★国内旅行紀行

2016年11月05日

三段峡に行ってきました

IMG_0145紅葉を見に、広島でもメジャーな観光地「三段峡」に初めて行ってきました。

国の特別名勝でもあり、フランスのブルーガイドでも三ツ星なだけあり、スケールも大きく綺麗でしたよぉ。

全部歩くと1日がかりになるし、平地を歩くより渓谷のUP&DOWNはしんどいのでバスを使ってショートカットしちゃいましたが(笑)

それでも3時間以上は歩いたかな。

澄んだ空気を吸いながら良い運動ができ最高でした。

渡し舟に乗りたかったのだけど、さすがに見頃とあって大混雑。

IMG_0142舟は諦め滝を見にかなり歩いたら、この絶景です。
広島来てからあちこちの滝を見ることができ、あ〜ホントに幸せ。
自然が創る美しさに勝るものなし、といつもしみじみしちゃいますわ。

最近は特に山でマイナスイオンたっぷりの空気を吸うと、体中の細胞が喜ぶ感じがします。
頭もスッキリするんですよねぇ。

こんなところが市内から渋滞もない高速で1時間程度であちこちにあるのだから、いいよなぁと毎度感心なんです。



IMG_0140完全な紅葉には1週間くらい早かったかもでしたが、ところどころ色づいていたから、秋を満喫できました。


これからは牡蠣もおいしい季節。

美味しく食べて楽しく遊ぼう、と友人とまた次の約束をし解散です。
(いつもありがとう

健康であちこち歩き回れること、優しい友に恵まれたこと、豊かな自然がたくさんある土地に住めること、渓谷を歩きながらたくさんの幸せに感謝でき、今回も素敵な旅となりました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします 

2016年08月09日

奥出雲の「鬼の舌震い」を見てきました

鬼の舌震い02連日のすさまじい太陽に、もうバテ気味のこの頃。

「暑いけど、綺麗な渓谷でも見にいこか〜」というお誘いにはホイホイとついていくことに・・・
(いつもありがとう

まだまだ観光地としてメジャーではない奥出雲に、そこ(鬼の舌震い)はありました。

入り口の案内看板に、2キロの遊歩道で歩いて見て回れるとあります。

最近できたばかりの吊り橋にはガンガン陽が照りつけ、正直「うわぁ、これじゃ暑すぎて最後まで歩けないかも〜」と内心冷や冷や。

鬼の舌震い04でも一歩山に入り遊歩道を歩き始めたら明らかに体感温度が下がり、ところどころ谷間からのヒンヤリとした風が気もちよかったぁ。








鬼の舌震い05山と言えど両サイドは岩山で、上から大きな石が落ちてできた壮大な谷間が、こんな感じで延々と続いています。

時間をかけてできあがったのでしょうが、見る角度によっては人の顔やネコやサルの顔に見えるような石もあり、笑ってしまった。。。





鬼の舌震い06いったいどうやってこんな大きな石が落ち、直立しここに着地したの?という不思議なこちら。

渓谷を渡って反対方面にも行けたので、360度方向からまじまじと見ても、よくわかりませ〜ん。






鬼の舌震い07岩山なので土は少なさそうなのに、こうして固い岩盤の隙間からもなにかの木々の赤ちゃんが芽を出す様子に元気をもらいました。



 



V字の渓谷を両サイドからグルリと見て回れるというのもなかないし、なにしろスケール大きく、圧巻な見ごたえでしたので、季節を変えてまた行きたいねということに。

紅葉のシーズンはさらに最高だろうなぁ。

出雲といえば大社様が有名だけど、他にも景色の綺麗なところ、見ごたえ充分なスポットがいっぱいあるんですよねぇ。

私のお気に入りは車で広島から島根に入ると、なんか途端に道中の集落が小ぎれいな車窓からの眺め。

古い民家でも屋根は手入れされ、歩道も雑草やゴミがなく、人の姿は少ないのに寂しい感じが全くない、なんかほんわか暖かい雰囲気なのです。

ドライブしているだけでもリラックスできますよ。

神々の里だからなのでしょうか、「気」が良いように感じます。

奈良や京都とは一味違う、訪れればなにかを感じるエリアであるのは間違いないっ。

今年の秋は出雲をもっと散策したい、と同行の友に告げると「よっしゃ、また行こう」と快諾いただけました。

暑さに負けず、体力を温存し、紅葉シーズンの備えなくっちゃ〜 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします  

2016年06月14日

棚田と滝に癒されてきました

吉賀町001先月、東京では久しぶりに街中だけを歩き回っていたせいか、山が猛烈に恋しかったです。

広島に戻る前に友達から、帰ってきたら好きなとこ連れってあげるよ〜と嬉しいお誘いがあったので、遠慮なく連れて行ってもらいました





吉賀町002今回は島根の吉賀町というところに、景色の良い棚田を見ながらちょこっとハイキングへ。

ここも棚田100選に選出されており、綺麗でした。

ちょうど田植えしたばかり。実ったらさらに綺麗でしょうね〜
室町から江戸時代にかけて築かれた棚田とあって、歴史もあります。

今のようなエンジン式の道具もない中、ゼロから山を開いて棚田を築くのにどのれほどの苦労があったのか・・・

吉賀町003そんな見事な景色を見ながら散策中、木の枝にヒモのようなものを大事そうにぶら下げて歩いている人に遭遇。

そんなに大事なヒモなの??と、私が不思議そうな顔になっていたせいか、先方から話しかけてくれました。

「これ?マムシだよ、マムシ。持って行くか?やるぞ」

「えーーーっ?持って行くって、どうするんですか?これ?」

「干して乾燥してからあぶって食うんだよ、いっぺんに食っちゃダメだよ、少しずつな、いっぺんに食うと強いから危ないぞ」

「おいしいですか?」

「おいしくはないかなぁ・・・」

なんてマムシ談義を楽しみ、写真を撮らせてもらったものの、お持ち帰りは遠慮しました。

人生初の生マムシご対面で、おもしろかったぁ。


平栃の滝シメは滝。

山と言えば滝、中国山脈の山は見所のある滝があちこちにあります。

それも貸切みたいに人が少なくて、絶景を独り占めできちゃから最高。

今回は道中の観光地図にあった「平栃の滝」を探し、見てきました。

もうジメジメしてきたから山道登るのはちょっとしんどかったけど、滝に着いた途端にきんきんに冷えたクーラーの室内に入ったかのような爽快感。たまりませんっ。

他には誰もおらず、しばしマイナスイオンのシャワーを浴びてスッキリです。

すぐにビルやお店が変わる都心の活気ある雰囲気も嫌いじゃないけれど、こうして自然が見せてくれる繊細で緻密な変化はやっぱり飽きないな。

特に滝を眺めていると、勢いある水の流れの音と共に心がスーッと軽くなるから不思議。


また次も景色の良いところ行くよ〜といつも連れて行ってくれる友達にも心から感謝

どこにいても楽しい時間を共有できる友がいる幸せ。一番の贅沢ですネ 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします 

2016年05月28日

江戸東京たてもの園に行ってきました

実はこの一ヶ月半ほど東京に滞在しており、先日広島に戻ってきました。

急に行くことが決まり荷物もあまり持っていけず、PCも持っていけずでブログも書けなかったのですが、その分いろんな方とお会いさせていただき実り多い時間でした。

お会いしたい全ての人に会うことは叶わず、この点は残念・・・

今回お忙しい中お付き合いいただきました皆様、本当にありがとうございました。

江戸東京たてもの園さて、かねてより行きたかった「江戸東京たてもの園」に、大工の親方Kさんにご一緒いただきました。










前川國男邸写真では何度も見ていた前川邸、素敵です。
緑があるから映えますね。
これが隣地との境界線ギリギリで緑がなく、隣にローコストビルダーの安そうな外壁の家が並んでたら台無しだよなぁ、などと思うのは私だけじゃないよね(苦笑)






三井八郎右衛門邸01すぐ近くに三井財閥のお屋敷があり、財と腕を尽くした室内はこれまた圧巻でした。

前川邸もスタイリッシュですが、室内に入った時の重厚感や安定感は三井邸だなと、あちこちの建物を一気に見られるので体感しての比較が実に楽しかったです。

江戸・明治・大正・昭和の建物を同時に体感できるって、ディズニーランドやUSJより楽しい

ぜひまた行かなくちゃっ。

Kさんとも業界話に花が咲き、あっという間のひと時でした。

ご自身の良いところって、自分じゃなかなか見えないもんだなぁ、、、

大工という職人さんの場合、営業系の住宅を販売している会社とは伝え方を変えないと、その良さが一般のお客さんには伝わりにくいんですよね。

その方法を重点的に伝授させていただいので、これからさらに迷いなく楽しく突き進んでいただけるでしょう。

Kさん、お時間作っていただきありがとうございました。

ホントに楽しくてあっという間でしたね〜

またお会いできる日を楽しみにしてます

 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします

2016年02月23日

旧海軍の見事な洋館を見てきました

(前回の続き)

旧呉鎮守府司令長官官舎01牡蠣祭りの後は呉にある国の重要文化財になっている「旧呉鎮守府司令長官官舎」に連れていってもらいました。

ここ呉の鎮守府は造船と造兵部門の最重要拠点だったそうです。


明治23年築の木造平屋建て、東の洋館部と西の和館部からなり、外観はイギリス風ハーフティンバー様式です。

外観の重厚感通り、室内もこれぞ明治の洋館という趣で素敵でした。

旧呉鎮守府司令長官官舎02写真からでは立体感が伝わりにくいのですが、和紙からつくられた壁紙(
金唐紙)が圧巻。

版をつくるために木を削り、そこに和紙を巻いたら水をくべながら和紙に柄がのるまで版に打ちつける。

それが終わると柄の入った和紙に色をのせ、完成したら柄を合わせながら壁にはる。

とまぁ、はり終わるまでどれだけかかるのか・・・・気の遠くなる工程だ。

旧呉鎮守府司令長官官舎03おかげで壁紙自体の素材と立体的な陰影がかもし出す雰囲気は、自然と背筋がピンと伸びてくるような心地良い緊張感さえありました。

造作も丁寧で和室と廊下でつながっており、和と洋をきっちり分け、どちらもコストと手間がかかっているのがよくわかりました。

現代から見ればあんまり軍の施設という雰囲気ではないような・・・

呉と言えば大和ミュージアムのほうが有名かなぁ。

そちらからでも徒歩15分程度ですので、こちらもぜひご覧あれ。

呉細うどんさて、呉のうまいもの筆頭である海軍カレーや呉冷麺は既に食したことがありましたが、細うどんは初めてでした。

海軍など忙しく働いている人に早く提供するために麺を細くしたのが始まりだそうです。

天かすに見えるのはきつねを小さく切ったもの。

注文してから3分以内には出てきたし、お値段も450円とお安く、あっさり薄味で美味しかったぁ。

絵下山から広島市内帰りには絵下山(えげざん)山頂から広島の市内を見下ろしてきました。

瀬戸内の景色も好きだし、こうしてなだらかな山に囲まれ、海と山に挟まれた土地であることがよくわかるこの景色も大好きです。

今回も楽しく学びながら知らなかった土地の魅力に出会え、充実した旅でした。

旅仲間に深謝

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします    

2016年02月21日

木造船の古里、倉橋島に行ってきました

倉橋島01いつもお世話になっている旅仲間に牡蠣祭りに連れて行ってもらいました。

毎年1月から2月にかけて、毎週県内のあちこちで開催されています。

島巡りもかね、今回は倉橋島に。

お目当ての牡蠣は、焼き・フライ・飯・うどんなどメニューは様々ですが、地元のかたも楽しみなのは、採れたて産直販売のようです。

「剥き身がグラムで○○円ならこっちが安いわ〜」などの声がちらほら聞こえましたが、首都圏で販売される値段に比べれば、広島ではどこのスーパーで売っているのも安いですけどねぇ。

帰るときに私も買おうと思ったら、あっという間に売り切れちゃいました

もちろん毎度のように「よー食うね」と呆れられながらがっつり食べてきたので、お土産用の確保がなくても大丈夫。

倉橋島02食後の散歩に海を眺めにいったら、なんとまぁ綺麗な水だこと。

高知じゃないけど、同じ桂浜だけあって風光明媚でした。

そして全く知らなかったは、遣唐使船の造船所があり、ここから遠路はるばる唐に学びに出航していたこと。

造船歴史博物館には大きな
遣唐使船のレプリカから戦国時代の船、昭和初期までの木造船の模型がズラッと並び、技術の推移がよくわかりました。

倉橋島04現代のような豪華客船も素敵だけど、木造船は職人技の造作が緻密で美しいです。
(模型は写真撮影NGだったのが残念、左は遣唐使船)


さて、桂浜から一旦大阪湾に向かい、奈良の役人たちを乗せ瀬戸内海から奄美大島を通り唐へ。

唐は内陸のため、中国大陸に着いてもまた歩くという気の遠くなる旅路を経て学んだことを持ち帰ってこそ、今の日本がある。

歴史の授業では遣唐使派遣が何回あったとか、いつ頃だったとか、そんなことは習いましたが、こんな風に船が造られ、ここからどうやって出発したかが今回よくわかりました。

当時の政治を担っていた方々の命がけで唐に行き、学んことを生かしてこの国を良くしたいという情熱が伝わってくるようで、じーんときます。

倉橋島03牡蠣が目当てでしたがこうして歴史にも触れ、絶景も眺められ、いにしえの熱い想いを感じ、やっぱり島はいいっ

全国的にはまだまだ知られていない名所が、たくさんあります。

この後、趣の異なる名所へ立ち寄りました。それはまた次回に〜



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします    

2015年06月13日

旧割元庄屋の古民家に魅せられて

匹見峡01梅雨の晴れ間で暑くなり過ぎないうちにと、旅仲間にまた山に連れて行ってもらいました。

今度は島根の匹見峡という渓谷へ。






匹見峡02こういった景色がまだ続くの?まだあるの?と驚きのスケールの大きさで、渓谷の美しい景色に圧倒されました。








旧割元庄屋02また途中、遠目にも茅葺の立派な住宅が見え、気になって立ち寄ったらこれまた圧巻。

「旧割元庄屋」という、江戸時代には村の租税の取立てから治安の確保まですべてを統括していた美濃地家のお宅でした。

保存されている古民家の多くは当時でも裕福な家柄だと思いますが、このお宅は裕福のレベルが違う 。

旧割元庄屋01これは神棚。
これだけで参拝のしがいがありそうですよね。
こんなに豪勢な神棚は初めてお目にかかりました。







旧割元庄屋03柱・梁もなんとまぁ。
これだけの材を中国山脈の山の中、ここまでどうやって運んだのか・・・ 







旧割元庄屋04大正持時代に大きな修繕をしたようで、そのときに造ったのかもしれませんが、今見てもお洒落な和モダンな造りつけ収納。 
これほしいっ。






旧割元庄屋05これぞお金持ちの証、書院造り。 

この他、脱衣所の襖には金粉で描かれた絵がうっすらと残っていたり、欄間の造作が素晴らしかったり、全てレベルが普通の古民家とは違っておりました。

それでいて成金的な匂いがせず、全部がセンス&品良くまとめられている感じ。

しかも無料で見学させてくれているのも驚き
維持はとても大変だと思われますが、今なお大事にされている雰囲気も伝わる素敵なお宅でした。


広島に住んでから気づいたことがあります。

それは、こうして西方面(関東より)はあまり有名ではないけど歴史的に古いものが至るところに多い 。

そしてスケールが大きい。

でもそう有名ではないので、そんな名所のどこを見ても人は少ない、場合によっては貸切状態です。

だからいつもものすごく得した気分なんですよねぇ

今回はいつもと趣向を変え、勘に従った行き当たりばったりツアー にしてみたところ、ツイてました。

計画的でも無計画でも、山に行けば景色は最高、なんかいいことあるね〜

と、いつでも楽しい旅行ができるのも豊かな中国山脈のお陰です。

そしていつもながらの仲間に感謝。ありがとう

これで今年の夏もなんとか乗り切ろうっ。


 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆  


2015年05月26日

棚田と滝に魅せられました

仁井の棚田広島にあるという綺麗な棚田の風景写真を見て、行ってみたくなりました。

こういうときは、毎度のように旅仲間に「ここ行きた〜い」とリクエストし、連れて行ってもらいます(いつもとっても感謝です、ありがとう)

日本の棚田百選とCNNが選んだ「日本の最も美しい場所」31選、に選ばれたというこの風景は、ホントにとても美しい。

また田植えしたばかりでもこの景色。実った時はさぞや・・・・

龍頭の滝近くには「龍頭の滝」というこれまた綺麗な滝があるというので、ハイキングもしてきましたよ。

久しぶりに澄んだ空気、マイナスイオンをたくさん浴びると気持ちいい〜









龍頭の滝なんだかすごいオーラを発しているこちらの木からは、エネルギーをもらいました。











漬物焼きそば最近この地区で力を入れている新たなB級グルメ、「漬物焼きそば」も意外に美味しかったです。

白菜の漬物の塩気が焼きそばといい具合で、けっこうイケる。

いずれ全国区でも有名になるかな??


市内から1時間くらいで渋滞もなく、現地ではすれ違う人もほとんどなく、ちょっと行ってすぐ帰れる距離に風光明媚な場所がたくさんある。

それが 広島のいいところ。

まだまだ行ってないところあるんだよねぇ、あそこも行きたいし、ここも行きたいと旅仲間に話したら、「そんなにいっぺんに行けないでしょ、まずは2・3箇所くらいにしぼりんさい。順番に行ってあげるから」と笑われました。

素敵な仲間と楽しいおしゃべりしながら自然に浸る。

そんな最高の時間に深謝です。

さて、次はどこにしようかしら・・・・ 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆  

2015年04月04日

やっぱりいいなぁ、田舎暮らし

古民家レストラン01岡山に程近い山里にある古民家レストランまで、お花見を兼ねて旅仲間とドライブしてきました。

広島市内の桜は満開になったと同時に大雨で、あっという間に散り始めてしまいましたが、山の桜はちょうど満開で綺麗でしたよぉ。

渋滞もなくスイスイ2時間も走れば空気の綺麗な山里に行けるって、地方都市のいいところだなぁと思います。

古民家のオーナーさんも綺麗な環境を求め今の土地を購入し移住されたそうで、これまでの生活との違いを色々伺うことができました。

古民家レストラン02まずは地元の人に認めてもらうというのが大変だったとのこと。

時間をかけて打ち解けてきた今は、農作業を手伝う変わりに新鮮な採れたてをたくさんもらったりと、食材には困らないそうです。













古民家レストラン03そんな地元のお野菜たっぷりのお食事はどれもおいしかった〜。









古民家レストラン04近所で捕れたというイノシシ肉のスモーク は絶品!

言われなければイノシシかどうかなんて、わかりませんねぇ。

アッサリして噛み応えもあり、パクパク食べられますっ。





古民家レストラン05食の安全が脅かされつつある昨今、誰が作ったかわかる地元で採れた新鮮な野菜を、料理上手な人の手でアレンジしてもらって、美味しい空気の中、楽しい仲間と食べる。
最高の贅沢ですね 

まだ本格OPEN前で、お客さんが本当に来てくれるかなーと心配そうだなオーナーでしたが、こんなに美味しければすぐ予約でいっぱいになってしまいそう。

豊かな自然を味わうとか、穏やかな時間を過ごすということに、価値を感じる人は多いですものね。

憧れの田舎暮らし&古民家生活に触れられて、また夢が広がりました。

素敵なひと時をありがとうございました

 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆  

2014年07月08日

神戸でフクロウと美味いものめぐりの旅してきました

神戸旅行01久しぶりに地元の友達と神戸で待ち合わせ、神戸と大阪をあちこち一緒に巡ってきました。

ミッションは南京町のおいしい中華と粉もんをたらふく食べること

 

 


今回一番のヒットは、フクロウカフェの
初体験。

 

そんなカフェがあるとは知りませんでしたが、首都圏じゃけっこう流行ってる??

 

通りすがりに偶然カフェを発見し、「これは行かねば!」と1時間ワンドリンク付きで1000円を払い店内に入れば、赤ちゃん以上に大きいフクロウ、さくらちゃんのお出迎え。

 

撫でていいと教えてもらうも、始めはこわかったなぁ

 

神戸旅行02それはフクロウも同じようで、こちらの恐怖心が伝われば、撫でても嫌そうに右に左に移動してました。

この時広げる羽が大きくて、威厳たっぷり。

 







神戸旅行03小型から大型まで様々な種類のフクロウがおり、撫でると気持ちよさそうに目を閉じるのもいれば、「
触るんじゃねぇ」オーラ全開のもいて、性格も色々なんだとよくわかる。

 







神戸旅行04なんだか顔が「
太陽の塔」に似ているこちらの赤ちゃんフクロウが私はお気に入り。

 

目に映るすべてのモノを追いかける姿が踊っているようで、陽気な感じでした。

ひとしきり踊ったら疲れ果てて眠りこけたのが、またかわいいっ。

 

 




道に迷ったらその辺の人を捕まえて聞きまくり、おいしそうな店を教えてもらうのにあちこち
話しかけ、道中なにか困れば地元の人にたくさん助けてもらいました。

 

地図とにらめっこしてたら、わざわざ道を教えに来てくれた方もいて、人の温かさが身に染みた良い思い出です。

 

関西弁ってのがまた癒されますね〜

 

若い頃と違って予定をぎっしり詰め込んだ旅ではなく、けっこう行き当たりばったり、ゆったりのんびり、その土地の人と触れ合いながら街を巡るというように、少し旅のスタイルも変わってきたなぁ

 

そのほうが今この瞬間を楽しめ、直感も冴えわたり、美味しいものに出会いやすいことを実感。

 

美味しいものを食べたいという欲求が、偶然選んだ道で行列店遭遇とか、道案内の人出現とかを引き寄せてくれたと思う。

 

神戸旅行05おかげでミッションも無事にコンプリート!

Uちゃんのおかげよ、いつもありがとう

 

引き寄せってホント、リラックスしたほうが効果あるなとわかったので、これからの日々にこの経験を活かさなきゃ〜

 



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆    


2014年04月22日

八重桜もいいですね〜

造幣局八重桜01広島の造幣局では毎年この時期、八重桜を見ることができます。

 

花見と言えばソメイヨシノばかりでしたけど、八重桜もいいですね〜

 

とは言ってもぜんぜん八重桜のことは知らず・・・・

 

 



造幣局八重桜02八重桜は昔から生育する桜を長い年月かけて品種改良し、観賞用としたものが多く、その種類は多数にのぼっています。

これらの八重桜はいわば人が作り出したものですから、よく整った環境の下で人手を掛けなければ良い花をつけないといわれています。

 






造幣局八重桜03局内には57品種あり、1本1本に品種名が掲げてあれど、似たようなものもあって違いがよくわからなかったりして。。。。(苦笑)

 








造幣局八重桜04はかなげなソメイヨシノと比べると、色鮮やかでこぼれ落ちるような花弁は元気ハツラツ。

たくさんエネルギーもらえたなぁ。

 

 






八重桜造幣局05花見の後はちょっと贅沢に懐石料理をいただきました。

 

知らなかったことを知り、自然から元気をもらい、おいしいものをお腹いっぱい食べる。

 

生きてて良かった、楽しいなぁ、っと。

 

日々の幸せに感謝

 

 


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2014年04月10日

宮島お花見散歩

2014宮島01東京から仕事で広島に来ていた友人と宮島へお花見に行ってきました。

(いつもありがとう

 

ひょうっとしてもう終わりかけかなぁと思ったら、見事に満開の枝垂れ桜に遭遇。

 





2014宮島02桜を愛でつつ牡蠣を満喫。

これだけで贅沢な気分に浸れます。

 

 







2014宮島03ロープウェイで弥山に上がるも、この日はクリアに瀬戸内海が見渡せず。

でもせっかく来たし、山頂まで少しきつい道のりを歩きました。

 








2014宮島04登りきったらまたも満開の桜に会えて、疲れも吹っ飛ぶ。

 

360度のパノラマビューで瀬戸内海と本土を見渡せる景色は、それだけで心静まりますねぇ

 

せわしない都心と違いゆったり時が流れる宮島に、友人も深く癒されたと喜んでくれました。

 

リラックスしたい、もっとのんびりとした気分でいたいと願っても、自分の身を置く場所があまりに早い時間の流れだと、影響を受けずにはいられません。

少しでも離れてみると、いかに影響を受けているのか俯瞰できますね。


 

2014宮島05私も広島に住んでからようやく自分の時間軸をスローダウンできるようになった気がします。

やはりそれにはある程度の期間が必要でした。

 

そんなことや近況について話をしながらのんびり散策とお参りができ、またひとつ宮島の良い思い出となり、友人に感謝です。

 

またいつか会える日まで、お互い幸せでありますように

 

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2013年10月19日

食欲の秋とコスモス巡り

秋を楽しもうと花が綺麗な公園に友人に連れて行ってもらいました。(いつもありがとう


広島市内から車で2時間弱、庄原にある国営備北丘陵公園へ。



庄原01庄原はこの頃「庄原焼き」という独自のお好み焼きでも有名と聞き、これは食べねば!とまずはお店探し。


街中に行けばすぐ店がわかるかと思ったらそうでもなく、観光案内所に駆け込みました。



勢いよく「美味しい庄原焼きのお店教えてくださ〜」と駆け込んだもんだから驚かれましたが、美味しいものを食べるためならなんのその。


店を教えてもらい電話して場所を確認する姿に、「すごい執念だね」と友人が大笑い。


その甲斐あって元祖庄原焼きのお店で美味しくいただけましたよぉ


そば」ではなく「豚キムチチャーハン」入り、「ソース」ではなく「ポン酢」で。


地元産の豚肉やネギ、キャベツ、餅がたっぷりで腹持ちの良い1枚でした。


焼きおにぎりが丸ごと、納豆、トマトなど、お店ごとに独自に入れる具材が違うのが特徴だそうです。


お好み焼きも奥が深く、新たにどんどん進化していくんですねぇ



庄原02さて、公園ではコスモスが綺麗に咲き誇り、圧巻の景色でしたぁ。









庄原03コスモスといえばピンク系をイメージするのですが、交配して作ったという世界的にも珍しい黄色のもあり、これも可愛らしかったです。








庄原04背が低いオレンジ系の小さいコスモスもありました。

こんなに種類があるとは知らなかったわ・・・・・








庄原05この他公園で少し早い紅葉を見つけました。









庄原06広大な敷地にきちんと手入れされた庭や花々。

車を気にせずのんびり歩きながら花を愛で、木々とお話し、とてもリラックスできスッキリしました。


これからの紅葉シーズンも楽しみだな。

冬が来る前に、思い切り自然と戯れたいです。





今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2013年08月22日

滝とうどんを堪能した旅でした

昨日、一昨日と、日帰りで旅行に行って来ました。

 

一昨日は滝が5つもあるという山口県の寂地峡へ。

広島県と島根県と山口県の県境近く一体が、登山やキャンプができる公園になっていると案内に書かれています。

それからよ〜く地図を見て、県境ってこんなだったのねと確認。

おぼろげだった地理が鮮やかに頭に入るこの瞬間、実際に足を運ぶと脳内がクリアになるこの感覚がたまらなく楽しいです。

 

さて、5つの滝は名前にそれぞれ龍が付いて、なんともご利益がありそうな・・・・

 

龍尾の滝下流の「龍尾の滝」では水遊びができました。

暑い気温の中、冷え冷えの水に足を入れると体温が一気に下がり元気になれます。

 


登龍の滝登龍の滝

 



白龍の滝白龍の滝

 

 


龍門の滝龍門の滝

 






龍頭の滝龍頭の滝

 

広島市内からのんびりドライブで1時間半程度のところでこんな絶景が見られ、またまた「ここはいいところだ」と実感。

海に出れば多島美、山に行けば滝。どっちも近くていいわぁ。


 

香川うどんの旅01昨日は香川に住む友人を訪ね、一緒にうどんを食べてきました。

香川の高松まではちょっと遠く、高速バスで瀬戸大橋を渡り片道4時間弱かかります。

 

香川うどんの旅02本場で食べる讃岐うどんはやっぱり美味しい!

お出汁が薄味だからどんどん食べられるなぁ。

 

その後はあまりの暑さにブラブラ観光する気になれず、のんびりカフェでお喋りし、楽しいひと時を過ごしました。

 

高松駅のすぐ近くに港があり、小豆島など観光フェリーが出ているので涼しくなったらまた遊びに行きたいな。

初の香川県も満喫し、これで四国は全部行けたわ。

 

こうして旅を楽しめるのも付き合ってくれる友がいてこそ。

本当にありがたいです。いつもありがとう♪

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2013年06月11日

宮島と出雲へ観光案内してきました

横浜から友人が泊まりに来てくれたので、はりきって観光案内をしてきました。

(遠くから来てくれてありがとう)

 

宮島&出雲大社01まずは宮島。

厳島神社はもちろんですが、やはりロープウェイで弥山にのぼり瀬戸内の絶景を眺めないと・・・・

お天気にも恵まれ、海の色が一層青く見えました。

島々の曲線が柔らかく優しい感じ、と友人もこの景色に感動。

ロープウェイでのぼる途中、鳥の鳴き声がとても綺麗で、そのあまりの綺麗さに「テープでも流してるんじゃないの?」と疑いましたが、生の鳴き声でした。

そんな質問をした係員さんに返って驚かれてしまいました。

ちょっと都会的なひねくれた物の見方に反省です(>_<)

 

宮島&出雲02翌日は遷宮したての出雲大社へ参拝へ。

新道ができ広島から便がよくなったとは言え、車で3時間くらいはかかります。

今回はバスツアーに参加。

 

はるばる来たと思うと、参拝できる嬉しさもひとしおですね〜

宮島&出雲03いつもは入れない御門内への参拝もできました。

 




宮島&出雲04以前私も連れて行ったもらった日御碕の景色を友人にも楽しんでもらい、感動を共有。




宮島&出雲05関東にはなかなかないスケールが大きいこの景色は、何度見てもいいっ。

 

もちろん、牡蠣やお好み焼き、出雲そばに寿司などなど食もしっかり味わい、山陽と山陰の魅力に浸ってもらいました。

 

関東では出回っていない「あらめ」や「いたわかめ」を買い込み、買い物も楽しみ、お互いにご満悦。

 

テレビでは何度か見ていた観光地も実際に足を運び雰囲気を味わうと、またさらに惹かれると友人が言ってくれました。

我が家のベランダから見える山の景色も羨ましがってくれ、私も嬉しかったです。

 

自然、それもスケールの大きい雄大なところが多く、かといって人がそれほど多くないのでゆったり観光ができ、ホント最高っ。

安くて美味しい食べ物も豊富だし、帰りたくなくなるわけね、と納得されてしまいました。

 

バスツアー中でも広島市内を散歩していても、気軽に地元の人が話かけてくれるのも楽しかったなぁ。

 

また友人に来てもらえるよう、おすすめエリアを探索しておかなきゃ〜

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2013年04月11日

高知の名所巡りは最高でした

あいにくの雨と風が強いときに重なってしまった高知旅行ですが、それにもめげず楽しんできました。

 

2013リョーマの休日04鍾乳洞のある「龍河洞」では、スケールの大きい洞穴をじっくり歩きましたよ。

10万年前にできた・・・・などと聞かされるともうどれだけ昔のことか想像もできません。

弥生時代に人が住み着いた跡がありましたが、ここは山の上にあるようなロケーションです。

道も整備されていない山あいでどうやって発見したんでしょう。

すごいですねぇ。

 

2013リョーマの休日05龍馬さまにももちろん会ってきましたよぉ〜

テレビで見たことのあるこの銅像。

間近で見てそのでかさにちょっとびっくりでしたぁ。

 

桂浜に来た時は晴れていても風が強く、いつもより水が濁ってるとのことでしたが、それでもこの絶景。

2013リョーマの休日06どこから撮っても絵になります。

凪の日に来てゆっくり日向ぼっこしたいなぁ。

 



2013リョーマの休日07初日はいぶしてもらった鰹のタタキを食べましたが、今度は自分でいぶしてタタキをつくりました〜

もちろんお店の人に教えてもらってですけどね。

5分もしないでできたタタキを切ってもらい塩でいただきました。

いくら食べても飽きないわ

2013リョーマの休日08あまりに美味しそうに食べる私に仲間が分けてくれ、苦しいくらいに食べちゃいました。

 



2013リョーマの休日09旅の最後は高知城近くで開催される「日曜市」で新鮮野菜をお買い物。

毎週こんなにお店がたくさん出る青空市があったらどこも流行るだろうに・・・・

1000円もあればかなりの野菜が買えちゃうんですよ。

 

自然と食が豊かな高知にすっかり魅了された旅となりました。

またぜひ訪れたいです。

今回も仲間に加えて下さった方々、案内下さったNご夫妻に深謝☆彡

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2013年04月09日

リョーマの休日を楽しんできました

週末に旅仲間と一緒に高知へ行ってきました。(いつもありがとう)

私の目的は「本場で鰹のタタキを食べる」でしたが、それ以外にも観光や食を楽しめ大満足。

 

2013リョーマの休日01到着したのは夕飯時。

広島から瀬戸大橋を渡り3時間半くらいだったかな。

 

 


2013リョーマの休日02ちょうど高知城でイベントを開催しており、桜のイルミネーションに照らされ、城が艶やかな雰囲気に包まれていました。

ただのライトアップならよくありそうですが、桜が散る感じで花びらがヒラヒラと揺れる城の壁は素敵。

昼間に見る城のこわもてな感じと違い、なんだか色っぽかったです。

 

2013リョーマの休日03夕飯には「ひろめ市場」という屋台村のようなところで、鰹のタタキをいただきましたぁ。

その場で藁でいぶした鰹をすぐ切身にしてくれ、塩で食べます。

昔はポン酢でいただくのが一般的だったけれど、この頃は塩が人気だそうです。

鯨やウツボなども美味しくいただいて幸せ☆彡

 

リョーマの休日どこも「リョーマの休日」というポスターがあちこちに貼られていました。

なんかいいですねぇ。

高知といえば龍馬ですものね。

千葉の印象なんて今やディズニーランドだもんなぁ。

オリジナルなもの、歴史的なものが少ない千葉で育った私には、こうして歴史がある場所に憧れます。

 

では続きはまた次回〜

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2013年01月12日

レモンで有名な瀬戸田を散策してきました

瀬戸田2013-01昨日、旅仲間と瀬戸内の離島、「瀬戸田」をゆっくり散策してきました。

最近は瀬戸田レモンが全国的に有名になってきたかな?
この時期はレモンや柑橘フルーツで島が黄色とオレンジで彩られ、綺麗でしたよ〜

 

瀬戸田2013-02お目当てはかねてより行きたかった平山郁夫美術館。

瀬戸田は画伯ご出身の地なんですよねぇ。

有名なシルクロードシリーズだけでなく、子供時代の絵日記や、デッサンなどが多く展示されていました。

まるで実際に描かれた人物が動き出すかのような雰囲気の絵日記は、とても小学生が描いたとは思えないくらいで、衝撃です。

有名な作品よりも、こうした展示の方が面白いですね。

 

 

瀬戸田2013-03こんなところにこんなものが?という驚きの風景にも出会いました。

イタリアな(?)雰囲気のここは、実は寺の敷地内。

耕三寺というちょっと変わったこの寺は、他にも日光やら平等院やら薬師寺やら色んなところを真似てつくった建造物ばかり。

なんでもアリのごちゃまぜ感がかもし出す独特の雰囲気が、面白かったです。

瀬戸田2013-04ぶっ飛んでる、という表現がぴったりかもしれません(笑)

こういう寺は初めて見ました。

 



瀬戸田2013-05一方、室町時代に建立されたという向上寺は重厚で、堂々たる威厳。

国宝の三重塔は素晴らしかったです。

同じ島内にこのような対比となる寺があるというのも、面白いですね。

 

 


瀬戸田2013-06ランチには名産のタコを定食でいただき、大満足。

ジューシーなタコ天はやみつきになりそう♪

 


瀬戸田2013-07フルーツショップではレモンや八朔を買い込みました。

 

帰りには温泉にも寄ってのんびり。

今回も瀬戸内に元気をもらったなぁ。

 

いつも連れて行ってくれる旅仲間に感謝☆

次はどこに行けるかしら・・・


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2012年11月17日

もみじを見に宮島に行ってきました

桜と同じく、もみじが見頃を迎えたかどうか、毎年秋はワクワクしますね。

 

昨年はこの時期に宮島に行けなかったので、見頃ニュースを聞きつけ昨日行ってきました。

 

2012秋宮島01宮島と言えばまずは鳥居でしょうか。

 




2012秋宮島02お次は鹿たち。

子供の鹿はお母さん鹿の後を鳴きながらついて行ったりして、かわいいですね。

キュルキュルゥゥゥ、となんとも切ない鳴き声にグッときます。

 

 

2012秋宮島03さて、島の中に「もみじ谷公園」があり、そこをブラリとお散歩してきました。

真っ赤なもみじや、橙のもみじ。

赤になりきれないのもあって、それぞれに色の具合が違い、面白いですよねぇ。

ホント、自然ってすごい。

 

赤は情熱の色とも言われる通り、ピンクの桜を見たときのなんともほんわかした気持ちになるのと違い、真っ赤なもみじはなにかこう腹の底から力がみなぎる感じがします。

2012秋宮島04肌寒い空気を頬に受けながら、お腹のあたりが熱いような・・・・

 

しっかりB級グルメを満喫したから、お腹が熱くなったのもあるでしょうけどね(爆)

 



2012秋宮島05ボリューミーで種類も豊富なちくわは美味しいです。

 




2012秋宮島06焼き牡蠣も最高ね。

1個200円だからリーズナブルですし。

 



2012秋宮島07揚げもみじ饅頭もイケます。

 

ちょうどお天気に恵まれ綺麗にもみじを見られ、ラッキーでした。

 

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2012年10月11日

三原・尾道散策に行ってきました

三原・尾道散策01昨日、友達たちに三原と尾道へのドライブに連れて行ってもらいました。

土地勘もなければ、どこにどんな名所があるのかサッパリわからない私には、行くところ全部初めてで楽しかったです♪

 

三原・尾道散策02まずは静かで広い仏通寺

京都っぽい雰囲気でした。

臨済宗(禅宗)の一派である佛通寺派の総本山(一時期は天龍寺派に属していた。京都五山の南禅寺と同格であった時も。)

 

三原・尾道散策03紅葉の時期は混雑するようですが、シーズン前だったのでほとんど人がおらず、貸切り状態でじっくり見て回れました。

 



三原・尾道散策04近くには昇雲の滝があり、ここも見事な景観。

水の音に心癒されます。

 



三原・尾道散策05三原から尾道へと向かう途中、道の駅の看板を見かけたので寄り道したら、美味しいタコ天丼にありつけましたよ。

三原は瀬戸内有数のタコの産地なんですね。

 


三原・尾道散策06尾道に着いたら有名な千光寺公園へ。

千光寺山からの景色はこれまた圧巻。

島の向こうにまた島が見え、これぞ瀬戸内、どうだこの多島美、という感じでしょ。

こういう眺めには毎度ながら見惚れます。

三原・尾道散策07平地にいるときはあまり意識しませんが、少し高いところに行けばこうして島並みを見渡せるので、そのときは「今は瀬戸内に住んでるんだよなぁ」と実感する瞬間でもあります。

 


三原・尾道散策08広島へ戻る前には本場で尾道ラーメンを食べました。

お魚のだしが効いてめっちゃ美味しかったです!

 



三原・尾道散策09そして幻想的な夕焼けを眺めながら家路に着きました。

ありがたいことに旅の思い出がこうして少しずつ増えていっています。

それも連れて行ってくれると友人らのおかげ。深謝

 

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2012年09月27日

出雲で古を感じながら散策してきました

(前回からの続き)

島根大人のキャンプ06キャンプの翌朝は、夕飯の残りのオニオンスープにお米を入れたリゾット、ピザ、フルーツ盛り合わせ、豆腐サラダ、ヨーグルトという豪華な朝食をいただき、テントを撤収。

 

夜中激しく雨が降ったり、アクシデントが起こりましたが無事に解決でき、良い思い出になりました。

 

出雲散策01ここからは出雲観光へとドライブへ。

かねてより参拝したかった出雲大社へ連れて行ってもらい、しっかり感謝をしてきました。

縁結びの神様の地で仲良し鳩カップルに遭遇できたのも嬉しかったなぁ。


出雲散策02白い鳩に会えるなんて滅多にないので、ツイてます!

式遷年宮の工事中で、完成は来年5月とのこと。

またぜひそのとき参拝したいです。

 


出雲散策03お次は日御碕(ひのみさき)。

出雲の松島と言われている綺麗なこの景色。

写真だとわかりにくいですが、海の水が澄んでいてとても幻想的な雰囲気でした。

福井の東尋坊も良かったけれど、ここはもっとスケールがでかいっ。

出雲散策04圧倒される景色の雄大さと、人が少なくまったりできる贅沢を味わえ、お得感もいっぱいでした。

 



出雲散策05この近くの日御碕神社も良かったです。

特にこの上からの眺め。

向こうに海が見え、下は森に囲まれ、あたかも森に浮いているかのように見えるこの感じ。

出雲には神話を物語るこうした古い神社があちこちにあって、いいですよねぇ。

関東からだとなかなか遠く不便で行きにくいので、広島にいる間にもっとあちこちを回ってみたいな。

まぁ広島からでも出雲までは車で3時間はかかるんですけどね。。。。

 

日本には本当に素敵なところがたくさんあるな、と改めて実感できた旅となりました。

自分の知っていること、経験したことなんて、小さいもんですね。

それを体感するためにも、あちこち巡るのは勉強になります。

そんな機会を下さった旅のメンバーに深謝

次はどこにしようかなんて話も出たので、そのときを楽しみにしてます。

またよろしくお願いします

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2012年09月25日

島根で「大人のキャンプ」をしてきました

週末に島根の三瓶山というところでキャンプに連れて行ってもらいました。

キャンプ歴うん十年のベテラン隊長とプロのシェフ率いるハイグレードな大人のキャンプ。

私は盛り上げ係としてついていくだけだったのにも関わらず、島根ビギナーなのであちこち観光もしてもらい、贅沢な旅となりました。

 

島根大人のキャンプ01まず道中は石見銀山へ。

千葉に住んでいた頃、間歩を見に散策したことがあるのですが、町並み地区は今回初めての散策です。

かねてより行きたかった群言堂でウィンドウショッピングができて楽しかったぁ。

庭の雰囲気も素敵ですよね。

島根大人のキャンプ02ここに来ないと味わえない雰囲気の価値をしっかり味わってきました。

 



島根大人のキャンプ03お次は物部神社へ。

ここは知らなかったのであとで調べたら文武両道の神・鎮魂の神・勝運の神様が祀られてるんですね。

出雲大社と同じ春日造りでした。

神社や寺院との出会いもご縁ですから、こうして縁ができるとパワーをもらえた気がして嬉しいです♪

 

島根大人のキャンプ04この日の最後は埋没林の見学。

「埋没林」という言葉も初めて聞くのでなんのことかさっぱりイメージできませんでした。

4000年前は森で、火山の噴火で埋もれた木々が1998年に発見され、それを埋没林というのですね。

大きな根は周囲が10mもあり、今も生きています。

その大きな根に触れると湿り気を帯びていて、息遣いが聞こえるようでした。

4000年前の森の一部に出会える、ってなんとロマンチック。

やはり私たち人間は生きているのではなく、こうした自然の恵みを糧に生かされているんだと実感できます。

長い年月かけてできあがった自然美に、人間がとうていかなうはずもなく・・・・

 

 

島根大人のキャンプ05観光を終えキャンプ場に入り設営したのですが、手伝う暇もなくあっという間にテントが張られ、あまりのスピードについていけず(苦笑)

ベテランのやることはやはり違いますね。設営に30分もかからない早業でした。

 

宴の前に近くの温泉で汗を流し、おまちかねのディナータイム。

メニューはサザエのつぼ焼き、季節野菜の天ぷら(途中道の駅で新鮮野菜をGET)、和牛の牛タン焼き、フレッシュサラダ、手作りパン、ダッチオーブンで煮込んだオニオンスープ

ありがちなBBQとは違い本格的な料理を堪能しながらビールと楽しい歓談を綺麗な空気の中で、というこの贅沢。

 

そんな素敵な仲間に加えてもらいホントに幸せ。

広島に来なかったら出会えなかった人たちとこうして巡り会え、ご縁のありがたさが身にしみます。

 

次回に続く・・・・


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2012年09月06日

瀬戸内島めぐりをしてきました

 白滝山「大崎上島に行くけど来る?」と知り合いに誘ってもらいました。

それがどの辺にあるのか、どんなところか全く知らなかったのですが、瀬戸内の島だよと聞いたのでついて行くことに。。。。

 

島に行くためフェリーで移動しますがその前に、竹原港近くの国立公園である白滝山に登りました。

龍泉寺磨崖仏ここは山頂に曹洞宗の龍泉寺があり、その境内に磨崖仏があります。(江戸時代初期に豊作の平安を祈り作られたようです)

初めてこんなに大きな磨崖仏を目にし、その力強さに圧倒されましたぁ。

山といっても350mで、それほど高くないですね。

その山頂からは瀬戸内、反対方向に広島空港が綺麗に360度見渡せました。

 

竹原町並み保存地区01山を降りて竹原に向かうと、ここは安芸の小京都と呼ばれる町並み保存があります。

たまゆら」というアニメの舞台になっているとかで、賑わっているらしい。

古い町並みとアニメの組み合わせが面白いですね。

どんなイメージでもこうしてその町が多くの人に愛されれば、この先もずっと維持されそう。

竹原町並み保存地区02飛騨高山の古い町並みを彷彿とさせる規模で、見ごたえ充分でした。

 

竹原港から上島大崎はフェリーで10分くらい、すぐ着きました。

さっき山頂からあの辺かなぁと眼下に見た島に上陸するって不思議な感じ。

宿の露店風呂で瀬戸内を眺めながら湯に浸かり、これまた贅沢な気分。

海が見えるお風呂はたくさんあるけれど、瀬戸内の島々を眺めながらのお風呂ってすごいと感激です。

食事も美味しかったし、メンバーとの歓談も心温まり、素敵な夜となりました。感謝☆彡

 

御手洗町並み保存地区翌日は大崎下島にまた船で移動し(5分くらい)、御手洗というかつては遊郭だったという町並み保存地区を散策。

火曜日が一斉に定休日になるのを知らず火曜に行ってしまったので、どの建物も外からしか眺められなかったのが残念。

またぜひ訪れたいです。

 

大崎下島からは豊島→上浦苅島→下浦苅島→呉と橋を渡り島々を通り抜け広島に戻ってきました。

まだまだ他に島がたくさんあって全部を見て回れないですが、今回その一部だけ見て、改めて瀬戸内のスケールの大きさに圧倒されました。

これだけ絶景が広がる場所でも人が少なくゆったり観光できるのが、またいいっ。

 

今度はまた別の島に行ってみようという話になったので、次回も楽しみです♪

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2012年07月28日

長野でたくさん参拝してきました

戸隠散策02先日の長野でのお話会の翌日、しあわせ家の田尻社長ご夫妻に、戸隠に連れて行ってもらいました。

かねてより参拝したいと思っていた奥社に行くことができ、嬉しくて感激。
(社長と奥様、ありがとうございます)

 

戸隠散策01有名なこの杉並木の印象が強く、通り抜けたら社があるかと思いきや、階段をあがり続けないと到着しませんでした。

息を切らし、汗をかきながら日頃の感謝を捧げ、下りも1キロを帰ると、参拝できた満足感でいっぱい。

 

戸隠散策03適度に疲れた身体に、「ぼっち盛り」という戸隠独特の盛り方の蕎麦で癒されましたよぉ。

 

山を下って善光寺にも寄っていただき、ここでも参拝。

 

その後、長野駅から電車で叔父の住む蓼科へ向かうべく茅野駅へ。

 

蓼科避暑地で田舎暮らしを楽しむ叔父と叔母に数年ぶりに会いました。

 

ご自慢の畑に連れて行ってもらい色んな作物について教えてもらい、夕飯時には熱く畑について語ってもらい、楽しいひと時だったなぁ。

 

旬のときは一度に同じ野菜がたくさん収穫できるため、調理して冷凍するなど、冷凍保存について目下研究中のようです。

きゅうりは冷凍できないのが定説らしいですが、酢に砂糖を加え、その中に切ったきゅうりを入れて冷凍するとイケると発見したんだとか。

 

研究中だという調理法やレシピをパソコンで文書化したのを出力してもらったので、私もこれから試してみようっと。

 

会社員のときは叔父もいわゆるモーレツサラリーマンでしたが、その情熱をそのままに、野菜作りと調理法研究に傾け人生を楽しんでいる様子に、たくさん元気をもらいました。

定年を迎えると抜け殻のようになってしまう人も多い中、こうして何かに打ち込め続けるってすごいなぁ。

親戚ですし、そのDNAを受け継いでいるかもしれないと思うと、燃えたいと強く感じます(笑)

 

諏訪大社さらに翌日には諏訪大社と万治の石仏に連れて行ってもらい、ここでも参拝ができました。

 

自分だけでは行けないところにこうして案内してもらい、なおかつ優しさや暖かさ、情熱をいただけ、本当に幸せ☆彡

 

万治の石仏私もまた誰かに恩送りができるよう、精進です

 

 


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2012年07月10日

蕎麦打ちを初体験してきました

蕎麦打ち体験01お互いに食べることが大好きという共通点で、気の合うお友達ができました。

 

その方に誘ってもらい、石州瓦の屋根を使った民家が多い東広島で蕎麦打ちを初体験!

 

蕎麦打ち体験02田んぼの緑と赤い瓦に太陽が反射し、色鮮やか。里山の綺麗な景色に心癒されてきましたぁ。

広島の中心地からは車で1時間くらいのところに、こんな綺麗な景色が広がっているんですね。

 

さて、蕎麦打ちは初めてなので要領がまったくわかりません。

そば粉に水を入れコネ続けても、なかなかしっとりとした塊にならないんですね。

腕のつけ根が痛くなるくらいコネました。

 

そば打ち体験03やっと塊になったら今度は丸く伸ばし、さらに棒で巻きながら伸ばす。



 


蕎麦打ち体験04丸くしたものを四角に伸ばすしていく。

先生に教わりながら汗をかきつつようやく切るに至ったときには、けっこうグッタリ・・・(苦笑)

 

 

 

蕎麦打ち体験052ミリに切ってねと言われても、細く切るのは難しいっ。

(写真の右側が私が切ったもの、左側が先生が切ったもの)

先生はサクサク軽く切ってらしたのに、私は変に力んでしまい、切るのも一苦労。そして太い(笑)

 

蕎麦打ち体験06そんなひと仕事終えたあと、一緒に行ったみんなで打ちたての蕎麦を食べた瞬間は最高でした。

静かな田園で、涼しい風に感謝しつつ一汗かきながら打った蕎麦をいただく。

鮎や天ぷらもいただき、お腹いっぱいで幸せ。

日本人でホント、良かったぁ。

 

蕎麦打ち体験07蕎麦打ち道場の壁に、先生がセイロで作った収納棚が取り付けてあります。

訪れる人の持参した酒瓶の置き場所になっていて、セイロの厚みがちょうどボトルの太さにマッチしていました。

ナイスアイデアですね。

 

蕎麦打ち体験08庭に立派なトノサマカエルがいたり、メダカが繁殖していたり、鯉も泳いでいて、自然にもたくさん触れられましたよぉ。

 

 

まだまだ豊かな自然が残るところに、こうしてサクっと行けるのが地方都市のいいところですよねぇ。

首都圏に比べて広島なんて何もないよ、とたまに地元の人に言われますが、自然がたくさんあるって贅沢だわぁ。

人間では生み出せない景色があちこちにあって、散歩しては感動し、ちょっと遠くに出かけてはまた感動。

感動三昧な生活で、だいぶ心が浄化されたかなぁ。

 

広島でもこうして素敵な出会いに恵まれ、感謝です。

 


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2012年05月10日

松山にお散歩しに行ってきました

松山散歩01愛媛の友達に会いに、船で松山に行ってきました。

広島港から通常速度のフェリーで2時間半ほどで松山港に到着。

ゆったりとした船内で揺れもなく、のんびりと瀬戸内の景色を眺めながら快適でしたよぉ。


松山散歩03船酔いしないかドキドキでしたが、大丈夫。これならまたこの船に乗れそうです。

 



松山散歩02ランチを食べたイタリアンのお店のトイレは、イタリアの新聞が壁紙代わりに貼り付け、塗装されてました。

こういうインテリアも素敵ですね。食事もおいしかったです♪

 



 


松山散歩04道後温泉も間近で見られて感激。

映画「千と千尋の神隠し」のイメージでは、この建物以外周囲にはなにもなかったと思いましたが、現実は華やかな温泉街なんですね。

今回は日帰りにつき時間もなかったので入浴はできませんでしたが、次回はぜひ千尋になった気分で入浴したいなぁ。

 

松山散歩05湯神社でお参りした後、道後公園をお散歩。

日本らしい茅葺きの休憩スペースが公園にお似合いで、素敵でした。

やはり日本の湿度と日射の高さには、くっきりとした色合いや洋風のデザインよりも、日本らしい素材と色が似あいますねぇ。

 

千葉や東京に住んでいたころは、四国はちょっと遠く、なかなか訪れる機会もありませんでした。

友人も増え行く楽しみができたので、また散策しに行こうと思います。

 

松山は広島より時間がさらにゆったり流れていて、のんびりできて自然もいっぱいでいいところですね。

案内してくれたS君、ありがとう♪

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2012年01月07日

 やっぱり心豊かにありたいです

miyajima01年末にゆっくりと宮島に行ってきました。

今年の大河ドラマは平清盛ということもあり、宮島にはポスターがあちこちに・・・

 


miyajima02以前、厳島神社へ参拝だけしたことはありましたが、今回はロープウェイで山頂まで。

想像していたより高かった。。。

 


miyajima04頂上からの見晴らしは瀬戸内海が一望できて、圧巻でしたよぉ。

うわぁ、地図で見たままだぁというのが第一の印象です。

牡蠣を養殖しているのも見え、かつて社会の授業で習ったような景色と地形に、ちょっと感動しました。

このスケールの大きさがすごいですよね。

 

miyajima03お目当ての牡蠣は、焼き、生、揚げ、うどん、グラタン、と文字通り牡蠣ざんまいを楽しめ、ご満悦♪

欲張って食べ過ぎました(笑)

 

ロープウェイでたまたま同乗したマレーシアとカンボジアの留学生(広島大学へ国費留学)とも仲良くなって、異文化交流も楽しめましたよ。

マレーシア人もカンボジア人も、私にとって話すのは初めてでしたが、日本を選んで留学するくらいだからなのか、日本人っぽい雰囲気。日本語の発音も変なアクセントもなく綺麗でした。

英語と日本語と身振り手振りのチャンポンでしたが、気持ちは言葉を超えて伝わるものですね。

 

miyajima05外国人と話す度に感じます。

コミュニケーション力を言葉に頼りすぎるのは危ないな、と。

相手が何を感じ、何を思うか、あるいは何も考えてないかは、人種や宗教や性別に関係なく、言葉が思うように通じない状況のときは実によくわかります。

人としての中身が豊かかそうでないかは、言葉を超えて伝わるんですよね。

職業や社会的地位など、互いの置かれた環境にある背景がわからない分、人となりが強調されて見えるように感じます。

やっぱり心豊かにありたいな、と彼らと話して強く思いました。

 

おみくじも大吉でしたし、とてもツイてる。

こうして広島でも、素敵な思い出が増えていくことに感謝☆彡

今年もたくさん幸せがありそう♪

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2012年01月05日

2012年もよろしくお願いします

明けましておめでとうございます。

2012年もよろしくお願いします。

 

倉敷01さて、このお正月は広島でゆっくり過ごしました。

地元の友人が遊びに来てくれ、倉敷と宮島に行ってきましたよ〜

Uちゃん、遠いのに来てくれてありがとう♪)

 

倉敷02倉敷は初めて。

美観地区をじっくりと散策してきました。

 



倉敷03どこも絵になる風景ですねぇ。

維持するのは大変でしょうが、昔を偲ばせるこうした風景はいつまでも残っていてほしいなと思います。

 


倉敷04美観地区の散策の他に、いがらしゆみこ美術館でコスプレを楽しんできました。

いがらしゆみこさんとは、私たち世代の女子が小さい頃に大好きだった「キャンディキャンディ」というアニメを描いた漫画家。

館内には原画がたくさん飾ってあり、懐かしさで友人と盛り上がることのこの上なし(笑)

とてもじゃないけどお見せできる写真ではありませんが、キャンディになりきってフリフリドレスを着てテンションが上がりまくって写真を撮った自分たちに、これまた大爆笑して楽しかったです。

 

人生やはり、楽しまないと・・・・

ということで、今年も

 

正しさよりも楽しさを

満足よりも幸せを

流れに乗ってしなやかに

 

まいりたいと思います。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2011年11月24日

奈良で紅葉狩り&交流を深めてきました

前回にご紹介した工務店仲間の集まりの後、大阪から奈良へと移動し、城工務店さんの奥様に会いに行ってきました。

フェイスブックで交流していたものの、対面は今回が初めて。
(こうやって気が合いそうな方には仕事関係なしに、遊びに行っちゃいます。)

地元が奈良の城さんに、あちこち案内してもらってきましたぁ。

紅葉in奈良01まずは大神神社(おおみわじんじゃ)へ参拝し、元伊勢である桧原神社まで歩いて移動中、綺麗な紅葉に遭遇。











紅葉in奈良02桧原神社で二礼二拍し感謝を捧げていたら、突然風が私たちの後ろからビュンと吹きます。
「今の感じた??」「やっぱり・・・」と思わず顔を見合わせました。

なんだか歓迎されてるみたいに温かく包まれるような風でだったなぁ。神社では時折、不思議なことがありますね。

紅葉in奈良03お次は紅葉が綺麗で有名な談山神社(たんざんじんじゃ)へ。

高さ17メートルの十三重塔は圧巻!
十三重塔としては世界唯一だそうです。
(藤原不比等公のお墓)

現在のものは1532年に再建したようですが、それにしてもどうやって建てるんでしょう。。。。




紅葉in奈良04翌日は日本最古の水の神様である
丹生川上神社下社 (にうかわかみじんじゃしもしゃ)から参拝を開始。

さすがは奈良。日本最古がたくさんあります。




紅葉in奈良05 紅葉もとっても綺麗。













紅葉in奈良06
次は天河神社へ。
犬神家の一族のイメージが強かったのですが、爽やかな神社で気持ち良かったです。




紅葉in奈良07和歌山の熊野や奈良の十津川を襲った大雨は、この天川村も直撃したそうで、道路が崩れたあとがありました。

1階まで浸水したお宅の方に話を伺ったら、水が綺麗なせいか、浸水後の匂いは気にならなかったとか。

フローリングや扉、設備機器を入れ替えるだけで済んだとのこと。

水にどっぷり浸かったはずのTVが、しばらくしたら見られたお宅もあったようですよ。
不思議だ・・・

そして浸水しても水が綺麗なら匂いはそれほどでもない、というのは驚きですね。


紅葉in奈良08最後は御手洗渓谷へ。

山深く、登っても登っても道は続き、スケールの大きさに圧倒されましたぁ。
途中で引き返しましたが・・・

天川村いいなぁ。
また訪れて、山頂まで挑戦したいです。





ゆっくりあちこちを見て回り、お話もたくさんできて楽しいひとときでした。
また一段と縁が深くなり、嬉しいな♪

城さん、本当にありがとうございます!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆



2011年11月15日

古民家で愛に抱かれて・・・

一隅の花01週末に島根にある古民家カフェに連れて行ってもらいました。(Mさん、ありがとうございます)

北海道から本物のいくらが届いたとMさんが連絡を受け、いくら好きの私は便乗させてもらったのです。


 

 一隅の花02往時の繁栄をしのばせる材に贅を尽くした元豪商のお屋敷」というこの古民家。

外から見ると町にとけこんだ外観ですが、一歩中に入れば贅を尽くしたというのがよくわかりました。

 

このお屋敷は贅を尽くし、当時4000人もの人々が5年の歳月をかけて建てたと伝えられています。

構造躯体には釘を使わず、しつらいの細部にまでこだわった当主の思い入れと、それに応えた職人の技が往時の繁栄をしのばせています。

 

といただいたパンフレットにもあります。

 

 

建物は使われている材料が良いのもあるでしょうが、手入れも行き届き、隅々までピカピカで、床の板張りの部分などはそれはもう輝いていました。

愛されていてる建物の空気はいいですねぇ。

 

愛情をたっぷりに注がれていると、家もそれに応えるように、迎える人を和ませてくれるように感じます。

生きているわけじゃないでしょうが、息づいているというか、なんとなくハグされているような・・・・

 

家はやはり、住まい手が手間と愛情をかけてこそだなと改めて感じました。

 

 

私は賃貸生活ですが、住まいへの感謝と共に、掃除はきちんとするように心がけています。

愛情をかければちゃんと応えてくれますね。
おかげでこれまで危ないこと、嫌なこと、モノが壊れることなどは発生してません。

 

仕様や建材、性能も重要だと思いますが、建物の魅力を最大限に発揮させるなら、やはり住まい手が日々どれだけ愛情をかけるかにかかってますよね。

 

建てるときの造り手の愛情、住み始めてからの住まい手の愛情、双方なくして後世に残ることはないのかもしれません。

現代に残るこうした古民家から、時々その愛の深さを感じる瞬間を得るのもいいですね。

ここにも、他の古民家にも、また訪れてみたいなぁ。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気