|―Twitterのコツ

2010年09月18日

感じる力を磨くにはTwitterは良いツール

最近は、お話しする機会のあるビルダーさんには、Twitterを始めることをススメています。

 

既にブログを開設されている方なら操作はもっと簡単ですから、なんてことありません。

 

ですが、Twitterをやることでなにが変わるのか、見てくるのか、わからないというお声をチラホラ聞きます。

 

そんな方には、ぜひこちらの本を読んでほしいなぁ。

Twitter革命 (ソフトバンク新書 118)
Twitter革命 (ソフトバンク新書 118)
クチコミを見る

 

この本から、私がすごく共感できたところをご紹介しますね。

 

今ツイッターをはじめとするソーシャルメディアの爆発を目の当たりにして、「メディア化する個人」という流れに乗ろうとしない人がいるのは、実にもったいないことだと思う。

現在、動画をユーチューブにアップロードするのに難しいエンコードの知識は要らない。

ブログを開設するのにHTMLを憶える必要はない。

ツイッターならさらに、書く内容さえがんばって用意する必要もない。

携帯電話から片手間に発信したツイートが、RTされまくって瞬時に世界中を駆け巡るという可能性もゼロではないのだ。

 

こう言うと「メデァイを持てることと他人に影力を持てることは別」「ビジネスへの貢献など期待できるはずもない」という反応が必ず返ってくると思う。

確かに本当のところ、ソーシャルメディアで何ができるかなんて、やってみなければわからない。

 

でも、とにかく始めてみることには何の障壁もないのだから、否定的な理由を探す前に、「何もできないからやらない」のではなく「やらないから何もできない」だけかもしれないのだから。

 

 

ツイッター革命とは、ツイッターというツールそのものが革命であるという意味ではない。

ツイッターによって、他者との共感力を高めた人たちが、自身の身の回りから変化を起こすことであるとボクは考えている。

 

小さな「つぶやき」が、どこかで誰かの心理的なヘルプとなることもあるだろうし、「少し困っている人たち」が発する些細な情報はマスメディアでは取り上げられないが、ツイッターのタイムラインでは、時として大きな話題になる。

 

ツイッター上ではすべてがリアルタイムで、すべての人に平等に情報が自由に公開されている。

また、ツイッターに参加する人が多様であればあるほど、ツイッターの世界も多様になる。

多様な社会は、異質なものを簡単に排除したりはしない。

逆に小さな変化が世界を動かしていく可能性のほうを感じることができる。

 

 

私も始めて半年以上が経ちましたが、ブログよりゆるくやっているので、続けることは負担に感じていません。

 

ブログのみならず、Twitterでも色んな人とコミュニケーションでき、良い情報もたくさん教えてもらってますよぉ。

 

140文字での発信ではあるけれど、言葉で何かを捉えるというより、何かを感じ取るツールがTwitterなのかなって思います。

やってみると感じるものがきっとあるはず。

なにしろ簡単にできるので、気張らずに楽しんでやりましょう♪

 

感じる力を磨くには、無料でできて良いツールですヨ。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2010年09月02日

Twitterの便利機能

Twitterに関する、こんな本を読みました。

ツイッターで会社をPRする本 Twitter企業の活用例100
ツイッターで会社をPRする本 Twitter企業の活用例100
クチコミを見る

 

参考になることがたくさんあり過ぎ、全部を網羅できないので、便利な機能と一部ピックアップして紹介しますね。

 

自分のツイッターに誘導するためのボタン、バッジをつくるときはこちら

 

月・時間・曜日・相手別のツイート頻度がわかるサイトはこちら(英語ですが、自分のツイッターIDを入れるだけ)

 

影響力・人気・結びつき・トラストの4つについて100点満点で評価してくれるサイトはこちら(英語ですが、自分のツイッターIDを入れるだけ)

  

   あなたのスコアが高いほど、あなたは重要です

影響力−あなたの言うことを多くの人が面白いと感じ、耳を傾けるか

人気−どれだけフォローされているか

結びつき−積極的にコミュニティに参加

トラスト−人々が言うことを信じるか

 

読書中にひらめいた気づきを気軽にメモするサービスサイトはこちら

 

 

ツイッター内で顧客の声を調べる

 

誰かが自社の話や店舗、商品、サービスなどの話をしていたら、気になりますよね。

ツイッターで以下を検索することによって、評判を確認することができます。

会社−外側からみた会社の評判がリアルにわかる

店舗−特定の店の状態・評判がわかる

商品−ツイッター内での露出頻度、評判がわかる

サービス−サービスの感想、改善点などがわかる

 

ツイッターの世界では、よい評判はとてもひろがりやすいものです。

反対に、悪い評判はよほどのことがない限り、大きく広がりません。

それはツイッターが2ちゃんねるのような匿名の世界ではなく、アカウントがあるので責任持って発言をしているからです。

悪い発言をすると、そのアカウントは評判は落ち、その後、信用を取り戻すのは大変です。

そうした特性から、とくにひどいクレームはないと思いますが、心からにじみ出すような本音がチクリとツイートされることはあります。

 

潜在顧客をチェックするには、要望、つまり「○○したい」という文を探します。

コツは動詞を含めて検索することです。

例えば、賃貸マンションを探しているお客様を新たな顧客としたい場合、「マンション」だけで検索すると、マンションを探している人以外も検索されてしまいます。

「マンション探し」とすれば、今まさにマンションを探している人のツイートが見られます。

 

ツイッターをやってるかたも、そうでないかたも、検索は簡単にできますから、ぜひ試してみてくださいね。

この画面で検索したい文字を入力します。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと ↓LOVEな応援よろしくお願いし まーす!



2010年06月19日

Twitterから見えてきたもの

先日のランチ会に続き、昨日は四日市にいらっしゃるchikaさんを訪ねてきました。

目的はダベること。

落ち着いたカフェでのんびりと会話を楽しんできましたぁ。

 

 

最近は周囲でツイッター仲間が増え、それに伴い仲間内でもツイッター話が増えてきたかもしれません。

 

 

どうすればいいかわからずに始めていない

 

ツイッターの使い方が面白いほどわかる本 (中経の文庫)
ツイッターの使い方が面白いほどわかる本 (中経の文庫)
クチコミを見る
という方もたまにおられますが、ブログをやっているなら操作はもっと簡単ですよぉ。

最近は本屋さんでツイッター本コーナーを設けているところも増えましたから、1000円くらいでガイドブックを買ってから始めるのもいいでしょう。

 

 

ホームページ→ブログ→ツイッターと、ネット上で発信するツールはどんどん簡単&シンプルになっていくことを、私はやり始めて実感しています。

 

またどんどんゆるく、気軽になっている気がします。

 

ファッションの流行を見ても同様に、体のラインがはっきり出ない、ウエストが隠れるゆるい服が女性の間では流行っています。

ヘソだしルックはあんまり見かけなくなりましたねぇ。

 

世代を問わず、チュニックにレギンスファッションがあふれてますよね。

楽チンなんで私もはまってま〜す。

 

全体的に、どんどん世の中ゆるくなっているのかな・・・

 

気負わずラフに表現でき、それが許容される社会になっていっている感じがします。

 

それは同時に、肩書きがたいして役に立たなくなっていくことでもあるかもしれません。

 

△△会社の○○さん

 

××学校卒の○○さん

 

と、名前の前に付いた冠にさほどの権威を感じなくなる。

単に○○さんとして、ピンで自分自身で勝負する時代。

どんどんそうなっていくのでしょうね。

 

権威にあやかりたい人は相変わらず存在するでしょうが、主流でなくなっていくと思います。

 

私が社会に出て働き始めてから16年。

その頃とはもうすっかり様子が変わってます。

変化の早さってすごいなぁ。

ネット以前と以後では、世界がすっかり変わりましたよね。

 

単に流行だからってだけでなく、そんな肌で感じることも増えるはずですから、まだでしたらツイッターやってみてくださいね。

 

 

昨日もそんなよもやま話に花を咲かせ、楽しいひとときとなりました。

chikaさん、ありがとうございましたぁ。またダベりましょうネ♪


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2010年04月13日

Twitterから取材に至った事例

jiritsukiji操作的なことは難しくないのですが、まだまだ私もTwitterから生みだされていくことの体感は多くありません。

(なにごとも実践しながら、日々学びですね。。。)

 

そんな中、ブログ仲間でもあり、一緒に「自立する工務店の会」というコミュニティを作ったmoritaさんから、嬉しい報告をもらいました。

 

始まりは、「Twitterってどうなのかな」、というmoritaさんの質問から。

そのときは一応私もやってる程度でしたが、ブログ同様やってみないと見えてこないこともあるから、moritaさんも一緒にやってみましょうよ、という話になりました。

 

moritaさんがTwitterを始めしばらくすると、工務店新聞さんから「自立する工務店の会」について取材したいとの申し出をいただいたのです。(記事はこちら

 

moritaさんは既にブログも開設してますし、「自立する工務店の会」も基本はブログでの情報発信ですから、誰でも読むことができます。

Twitterでなくとも、知ることはできたでしょう。

たまたまTwitterから知って、興味をお持ちいただけたのだと思います。

 

このように、どこのチャンネルから情報が拾われるかは予測不可能ですが、チャンネルは多ければそれだけ誰かに拾われる可能性は高まりますね。

 

ブログというチャンネル

ホームページというチャンネル

Twitterというチャンネル

メールマガジンというチャンネル

 

今やそのどれも無料で開設できますから、やらないよりはやったほうがいいと思います。

ただし、適度な更新は続けないと返って評判を落とすでしょうから、そこは要注意。

 

これからやってみようと検討されているビルダーさんもいらっしゃることと思います。

日経ビジネス・オンラインに 「ビジネス・ツイッター」の読み方・使い方 という記事がありますので、そちらもぜひ参考に、開始されてください。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2010年04月06日

Twitterセミナーで学んだこと

友人のchikaさんにお誘いいただき、Twitterのセミナーに行ってきました。

(chikaさんいつもありがとうございます♪)

フォローを増やしビジネスにつなげる、、、という話が中心でしたが、操作的なことも参考になることが多かったです。

 

フォローの数を増やしてビジネスにつなげるのは、小売業であればとても有効でしょう。

工務店業の場合、工務できる範囲に限界がありますから、そこは小売と違うかなぁ。

人の輪を広げるにはいいでしょうけどね。

 

Twitterでつぶやく心得として、

 

毎日つぶやく

勇気を持つ

賛否両論意見はあるから、色んな人がいることを受け入れる

メンションやダイレクトメッセージにはできるだけ返事を書く

朝・昼・晩とつぶやく

断定的・否定的なことは言わない

 

ホームページやブログもTwitter同様に、「やらないで後悔するより、やって失敗するほうがいい。それほどリスクはないのだから・・・」と力説されていたのは、印象的でした。

 

法人ならなりすまし防止のために、Twinabiから企業アカウントを申込むといいそうですよ。(申込み方法はTwinabiをご覧下さい)

 

それと画面キャプチャーのためのフリーソフト「WinShot」を教えてもらいました。

これまでprintscreenボタンでキャプチャーしていたのですが、WinShotならflashも切り取れるとのこと。

便利ですねぇ、これは早速私もダウンロードしました。

 

この他にもいくつか便利な機能を教えてもらいましたので、自分で試してからまたご紹介しま〜す。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2010年03月25日

大森ロッジさんを見学させていただきました

WEBプロデューサーのchikaさんにお誘いいただき、東京は大森にある「大森ロッジ」さんを見学させていただきました。

chikaさんと大森ロッジさんは、Twitterでご縁があったそうです。

Twitterつながりのご縁で実際にお会いできるのは、私も今回が初めて。

 

一緒に見学させていただいたchikaさんのお仲間も素敵な方でしたよぉ。

 

久安典之建築研究所さん

なかの材木さん

くにけん やはぎのりこさん

 

 

品川から電車で15分ほどの行ったところの駅近、便がいいところに、大森ロッジさんはありました。

 

oomorilodge01「全8棟の木造住宅をリノベーションして作り上げる街角再生プロジェクト。互いに触れ合い、共に愉しむ住まいづくりを目指しています。」

 

写真からもわかりますが、佇まいは落ち着いていて、街並みに溶け込んでいます。

 


oomorilodge02縁側があったり、お庭があったり、建具も昔のままだったりと、風情と趣ある住まいで時の流れがここだけゆったりとしているようでした。

 





oomorilodge03オーナーさんの熱い想いが書かれたこちらからもわかります。

考えやコンセプトがしっかりとし、既存の住まいを耐震補強やリフォームで蘇らせ、新たな価値を吹き込ませています。

 

リノベーションにあたっては、ブルースタジオの女性建築家が担当。

サイト制作に携わられた古谷デザインさん

のお話もじっくり聞けました。

オーナーさんとも相性抜群で想いが共鳴しているからこそ、こうして大森ロッジさんが誕生されたんですね。


oomorilodge04
女性建築家さんは独立され、こちらのアトリエタイプで事務所を開かれるそうです。

住人の方も心強いでしょうネ

 

哲学と思想を持った、こんな素敵な賃貸物件が増えるといいなぁ。

 



oomorilodge05「常に柔軟でクリエイティブでありたいと考えています。借りて住む価値は何なのか?

買うか借りるかの二元論を超えて住む価値の最大化を表現していきたいと思います。」

 

私もオーナーさんのこんな想いにとても共感できます。

買うか借りるか、の二元論で住まいを考える時代はもう終わったのではないでしょうか。。。

 

既にそれを超えて新たな価値を創造できる先駆者が、こうして現れています。

 

やがてはこの流れに追随する人が増え、大きなうねりとなっていってほしいな。

 

 

kawadasanさて、見学終了後はchikaさんのこれまたTwiter仲間の画家:川田祐子さん にお会いしてきました。

 

写真からだと臨場感が伝わらないのですが、生で拝見した作品はもっと素晴らしかったです。

幻想的で宇宙を感じられるような数々の作品に、胸の奥底の何かが疼くような感覚を覚えました。

 

川田さんご本人もとても魅力的な女性。

作品のみならずその作者の方とお話できると、より身近にアートを感じられいいですねぇ。

 

自分の右脳が心ばかりか活性化したような・・・・・気がします。

 

ディナーは新橋の第一ホテルのブッフェでしこたまほおばりながら、みなさんと歓談を楽しみました。

私はまだまだTwitterの深さを体感できていないのですが、みなさんから経験を聞くことができ、ブログとは違う新たな魅力がちょっとわかりました。

 

何事も自分でやってみないとわからないから、これから経験を積み、体感速度を上げていきたいと思います。

 

貴重な機会をいただいたchikaさん、お話させていただいたみなさま、ありがとうございました。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2010年01月21日

Twitterについて気づいたアレコレ

ツイッターTwitter)をご存知でしょうか。

昨年夏ごろからブレイクの兆しが見え始めたこのサービス

ドカンと来るのは今年かな。

私のところにも、チラホラと質問をいただくようになりました。

 

ブログより開設も運営も楽チンですから、まだホームページはおろかブログさえ開設に二の足を踏んでいる方は、ツイッターから始めてもいいかも。

私もこっそり様子を見ながらやっております。

 

ビジネスでの利用は、小売業界が既にその効果を実証しているようですヨ。

例えばデルコンピュータ。

本国アメリカでは、ツイッターを利用して100万ドルを売り上げたとか。

 

ホームページ上で決済が完結する商売は、タイムセールの告知をツイッターで行い、ホームページへ誘導して購入いただく。

こういう流れで効果をあげているケースは、他にも事例が出てきています。

 

ホームページやブログ同様これが正解という答えはありません。

やはり、やりながら自分なりに活路を見出していくしかないでしょう。

 

私が思いつくのは、不動産なら新物件情報をリアルタイムでツイッター告知からホームページへ誘導。

販売店や材木店なら、新商品案内やセール情報をツイッター告知からホームページへ誘導。

 

費用はかかりませんので、まずはやってみるのが一番。

運営に関する本も出版が続いてますから、読んでみてください。

私はこちらを読みました。

ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)
ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)
クチコミを見る

 

それと、NHKでツイッターを取り上げた番組が放映されてました。

200円払えばこちらで見られますので、ご覧ください。

ツイッターがどんなものか、感覚として掴みやすい番組でしたよ。

 

ビルダー・工務店のツイッター活用について新たに気づいたことがあれば、随時このブログでお知らせします。

あなたも気づいたことがあれば、コメントへ書き込み残してくださいネ。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気