですよねぇ。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2012年05月17日

ノウハウは、自分の良いところを伸ばすために利用するもの

すぐに効果の出るノウハウを教えてくれないんですか、というようなニュアンスのことを言われる度に、自信とノウハウについてこう説明しています。

 

自分の良さをよく知り今の自分に自信を持ちそれを最大限に活かすとき、ノウハウは役に立ちます。

ノウハウを活用し効果が出てから自分にもっと自信が持てる、と思っているならその日は遠いかもしれません。

 

学校でも家庭でも職場でも多くの場合、「今のあなたで充分だ、素晴らしい」と言われることよりも、「もっとなにかを学び、習い、改善し、習得しないと不充分だ」と言われることが多かったでしょう。

 

私たちは知らず知らずのうちに、「今の自分では不充分である」という刷り込みをされてしまっています。

 

だからその不充分な自分を充分にするために絶えず新しいこと、ノウハウ、テクニックを得るか、改善し続けないと充分でなく、周りに認められない、と潜在的に不安を抱える傾向にあるんですよね。

 

悲しいかな、この刷り込みは強烈で、「あなたの良いところ、好きなところってどんなところですか?」と私が相手に聞くと、ほぼ99%の人が固まって、答えに窮します。

 

逆に、「足りないところ、もっとなにかをプラスした方がいいところってどんなところですか?」と聞くと、スラスラ答える人ばかりなんですが・・・・

(ただし、外国人は日本人と逆のことが多いですね。聞いてもないのに自分がどれだけすごいか延々と話せる人が多いです。)

 

実際はマイナス地点にいるわけじゃないのに、自分で自分は常にマイナスと思っている人が、ちょっとしたノウハウを得てどれだけプラスされるのか。。。。

足してもまだマイナスかもしれません。

 

冷静に引いて考えたら、既にかなりのマイナスなところに、1つや2つちょっとなにかをプラスしたところで、大きな変化が期待できるわけもないと、わかりますよね??

 

それより、既にプラス地点にさらに足していく方が、どんどんプラスされて気持ちが良くなりそうでしょう。

 

そう、最初からプラス地点にいればノウハウの効果は最大限に発揮できるのです。

 

それには、自分で自分の好きなところ、良いなと思えるところ、これはイケてると思えるところを列挙できないとしたら、ノウハウ以前にまずそれを探してください。

1つや2つじゃないですよ、列挙です。

数限りなく挙げてみましょう。

そのことに抵抗や羞恥心があるなら、かなり強い刷り込みというか洗脳に侵されている状態です。

悪いことを探すのも、良いことを探すのも、労力は同じ。

力の向かう方向が反対というだけで。

 

ノウハウは、その列挙した自分の良いところをさらに伸ばすために利用する。

色んなノウハウが世間に出回っているけれど、全ての人に同じものが合うわけではありません。

自分に合うものを選んで使うと、効率的ですよ。

なので私はノウハウに興味がある人に、「あなたの良いところ、好きなところってどんなところですか?」と始めに聞くのです。

それがわからないと、チョイスできないですからぁ。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2011年08月20日

ipadを営業ツールにしようと思うんだけど、どう?

ipad2ipadを営業ツールにしようと思うんだけど、どう?

 

新しい道具を使おうという意欲は素晴しいです。

 

でもね、現在の道具をちゃんと使ってる?

ここは、きちんと確認した方がいいですよ。

 

特にネット系のツールに興味を持って流行を追う人。

ときどきいらっしゃいるのですが、メールを出しても返信なし、たまに返ってきても素っ気ない文面。

 

道具が最新のものに切り替わっても、習慣は簡単に変わりません。

目先だけ新しいのを使って悦に浸るより、その新しいツールを使うことで期待されることはなにか、を考慮し実践できるようになってから導入しても遅くないと思います。

 

プレゼンがしやすい道具を使ってお客様の前でプレゼンしたからといって、契約できるまでの期間が短くなる保証はありませんしね。

 

むしろそんな期待を前面に押し出したら、逆効果でしょう。

 

映像や3D画像を見ればわかりやすいのは確かですが、理解度が増す=決断が早まる ではないですから、ご注意を。

 

人間は誰しも習慣の蓄積によって人生が形成されていきます。

決断の仕方も、その人のこれまでの習慣によってパターンが決まっていると言えます。

 

元々決断が遅い人に、最新の道具で最短での決断を迫っても、ストレスに感じて断られるのがオチですよぉ。

 

最新の道具や環境に流されて決断するタイプの人には有効でしょうが・・・・

 

道具ありきで決断を迫るのではなく、相手の決断パターン・速度をまず観察し、それに合う道具を使い分けて接するほうが近道だと思います。

 

なので、ipadが功を奏すかどうかは、相手の決断パターン・速度に拠るため、場合によっては嫌がられる可能性があることは頭の片隅に入れておいてください。

 

と、冒頭の質問に答えたらとても驚かれました。

 

デジタルな道具が人に与える感覚は「早い」です。

早いことに慣れている人にはそれが「快」であっても、慣れてない人には「不快」になりますからぁ。

 

だから単純に、新しいツールを追うのは返って危ないんですよ。

できればデジタルもアナログも両刀ツール使いで、相手によって使い分けられる器用さを身に着けてくださいね。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2006年05月09日

インプットの質を上げるために、アウトプットしよう

閉塞感を感じるというビルダーさんに、「せっかく転換期ですので、その過程を今一度整理してブログへ掲載されたらいかがでしょう?」とちょっとしたアドバイスをしました。

 

それがきっかけでさっそく過去を振り返りながら記事を書き始めたそうです。

 

そうしたら「自分の頭が非常に整理され」「書いている途中で新しいアイディアもわいてくる」ようになったとうれしいご報告をいただきました。

それまでの記事よりブログランキングも上昇したとのこと。

 

ちょうど事業の転換期で、これからどんな方向を目指そうか迷いがあったようですが、ブログがきっかけで視界が明るくなったみたいで良かったですね。

 

何がきっかけとなるかは人それぞれでしょうが、とにかくやってみるという姿勢はとても大事です。

やらなければ何も始まりませんし、生み出せません。

 

アドバイスはほんのきっかけです。

そのビルダーさんはちょっとのきっかけを自分のモノにしようと動いたことで、明るい兆しが見え始めたのだと思います。

 

行動力があれば、道は開ける!

(がんばってくださいねー。引き続き応援しています。)

 

行動をおこすのにたくさんの時間とお金をかけないとなると、踏み込めません。

 

だから「書く」こと、特に無料で始められるブログをすすめています。

 

アウトプット(書く)するには、インプット(読む)しないと続かないもの。

 

「書く」ことで思考スピードが早まり、より多くの情報を得ながら頭の中で考えがまとまっていきます。

文章が上手いか下手かは関係ありませ〜ん。

 

究極の目的はそのビルダーさんの言う通り、「書く」ことで自分の頭を整理するためなのです。

そのためのツールは、自分に合うものを選べばいいですよ。

 

人気ブログランキングにご協力ください


ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気