|―クライアント様との活動レポート

2015年05月30日

ダメなところも良いところも、全てを知れば自信になります

コーチングを受けていただいた女性から感想をいただきました。ありがとうございます。

先日はありがとうございました。

 

ビルダーナースさんのコーチング・コンサルティングは、私が今までイメージしてきたもの、経験してきたものと全く違い、自分にとても合っていたと思います。
 

コーチングというと、「目標設定」というイメージがあり、私には苦手だなあと思っていました。

ですが、コーチングには「目標設定型」と「展開型」とがあり、私には後者のコーチングにしっくりきました。

 

物事には陰陽、光と闇、強み・弱みというように必ず両面あることは理解していました。

が!自分の事となると、それがうまく機能していなかったようです。
 

自分がここダメだよね・・・と思っている所でも、必ずポジティブな面もあり、そこを具体的に教えてもらえて、驚いたとともに嬉しかったです。

 

また、ビジネスの方法についても、男性性的な方法ではなく、女性性的な方法でアプローチ?できる事を知り、私はその方がストレスなくできそうな気がしました。

 

まずは自分の<感覚>を信じること、それを羅針盤として行動したいなあと思いました。

 

ありがとうございました。

また依頼する時にはよろしくお願いします。


ご自身のダメなところだけでなく、良いところもたくさん受け入れてあげると、それが自信につながりますよねぇ。

誰かと比べたり、人の言うことに振り回されず、思い込みに捉われないで自分をまっすぐにみつめてあげてほしい。

そうやって得た自信が人や環境に影響されない、確固たる軸となって自分のエネルギーに加わると、周囲の対応も変わるのを実感できると思います。

素敵なご縁に感謝と共に、あなたの心の平穏と幸せを深く深く祈ってます


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆  
 


2014年06月14日

集客は、焦りや不安、迷いとはサヨナラし心クリアにいきましょう

集客に関するアドバイス&コーチングセッションを受けていただいた大工さんから、こんなご感想をいただきました。

(いつもありがとうございます

 

今回のコーチングで、ただ漠然と点在してたやるべきことが、なんとなくですが線で結ばれ始めた気がします。

 

今回示していただいたことをひとつひとつこなしていくのは労力を要するでしょう。

 

でも、確実に進んで行きたいと思います。

 

 

なにかしなきゃと焦ったり、何から手をつけていけば、、、、と気持ちだけが先に走ると、例えなにかをしてもそれでいいのかと不安になるかもしれません。

 

交錯していた気持ちと情報が点と線で結ばれ何をすればいいかクリアになれば、ご自身のペースで順番に作業されればいいだけですよね。

 

するべきことが明確になったうえで作業するのと、焦りながら作業するのとでは、同じことをしても心の状態がまったく違うでしょう。

 

それがいずれその心の状態通りの結果になって跳ね返ることにもなるし。

 

だから心をクリアに、自分のペースで、楽しめるところを探しながら、着実かつ確実にすすめていかれてくださいませ。

一度そうやって築いたものは、今後ずーっと使えますので。

 

 

なかなかブログではお伝えしきれないことも、実際にお話できるときには、どこで何を手に入れるべきか、どうやってそれを使うのかなど、具体的に作業手順をお伝えさせてもらいます。

 

作業工程は細かいけれど、誰にでもできますし、そう経費もかかりません。

 

いかに手間と愛情をかけるか、にかかっています。

 

しかも流行り廃りとは関係なく、一度構築すればずっと使えます。

 

 

どうか一人でも多くの工務店や大工さんが、目先の華々しい情報に踊らされず、焦りや不安、迷いとはサヨナラし、自分のやり方を築いていかれますように。

 

これまでご縁をいただいた方も、新たなご縁のある方も、一期一会を大切に、これからも全力でそうサポートさせていただきますっ

 

 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆   


2013年03月09日

第4回「茨城deお話会」を開催しました

第4回茨城deお話会今回も生井材木さんのご協力で、4回目となるお話会が開催できました。

(いつもありがとうございます)

 

テーマは 「あなたにお願いしたい!!」とお客さまから言われる伝え方を磨こう です

 

前回は情報発信のコツの大筋、軸となることを把握ただいたので、今回は具体的な発信内容をお伝えすることに

 

 

発信というと各種のツールに関してノウハウを得れば上手くいく、のように捉えられがちですが、実はこの考え方が一番上手くいきません。

それがどうしてか、ということを今回はじっくりお話させていただきました。

 

伝えたい相手であるお客さまはそれぞれ考え方も感じ方も違い、時と場合によってまたさらに心は変化していきます。

 

そういう風に、相手は常に揺れ動いていることを前提としてこちらの発信方法や手段を選ばないと、伝えたいことがすんなりと伝わっていかないんですよね。

 

どう揺れ動くかは人によって違いますが、ある程度予測できることは学術的に実証されていますので、その基本的なことがわかると、お客さまの表情や仕草などからも動き方がなんとなくわかるでしょう。

 

動きがわかればそれに合わせて伝え方を変え、伝えたいことがきちんと相手に伝われば、次の段階へ進む確率が上がります。

 

こうしてお客さまへの対応というのは、緻密な理論を背景にしながらも相手によってこちらが変わるという柔軟性がないと、お客さまにとって気持ち良いペースでコトを運ばせるのは難しい。

こちらの一方的な欲や願望を押し付けるものではありませんね。

 

今回はそのへんを体感してもらいながら理解へとつなげられたようなので、あとは現場で実践していただけるかな。

 

私が工務店さんや職人さんたちに伝えて実践してもらいたいことはかなり具体的には細かいことなので、ブログなどではなかなかお伝えしきれませ〜ん。

 

お話会などの機会にはじっくりお伝えできるので、ご興味ある方はどうぞ個別にメッセージ下さいませ。

 

 

今回いただいた感想は、以下の通りです。

ありがとうございます、またのご参加お待ちしてます

 

「ホームページ等で試してみたいことを、まずは始めてみようと思います!

人によりタイプがあることを意識して行動してみます。」

 

「作戦を考えて的確に行動することがわかって良かった。

でもまだこの先の会社イメージの具体案はどうすべきかわかりませんが・・・・」

 

「視覚、聴覚、体感覚の3種類のパターン、これが面白かったです。

これからはそれを意識しながら人を見ていこうと思います。

まだまだ自分の色を出しきれていないので、そちらも意識していきたいです」

 

「今回感じたこと、ひらめいたことを新鮮なうちにすぐ実行できるか。。。。

小さいことから積み重ねていくことができるのか。

それに尽きるのかなぁという思いです。」

 

「回数を重ねるにつれ内容に深みがでている気がする。自分自身が変わらなければいけないポイントが分かるようになった。重い腰を上げるのが先決!」

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2012年07月26日

 「第1回長野deお話会」をしてきました

第1回長野deお話会ブログがご縁で知り合ったしあわせ家の田尻社長に、これまたご縁をつないでいただき須高木材協同組合さんでお話会を開催させていただきました。(田尻さん、ありがとうございます!)
組合員の工務店さん16名にご参加いただき、これからの住宅業界で何を指標に活動していけばいいのか一緒に考えてきました。

 

供給は過剰であること

人口は減少の一途を辿ること

空き家問題が社会問題化していくこと

省エネ住宅は義務化すること

 

そういった厳しい環境で、自分なりの軸を見つけていただくために様々な質問を投げかけてみました。

 

講師の話を聞いているだけに慣れてらっしゃる参加者は、自分が質問に答えることに慣れてないようでしたが・・・・

 

自分が発言するとなると、どうしても

 

正しいか

正確か

人にすごいと思ってもらえるか

こんなこと言って馬鹿にされないか

 

などを気にされるようですが、そう思いながら発言をしている間は、人を動かす力は言葉に込められないんですよね。

誰がどう思うか気にせず、自分の考えを言う時は、堂々とキッパリ言い切っちゃてくださいね〜

 

お話会ではたいてい、

 

これが正解なんでしょ

なんでそんなこと聞くの

そんなの理想論でしょ

 

みたいなネガティブな感情がモロに表に出て、不機嫌そうに答える人がいますが、そういうのも大歓迎。

 

ポジティブでもネガティブでも、感情が揺り動かされないと、行動を変える原動力にはなりませんものねぇ。

 

 

やはり自分の軸を持てる人でないと、環境要因に負けるか、心理的に潰れるかで、今後を乗り切るのは難しいと思います。

 

万人に共通する答えがなく、誰もこれが正解だと教えてくれるわけでもないこの現状で、なにを信じてどう進んでいくかは、自分で決めて選択し続けていかなくてはなりません。

 

厳しくもあり、限りない自由もありますね。

 

せっかくなら自由を謳歌し、一人でも多くの工務店や職人さんに楽しみながら進んでほしいです。

 

今回いただい感想はコチラ

 

「考えさせられるいい機会でした。そして割とすんなり答えが書けたことに自信が持てました。」

 

「これからも建築を続けたいので愛ある経営をしたいと思いました。」

 

「自分の視点を変えた。広い心、柔軟な考え方をしなければならないと感じました。」

 

「大変難しい話でした。今後の建築業界が不安です。」

 

「よくわからないけど仕事やお客様を愛することによって、今後まだまだ変われることがあると思った。」

 

「ハートの部分を重点にする方法の答えの導きは難しいと思う。」

 

「今日の話をもとに、今後の経営に役立てたいと思います。」

 

「どれだけお客様に満足していただけるかが、大切だと思いました。値段ではなく、満足を提供するつもりでいたら、長いあ間には利益にもムズ日つくように思います。

ただ、今現在厳しい状況だと、つい目先の利益を負ってしまうので、周りの銀行などの皆様にももっと考え方を変えていただけたらと思います。他力本願ではいけないので、まず自分が変わるように意識して生活していくつもりです。」

 

「とても難しく感じた、質問にもよく答えられなかった。ゼロサムゲームから抜けられないと思った、努力しようと思う。いろんな人にあって話して笑顔にしたい。」

 

「ビルダーナースさんの言っているように、ゼロサムゲームを続けていると、自分を取り巻く環境、事業が厳しくなると思います。今日から少しずつ考え方を変えて、世の中がもっと変わった時のために準備しておきたいです。」

 

「社会の仕組みと経営は、大きな力と小さな力の折り合いの間でバランスをとっているのだと思いますが、これからの数年間でこの一方が機能しなくなる。または機能の形を変える時が来るのは、とても難しいです。」

 

「自分の普段考えていることが、社会の枠組みにどっぷり浸かり、根本的な考え方が抜け出せないでいることに気づかされた。絆と世間では言われているが、この商売をしてあまり実感できていないということは、ゼロサムゲームの中でもがいているせいなのだ。」

 

 

「考え方が固まっていることを実感しました。時代が大きく早く動いていることを実感しました。もっと勉強しないと遅れてしまうことを実感しました。」



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2012年04月28日

第1回de奈良お話会を開催しました

第1回奈良deお話会日間賀島からの帰りに三重の友人宅に泊まらせてもらい、温泉でまったりしてきました。(Rちゃん、楽しい時間をありがとう♪)

三重からだと近鉄線に乗れば奈良が近い、ということで奈良でもお話会を開催することに・・・

 

開催場所をご提供いただいたのは、城工務店さん。(ご協力ありがとうございます!)

出会いは私もメンバーになっている工務店コミュニティに興味をお持ちいただいたことです。

それからFacebookでつながり、昨年初めて実際にお会いしました。

ご縁がこうして広がっていくことは、本当にありがたいですねぇ。

 

 

さて、お題は既に知多や茨城のお話会で取り上げたプロフィールについて。

 

男性はどうもプロフィールというと経歴が羅列されたようなものをイメージするようですが、プロフィールと経歴書は別物。

経歴と捉えると素晴らしい業績がズラッと書かれたもので、「すごい!」と言わせたくなるかもしれませんね。

 

しかしプロフィールの目的は、お客さまに自分という人間に興味を持ってもらうこと。

興味を持ってもらえれば、あなたの話すことに耳を傾けてもらいやすくなる。

興味を持ってもらえないと、いくら丁寧に説明しても、「馬の耳に念仏」状態で、右から左に話を聞き流されると思います。

特に女性は、興味のない相手の話は聞かないですからぁ。

 

興味を持ってもらえるような、会話のきっかけになるような、そんなプロフィールを準備することで、あなたの話を聞いてもらいやすくするのが目的。

それには、高学歴だったり数々の受賞歴や、物件の数の多さは、たいして重要じゃないのです。

むしろ突っ込みを入たくなるようなお茶目さや面白さを盛り込む方が、会話のきっかけになりやすいですから、いいですね。

 

この目的をきちんと把握してないと、経歴書みたいな内容になるでしょうから要注意です。

 

プロフィールを書けば受注できるとか、そんなノウハウでもないですよぉ。

 

お客さまとあなたが、共に楽しいコミュニケーションをしながら、受注に至るまでのプロセスの「とっかかり」としてプロフィールが必須アイテムだ、ということです。

この「とっかかり」を経て、お客さまがあなたの話を聞いてもいいよ、という姿勢になったら、それからが本番。

 

これをすっ飛ばしていきなり本番に行こうとすると、ほとんどの場合嫌がられるでしょう。

そうした無理な営業は、地場の工務店や職人にはオススメしません。

 

お客さまがあなたの話を聞く準備ができるまでの時間を無理なくできるだけ縮めるためには、あなたという人間に興味を持ってもらうことが何よりの方法です。

しかもそれには費用がかかりませんよー。

 

ってことでまだのかた、ぜひプロフィールを作ってくださいね〜

 

今回いただいた感想はこちら。

初めてお話会に参加させていただきました。

女性目線での物の見方、考え方は、日頃いかに自分が頭が固いかを気づかせていただきました。

参加して良かったです。ありがとうございます。

 

男性と女性の感じ方、気になるところが全く違うことがわかり面白かった。

何ごとも決めつけはよくないですね。

人への見せ方に男性と女性の見方の違いがあるとわかった。

セミナーではなくざっくばらんに話ができてよかったです。

 

本日もありがとうございました。

初回ということで男性がやはり多いですね。

私はプロフィールの書き方を悩んだりしてますが、まずは字にしないと始まらないと思いました。色々書いていいんですね。

もっと多くの奈良の人とお話したいですね。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2012年04月26日

第5回知多deお話会を開催しました

第5回知多deお話会前回記事にした日間賀島での工務店仲間の集まり。

そのついでと言ってはなんですが、せっかく知多に行くのでお話会をしてきました。

 

今回のお題は「情報発信でおもてなし」。

ネット活用に慣れた工務店や職人さんから、

 

なにをどう発信したらいいかわからない

これでいいのかわからない

 

ということをよく聞きます。

 

そこで私は「相手」に焦点を合わせ、伝え方のポイントを法則にしてお話することにしました。

伝え方には人それぞれクセがあり、まず自分のクセを意識する。

それから他の人が持つクセに合わせて、自分のクセとは別に表現方法を考える。

 

大きく分けてクセは3つあります。

同じことについてクセに合わせそれぞれ表現を3パターン考えると、自分のサイトを訪問してくれた人全ての人に、それなりの興味を持つポイントがどこかに掲載されるようになりますから、惹きつけられる人も増えるはず。

 

このクセを知らないと、情報発信するときのストレス度や苦手意識が邪魔をして、発信を続けることが億劫になるかもしれません。

また自分のクセと相手のクセが違うことによるすれ違い、相性が合わないと感じたりして、せっかくのお客さまとの出会いも縁が続かないと感じることも多いでしょう。

 

誰が見てくれるかわからないサイトのような発信は、全てのクセを網羅した表現方法で。

個別に会えるお客さまとは、その相手に合わせたクセを読み取り、それに合わせた表現方法でコミュニケーションを進める。

 

実例を交えながらそんなお話をしてきました。

「文を書くのが苦手だ」という職人さんは多いですが、このクセがわかるとなぜ苦手なのかもわかり、ストレスから解放されるようです。

文章能力がないわけではなく、他の能力が飛びぬいて高いんですよねぇ。だからこそ職人に向いてるのですが・・・・。

書かなきゃいけないのに書けない、自分にはできない、そう感じてる職人さんはご安心ください。

あなたには別の脳の回路がかなり発達していて、文章とは違う表現方法に優れていますから、劣等感を抱く必要はないのです。

 

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございましたぁ。

これからも地場で頑張る工務店や職人さんにもっと自信を持ってもらえるよう、あちこちでお話会をやりたいです。

 

今回いただいた感想はこちら。

一般的な接客や集客方法とは一線違うアプローチの仕方で、お客さまとビルダーとのストレスのない営業方法を学ばせていただきました。

住む人のことを考えた家づくりが実行できそうです。

 

すごくタメになりました。気づかされることが多々ありました。

具体的な話でわかりやすくなるほど!と思いました。

自分の営業方法に3タイプの人を見分けることを意識することを盛り込んでいきます。

またストーリーを付けること、「なぜ」を考えることを習慣化させていこうと思いました。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2012年01月19日

富山県朝日町でお話会をしてきました

朝日町お話会昨日、富山の朝日町(あさひまち)でお話会をさせていただきました。

 

きっかけは昨年10月の金沢のお話会に参加くださった尾山製材さんが、地元でもやりたいと言ってくださったこと。

 

その尾山製材さんは知多でのお話会を手伝ってくださるダイツネ工務店さんFacebookでつながったのがご縁。

 

いろんなご縁がこうしてつながっていくのを実感していますので、今回も仕事を生み出すために自分を表現していくことの大切さをお伝えしてきました。

参加された方の業者も様々な今回の場合、たいてい「うちの業界は違う、必要ない、関係ない」と斜に構えて腕組みし、ムスっとされている(特に男性)が多いのですが、話をし、他の人の意見も聞いていくと、段々と笑顔が増える様子にホッとします。

 

本質のお話は時として自分と向き合わざるを得ず、苦しいときがありますね。

でもそれを通り越さないと、商売をする上で、限られた時間でお客さまに「この人信頼できそうだ」と判断してもらうだけの説得力のある挨拶や会話は難しいでしょう。

 

自分の内面は、自分が思う以上に相手に伝わってしまうものですから。

それが体感として少しでもわかっていただけるよう、私も今回の反省を踏まえ、次回にまた活かしたいです。

参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

今回の感想は以下となります。

 

「人間性を伝えることの重要性をはじめて気づきました。」

 

「今までこれでいいいと思っていたことが違って、もう一度考え直さなければいけないかと思います。」

 

「自分の仕事に対する意識が少し変わった」

 

「基本的なことだけど、いざ考えてみると上手くまとまらないと思った。自分を再認識できる機会となった」

 

「自分自身を見つめ直す、自分自身が何をどうしたいのか、考え直すよいきっかけになりました。」

 

「大変わかりやすく、一方的な研修会でなくて良かったと思います。」

 

「今まで自分が突き詰めて何も考えてないことがわかりました。伝えなければ伝わらないことが、伝えられてわかりました。キャッチコピーの場面であえてみんなをめった切りにしたのは「気づき」を与えるためですね、ありがとうございます」

 

「ためになりました、説得力があります。日頃日常での考え方も少し変わるかも。じっくり資料の問いと向き合う必要があると思いました。まず自分の根底から書き出す必要があるかと思いました。」

 

「お客様にあなたを知ってもらえるには」について、自分の中で理解できない部分が多くとまどった。自分の思考が止まった。」

 

「今までなかった視点で考えることができました。」

 

「大変勉強になりました。」

 

「最初この研修会に参加した時はありきたりな話や講師も良くわからない方で興味がありませんでした。しかしけっこうきつい言い方をされたり、物事をズバっという姿、何より勉強に来ていることで、後半はのめりこめました。」

 

「最初自分の業種や業務とは「自分を伝える」ということが合わない気がしましたが、キャッチコピーあたりでやっとわかりました。ネットでも日常でも伝えないと伝わらないんですね。それも自分を知らない人に伝えるには・・・・むむむ。」


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2011年10月25日

第1回「工務店仲間のお話会in金沢」を開催しました

第1回お話会in金沢ブログ仲間の桜井材木さんのご協力の下、TOTO北陸支社さんに会場をお借りし、初めて金沢でお話会を開催しました。

情報発信と伝えることについて、ご参加いただいた10名の方と一緒に、お話しながら考えてもらってきましたよぉ。

 

いただいた感想のこちらは、趣旨を要約して下さってます。

 

人に伝えるときには、自分を見つめ直すことが必要であることがわかった。

自分を出さなければお客様をつかめないと思った。

 

 

恐怖心や欲望を煽るようなキャッチコピーを作るとか、そんな方法を伝え方だと豪語するコンサル連中は多いですが、伝えるというのはそんな軽いもんじゃありません。

 

家というのは人生の大きな一部ですから、造り手自身が人生を語らずして伝えるとは言わない、と思います。

 

その人生を語るという意味で、プロフィールをしっかり書くコツを伝授しました。

伝え方はそれだけじゃありませんが、まずは自分のことを堂々と自信を持って伝えるには、プロフィールをきちんと作るといいですね。

 

実際に書いてもらうと、これがなかなか筆が進まずスラスラと書けないもんなのです。

どこまで書いていいのか、どうやって書いていいのか、これは自慢になるかな?などとアレコレ悩むでしょうし、自分で自分の良いところを探さないと魅力的に伝えることは難しいですからねぇ。

 

PRするようなことなんて・・・・と思っても、客観的に見たら「おぉ、すごい」というところは誰にでもあります。

それを探すには、身の回りの人たちに魅力発掘に協力してもらうと良いですね。

 

自分の「突出した」モノがまだわからない、自分と向き合うことですぐに見つけたい。

妻に聞いてみます。

 

との感想もいただきました。ぜひ奥様に色々教えてもらって、突出した魅力を発掘してほしいです。

 

私たち日本人はとかく欠点ばかりに目を向けしてしまいがちで、自分の良いところを探す方法は、ほとんど教わっていません。

 

お客さまと楽しくフラットな関係で仕事をするためにも、自分の良いことをたくさん探し、自信を持ち、強い信頼を得てほしいものです。

 

このお話会をきっかけに、自分の良いところを探す習慣を身に付けてくださいね〜

 

その他、いただいた感想はこちらです。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

次回お会いできる時は、完成したプロフィールを公開し合い、互いに褒め称えあいましょう♪

 

 

プロフィール作りは参考になりました。ありがとうござました。

 

材木屋として参加しましたが工務店以外でもタメになるお話会でした。自分の思いを自分の言葉で伝えることを大切に継続します。

 

あっという間の4時間でした。セミナースタイルながら、ほんわかした雰囲気で楽しかったです。

 

私だけでなく、夫と一緒に参加して聞きたかったです。職人は情報発信が下手で主に私がやっていますが、次回は夫にも参加してもらいます。

 

情報発信の内容が自分なりにまとめられた。イメージは大切。発信の仕方をまずは挑戦してみます。

 

少人数なので距離感が近く意見を話しやすかった。自分を見つめ直すいい機会でした。段階と順序を踏まえて考えられました。

感覚タイプの話は以前から知りたかったので、話が聞けて良かった。

 

人と接する時にいつも自分の感覚でいってしまうことが多かったので、意識しているつもりでしたが、色んなタイプがいることを念頭に置いてコミュニケーションを取っていきたいと思います。

 


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2011年09月24日

第3回「茨城deお話会」を開催しました

第3回茨城deお話会今回も生井材木さんのご協力で、3回目となるお話会が開催できました。

(いつもありがとうございます)

 

内容は知多で開催した3回目の内容と同じ

「自分なりの情報発信のコツをつかんで、気の合うお客さまと出会いましょ♪」

です。

 

参加人数が7名様でしたので、じっくり一人一人のお話を聞くことができました。

 

情報発信の目的を定めてもらうのですが、まずここからどう設定して良いかわからない方が多いようですねぇ。

 

目的というとずっと固定したままをイメージするかもしれませんが、一つ達成したらまた新たな目的を設定する、都度設定し直しながら、成長を加速させるのが理想的かと思います。

 

そしてその目的に対し、どんな反応があったら良しとするかも、ご自身で決めましょう。

 

例えば一口に集客目的だとしても、発信した情報に対し、どういう反応を持ってして集客できたと認識できるのか、良しとするかは自分で決めないと、すぐに外野の悲観的な意見に負け、発信そのものを継続するのが難しくなります。

 

第一段階がブログにコメントをもらうことを良しとし、

第二段階がイベントに足を運んでもらうとことを良しとし、

第三段階は見積もりができるような具体的な話ができるのを良しとする、

 

みたいに、目的は段階に応じて細かく、そして低く設定したほうが達成も楽ですよ。

達成の回数が多くなれば、自信にもつながりますからぁ。

 

いきなり高い目的を設定すると、脱落感でネガティブに陥りやすいですからご注意あれ。

 

今回はコーチングを使って各自の目的を低い段階で設定できるように引き出せましたので、あとは行動に移してもらうだけ。

 

やり方がわかれば、あとはご自身で成長し続けていけるでしょう。

 

段階を踏めば、受注につながるような発信は確実にできます。

できない、と豪語する人は、段階を踏まずに一足飛びに焦るから、途中で脱落するんですよねぇ。

 

 

また次回までに、みなさんどんな進捗があるか楽しみです♪

 

今回ただいた感想は以下になります。みなさん、ご参加ありがとうございました!

 

「改めて自分のプロフィール、ホームページに色々足りないことが多いことを実感しました。はっきりとしたビジョンを持って、これから取り組みたいと思います。」

 

「日頃あまり考えなくなっていた目標設定を再認識できる機会になった。もっとがんばらねば・・・」

 

「とても勉強になりました。目的を持つ、続けることの大切さ。ブログの更新を毎日するのとしないのでは、印象が変わるのは気づかなかった」

 

「アメブロ人間の自分としては、情報発信のやり方もニューズレター、イベント等の計画等を進めつつやっていきたい。社長との意見の違いはありますが、自分の意見を押し通すのではなく、社内でのまとめ役となり、社内での立場を作っていきたいと考えさせられた内容でした。」

 

「お客様が知りたい情報を5W2Hで、プロフィールについて、実際にホームページで作ってみます」

 

「自己アピールの文章がなかなか進まないことにショックを覚えました。事実は書けるが、ビジョンが書けない。自分を見直す、良い機会になりました。」


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2011年09月22日

群馬で新たなご縁をいただきました

今回の関東へのお出かけで、私のホームページをご覧いただいた群馬の工務店さんと、初顔合わせをしてきました。

 

問い合わせいただいたきっかけをお聞きすると、私のホームページを見て共感いただいた、他の方からのご紹介だとか。

 

その方とは面識がないのですが・・・

(この場を借りて、お礼申し上げます。ありがとうございます。いつか会いましょうネ)

 

想いをきちんと言葉で伝えれば必ず誰かに伝わり、こうして伝わったことを自分で確認できるような出会いが、いつか必ずあるんですよね。

 

そのいつかは、こちらでコントロールできないけれど。

想定外や予想外のこんな素敵な出来事や出会いを経験すると、ビジネス的でコントロールしかしないやり方には、戻れませんねぇ。

 

ご縁の導くパワーはものすごく大きく、温かく、心地良いんですもの。

 

日頃からそんなご縁の力を一人でも多くの工務店や職人さんに体感してほしく、私も活動を続けています。

 

 

今回同じようにご縁を大事にされている工務店さんでしたので、あとはそれをどう具体的に表現していくかという方法論を伝え、行動に移していく時のコツをお伝えしてきました。

 

現場見学会を間近に控えてもいましたので、見学会開催についてもコツを伝授。

 

私は工務店勤務時代に見学会を数多く経験し、来場者との次の出会いを掴むためのコツを体得しております。

 

開催と集客に精一杯になりがちなんですが、次の機会を自然に作る(営業ではなく)のが大事なんですよね。

現場を見ながら来場者の動線を想定し、自然にきっかけが作れるような働きかけ方を、しっかりとお伝えしてきました。

 

その通りに実施いただければ、確実に次につながるでしょう。

 

時々いらっしゃるのですが、いきなり自分流にアレンジすると失敗するんですよねぇ。

守・破・離の法則で、始めは真似たほうがいいです。

変に「我」を出すなら、始めから人のアドバイスを求めないほうがいいですしネ

 

今回の工務店さんはとても素直に吸収いただけ、私も自分の持っているものをお伝えしやすかったぁ。

引き続き今後を支援させてもらいながら、彼の良いところがもっとお客さまに伝わるよう、一緒に考えていきま〜す。

 

現場用スリッパ置き←現場端材で作ったという、施工現場用スリッパ置きがいいなと思ったので、写メしてみました。

ちょっと塗装すれば、竣工後もそのまま使えそう。

 

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2011年09月19日

ご縁を大事に自分を活かせば、ブランドは自然と際立ちます

新たなご縁をいただき、帰省とお墓参りを兼ね、関東に5日間お出かけしてきました。

 

初めて工務店さんではない方に、かつての職場の先輩(クリプロさん)を通じ、ご縁をいただきましたよぉ。

 

テーマは集客とコミュニティでしたので、業種に関係なく私がいつもお伝えしているような本質的なことをお話させてもらいました。

 

最近色んな方々と話をして感じるのですが、ビジネスモデルと表現されるような方法でなんとかするならいくらでもやり方はあれど、収益はさて置き自分の想いや情熱を形にし、ゼロから何かを築くとなると、どこから始めていいかわからない、という人が増えているなぁ、と。

 

私は逆にビジネスモデルから入る方法は好きじゃなく、自分の良いところを活かし、それを誰かに提供することで自分も相手もハッピーになれる循環を作ると、他の誰も真似できない、自分だけの人生やビジネスのあり方になると思っています。

そうすると、自分だからこそという特徴が自然とブランドのように際立っていく。

 

そんな自分の際立ってきたことを

 

キャッチコピーにしてみるとか、

自分のイメージに合う色を決めて統一するとか、

定期的に縁の合った人と連絡を取り続ける方法を構築するとか、

活動状況をお知らせするとか、

縁を広げるために使用するツールを増やすとか、

 

こういうことを意識してやってみるときに、ビジネス的なことはとても役に立ちます。

 

ですがこれらはあくまで自分を活かすための道具であって、目的ではありません。

 

一般的にはこの道具ありきでビジネスが回っている感がありますが、震災以降特に物より心が豊かに感じる暮らしを望む人が増えていますよね。

 

ビジネスありきの考え方ではもはや、誰かの役に立ちたい、助けたい、支えたいという想いを、自分が納得するような形で提供していこうとすると行き詰るように思います。

 

人の想いや情熱は様々で、それを形にする時は前例のないことが多いですから。

 

そんな前例のない道を自分で作ろうとしたとき、頼りになる人がまだまだ少ないですねぇ。

 

 

私は誰かの作った道を踏襲することは好きではなく、ゼロからなにかを築くのが趣味みたいなもんなので、こうして前例のない道を切り開いてますが・・・

 

自分の歩んできた道そのものが誰かの役に立つことは、最近この手のご相談が増えたことで実感してます。

そしてこうやって誰かに必要とされることで、自分の持ち味を認識できるんです。

 

「そうか、これは役に立つのか」と認識できれば、今度はこれを意識して、他に必要としている人に提供する時にわかりやすく形にしていけばいいんだなと、自分のすべきことが見えてきます。

 

そしてまた活動の場は、自然と広がっていくでしょう。

 

ご縁を大事に自分を活かし、それをビジネス的な考えを利用し意識して形にすると、自然と活躍できる場は広がっていく。それが自分らしく楽しんで仕事ができるコツ。

 

このコツが他の誰かにお役に立つなら、これからも喜んで提供していきたいです。

そんな風に今回実感させてくれたご縁を下さったクロプロさんに感謝☆ ありがとうございます。

N様、今後ともこのご縁をきっかけにどうぞよろしくお願いします♪


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2011年09月01日

第4回知多deお話会を開催しました

第4回知多deお話会おととい、4回目となる知多deお話会を、いつもながらダイツネ工務店さんご協力もと、開催してきました。

 

テーマは 「あなたにお願いしたい!!」とお客さまから言われる伝え方を磨こう です。

前回は情報発信のコツの大筋、軸となることを把握ただいたので、今回は具体的な発信内容をお伝えすることに。

 

練習として、事務所までの道案内を書いてもらいました。

実際に作業してもらうとよくわかるのですが、日頃いかに感覚的にものを伝えているということに気づきます。

 

たかが道案内ですが、

聞かれるときどきで説明の仕方が違ったり、

わかりにくい場所だからと曖昧にお茶を濁したり、

説明する人によってバラバラな案内方法だったり、

けっこうやってますよね??

 

お客さまに会うのが大変なこの業種、せっかくの会える機会を会うまでに不安を大きくさせると、2回目はないかもぉ。

 

丁寧、誠実と謳いながら、しょっぱなの道案内でそれを証明できなかったら、言動不一致でマイナス印象になりかねませんよぉ。

 

伝える、ということはこういう細かいことを丁寧に、ひとつひとつ磨いて精度を上げていくこと。

それにより想いや考えが相手の心に響くのです。

 

この他にも、「どんな小さな工事でもお気軽にご相談ください」と、よくありますが、この小さな工事は具体的にあなたの場合なに?

と聞いてみると、これまた「えーっと、、、、」と言葉に詰まってました。

 

自分で即答できない小さな工事は、当然お客さまにはなんのことかわかりませんよねぇ。

ゆえに、相談が来ることはないでしょう。

 

お客さんから見て相談しようがない文章を書いても意味がない。

反響を得たいと思って情報発信をしても、反響を得られるような伝え方をしないと、効果は薄い。

 

ということが、今回のお話会でよくご理解いただけたと思います。

 

お客さまが、

どうしたら気軽に相談しやすくて、

どうしたら会いたくなるか、

会える機会を得たら、どうしたらまた会いたいと感じてもらえるか

を考えながら、発信する内容は書きましょう♪

 

今回いただいた感想は以下の通りです。

ご参加いただいたみなさま、いつも美味しいランチを出してくださる一品香さん、ありがとうございました!

 

「伝えることが苦手で、がんばっても上手くならないので、今日も来るのを少しためらったのですが、来てよかったです。

私には自分と向き合う力がなかったとよくわかりました。少し自分と向き合って、考えます」

 

「回を重ねるごとに核心へと近づいて、よりリアルな話を聞けた。

伝えることの難しさ、大切さを強く感じた。」

 

「今回は少人数でよかった。私がいる部署はまだファジーな部分が多く、PRしづらいこともありますが、逆にこの状況だからこそやるべきことがある、と気づくことができました」

 

「イメージの統一感は意識してるつもりでも、忘れがちだったことに気づきました。

気さくなメンバーの中、和やかで良かった。 的確なアドバイスが効きました!」

 

「少人数で和気藹々と話ができ、楽しかった」

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2011年06月23日

第3回知多deお話会を開催しました

第3回知多deお話会013ヶ月ぶりに知多にてお話会を開催しました。

第1回の様子はこちら第2回の様子はこちら

 

参加者が前回の倍になり、なんでだろう?と思ったら、いつものダイツネ工務店さんとフェイスブックのお陰かな。

早くもフェイスブックに恩恵をいただき、その威力に驚きました。

ツイッターつながりからの参加者もいらっしゃいましたよぉ

 

始めは知多在住の方だけだったけれど、今回は愛知県内でも名古屋市・一宮市・西尾市から。三重県四日市の方に、遠くは石川県からもご参加いただきました。

(みなさん、ありがとうございました)

 

第3回知多deお話会02今回のテーマは情報発信のコツをつかんでいただくこと。

目的を定め、それに沿ったツールを選定し、5WHを意識して発信内容を考える。

必須項目を入れたプロフィールも実際に書いてもらいました。

ダイツネ工務店さんがリフォーム工事をした一品香さんというレストランで、ランチを食べ歓談を交えながら、、、

 

プロフィール作りは時間をかけたいところなので、次回までの宿題とさせてもらうことに・・・(笑)

 

第4回は情報発信の目的と内容が定まってからの、ツールの使い方や気をつけたいところ、問い合わせを増やすためのコツ、などをテーマに開催したいと思います。

 

それまではフェイスブックで参加者みなさんと交流を深めたいです。

 

今回参加いただいたみなさんから、嬉しい感想もいただけ励みになりました。

 

「今回も前回以上に有意義で楽しい時間でした。習うより慣れろで、新しい人もどんどん参加してお話会に慣れてほしい」

 

「ちょうど会社案内よりももっと気軽に読んでもらえるような社員プロフィールブックの作成を考えていたので、具体的に書くべき項目を教えてもらって、とても参考になりました。また、自分が何を発信したいのか、明確に分かりました。」

 

「男性の講師はない、女性ならではのアプローチと「愛」あるテキストブックの内容が、とても素敵です。一番好きなコンサルタントです。」

 

「頭では分かっているつもりでも、いざ手を動かして見ると、考え込んでしまうことに気づかされました。(いつもは偉そうに指導しているくせに、自分はできていないと) また、普通に過ごしているとなかなか知り合えない方々と出会うきっかけを作ってくださり、ありがたかったです。」

 

「大変いい勉強をさせていただきました。あらためて基本に戻って考え直すことができました。自分のフェイスブックのプロフィールを全然書けていない状況で、とても恥ずかしいありさまです。今後は基本に帰り、考え方を変えていきたいです。」

 

「本日は人数が多くてびっくりしました。名前と顔を覚えるのが苦手なので、ごあいさつしてもお顔と名前が一致できずにちょっと悲しいです。 色んな意見も聞けて良かったです。」

 

「ネット上での情報発信ツールについて、とりあえず「できるかできないか知るためにやってみよう」と思い色々手を出し、そろそろ見極める段階だなと思っていたので、今日はとてもいい時間でした。自分だけで考えると考えが狭くなっちゃうけど、他の人と一緒に考えて意見を聞くことが、本当に大切で、だけどなかなか手に入れられない貴重なものだと改めて実感しました。」

 

「程よいというか、かなり緊張が最後まで続きました。もっと個別に話がしたかった方がいましたので、フェイスブックで問いかけてみます」

 

「今まで明確にできなかったことが、本日の参加でヒントが見えました。これから実際に自分が何をしたいかを改めて考えさせられました。」

 

「情報発信のポイントを改めて考えることができました。また新しい人との出会いがあり、良かったです。「伝えないことは伝わらない」という言葉が一番心に残りました。」

 

「フェイスブックの友達と、新しく会った方のお話が聞けて良かった。WEBでの集客を本腰入れてやっていこうと思っていて、プロフィールの書き方など、目からうろこでした。今日学んだことを取り入れていきます。」

 

「日頃、仕事や経営について真面目に話し合う仲間はダイツネさんしかおらず、物足りなかったが、このような会に参加させてもらい楽しかったです。来るなと言われても、次回も絶対参加します!!」

 

「人に伝えること。PRの大切さ。ツールの考え方、物を買うことと、物を造ってもらうことの買う側の考え方などタメになりました。」

 

「毎回、勉強になります。今回はドリーマーからマネージャーまでの進化がわかりやすかった。」

 

「参加は今回で2回目です。発信すれば問い合わせが気になる。その問い合わせがもらえるようにくふうしなければいけないことを再認識しました。」

 

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2011年03月01日

第2回「知多deお話会」を開催してきました

第2回知多deお話会この間の土曜日に、ブログ仲間であるダイツネ工務店さんに協力いただき、2回目となるお話会を開きました。(1回目の様子はこちらをご覧下さい。)

 

今回はリフォーム店、販売店、IT関連企業の女性スタッフが参加くださり、8名中女性が5人と、珍しく女性が多くて華やかでした。

 

なんでもダイツネさんがリフォーム店の女性スタッフさんにこの会を説明下さった時に、「どんなお話なんですか?」と聞かれ、「愛です」と答えてくれたそうです。

 

私はそうズバリ「愛」をテーマにしていると言ったことはなかったですが、どんな内容の話しも根底にあるのは、「愛」。

こうすれば儲かるとか、そういう類の話はいくらお金を詰まれてもやりませ〜ん。

 

だから女性に聞いていただければ、「やっぱりそうよねぇ」とご自分のやり方に自信を持ってもらえると思います。

(男性的なやり方に辟易しているこの業界の女性スタッフは、とても多いですしね)

今後はもっと多くの女性に参加してほしいなぁ。。。。

 

 

さて、お題は茨城で開催したお話会と同じです。

「コミュニティから経営を考えよう」

〜仕事を「獲る」から、仕事を「生み出す」力を身に付ける〜

 

参加者が変わると、同じ話題でも雰囲気が全く変わるから面白いですねぇ。

 

今回も参加者の方々それぞれ、ご自分の考えや意見をお話してもらい、これからの在り方について考えてもらいました。

他の参加者の話を聞くと、勇気付けられたり、確信をもってもらいやすいので、段々とみんな目が輝いてきます。

見ている私もこういう瞬間がとっても楽しいです♪

 

いただいた感想は以下の通り

 

「農業をやりたくなりました。モーゲージローンを知りました。」

 

「今までこういったコンサルティング的なお話は男性から聞くことが多く、本日ビルさんからお話を聞くことができ、自分の中にストンと落ちたというか、まさに「かゆいところに手が届いた」感じがし、ちょっと涙が出そうでした。

個人的には、今のお仕事で落ち込むことも最近あったので、今日参加させてもらいとても勇気づけられました。」

 

「楽しかったです。ランチに開催してくれるのは出席しやすいし、色んな業者の方と話せたり、年齢の違う人と知り合う機会はすごく自分の為になります。また参加したいです。」

 

「自分には何ができるのかを考えていたときでしたので、本日のお話を聞いてたくさんヒントをいただきました。

私個人の生き方としても大変貴重なお話でした。会社としても今回のお話からできることを考えていきたいです。」

 

「雰囲気が120満点で気持ちよかった。聞くだけでなく話すというのがコミュニケーションが取れて良い。」

 

「初めて参加させてもらい、新しい色んな話を聞くことができ、これからの自分の方向を探すことができそうな気がしました。」

 

「すごく楽しく、気持ちよく、参考になり、嬉しかったです。」

 

「いつも思うけど、為になったよ〜」

 

ダイツネさん、ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2010年12月07日

茨城での「第2回お話会」も盛り上がりました

茨城第2回お話会01先週の金曜に生井木材さんのショールームで、第2回お話会を開催してきました。

 

3月に開催させてもらった際の工務店さん全員に、またご参加いただけ、嬉しかったです。

ありがとうございます。

 

今回は、

「コミュニティから経営を考えよう」

~仕事を「獲る」から、仕事を「生み出す」力を身に付ける~

 

と題して、業界全体の流れや、今後どういう方向性で進めばいいか、そのキーワードとなるコミュニティにいついてみなさんとお話してきました。

 

この他、持参いただいたデジカメでショールーム内の撮影をして写真を見比べたりと、現場ですぐに役立つ練習もしました。

 

一眼レフの扱いが得意な人に、他の人が教わる場面もあり、勉強になります。

 

茨城第2回お話会02100円ショップで買ったという水平器をカメラに付ける工夫も、参考になりました。

 

参加者の感想は、以下のようにいただいてます。

 

今回の内容を元に、次回までにひとつでも多く行動に移してほしいなぁ。。。。

 

 

「これからの建築の在り方について、話を聞けたことが良かった。事務所の方向性を改めて考えてみたいと思う」

 

「これから進めていく方向がわかった気がします」

 

「色んな作戦と言うか、戦略が良かった。世の中の流れが聞けて良かった」

 

「初めての参加でしたので、色々勉強になりました。カメラの使い方がなかなかプロ仕様にはなれないと感じた。 

いかにも勉強会という感じがなかったのは、良かった」

 

「ちょうどやろうとしていることにピッタリだったこともあり、とても勉強になりました。今必要だと思うのは、行動力、情報力、人間力だと思います。ぜひ行動に移したいです」

 

「コミュニティの話を聞いて、色んな考えがあるんだと視野が広がりました。地域密着の工務店として生きる中で、非常に大きな役割になっていくなと思います」

 

「写真の撮り方をやってみたのは良かった。みなさんカメラに詳しいのにビックリした。住宅行政などについても、普段あまり気にしていなかった部分もあるので、聞けて良かった。第三者の女性が入ると、新鮮ですね!」

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2010年11月16日

集客のデザイン工程はたくさんあるから、整理が大変

先週は、大阪へクライアント先の工務店さま訪問に出かけてきました。

 

集客の流れを構築し、それに必要なツールの準備方法、スケジュールを組む方法などを一緒に作業。

 

これを集客デザインと私は呼んでいます。

 

デザインと捉えると、お客さまの使い勝手や動線を自然と意識できるようになるからです。

 

単なるマーケティングとか集客という言葉だけでは、ついお客さまをどう動かすかと、駒のように考えてしまいそうで、あまり好きではありません。

 

お客さまができるだけ迷ったり、悩んだりしないよう、気持ちよく動いてもらうためには、かなり細かい作業が必要です。

 

出会いから契約、工事、引渡し、メンテナンスまで、一貫した流れを踏まえてデザインを考えると、たくさんのやらなければいけないことが見えて、ビックリされてましたが・・・

 

なぜこれだけ細かい作業が発生するかわかると、チラシをどか〜んと打つみたいな、単発のPRがたいして意味をなさないことをよく理解いただけました。

 

 

現場を回していくのはみなさんお得意なのですが、どうも事務的な作業を進めるのは苦手みたいですねぇ。

作業工程を洗い出してスケジュールを組んで進める方法と、書類の管理方法、パソコンでのデータ管理方法もコツも伝授いたしました。

 

限られたスタッフで最大限の利益を上げるには、日々の作業工程をスムーズに無駄なく進めることも大事ですよね。

探し物に時間を取られるのが一番もったいないっ。

 

事務系の職人を自認する私としては、実務の工程管理まできっちりご提案できるのが売りでもあります(笑)

 

 

最後は、ご夫婦で仕事をするこの工務店さまに、作業を進めるに当たり、お二人の衝突しやすい視点の違いをご説明してきました。

 

これはご夫婦で仕事をされる全ての方に当てはまる、衝突しやすいパターンを認識いただくのが目的です。

 

なぜ衝突するのか、どうやって乗り越えるか、をあらかじめわかって実際に衝突するのと、そうでないのとでは、リカバーまでの時間に雲泥の差が生じます。

 

わかっててもやってしまうのが人間ですから、衝突は避けて通れないかもしれません。

 

でも理由がわかれば、「やっぱりココでぶつかるね」と、多少の余裕が事態を深刻化せずに済むかなと思います。

 

また、いくつかの衝突を越えると、今度はお客さまのことがよく見えてくるでしょう。

 

男性と女性とでは、視点や立ち位置の違いでどうしても相容れないことが出てきますし、それはお客さまも同じなので。

 

自分たちが越えてきたことを、別の形で目の前でお客さまが展開しているのを見たとき、場の収め方が上手になれば、かつて衝突してきたことも、活かされます。

 

だからぶつかるときは思い切りぶつかって、荒波を越えて、お二人の絆をよりいっそう深めてほしいものです。

やっぱりお客さまも、夫婦仲の良い人に家を建ててもらいたいはずですしね。

 

引き続きサポートさせてもらいながら、デザインの完成度を上げ、心から納得できる方法でお客さまとの出会いが広がるよう、私もさらに知恵を絞りま〜す。

 

 

jyoumoncafe01ランチには縄文スタイルのカフェで、ヘルシーなランチをご馳走になりました。

K社長と奥様、ありがとうございます♪




jyoumoncafe02

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆



2010年11月06日

自分の良いところは「横」を意識して活かしてください

このところまた新しい出会いが続き、コーチングさせてもらう機会が増えました。

 

最近出会うかたに同じ傾向があるんですよねぇ。

 

それはたいていどの方々も、自分の良いところ、優れたところをご自身で認識できていないところ。

 

知識や技能を縦に伸ばすことに懸命なのですが、一つ一つを横につなげて面を構成しようという発想が乏しいようです。

 

それには社会背景の影響も大きいですね。

 

行政からして縦割りだし、資格ブームもそれに加担しているでしょう。

 

専門性を高めるのは良いことですが、見据える方向が永遠に縦だけじゃあねぇ・・・

 

縦方向に勉強を追及してこられた人ほど、あれもできる、これもできるとできることはたくさんあっても、じゃあ

 

それなんのために、誰のためにやるの?

 

という視点が抜け落ちてしまっているように見えます。

 

できることはたくさんあっても、風呂敷を広げすぎて訳が分からなくなり、それに不安を感じると、さらに別の勉強をまた縦方向へと始めてしまう。

 

この循環にはまってしまうと、常に自分に対して欠乏感を抱いて辛くなるから、ご用心くださいね。

 

 

客観的な立場でちょっとお話を聞いているだけでも、素材はもう充分蓄えている人がほとんどです。

 

あとはその素材を自分でくまなく確認し、どう調理するか方向性を定めるだけ。

 

他人から悪いところを指摘されるとあっさりそれを受け入れる割に、良いところを指摘しても謙遜なのか遠慮して否定するのは日本人らしいですが、もうそれは止めたほうがいいですよー。

 

自分の良いところ・優れたところを伸ばすには、まずきちんと自分でそれを認識しないとできませんから。

 

こんなレベルじゃあ、たいしたことない

コレくらいできる人は大勢いる

 

などの言い訳は、私は許しません(笑)

 

それじゃあ自分がかわいそうです。

 

自分を伸ばすには料理と同じで、素材の組み合わせと調理方法で、美味しくしましょ♪

 

使わずに腐らすなんてもったいないですから、余すところなく使い切る努力をしましょう。

 

同じ素材だけ毎日料理して食べ続けても飽きるように、組み合わせを考え、レシピを増やす。

 

それには、縦方向にだけ知識や技能を掘り下げちゃあダメなんですよぉ。

 

既に持っている知識や技能を組み合わせ、自分にしかできないことを作り出すのです。

 

その結果、それが「あなたらしい」仕事のあり方になるし、ブランドとなっていく。

 

 

まだ足りない、これもあれもと勉強の手を広げる前に、既に自分の持っている素材をきちんと確認してくださ〜い。

 

縦に掘り下げるだけでなく視点を横へ持っていき、自分でつなげて面を構成し、あなたしかできないこと、あなたらしいことを生み出すのです。

 

できない方はコーチングを使ってお手伝いもしますヨ。

1回お話させてもらうだけでも、素材確認と面の構成方法をお教えできますので。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと ↓LOVEな応援よろしくお願いし まーす!


2010年10月23日

知多でお話会を開催しました

知多deお話会201010昨日、ブログ仲間のダイツネ工務店さんに協力いただき、「第1回知多deお話会」を開催してきました。

 

工務店・家具屋・クロス屋・販売店さんの6名にお集まりいただき、ランチを楽しみながら盛り上がってきましたよぉ。

 

初回なので、まず業界を取り巻く環境や、今後の時代の流れをご説明させてもらい、みんなでディスカッション。

 

意見が出るか、こういう機会の度にけっこうドキドキなんですが、今回もそんな心配は不要でしたぁ。

 

日頃感じてらっしゃること、

迷いがある部分、

これからどうしたいか、

具体的にどういう方法でやるか、

 

とても詳しく、率直に、みなさんに話していただきました。

 

お酒も飲んでないのに男性ばかり集まって、気持ちを率直に話すなんて、なかなかできないこと。

でも気の合う人と集えば、そこは男子も女子も関係もなく、深い話ができる「場」となるんですよねぇ。

 

ましてや同じ業界で働く人たちですから、ちょっとしたことでも通じ合って理解できるだけのバックグラウンドがあります。

 

「自分だけじゃなかった、仲間がいた」

「みんな大変だけど、一緒に成長しよう」

 

そんな風に気持ちが前に向いて、「どうしよう、どうかしたい、でもやり方がわからない」から、「まずなんでもやってみよう、見本にできる人が隣にいるんだし」と、思えるようになっていただいたようです。

 

良かった〜。

 

 

本音を誰か人に話すだけでも、スッキリします。

 

そして話したことに共感がもらえ、その先を提案してもらえると、一歩前に進む勇気がもらえます。

 

そういう仲間と定期的に会うと、次に会うときまでちょっとはなにかしようかなと、行動しやすくなります。

 

そんな「場」を作りたくて、こうした会を最近開催することが増えました。

 

 

まだまだ同業他社をライバル視する人が多いですが、そんなことやってたら自分で自分の首を絞めるばかり。

 

時代の流れは間違いなく、競争から共創へと変わってきていますから。

 

それを実感いただける方と、共創の形が目に見えるように仕上げていくサポートを、これからもっとしたいなぁ。

 

ダイツネさん始め、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました♪

ここからがスタートですから、ドンドン前に進みましょうネ

 

最後に、参加いただいた方の感想を掲載します。

同じように体感したい方、開催する方法なら提案しますからご連絡くださいね〜

 

「自分だけが変わっているのかと思っていたら、そうでもないことが今日わかった。

なんとなく今日説明してもらったことと同じようなことを感じていたけど、それが言葉になって表現されてスッキリした。

自分も同じことが言いたかった。」

 

「周りの人に感謝の言葉を、1回でも2回でも多く言うようにする。」

 

「ネットでの発信を始めたら、普段会わない人と会えるようになってきたし、もっともっと前に出て、自分の体感できる世界を変えていかないと強く思った。」

 

「自分が変われば周りが変わる、と言う言葉が一番強く心に残った。

会社を変えていかないといけないと思っていて、人の悪いことばかり目に付いたけど、自分から率先して変わらないといけないと気づいた。」

 

「いきなり劇的に変わることはできないけど、「小さなことをコツコツと」で、変えていきたい。」

 

「出会ったことが奇跡。それを大事に、これからも継続的に集まりたい。」

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと ↓LOVEな応援よろしくお願いし まーす!


2010年10月14日

工務店コミュニティで悩みを解決しよう

今回のBuilder's coaching cafeは<スカイプ編>のみの参加者でしたが、じっくりお話できて楽しいひとときとなりました。

 

かねてよりどうしたらいいかではなく、どうありたいかを考えてもらう機会を作ることで、ビルダーさん達にこれからを考えてもらいたいと思ってます。

 

今回は用意したお題以外にも、普段感じてらっしゃることを聞かせてもらえて、私も勉強になりました。

 

その中でも「本を読む習慣が持てない」との悩みは、多くの方に共通するかもしれません。

 

それを読まなくてはいけない、と義務感を背負うと余計にできなくなりますよねぇ。

私なら、別の方法をススメます。

 

まずなぜ本を読むべきか、その理由を考える。

 

例えば、理由として

「自分の説明したいことを言葉で伝える場合、自分のイメージや考えにぴったりくる言葉を知らないと伝えられない。

だから、その言葉を探すため」

 

として読む。

 

目的は自分の考えにぴったりくる表現探しですから、きっちり読まなくても、1冊の中から何箇所かみつければいいくらいの気持ちで。

 

いいなと思う表現があればメモし、実際にお客さまに話すときに、その表現を真似て使ってみる。

 

実際に使うと、その反応が返ってきます。

 

「そうなんですか、それはいいこと聞きました」

などと返されると、嬉しくなりますよね。

 

何回かそうやって同じ表現を誰かに実際に話して使うと、自分の言葉になっていきます。

 

読まなくてはいけないという義務感でやっても、嫌いなことは身につきませんが、やったことを現実に活かせるなら、やる意味を見出せますから、自分のペースで続けていきやすいですよ。

 

 

なにかをやろうとしても続かないのは、完璧にやろうとし過ぎたり、こうでなければやる意味がないと決め付けちゃからなんですよね。

 

小さいことでも目的を作って、それがクリアできれば良しとする。

 

そう自分を甘く採点したほうが、ストレスなくできるでしょう。

 

「やる気が足りない」などと根性論を持ち出したところで、嫌いなことは続けられません。

人間は快楽を追及するようにできてますから、その自然の摂理に逆らわない方が身のため。

 

21日続ければ習慣化するとも言われてます。

手始めに、自分にピッタリくる表現を探すために、一日20分本を読むことを21日続ける、と目標化してやってくださいね〜と、最後にお伝えしておきました。

 

続けるためにも、くれぐれもいきなり高いハードルを設定しないでくださいネ

 

 

それと来週22日(金)は知多で、ビルダーさんたちとお話会を開催することになりましたぁ。

 

場所等まだ決まってませんが、半田周辺になると思います。

 

ご興味ある方はコメント欄にその旨お書きください。詳細を追ってご連絡します。

 

同じ業界に携わるもの同士が意見を言い合える場を、もっともっと全国で作っていきたいなぁと思います。

 

競争ではなく、共創の心で。

 

それに賛同してこうしてご協力いただける方が増えて、ホントに嬉しいです。(ダイツネさん、ありがとうございます♪)

 

やってみたいと思われる方は、遠慮なく連絡くださいね。

 

開催できる方法を一緒に考えましょう。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと ↓LOVEな応援よろしくお願いし まーす!


2010年09月16日

「場」から生まれる化学反応

ピーストチャ先月お知らせしたBuilder's coaching caféを開催してきました。

参加いただいたみなさま、ありがとうございます。

対面編では会場のピーストチャさんにもお世話になりました。

いつもながら居心地良く、美味しいお食事とお茶をありがとうございます。

 

こうしたイベントは、俗に参加人数が多いほうがいいと思われていますが、私の考えはちょっと違います。

今、それが必要な人、新たな出会いが必要な人、が参加するようになっていると考えています。

 

今回も、まさにその通りでした。

 

またこうした「場」で生まれる、その参加者だからこその化学反応、みたいなものが発生し、みんなの気持ちが大きく変化していくこともあります。

 

やるべくして開催し、出会うべくして出会う縁がある。

全ては必然だった、というのをいつもながら実感させてもらいました。

 

言葉でその全てを説明するのはとても難しいので、またの機会にはどうぞご参加くださいネ

これは体感しないとわからない化学反応ですから。。。。。

 

ブログのように文字で伝えるだけでは、やはり限界がありますし、このブログからは、おそらく私の理論的な印象が前面に出ていると思います。

 

でも実は、たびたび「なにが見えるんですか?」と聞かれるほど、相手から伝わる「気」みたいなものを感じ、またそのかたの思考と行動パターンが立体で頭に浮かんできます。

 

その伝え方としては、占い師みたいな方法もあるかもしれません。

そのほうが儲かりますが(笑)

 

でもそれは相手を依存させてしまうことも多いので、できてもやりません。

 

もっと自力でなんとかしてもらえるような、本質的な働きかけをしたいと思ってます。

 

実際にお会いできれば、その相手の良い面に集中して、それを実務に生かすためにどうすればいいかを具体的に提案しやすいです。

今後もこうした企画を実行しますので、自分の良い面を再発見して、楽しみながらそれを仕事に活かしたいかたは、このブログでの次回告知をお見逃しなく〜

 

 

今回の参加者さまのお声はこちら

 

Aさん)

今日はたいへん楽しかったですし、勉強になりました。また、いい意味でコーチングのテーマから逸脱した話も楽しかったです。また次回も参加したいです。本当にありがとうございました。

 

Bさん)

今日は自分を客観的に見る事ができてとても良かったです。

自分を知ることによって、得られる物はとても多いと思います。

いろいろなことを話しているうちにとてもすっきりしました。やはり交流する事は大切ですね。

 

Cさん)

少人数でゆっくりお話できて本当にいい時間を過ごせた。頭をフル回転しました。

 

Dさん)

「お客様のために」という言葉が、実は性格的に「お客様に好かれよう」としていることに気づきました。

「足るを知る」を心がけ、バランスの良い人生を送りたいと思います。

 

参加者さま同士の交流が生まれ、仕事で互いの良い面を今後活かせるジョイントができそうだと、わかったんですよ。

素敵なご縁で、私も嬉しいです♪

きっと実現するでしょう。

だから「場」づくりはやめられないっ。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと ↓LOVEな応援よろしくお願いし まーす!



2010年07月07日

集客をデザインしてきました

現場見学会の集客&運営についてのご相談があり、昨日・今日と、大阪の工務店さまへ行ってきました。


イベントの場合は告知、集客、接客、フォローと通しでデザインを一緒に考えます。
口頭だけでお伝えしてもなかなか腹に落ちないので、現場を見せてもらいながら、どうやって全体をデザインするのかお伝えしてきました。

現場周辺を歩きながら町の雰囲気を観察
お施主様の住まい方をヒアリング
造り手の想いを確認する

これらを総合して、デザインしていきます。

チラシだけ、会場レイアウト決めだけ、など部分を考えてもイメージが合わずにチグハグになることが多いんですよねぇ。
今回は通しで全部デザインできたので、実際の見学会の流れを想像しやすかったと思います。

この想像って大事ですよねぇ。

自分の中で最後の工程まで想像できないと、迷いや不安が生じてしまいます。

それを抱えたまま当日を迎えたら、お客様にはなんとなく伝わっちゃいますから。

自信を持ってその日を迎える、というメンタル面でのサポートも私は必要だと考えます。

なので、当日の衣装もコーディネートしに一緒に洋服屋さんにも行ってきましたぁ。
コーポレートカラーを基本に、住まいの雰囲気と社長様の雰囲気に似合う洋服をチョイスです♪


その日、何を着るか
どんなおもてなしで迎えるか
一人でも多くのお客様に見学会を楽しんでいただき、ご縁を結べるようなデザインができたかな。。。

集客をデザインするコツが掴めると、経費をかけるより心を込めて一つ一つの工程に必要なツールを制作していくことの重要性がわかってくることでしょう。

 

無理なく等身大で魅力をお伝えするツール制作に必要な洗い出しは、終了です。

これから細かい制作サポートをさせていただき、実りある見学会にしてまいります。

 

K社長&奥様、ありがとうございました。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2010年03月27日

工務店同士の横のつながり強化活動をしてきました

namablo01ブログ仲間「材木屋4代目のひとり言」ことnamabloさんのところで、勉強会を開催させてもらいました。

できたばかりの板張りのセミナールームは広くて居心地良く、気持ちよかったです。


参加いただいた方はおなじくブログ仲間の夢空間”マツダ“さんをはじめ、若手の工務店経営者様。

 

 

namablo02今回は、販売店様主導で工務店同士の横のつながりを強めるための企画として実施してきました。

やっぱり男性社会なので、私以外はみな男性。


男性だけだと競争意識が増幅される傾向にあるから、参加者が互いになじんで心を開けるまでは、女性が一人でも入るといいかもしれませんねぇ。

 

なぜ競争意識が増幅されるのか、それをどうやって緩和していけるのか、を私なりに提案させてもらいました。

そのディスカッションの中でも、「そうは言っても・・・・」「現状なかなか・・・・」との声もたくさんありましたが、過剰な競争意識下に自分で自分の身を置いていることをまずは認識いただく。

 

namablo03そこから抜け出るのも、抜け出ないのも自分の意思一つで、周辺環境のせいにできないことを心の中でとどめておいてほしい。

 

日々現実を目の前にすれば日常に流されがちですが、少しでも行動に移していけば、抜け出るのはそれほど難しくないと思います。

 

現に既に競争意識から抜け出て、共創精神で互いに助け合いができている工務店も存在してますから。

下には下がいるけれど、上には上がいます。

どちらを向いて仕事に取り組むかは、自分次第。

良いも悪いもありません。


自分で選択した方向の先にどんな結果が待っていようと、自分で選んだ以上、環境や社会のせいにしちゃいけないですよね。

選択が間違っていたと感じたら、軌道修正すればいいんですし。

 

 

こんな話の流れで懇親会まで含めて7時間くらいでしょうか、みなさん饒舌に交流できた1日でした。

次回はこんなことができればいいねという話までできたので、横のつながり整地編としては成功だったかな。。。


基礎編、土台編と続いていくよう、応援を続けさせてもらいたいです。

今回このような機会を下さったnamabloさん、参加者のみなさまありがとうございます。

 

 

工務店同士が横の連携を強めれば、知恵も知識も経験も何十倍になって生かされますから、全国あらゆる地域で連携が加速していくことを願ってやみません。

 

もし自分の地域でも何かやりたいなと考えてらっしゃる工務店さんがいたら、アイデア提供しますからご連絡くださいネ。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆

ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気