|―工務店コミュニティを育もう

2012年06月16日

工務店仲間と食いだおれ呑んだくれ〜

食いだおれ呑んだくれ01ブログやTwitterがご縁で知り合った田尻木材さんが広島に来られるというので、お会いしてきました。

お顔も写真で知っていましたし、スカイプを通じて声は聞いたことがありますが、対面は初めて。

 

お好み焼きにリクエストいただき、一緒にガッツリ食べてきましたよぉ

食いだおれ呑んだくれ02研修で一緒だったというリューケンハイムさん交え、業界話で盛り上がり楽しかったです。

 

まぁ皆さんよく飲み、よく食べること(笑)


食いだおれ呑んだくれ03お好みの後は広島一の歓楽街、流川のBarでカクテル三昧。

私も久々にマルガリータをいただき、楽しみました。

 


食いだおれ呑んだくれ04シメはBarで勧められたカレーうどん。

どんだけ食べるの〜ってくらい食べたなぁ(笑)

帰ったのはもう深夜2時近くになろうかという時間でした。

 

 

実際にお会いし詳しく日頃のお仕事への取り組み方を聞かせていただき、また私が経験してきたことをお話させていただき、互の考え方をより深く知ることができました。

 

珍しいというか滅多にいない存在ですね、と評されましたが、その通り!

 

技術的なこともわかった上で心理的サポートをしつつの集客のアドバイスをし、かつピンで活動をしている女性は他にいないですからぁ。

 

どうやってそのマーケティング方法を習得したんですか、とも聞かれました。

独学です。

 

なにせ私はオタク。好きなことや興味のあることはとことん調べま〜す。

独学は趣味の一つでもあります。

それを活かしたらこんな活動につながっただけで、これをやろうと思ってたわけじゃないのですが・・・・

 

自分の良いところを伸ばし、それを社会に還元することでさらなる出会いに恵まれ、ますますの成長に繋げられることを実感できたことは、大きな財産となっています。

 

ですからこうして声をかけていただきお会いでき、ご縁を深められるのは、本当に嬉しい。

励みになりますね。

私の経験や知識が少しでもお役に立てるなら、これからも色んな工務店や職人さんとお話させてもらいたいです。

広島に来られる機会がある方は、ぜひ気軽に声かけてください。

 

田尻木材さん、リューケンハイムさん、楽しい時間をありがとうございました。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2012年04月24日

日間賀島で工務店仲間と盛り上がってきましたぁ

第7回和楽01愛知県は知多半島から船で10分くらいのところに位置する日間賀島

タコとフグが有名なこの島で、工務店仲間の懇親会に参加してきました。

 

あいにくの強風と雨で島をゆっくり散策できなかったのが心残りですが、たらふく海の幸を食べられてご満悦♪

 

気の合う仲間とのこうした集まりも回を重ね気心知れてくると、ザックバランに色んなことが話せて楽しいです。

私以外の女性の参加も増え、同じ業界同士、深い話ができる同性が増え心強いかぎり。

 

第7回和楽02食事はどれも新鮮で美味しかったですよぉ。

有名なタコは、茹でたてをハサミで切って。

スーパーでよく目にするタコより数倍は大きく、食べごたえ満点!

ワタリガニやシャコは食べ慣れてないため、地元のメンバーに食べ方を教わりました。

第7回和楽03次から次へと料理が運ばれ、ホントすごかった・・・・

 

地元の他の大工仲間にもっとこーいうのに参加して縁を広げてほしいんだけど、「それがどう仕事になるんだ?」となかなか腰が重たくて、、、、という話題が出ました。

 

自分が良いと感じたことを人に薦めたくなる気持ちはわかるし、うだうだ愚痴を言うなら行動した方が未来が開けるのにな、と心配する気持ちもわかります。

 

でも人は、自ら湧き上がる欲求を自覚し、それに向かう覚悟がなければ、どれだけ良い環境や人に恵まれても、自分の殻に戻るだけ。

 

助けたいと思うことは素晴らしいですが、それがしたいなら、直接その人に行動させようと働きかけるより、まず自分がめえいっぱい楽しみ、元気で明るく愛いっぱいのオーラを発し続ける方がいいと思います。

 

そしていつか、「そうなるにはどうしたらいい?」と相手が聞いてきたら、その時は直接手助けしてあげる。

助けるのにもこの順番を間違えると、してやったのに感謝しないで、、、、と自分が楽しめなくなりますから。

 

こうした仕事抜きでの懇親も、やがて自然と仕事につながっていくのを実感しているので、輪を広げ職人を盛り上げたい。

そんな気持ちは参加した全員にあるでしょう。

そのためにもまずは自分が存分に楽しみ、自身を愛で満たし続けたいものです。

日々丁寧に、今この瞬間を大事に。

その先に、必ずこの輪が広がっていくのを実感できるはず。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2011年11月22日

工務店仲間と盛り上がってきましたぁ

この週末、仲良くさせてもらってる工務店仲間と大阪で盛り上がってきましたぁ。

目的は、普段なかなか集合して顔を合わせられず、ネット上でのやりとりが多いメンバーの懇親です。

和楽in大阪01まずは前田木材さんのショールームに集合。
私は前田さんの作ってる木の名刺入れを追加でお買い上げ。
パロサントというアフリカの木で、神の木とも呼ばれるとか。(写真右)
お守りにもなりそう♪



和楽in大阪03今使ってるサッチーネの名刺入れ(写真左)とはまた違った味わいです。







和楽in大阪02次にこだわり棟梁の現場を見せてもらいました。
オール手刻み、年間1棟程度しかやらない棟梁の現場は、いつ見せてもらっても良い「気」が漂ってます。
雨でしたが、他の大工さんもそれはそれは熱心に見てましたよぉ。










それから、浪花酒造さんを見学。
テクノデータハウスさんがフェイスブックで知り合ったご縁から、大阪で唯一の造り酒屋さんを見学できる機会に恵まれました。
こういうのが、ネット時代の楽しいところですねぇ。
 
和楽in大阪04
重要文化財級の酒蔵は建物も見事!
お約束の試飲もさせてもらうことに。。。
自信を持ってお酒の味はわからないと言い切れる私ですが(笑)、どれも美味しいのはわかりました。
丁寧につくるものは、美味しいんですね。




和楽in大阪05最後は鳥料理屋さんで大宴会。
久しぶりに仲間とゆっくりおしゃべりし、楽しかったな。
熱く仕事の話をするし、その勢いで下ネタも出るし、女子会以上にかしましい、、、、気がする(爆)

みんな元気に、にこやかに、明るく、エロく、オモロかったぁ
やっぱり横のつながりはいいですね!
楽しい時間をありがとう。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆
 

2011年04月19日

仕事を生み出すには、コミュニティ力をつけましょう

20110416waraku0116日の土曜日、知多のブログ仲間、ダイツネ工務店さん住まいのコンサルタントITOさんの主催する「和楽」というコミュニティの懇親会に参加してきました。

工務店や関連業者、職人、気の合う仲間のコミュニティです。

 

今回で5回目となるこの集まり。

 

20110416waraku02参加者は初回から来ている人もいれば、もう顔を見せなくなった人、新たに加わる仲間と、様々です。

 

私は2回目から参加させてもらって、それからずっと参加。

 

他のブログ仲間と大阪の工務店さん中心に私も主催している「自立する工務店の会」メンバーも、一部「和楽」にも参加させてもらってます。

 

こうしてコミュニティというのはアメーバ式に広がり、はたまたくっついたり離れたりして、色んな形態になっていくのでしょうねぇ。

 

コミュニティのつながりが仕事に発展していく社会が、もう到来しつつあります。

なので、コミュニティが時間の経過と共にどう変体していくのかを私自身、肌で体感しながら経験値を積んでいるわけです。

 

今回もそんな視点から、色々勉強になりました。

そしてそれが活かされる場が、今後ありそうな気配・・・

 

コミュニティから現に私も仕事が発展していますので、その経験がまたコミュニティ創生に役立てられると、恩返しができるようで嬉しいです。

 

 

mituroucreamダイツネ工務店さんがFacebookで知り合った蜜蝋ワックスを製造・販売されている尾山製材さんが、今回富山から参加されました。

(ワックスもいただいちゃいました、ありがとうございます)


 

このように、コミュニティメンバーの知り合うきっかけが、ここ2年程でブログのみならず、TwitterFacebookと急速に増えているんです。

 

ネット時代のコミュニティというのは距離に関係ないというのが、大きな特徴かもしれませんね。

 

今後の経済見通しは、かなり厳しいことが予想されています。

仕事を生み出すには、コミュニティ力をつけることが何より。

 

それには、何事もまず行動ですネ

 

工務店同士で集まってどうやって仕事につながるんだ?といぶかしがる人もいるかしら・・・

やってもみないうちから批判しているうちは、ジリ貧街道まっしぐら。

 

さほど費用がかかるわけじゃないのだから、やったほうが早いですよ〜

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2011年03月08日

赤松伐採体験に行ってきました

bassai01ブログ仲間の信州伊那谷に住む工務店、タッキーさんのところで、伐採体験をしてきました。

工務店コミュニティ仲間の大阪:自立する工務店メンバーと、知多:和楽の会メンバー、総勢8人で。

 

私とって伐採はもちろん初体験。

チェーンソーも使ったことがないです。

 

だけどタッキーさんの教えてもらい、なんとかできましたぁ。

bassai02といっても私は他のメンバーが伐採したような実際にこれから使う赤松ではなく、倒れる前の虫にやられた細い赤松。

それでもチェーンソーを松に入れたときの、手にくる抵抗感にドキドキ&ヒヤヒヤ。

通常の太さなんて、とても伐採できそうにありません・・・

 

一緒に参加した、いつも木のことを教えてくれる小西棟梁が、こんなことを言っていました。

「木が倒れるときは、悲しそうにキューって音がする」

 

バリバリと倒れるときの轟音に混じり、確かに悲しそうな雄たけびにも似た音が聞こえました。

 

そうやって切り出されるのをこの目で見れば、きっと誰もが大事に使おうと思うでしょう。

 

建てられた完成品の家だけでなく、こうした工程はお施主さまにも見せるといいのになぁ。

きちんとメンテナンスしたくなるだろうから。

 

当然のように材料を使うのでなく、使わせてもらうという神聖な心持ちになれるのは、実際に山に入ればこそ。

 

自然の恵みの有難さを痛感できた、伐採体験でした。

タッキーさんどんぐりさん小西棟梁kaiぷらんにんぐさんフォレストハウスさんダイツネさんデークさん、Kさん、ありがとうございました。

bassai03みんなで食べた、信州そばとソースかつも美味しかったですネ

 



tenkunタッキーさんの愛犬、愛しのダーリンことテン君との再会も果たしてきましたよぉ。

寒かったせいか、小屋から出てくるのを渋る様子がとっても可愛かったです♪

小屋の中から「撫でて」とせがまれました(笑)

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!



2010年10月23日

知多でお話会を開催しました

知多deお話会201010昨日、ブログ仲間のダイツネ工務店さんに協力いただき、「第1回知多deお話会」を開催してきました。

 

工務店・家具屋・クロス屋・販売店さんの6名にお集まりいただき、ランチを楽しみながら盛り上がってきましたよぉ。

 

初回なので、まず業界を取り巻く環境や、今後の時代の流れをご説明させてもらい、みんなでディスカッション。

 

意見が出るか、こういう機会の度にけっこうドキドキなんですが、今回もそんな心配は不要でしたぁ。

 

日頃感じてらっしゃること、

迷いがある部分、

これからどうしたいか、

具体的にどういう方法でやるか、

 

とても詳しく、率直に、みなさんに話していただきました。

 

お酒も飲んでないのに男性ばかり集まって、気持ちを率直に話すなんて、なかなかできないこと。

でも気の合う人と集えば、そこは男子も女子も関係もなく、深い話ができる「場」となるんですよねぇ。

 

ましてや同じ業界で働く人たちですから、ちょっとしたことでも通じ合って理解できるだけのバックグラウンドがあります。

 

「自分だけじゃなかった、仲間がいた」

「みんな大変だけど、一緒に成長しよう」

 

そんな風に気持ちが前に向いて、「どうしよう、どうかしたい、でもやり方がわからない」から、「まずなんでもやってみよう、見本にできる人が隣にいるんだし」と、思えるようになっていただいたようです。

 

良かった〜。

 

 

本音を誰か人に話すだけでも、スッキリします。

 

そして話したことに共感がもらえ、その先を提案してもらえると、一歩前に進む勇気がもらえます。

 

そういう仲間と定期的に会うと、次に会うときまでちょっとはなにかしようかなと、行動しやすくなります。

 

そんな「場」を作りたくて、こうした会を最近開催することが増えました。

 

 

まだまだ同業他社をライバル視する人が多いですが、そんなことやってたら自分で自分の首を絞めるばかり。

 

時代の流れは間違いなく、競争から共創へと変わってきていますから。

 

それを実感いただける方と、共創の形が目に見えるように仕上げていくサポートを、これからもっとしたいなぁ。

 

ダイツネさん始め、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました♪

ここからがスタートですから、ドンドン前に進みましょうネ

 

最後に、参加いただいた方の感想を掲載します。

同じように体感したい方、開催する方法なら提案しますからご連絡くださいね〜

 

「自分だけが変わっているのかと思っていたら、そうでもないことが今日わかった。

なんとなく今日説明してもらったことと同じようなことを感じていたけど、それが言葉になって表現されてスッキリした。

自分も同じことが言いたかった。」

 

「周りの人に感謝の言葉を、1回でも2回でも多く言うようにする。」

 

「ネットでの発信を始めたら、普段会わない人と会えるようになってきたし、もっともっと前に出て、自分の体感できる世界を変えていかないと強く思った。」

 

「自分が変われば周りが変わる、と言う言葉が一番強く心に残った。

会社を変えていかないといけないと思っていて、人の悪いことばかり目に付いたけど、自分から率先して変わらないといけないと気づいた。」

 

「いきなり劇的に変わることはできないけど、「小さなことをコツコツと」で、変えていきたい。」

 

「出会ったことが奇跡。それを大事に、これからも継続的に集まりたい。」

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと ↓LOVEな応援よろしくお願いし まーす!


2010年10月14日

工務店コミュニティで悩みを解決しよう

今回のBuilder's coaching cafeは<スカイプ編>のみの参加者でしたが、じっくりお話できて楽しいひとときとなりました。

 

かねてよりどうしたらいいかではなく、どうありたいかを考えてもらう機会を作ることで、ビルダーさん達にこれからを考えてもらいたいと思ってます。

 

今回は用意したお題以外にも、普段感じてらっしゃることを聞かせてもらえて、私も勉強になりました。

 

その中でも「本を読む習慣が持てない」との悩みは、多くの方に共通するかもしれません。

 

それを読まなくてはいけない、と義務感を背負うと余計にできなくなりますよねぇ。

私なら、別の方法をススメます。

 

まずなぜ本を読むべきか、その理由を考える。

 

例えば、理由として

「自分の説明したいことを言葉で伝える場合、自分のイメージや考えにぴったりくる言葉を知らないと伝えられない。

だから、その言葉を探すため」

 

として読む。

 

目的は自分の考えにぴったりくる表現探しですから、きっちり読まなくても、1冊の中から何箇所かみつければいいくらいの気持ちで。

 

いいなと思う表現があればメモし、実際にお客さまに話すときに、その表現を真似て使ってみる。

 

実際に使うと、その反応が返ってきます。

 

「そうなんですか、それはいいこと聞きました」

などと返されると、嬉しくなりますよね。

 

何回かそうやって同じ表現を誰かに実際に話して使うと、自分の言葉になっていきます。

 

読まなくてはいけないという義務感でやっても、嫌いなことは身につきませんが、やったことを現実に活かせるなら、やる意味を見出せますから、自分のペースで続けていきやすいですよ。

 

 

なにかをやろうとしても続かないのは、完璧にやろうとし過ぎたり、こうでなければやる意味がないと決め付けちゃからなんですよね。

 

小さいことでも目的を作って、それがクリアできれば良しとする。

 

そう自分を甘く採点したほうが、ストレスなくできるでしょう。

 

「やる気が足りない」などと根性論を持ち出したところで、嫌いなことは続けられません。

人間は快楽を追及するようにできてますから、その自然の摂理に逆らわない方が身のため。

 

21日続ければ習慣化するとも言われてます。

手始めに、自分にピッタリくる表現を探すために、一日20分本を読むことを21日続ける、と目標化してやってくださいね〜と、最後にお伝えしておきました。

 

続けるためにも、くれぐれもいきなり高いハードルを設定しないでくださいネ

 

 

それと来週22日(金)は知多で、ビルダーさんたちとお話会を開催することになりましたぁ。

 

場所等まだ決まってませんが、半田周辺になると思います。

 

ご興味ある方はコメント欄にその旨お書きください。詳細を追ってご連絡します。

 

同じ業界に携わるもの同士が意見を言い合える場を、もっともっと全国で作っていきたいなぁと思います。

 

競争ではなく、共創の心で。

 

それに賛同してこうしてご協力いただける方が増えて、ホントに嬉しいです。(ダイツネさん、ありがとうございます♪)

 

やってみたいと思われる方は、遠慮なく連絡くださいね。

 

開催できる方法を一緒に考えましょう。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと ↓LOVEな応援よろしくお願いし まーす!


2010年09月28日

工務店同士の交流会に参加させてもらってきました

知多の工務店仲間が集う「和楽の会」の交流会で、長野の伊那まで出かけてきました。

 

伊那のブログ仲間、柏屋木材さんに現地を案内いただき、みんなと楽しんできましたよぉ。

(今回もお世話になりました。ありがとうございます♪)


今回は「自立する工務店の会」大阪メンバーも参加くださり、愛知と大阪のジョイントで盛り上がりました。

 

warakuina01この先3年分位は食べた感のある、てんこ盛りのソースカツ丼にビックリ

(これで1000円程度って、どういうこと??)

 



warakuina03愛しのダーリン、テン君とも再会できてじゃれ合ってきました。

 





warakuina02パワースポットで有名なゼロ地場こと「分杭峠」で、なんとなく運気がUPした気が、、、

単に場所だけで建物はないせいか、みんなサッサと移動しちゃうし・・・

建物があると、いつまでも見ているのにねぇ。。。。(笑)


warakuina04日本で最も美しい村「大鹿村」の温泉宿で、美味しい食事を囲んで宴会で大盛り上がり。

 




warakuina05翌朝の村の景色も爽快でビューティホー。

 





warakuina06小渋ダムに圧巻。

 





warakuina07陣馬形山からの360度パノラマ景色には、心が洗われました。

 


ライバル心を煽る輩が多いこの業界なのに、こうして同じ時間を楽しく共有でき、心が触れあえる工務店さんたちを見られて幸せです。

 

熱い想いを共有できる仲間がいるって、すごいですよねぇ。

みんな本気でお互いの話を聞いて、それぞれに真剣にアドバイスし合ってる姿は、美しいっ。

 

いつもながら、工務店さんたちの温かい気持ちに触れさせてもらえることに感謝です。

 

 

ブログ仲間で、やっと対面できたykさんありがとう♪ これからはリアルでもよろしく〜

 

知り合ったばかりの伊那の整理収納アドバイザーさんで、昔から知っているような気がするmakiさん、ありがとう♪

これからもよろしくね〜。次回の和楽は一緒に泊まろうね。

 

ハートも身体もでかい、知多の頼れる大工さんことダイツネさん、ありがとう♪ 幹事お疲れ様でした。

 

伊那の魅力を教えてくれる柏屋木材さん、ありがとう♪ また遊びに行かせてくださいね〜

 

ドラムも現場も叩くならお任せの平井建築さん、ありがとう♪ 送っていただき感謝☆

 

イメチェンして若返ったtarouさん、ありがとう♪ 陰陽のことなど、また色々教えてくださいネ

 

ダイツネ木工倶楽部の副部長Kさん、ありがとう♪ 笑顔に癒されました。お迎えにも感謝☆

 

Kaiぷらんにんぐの開原さん、ありがとう♪ お土産までいただけて感謝☆またゆっくりお話しましょうね〜


テクノデータハウスの森田さん、ありがとう♪ 今回もマシンガントークが冴えて素敵でした。

 

前田木材の前田さん、ありがとう♪ 山道の運転も責める姿はかっこいいですね〜

 

日進建設の小西さん、ありがとう♪ 棟梁のソフトクリームをほおばる姿、かわいかったです(笑)

 

 

ご縁と思い出を大事に、これからにつなげたいと思います。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆

ポチッと ↓LOVEな応援よろしくお願いし まーす!

2010年09月16日

「場」から生まれる化学反応

ピーストチャ先月お知らせしたBuilder's coaching caféを開催してきました。

参加いただいたみなさま、ありがとうございます。

対面編では会場のピーストチャさんにもお世話になりました。

いつもながら居心地良く、美味しいお食事とお茶をありがとうございます。

 

こうしたイベントは、俗に参加人数が多いほうがいいと思われていますが、私の考えはちょっと違います。

今、それが必要な人、新たな出会いが必要な人、が参加するようになっていると考えています。

 

今回も、まさにその通りでした。

 

またこうした「場」で生まれる、その参加者だからこその化学反応、みたいなものが発生し、みんなの気持ちが大きく変化していくこともあります。

 

やるべくして開催し、出会うべくして出会う縁がある。

全ては必然だった、というのをいつもながら実感させてもらいました。

 

言葉でその全てを説明するのはとても難しいので、またの機会にはどうぞご参加くださいネ

これは体感しないとわからない化学反応ですから。。。。。

 

ブログのように文字で伝えるだけでは、やはり限界がありますし、このブログからは、おそらく私の理論的な印象が前面に出ていると思います。

 

でも実は、たびたび「なにが見えるんですか?」と聞かれるほど、相手から伝わる「気」みたいなものを感じ、またそのかたの思考と行動パターンが立体で頭に浮かんできます。

 

その伝え方としては、占い師みたいな方法もあるかもしれません。

そのほうが儲かりますが(笑)

 

でもそれは相手を依存させてしまうことも多いので、できてもやりません。

 

もっと自力でなんとかしてもらえるような、本質的な働きかけをしたいと思ってます。

 

実際にお会いできれば、その相手の良い面に集中して、それを実務に生かすためにどうすればいいかを具体的に提案しやすいです。

今後もこうした企画を実行しますので、自分の良い面を再発見して、楽しみながらそれを仕事に活かしたいかたは、このブログでの次回告知をお見逃しなく〜

 

 

今回の参加者さまのお声はこちら

 

Aさん)

今日はたいへん楽しかったですし、勉強になりました。また、いい意味でコーチングのテーマから逸脱した話も楽しかったです。また次回も参加したいです。本当にありがとうございました。

 

Bさん)

今日は自分を客観的に見る事ができてとても良かったです。

自分を知ることによって、得られる物はとても多いと思います。

いろいろなことを話しているうちにとてもすっきりしました。やはり交流する事は大切ですね。

 

Cさん)

少人数でゆっくりお話できて本当にいい時間を過ごせた。頭をフル回転しました。

 

Dさん)

「お客様のために」という言葉が、実は性格的に「お客様に好かれよう」としていることに気づきました。

「足るを知る」を心がけ、バランスの良い人生を送りたいと思います。

 

参加者さま同士の交流が生まれ、仕事で互いの良い面を今後活かせるジョイントができそうだと、わかったんですよ。

素敵なご縁で、私も嬉しいです♪

きっと実現するでしょう。

だから「場」づくりはやめられないっ。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと ↓LOVEな応援よろしくお願いし まーす!



2010年07月06日

地域に根ざす「場」づくりをしよう

昨日は、仲良しの整理収納アドバイザーあぶりしゃけさんにお誘いいただき、岐阜の森住建さんにお邪魔してきました。

(いつもありがとう〜)

 

 

morijyuukensan毎月楽しいイベントと住まいづくり勉強会を開催するAmuser Labo(アミューゼラボ)をOPENされた森住建さん。

居心地良くお洒落な空間で、「ミニチュアフレームづくり」を体験してきました。

 




mini01←材料はこちら

15センチ角のフレームの中に小さなパーツを工作し、空間を表現していくのです。

 

なにせ全体で15センチ四方の世界ですから、パーツも小さく、指先で丁寧に扱わないと壊れそうなくらい。

久々に、いつもと違う神経と集中力を使って脳トレした気分です(笑)

 

mini02←完成がこちら

どうやって、何で作ってるの?ってくらい小さいでしょう。

私たちは先生の見本を見ながら真似て作りましたが、先生は材料も全て自分で考え調達し、構成も自分で決めて作るそうです。

すごいですよねぇ。

 



mini03←こちらがその先生の作品

かわいいし、お洒落♪

 

初体験のミニチュアフレームづくり、楽しかったぁ。

今回の企画は、岐阜の女性のための地域密着コミュニティサイトを運営している「クローバ!」さんの主催でした。

 

地域の工務店さんがこうやって同じ地元でがんばってる人達とコラボする、っていいですね。

そこからのご縁でまた違う企画が計画されたり、いつも人で賑わうようになっていきそうな「場」でした。

 

こうした「場」をつくって運営できる実行力もすごいですねぇ。

物理的な「場」づくりだけではない、そこに込めた想いもおうかがいし、今後の広がりを確信できました。

表面上だけ真似する工務店さんも、もしかするといるかもしれません。

同じ材料を使って施工するのは簡単でしょうから。

 

でも運営自体は真似できないと思われます。

研ぎ澄まされた直感で構成していく内容と雰囲気作りでしたから。。。。

 

 

誰もがそれぞれ得意なことを持っています。

それを生かして、地域と共に歩むことができればいいですよね。

そんな実例を拝見させていただき、勉強になりました。

ありがとうございました。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2010年06月17日

新たなコミュニティの輪づくりをしよう

気の合う仲間と気楽にランチでもと思い、防犯住宅の柴山さん整理収納のアドバイザーのあぶりしゃけさんをお誘いしました。

 

日程を決めてから昨日の開催日まで日があったので、その間に新たに出会いのご縁をいただいたセルロースファイバーナビさんを誘うことに。

 

そうこうしていると知り合いも誘いましたよ〜とメンバーが増えいき、収納ラボさんオームラ設計さんも参加いただけ、合計6人で集まりました。

 

ありがたいことにこうして名古屋に越してからも、新たな出会いに恵まれています。

 

ランチですしお酒も飲んでないのに、まぁ盛り上がること。

気の合う仲間との語らいは、お酒の力を借りる必要ないですねぇ。

 

ツイッターのことや、仕事のあり方など話題は様々なことに及び、明日の活力につながった楽しいひとときを共有できました。

 

こうして語らう場があると、それぞれに自分の想いを人に話すことでスッキリしたり、そんな方法もあったよなとか、新たな発見ができて面白いです。

 

同じ業界を見ているからこその一体感、を味わえる瞬間でもありますね。

 

こうして自分なりのコミュニティの場が広がっていくことで、これからの展開が見えてくることも多いので、コミュニティづくりは欠かせません。

 

過去の延長線上に未来がない時代でもありますから、これまでと同じ発想で仕事をしていても、世界は広がりにくいですしね。

 

 

理屈でどうこう考えるよりコミュニティを自分で築き、そこでのつながりから生み出されるものをあなたもぜひ体感してください。

と、私もお会いできる方々にはよくお話させてもらってます。

 

けれど口で言っても腹には落ちませんから、自分でやってみるのがやっぱりベスト。

 

どうするのがコミュニティなのか、そういった正解はありませ〜ん。

仲間内でブログや掲示板を共有しながら交流しているケースもあれば、定期的に会うケースもあり。

 

属するのも仕事関係もあれば、趣味の集い、同じ目標を掲げた者同士などなど。

 

類は友を呼ぶですから、属せるコミュニティに集う人たちを見れば、自分のこともよくわかるでしょう。

 

コミュニティで知り合ったのが縁で仕事に発展していく、ということもきっと増えていくと思います。

 

人と人のつながりで人生はより豊かになっていくことを体感できるのが、コミュニティの醍醐味ですよね。

あなたもご自分のコミュニティを、どんどん広げてくださいネ

 

 

今回ご縁をいただきましたみなさん、ありがとうございました。

また次回、語らえる日を楽しみにしています☆


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと ↓LOVEな応援よろしくお願いし まーす!


2010年05月08日

想いを話せる仲間の輪をつくろう

これからはコミュニティの時代、とは最近よく聞きます。

あなたは何かご自身でコミュニティを作ったり、あるいは属していますか?

どんなコミュニティでもいいので、できればぜひご自身で音頭を取って、形成してほしいなぁ。

 

私はビルダーさんたちと「自立する工務店の会」で、コミュニティを作ってます。

他にも色々あっちこっち顔を出したり、なにかしら一緒にやる仲間がいてとても心強いです。

 

女性はこの分野は実にお得意。

(井戸端会議は立派なコミュニティ♪♪)

 

男性は仕事とプライベートを切り分けて考える人が多いから、井戸端会議にはなりにくそうですね。。。。

 

だからこそ、多くの男性に心の内を話せる相手がいると、きっともっと社会は穏かになるだろう・・・と思います。

 

先日読んだ本に、こんな男性の特徴が書かれてました。

読みながら、「いるいる、いっぱいこういう人」と頷きながら、色んな男性の顔を思い浮かべてしまいましたよ(笑)

 

心に想いを溜め込まず話せる仲間を見つけ、増やしていくと、心が軽くなるばかりでなく、前向きに仕事にも取り組めますよね。

どうかこんな風にならないでください↓

 

 

男は何か悩み事、考え事を抱えたときは、自分の心の中だけでじっくり考えることで問題を解決しようとする。

「なぜこんな事態になったのだろう」「どうやったらこの事態を解決できるだろうか」「今すべきことは何だろうか」など、理性をフル回転し、論理立て、じっくり考えることで問題解決の糸口をつかもうとする。

 

さらに男は、悩み事について答えを出そうとしている最中は、思考に集中するため、下界との関係をシャットアウトして、なるべく孤独な環境を作り出そうとする。

他人との間に壁を作り、自分の世界に引きこもってしまうのだ。

 

身近な男性がぽかんとした表情で宙をみつめ、"心ここにあらずの状態になっているのを見たことはないだろうか。

そういうとき、男はまったく意図しない形で心理的に“バリア”を張り、一緒にいる人を締め出してしまっている。

 

極端に言えば、全エネルギーが問題解決に向けられ、それ以外のところに向けるエネルギーがなくなっている状態だと言える。

 

そういう状態、つまり自分の部屋に閉じこもり、内側からカギをロックしてしまった“悩める男”に対して、「助けてあげるから出てきなさい!」と無理にドアを叩いたり外からわめいても、彼の助けにならないことはおわかりいただけるだろう。

 

余計に意固地になって、ドアは内側から固くロックされたままになる。

「入ってくるな!頼むから放っておいてくれ・・・・」

 

このように、男は“孤独になって考える生き物”だ。

逆に言うと、孤独にならないと物事をじっくり考えることができない。

だから黙って考えている最中に、女性が「何を考えているか、話して」と迫ると、思考の邪魔をされた気分になってしまう。

それでもしつこく心の中に侵入しようとしてくる存在は、いわば、“敵”とみなされる。

心の中で“敵侵入!敵侵入!”との警報が鳴り、思考の邪魔をする存在を排除するために、激しい怒りをあらわにすることもあるのだ。

 

では、なぜ男は悩みを口にできないのだろうか。

なぜ孤独の殻に閉じこもろうとするのだろうか。

 

それは、簡単に言ってしまえば男の“プライド”や“強がり”に原因がある。

悩みや問題があるとうことは、男としての“弱さの証”なのだという、ある種の幻想に縛られているのだ。

 

男ならどんな問題であっても強力に解決しなくてはならない

悩みを他人、まして女には見せないのが男らしさであり、男の優しさだ

孤独に耐えながら自己実現することが男の美学だ

 

男はこのような社会が作った幻想、つまり“社会通念”に縛られている。

そしてあまりにその“縛り”が強くなり過ぎると、男女のコミュニケーション・ギャップにとどまらず、悲劇的な結末を迎えることもある。

 

たとえば、仕事上のミスを誰にも言えず、結果として莫大な被害を会社や社会に与えてしまう。

ミスを隠し、隠したことを悩み、悩んでも解決にならないから、ますます苦しくなってついには自殺。

「つらい」の一言が言えないために、うつ病になるまで悩み抜く、リストラの憂き目にあい、本当は出勤する会社などないのに、毎日スーツを着て会社に出かけるフリをしている夫・・・・。

 

一人で思い詰めてしまうがゆえに、こんなことを平気でやってしまうのが男だ。

哀れとしか言いようがないが、男性読者なら他人事とは言い切れない怖さがあるかもしれない。

女は男のどこを誤解するのか―男と女“すれ違い”に学ぶ心理学 (王様文庫)
女は男のどこを誤解するのか―男と女“すれ違い”に学ぶ心理学 (王様文庫)
クチコミを見る


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと ↓LOVEな応援よろしくお願いし まーす!

 


2010年04月17日

ブログ仲間と知多に行ってきました

いつもお世話になっている大阪の材木屋さんのどんぐりさんに名古屋で拾ってもらい、知多のブログ仲間ダイツネさんのところに一緒に行ってきました。

 

chita01ダイツネさんの現場を見せてもらうのは初めて。

どんぐりさんから楓のフローリングを納入して仕上げた床は、写真の通りです。


お施主様も在宅されていて、お茶などご馳走になってしまいました。

(お引越し中なのに気を使わせてしまって申し訳なかったです。ありがとうございます。)

ダイツネさんとお施主様がガッチリと信頼関係を築かれてらしゃって、とても良い雰囲気の現場でした。

 

chita03ランチにはあさりの釜飯定食をご馳走になり、満腹に・・・

さすがは知多。海産物が新鮮で美味しいです♪

 






chita02その後は観光にも連れていってもらい、ダイツネさんオススメの「トロサバ」と海苔をお土産にいただいちゃいました。

我が家には大皿がなく、IKEAで買い置きした紙の大皿でなんとか納まったほど、大きなトロサバ。

一夜干しなので、塩気もアッサリでおいしかったぁ〜

 

先日友人と出かけた常滑にもまた行けて、カフェでゆっくり話もでき、楽しかったです。

集客やPRについてちょっとアドバイスもさせてもらい、お役にも立てたかな・・・

 

「ビルちゃん、プロっぽ〜い」とダイツネさんに言われましたが、一応プロなんで、そこは強調しておきます(笑)

 

一人親方のダイツネさん。

一人で色々やらないといけないので、時間もないし、それほど経費もかけられないかもしれません。

でも、「ない」ことに目をむけないで、今持っていること、「ある」ことに目を向けたら、一人でもできる集客方法はあります。

 

そりゃあ組織だってできるところと同じように考えたら、そんなんじゃ、、、と思うこともあるでしょう

 

それと同じ土俵でやろうとするから苦しいのであって、視点を変えて発想を膨らませれば、突破口は必ず見つかりますよ。

 

きっと同じように一人でやってらっしゃる職人さんも多いと思います。

それじゃあ色々できない、、、ではなく、だからこそ「ある」ものでできることから始める。

そしてそれをやっていけば、道は開き、開いた道はいつか大きなうねりへと変化します。

 

それを体験すると仕事のみならず、人生そのものが劇的に変わっていくんですよね。

 

そしてそれを体験してほしいから、私はこうして地場で頑張るビルダー・工務店、職人、設計士さんに色々伝えていきたいのです。

どんな理屈や理論よりも、体験に勝るものはないと思うから。

 

ブログでももちろん伝えさせてもらってるつもりですが、こうして直接お話できるとより伝えていけるんだけどなぁ。

 

そのためにできるだけ多くの方々に会えるよう、これからもどんどん出かけて行きたいです。

そしてなにか変化を・・・・と考えてる方々には、遠慮なく会いに来てほしいなと思います。

 

 

どんぐりさん、ダイツネさん、ありがとうございました。

(どんぐりさんの一眼レフの画質の良さには感動しました。今度はもっと綺麗なカッコしていくので、美人に見えるよう撮ってください(爆))

またゆっくりお話しましょうネ


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと ↓LOVEな応援よろしくお願いし まーす!


2010年03月25日

大森ロッジさんを見学させていただきました

WEBプロデューサーのchikaさんにお誘いいただき、東京は大森にある「大森ロッジ」さんを見学させていただきました。

chikaさんと大森ロッジさんは、Twitterでご縁があったそうです。

Twitterつながりのご縁で実際にお会いできるのは、私も今回が初めて。

 

一緒に見学させていただいたchikaさんのお仲間も素敵な方でしたよぉ。

 

久安典之建築研究所さん

なかの材木さん

くにけん やはぎのりこさん

 

 

品川から電車で15分ほどの行ったところの駅近、便がいいところに、大森ロッジさんはありました。

 

oomorilodge01「全8棟の木造住宅をリノベーションして作り上げる街角再生プロジェクト。互いに触れ合い、共に愉しむ住まいづくりを目指しています。」

 

写真からもわかりますが、佇まいは落ち着いていて、街並みに溶け込んでいます。

 


oomorilodge02縁側があったり、お庭があったり、建具も昔のままだったりと、風情と趣ある住まいで時の流れがここだけゆったりとしているようでした。

 





oomorilodge03オーナーさんの熱い想いが書かれたこちらからもわかります。

考えやコンセプトがしっかりとし、既存の住まいを耐震補強やリフォームで蘇らせ、新たな価値を吹き込ませています。

 

リノベーションにあたっては、ブルースタジオの女性建築家が担当。

サイト制作に携わられた古谷デザインさん

のお話もじっくり聞けました。

オーナーさんとも相性抜群で想いが共鳴しているからこそ、こうして大森ロッジさんが誕生されたんですね。


oomorilodge04
女性建築家さんは独立され、こちらのアトリエタイプで事務所を開かれるそうです。

住人の方も心強いでしょうネ

 

哲学と思想を持った、こんな素敵な賃貸物件が増えるといいなぁ。

 



oomorilodge05「常に柔軟でクリエイティブでありたいと考えています。借りて住む価値は何なのか?

買うか借りるかの二元論を超えて住む価値の最大化を表現していきたいと思います。」

 

私もオーナーさんのこんな想いにとても共感できます。

買うか借りるか、の二元論で住まいを考える時代はもう終わったのではないでしょうか。。。

 

既にそれを超えて新たな価値を創造できる先駆者が、こうして現れています。

 

やがてはこの流れに追随する人が増え、大きなうねりとなっていってほしいな。

 

 

kawadasanさて、見学終了後はchikaさんのこれまたTwiter仲間の画家:川田祐子さん にお会いしてきました。

 

写真からだと臨場感が伝わらないのですが、生で拝見した作品はもっと素晴らしかったです。

幻想的で宇宙を感じられるような数々の作品に、胸の奥底の何かが疼くような感覚を覚えました。

 

川田さんご本人もとても魅力的な女性。

作品のみならずその作者の方とお話できると、より身近にアートを感じられいいですねぇ。

 

自分の右脳が心ばかりか活性化したような・・・・・気がします。

 

ディナーは新橋の第一ホテルのブッフェでしこたまほおばりながら、みなさんと歓談を楽しみました。

私はまだまだTwitterの深さを体感できていないのですが、みなさんから経験を聞くことができ、ブログとは違う新たな魅力がちょっとわかりました。

 

何事も自分でやってみないとわからないから、これから経験を積み、体感速度を上げていきたいと思います。

 

貴重な機会をいただいたchikaさん、お話させていただいたみなさま、ありがとうございました。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2010年03月23日

ブログ仲間と伊那に行ってきました

お世話になっている大阪の材木屋さんの「どんぐりさん」が、同じくブログ仲間である長野の伊那「タッキーさん」のところに行く用事があるとのことで、整理収納アドバイザーの「あぶりしゃけさん」と一緒に連れて行ってもらいました。

 

自力で車を運転できないため、「ついでに名古屋で拾って〜」と以前から図々しくお願いしていたんです。

 

言ってみるもんですね、念願叶っていつも自然豊かな伊那の様子を教えてくれるタッキーさんのところにやっと行けました。

どんぐりさん、ありがとうございます。

 

ina01タッキーさんのご自宅のある敷地には、ど〜んと材木が・・・・

これから改修される古民家のお宅に使う材料のようです。

お施主様が所有される山から切り出したとか。

これぞ地産地消ですね。

 

 

 

 

 

ina06こちらのグラプルという重機を使うと、切り出された材木の長さが揃えられるみたいです。

こういったものも、初めて目にしました。

 

 

 

 

 

ina02素敵な奥様は、揚げ饅頭を作って迎えて下さりました。

お彼岸の時に、伊那では揚げ饅頭を作る風習があるとのこと。

しそで巻いて揚げられたお饅頭は、あっさりと美味でございました。

揚げる用のお饅頭が、この時期だけ売られているそうです。

 

 

 

ina03南アルプスと中央アルプスに挟まれた伊那谷の景色をよく眺められるようにと、絶景が見えるポイントまで連れて行って下さったのですが、、、

ちょっとこの日は霞がかかっていました。

それでも雄大な眺めには感動です。

右を見ても、左を見ても3000m級の山並みが見渡せるなんて、平野育ちの私にはとーっても贅沢な景色。

心まで洗われる景色に触れられ、感謝☆

 

ina04樹齢600年のブナも見ることができました。

写真だとわかりにくいですが、辺りは神々しく優しいオーラに満ちています。

宮崎監督の映画に出てくるような木の精がたくさんいるような感じかなぁ。

エネルギーをたくさんもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ina07ランチには 馬肉入りそば をご馳走になりました。

伊那には「若丸」という有名な馬肉屋さんがあるのです。

いつも父へのバースデープレゼントには、楽天経由で買ってここの馬肉をプレゼントしています。

 

 

 

 

ina08タッキーさん設計・施工のお宅も外観を見せていただきました。

シンプルで飽きのこないデザインと色合いでいいですよね。

アルプスの景色にも合ってますね。

 

 

 

 

ina09そしてこの日、私は予期せぬ恋に落ちてしまいました。

彼と目が合った瞬間から、お互いにすぐに「この人だ!」ってピンときたんです。

愛しの君の名は「テン君」

タッキーさんの飼っているかわいいビーグル犬です。

すぐにお腹を見せてくれ、あっちを撫でて〜 次はこっちとせがまれ、かわいかったぁ。

その場を離れようとすると、私の足にしがみついて行かないで〜って泣かれちゃって。。。

また来るから、その日まで忘れないでねとお願いしておきました(笑)

 

タッキーさんはブログの通り、大きくて温かいお人柄で素敵な方でしたよぉ。

飾らずに等身大で、できることをコツコツ積み上げておられます。

どんぐりさんも同様、抜きん出よう、人より多く得ようという人が多い中で、こうして淡々と愚直に進んでいくことができるってすごいですね。

常に自然と触れ合っている人は、自然への畏怖の念を忘れることがないのでしょう。

お二人とも似たような雰囲気で、はたからみているこちらには兄弟みたいで面白かったです。

おかげであぶりしゃさんと共に、私たちは心身ともにすっかり癒されました。

 

お忙しい中連れて行ってくれたどんぐりさん、見所にたくさん連れて行ってくれたタッキーさん、いつも付き合ってくれるあぶりしゃけさん、ありがとうございました。

 

ブログを続けて良かったと思えるのは、こうしてリアルに自分の世界が広がっていくのを体感できるとき。

 

さてさて次はどこに行けるかな・・・

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2010年02月02日

工務店同士でもっとつながってください

私も参加しているブログ仲間のコミュニティ、「自立する工務店の会」では、仲間が共に支え合うをモットーにみんなで情報交換しています。

 

先日は、「みなさんの現場マナーを教えてください」と、ある工務店さんの問いかけに、他の工務店さんたちが答えを返してくれました。

 

ちょっとしたことかもしれないけれど、日々の考えや疑問を同業者同士でざっくばらんに話し合える機会は、案外少ないものです。

 

何かと言うと同じエリア内の同業者を敵とみなせと、色んなとこで煽られますからねぇ。

 

この会ではこうしたネットを活用しての意見交換ですが、どんな形でも何かしら気軽に相談し合える関係を築いていくことは、これからますます重要になりますよぉ。

 

建材屋さんとか、販売店など周辺事業者との利害が絡んだ関係だけではなく、同じ事業の職人同士、工務店同士、でもっともっとつながってください。

 

男性は競争が好きなタイプが多いですし、抜きん出ることへの欲望が非常に強い性。

 

女性の私から見ていると、それがとてもネックになって成長が止まっている人が多いは残念に感じます。

 

そんなちょっとしたことくらい身近な人に聞けばいいのに・・・、頼めばいいのに・・・

 

と思うこともわざわざ高いお金払ってセミナー聞きに行くとか、アンケートを取るとかやるんですよね。

 

そのわりに肝心な人間関係の構築にお金はケチる、みたいなねぇ。

 

業界を良くしようと思ったら、同業者同士足を引っ張っている場合じゃないですから、大きな器でもって互いに支えあってください。

 

そして疑問や悩みはその中でできるだけ解決するよう、お願いします。

そうしたら、儲け主義の変なコンサルにも騙されませんから。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2009年10月06日

コミュニティ力をつける集まりを開催しよう

ブログ仲間のダイツネさんが、17日〜18日に東海サミットを開催します。

サミットの中身は、工務店さん、職人さん、販売店さんなどお仲間が集まって、泊まりでの懇親会

お誘いを受けたので、私も参加してきます。

 

ダイツネさんによれば、開催場所の知多はお魚が美味しそうです。

私は肉より魚派、魚と海草と野菜が大好物。

だから魚が美味しいと聞いたら、行かないと・・・(笑)

 

ダイツネさんとはブログでここ1年くらいやりとりを続け、夏のブログセミナーで初めてお会いしました。

ブログでのやりとりでお互いイメージが掴めていたので、会ってもすんなり楽しくお話をさせてもらい、会うことでさらに距離を縮められたと思います。

 

今度のサミットにはダイツネさんのお仲間、私もブログを通じてお付き合いさせてもらっている方々に、また実際に会えそうです。

 

こうして輪が広がっていくのが、ブログをやっている醍醐味ですよねぇ。

 

やっぱりブログは開設するだけじゃなくて、そこから実際に会える人を増やしていくことで、自分の幅を広げていける道具。最大限に活用したいものです。

 

こんな話をすると「会ったからって、仕事になるわけでもないのでは?」と、聞かれたりもします。

 

出会いがどこでどう発展していくは、その可能性を信じられるかどうか。

信じきれたなら、必ず結果は出るんです。

ただし、すぐの場合でないことも多いですけどね。

だから、どんな出会いも意味があります。

そしてその場を提供してくださる方に心より感謝。

(今回はダイツネさん、ホントにありがとうございます)

 

出会いはご縁ですから、ダイツネさん始め参加される他の皆さんとのご縁を楽しみにしております。

知多にも初めて行くので、新しい土地とのご縁にも感謝。

 

同業者同士、こうやって仲間と共に集まれるって素敵なことですよね。

あなたもぜひ開催してみてください。

これからはこうしたコミュニティ力がモノを言う時代になっていきます。

実践しながら、力を蓄えてまいりましょう♪


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援お願いします。


2008年03月25日

みんなで登録しよう

094a3d84.jpg

【家の「困った!」を解決する業者さん・職人さんが集まるネットワーク】をコンセプトとした、無料で使えるインターネットサービス「家仲間コム」というサービスをご存知ですか?

 

「家仲間コム」では、まず業者や職人にホームページを持ってもらい消費者へ情報発信を行ってもらうことを第一優先として無料にてサービスを提供する。
ホームページの提供の他、スケジュール共有やメッセージ送信などの「グループウェア」機能も無料で提供し、中小事業者の業務効率の改善のサポートをする。

「家仲間コム」は一部の有料サービスと広告宣伝費収入での運営を目指しているため、登録及び基本利用は完全無料。一定数量の業者、職人が加盟した段階で本格稼動する。

 

と、上記の運営方針です。

まだ新しいので今後の展開は未知数ですし、一定量の登録数が集まっていないようなので本格稼動前のようです。

それでも「消費者へ情報発信を行ってもらうことを第一優先」としている姿勢は、既存のマッチングサービスにありがちな工事成約に応じてマージンを取るやり方とは一線を画してそうですね。

 

職人不足は今後業界でも深刻な問題に発展するでしょうから、お知り合いの職人さんを誘ってこちらに登録してみてください。

多くの職人さんが登録されれば、ビルダー側も職人の手配に困った時は、このホームページから検索してお仕事依頼できるようになりますよ。

 

こうした相互協力がインターネット上で永年的に無料でできるようにするには、多くの登録者と利用者が存在しないと成り立ちません。

だから自分だけではなく、必ずお仕事をしてきた職人さんたちと一緒に登録しましょうね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気