|―コミュニケーションスケッチで打合せ

2012年01月14日

描いて見せて暮らしのイメージを広げよう

Thing201201連載は終わったのですが、Thing編集部さまのご好意で毎回最新号をいただいております。

(編集部のみなさま、いつもありがとうございます。)

 

7月号から始まった「簡単!コミュニケーションスケッチ」から第4回目、「部屋をつなげて描いてイメージを倍増させよう」をご紹介します。

 

描く範囲を広げると暮らしのイメージが広がる

コミュニケーションスケッチの描き始めは家全体ではなく、お客様が気になっている箇所や部分、または部屋から描いていきます。

なぜかというと、いきなり全体から描いていくとお客様の気になる要素を見落としてしまうことがあるからです。

またスケッチの大前提は、お客様の要望を確認・共有し、不安を解消すること。

そのため、部屋と部屋のつながりや空間の広がりまで1枚の紙に描けるようになると、説得力と信頼感は高まります。

 

目の前で描くから確認、納得できる

2部屋を描くスケッチの進め方は、家具や設備から描く場合や、床や壁から描く場合などケースバイケース。

ここで手前に描く空間は、お客様が気になっている家具をソファと想定して描いていきます。

奥になる部屋は床、壁から描いた方がバランスがとりやすくなります。

実際には、状況に応じて家具からか、床からかを組み合わせて描いていきます。

時にはスケッチの途中で1枚の紙に収まりきれない場合も出てきますが、その場合は紙を継ぎ足せば大丈夫です。

 

また、打ち合わせの中でスケッチを進めながら仕上げていくため、最終的に線が入り乱れて多少ゴチャゴチャした印象のスケッチになってしまう場合がありますが、黙々と描くわけではなく希望を聞きながら、そして説明しながらスケッチを描いていくのであまり問題になりません。

実際に描いて見ると「なるほど」「こんな感じになるんだ」等、図面だけよりは打ち合わせが盛り上がります。

どんどん描いて、きめ細かなコミュニケーションを実現し、お客様に安心感を提供しましょう。

 

 

図面だけ見ての打ち合わせってあんまり面白くないんですよねぇ。

暮らしをイメージにするには、やはり自分がその空間で実際に動いているのをイメージできることが必要だと思います。

 

それだとじゃあ3Dで、となりやすいでしょうが、コミュニケーションスケッチの「お客様が気になっている箇所や部分、または部屋から」という大事なとこが抜けやすいかもしれません。

 

限られた敷地や予算の中で、お客様がもっとも力を入れたいところはどこか、その優先順位を探ったほうがいいはず。

それにはコミュニケーションという視点で、お客様の中にある潜在的要望を引き出し、それをハッキリさせるというステップが欠かせないですよね。

 

となると、スケッチが一番簡単でわかりやすいかな。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2011年10月29日

「暮らしの要素」を描いてイメージを明確にしよう

Thing201111-2Thing11月号の「簡単!コミュニケーションスケッチ」は、「「暮らしの要素」を描いてイメージを明確にしよう」というタイトルで、暮らしのイメージをふくらませる設備や建具などの描き方について紹介されていました。

 

初期の打ち合わせでは、平面図に設備や家具、建具などを配置して暮らし方を考えながら間取りを決めいきます。

このときにお客様とイメージを共有するのは案外難しいものです。

お客様は平面図ではほとんど立体を想像できないからです。

その結果、あいまいなイメージのままに家づくりは進み、途中で何度も確認、検討が必要となってしまいます。

 

そんな余分な手間を解消するのが、今回のスケッチ術。

前回紹介したテクニックで部位から描いたスケッチに、設備や建具、家具などの「暮らしの要素」を描き加えてお客様のイメージをより具体化します。

 

お客様は平面図ではほとんど立体を想像できない」というのは、まさに!ですよね。

 

女性は特に・・・・。 私も頭の中は2次元ですから、平面だけから実際に建ったときを想像するのは無理です。

自信を持って できません と宣言します(笑)

いくつもの平面を見慣れているせいか、慣れで多少は想像できるようになりましたが、それでも想像できる人の10分の1レベルもないと思います。

 

だからお客さんが同じように想像できないでいながら、それを造り手に告げられず、延々と一方的に間取りの説明をされ、それをつまらなそうに聞いているときの気持ちがよ〜くわかります。

 

イメージ通りじゃなかった、とこりゃ工事後でクレームになりそうだな、と脇で一緒に話を聞いていて思うことは多々ありました。

まぁ受注できればの話ですが、こういう場合、それに至らないことも多いですねぇ。

 

そんなことにならないためにも、こうしたコミュニケーションスケッチで、イメージ通りかどうかをきちんと確かめるといいでしょう。

 

Thing201111-3例えばキッチン。

 

「羊羹」のような箱型を描いてコンロ部分とシンクの線を加えればキッチンに。

最後に水洗金具を太く濃く描けば完成です。

 

上手に描くのが目的ではなく、イメージをきちんと伝え、こんなはずでは・・・・と、住まい手と造り手の双方がならないようにするのがコミュニケーションスケッチ、というのがいいですよね。

 

 

どうして立体を想像できない素人相手に平面図だけ、それも縮小されたもんで、数千万のも受注しようとするのか。

とってもおかしいことがまかり通ってしまっているこの業界。

 

スケッチでもCADでパースや鳥瞰を作るでもいいので、もっと相手の理解度を確認し、資料はきちんと揃えてほしいなぁ。

 

景気が悪いとか、先行き不安などの社会的要因も大きいでしょうが、このへんのことでせっかくの機会を取り逃がしながら、己を省みない造り手が多いのもまた事実ではないでしょうか。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2011年08月25日

L型ソファがあるリビングの描き方

Thing201109-2前回に引き続きThing9月号の「簡単!コミュニケーションスケッチ」という連載の紹介です。

 

L型ソファがあるリビングの描き方

 

01:まず、リビングの主役・L型ソファを描く

ソファの描き方を応用すれば、L型ソファが簡単に描けます。

輪郭線の長さを変えれば3人掛けのソファをL型に組み合わせたよう。

それぞれに背もたれの要素を組み合わせたら、完成です。

直角部分は、そのままでコーヒーテーブルになります。

 

02:床と壁の線を加えるだけで、リビングに

1に、部屋の入隅を示す線(基本の3つの線)を加えれば、シンプルなリビング空間に見えます。

 

さらに!

描いた分だけイメージが広がる・伝わる

2に、床や壁の線を伸ばして天井の線を加えて。

お客様と雑談しながらランプや収納、TVなど要素を足していけば、新居のイメージが具体的に伝わります。

 

 

練習してみると、L型ソファもすぐ描けましたぁ。

ただ、描く位置によって基本の3線(垂直・右上がり・左下がり)がきちんと平行になっていないので、まだまだ練習をしないと・・・

 

小道具をプラスしてよりリアルに見せる達人技に到達するのはいつのことやら。

 

スケッチの際のトークの基本は話すことより聞くこと。

お客様7割に対して自分自身は3割ぐらいの分量で「聞き上手」に徹します。

また、雑談しながら描いていきましょう。

 

ですので、上手に描くよりも聞くことが大事。

描きながら聞くにも、練習を積んで慣れないと難しいですねぇ。

描き始めるとつい描いている方に集中してしまいそう。。。。

 

Thingは会員誌となりますので会員にならないと読めません。

会員になって「Thing」を読みたい方は

トステム株式会社トステムハウジング研究所

(TEL)03-3638-8133

まで、お問合せくださいませ。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2011年08月23日

家具を描くには、豆腐が描ければOKよ

Thing201109連載は終わったのですが、Thing編集部さまのご好意で毎回最新号をいただいております。

(編集部のみなさま、いつもありがとうございます。)

 

7月号から始まった「簡単!コミュニケーションスケッチ」から第2回目、「お客様目線の「家具から描く」術で引きつける をご紹介します。

 

前回の手法では、すでに平面図があることが大前提となります。

そこで今回は平面図がなくてもメモ感覚で描ける、初期段階の打ち合わせで役に立つ「家具から描く」スケッチ術をリビングを事例に紹介します。

 

特徴は、お客様が気になる部位にスポットを当てて描くため、手早くイメージさせられること。

また、新築はもちろん、部分的なリフォームプラン提案の際にも役に立つということです。

 

基本:「豆腐」が描ければ大丈夫!

家具の基本形。

この「豆腐」を元に、ソファやベッド、リビングテーブル、座卓などいろんな家具が描けます。

前回説明した基本の3つの線「垂直線」「右上がりの線」「左下がりの線」が描ければOK。

 

 

私もこの「豆腐」を描く練習をしてみました。

できました!(笑)

「豆腐」が描ければOKなら、私にも家具が描けそう。

練習中なのですが、下手くそでもそれっぽく見えるようには描けますね。

何回も練習すれば、それなりに見えるように描けるかも・・・・

 

淡い期待に心が躍ります♪

 

連載の著者、長谷川さんのホームページにも見本のスケッチがUPされていて、参考になりました。

スケッチ絵話検定、というのもあるんですね。

これはちょっと勉強してみたい。。。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2011年06月30日

コミュニケーションスケッチの基本的な流れ

Thing201107-01前回に引き続きThing7月号の「簡単!コミュニケーションスケッチ」という新連載の紹介です。

 

コミュニケーションスケッチは作品ではないので未完成のスケッチでOK。

お客様の話を聞きながらメモを書き加えて確認を取ったり、少しずつ描き加えたりして要望に近づけばいい。

 

とのことですから、あとは練習あるのみですね。

 

基本的な流れとして5ステップで説明してくれています。

 

Thing201107-0201:まず平面図を斜めに描き直す

提案プランがあったら、それを斜めに描き直します。

そのときのポイントは「見せたいところ」を上(上座)にして描くこと。

 

02:立体は3つの線からできている

まず入隅、出隅から縦の線を立ち上げ、天井線を平面図の壁の線と平行に描きます。

立体は3つの角度の線「垂直線」「右上あがりの線」「左上がりの線」だけで描けます。

 

Thing201107-0303:建具や家具も描き方も同じ

建具や家具もやはり平面図から壁を立ち上げたときと同じように、縦線と斜め線で描いていきます。

できるだけシンプルに。

椅子は背もたれだけで充分です。

 

04:家具をひと通り描いて完成

この段階でほぼ完成です。

慣れれば短時間で、住宅空間としてイメージできるスケッチが描けるようになります。

階段は角度に気をつけて描いてください。

 

05:小物と陰影で雰囲気アップ

今回の講座の最終目標はこのスケッチ。

カーテンや観葉直物を描き、グラデーションが入れば立派なパースです。

打合せ内容を書き込めば、お客様の心はもうあなたのものです。

 

3つの線種「垂直線」「右上あがりの線」「左上がりの線」だけで描けるというのは、嬉しいですね。

下手でもバレないかも・・・

私もちょっと練習してみよう。

 

次号も楽しみだなぁ。

Thingは会員誌となりますので会員にならないと読めません。

会員になって「Thing」を読みたい方は

トステム株式会社トステムハウジング研究所

(TEL)03-3638-8133

まで、お問合せくださいませ。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2011年06月28日

コミュニケーションスケッチを覚えよう

Thing201107-01連載は終わったのですが、Thing編集部さまのご好意で毎回最新号をいただいております。

(編集部のみなさま、いつもありがとうございます。)

 

7月号から「簡単!コミュニケーションスケッチ」という新連載が始まりました。

初回は 「その場で描く」だけでお客様とわかりあえる 編です。

 

口下手でも大丈夫。「手を動かす」ことが重要

 

「仕事は丁寧だし設計も素晴しいけれど接客が苦手」というビルダー様を多く知っています。

そういう方は「オレは口下手だから・・・」と営業が苦手なのを口下手のせいにしています。

けれども実は、接客の善し悪しは話の上手い下手ではありません。

かえって話が上手いとお客様は警戒心を抱きかねません。

むしろ聞き役に徹して、お客様の話をじっくりと聞きながら相槌ぐらいは打ってその場でどんどん絵(=スケッチ)を描けばいいのです。

それが「コミュニケーションスケッチ」なのです。

 

プラン提案のスピードアップが図れる

 

初期段階の打合せでは要望がまとまっていないかもしれません。

そこで、コミュニケーションスケッチの出番です。

まずはお客様の話を聞きながら簡単な間取りプランを描きます。

そして気になるところや興味のあるところを、家具や設備、建具を盛り込んだスケッチにして描いていくと「そうそう」「こんな感じになるね」「いや、違う」等々、図面だけよりは面白いように盛り上がります。

 

特に、「ここはこうじゃない。違う」ということを初期段階で確認できるのが、コミュニケーションスケッチの一番のメリットかもしれません。

お客様にとって、打合せの数日後のプレゼンやCGのパースで提案されるよりも、目の前で話しながら具体的にイメージしやすいスケッチで要望を確認できるため、満足度・納得度は高まります。

また、お客様の参加意識が芽生えやすくなります。

 

 

単にスケッチではなく、コミュニケーションスケッチと表現する理由がよくわかりますね。

お客様に要望を聞くために、「ヒアリングシート」を用意して書き込んでもらうような対応をするケースは多いでしょう。

それが、目の前で話をしてもらいながらイメージの空間を描いてもらえたら、お客様にとっても初めてでビックリな感動かもしれません。

 

それにはちょっと練習が必要ですけど、スケッチの上手さを競うわけじゃないから、実践していけば自然と上手になれそうです。

 

特に間取り図だけで立体をイメージしにくい女性は多いですから、このコミュニケーションスケッチをすると、奥様がたのウケもググンとUPすると思います。

 

 

事例の紹介は、また次回に。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気