★お得なお知らせ

2014年04月15日

メルマガでも少しずつ・・・・

これまで主にブログで発信していた情報ですが、これからはメルマガも使っていこうと思います。

 

配信方法や内容も少し見直し、色々試していこうかなと。

 

今日はそのお知らせと、気になったニュースから。

 

 

ドイツと言えば脱原発を掲げ、住宅業界でもこの頃は特に視察に訪れる方々も多いですよね。

 

ウクライナが招くドイツのエネルギー危機」という見出しのニュースを見て、最近なにかと騒がしいウクライナ情勢の影響を実感しました。

 


石油と天然ガスの3分の1をロシアに頼るドイツのような国

 

一方でドイツの石炭消費は昨年、90年以降で最高水準に達した

 

エネルギーの対ロ依存を減らし、脱原発を目指し、再生可能エネルギーへ転換するという方針は素晴らしいが、一度に進めるのは問題がありそうだ

 


厳しい試練にさらされるドイツの石炭火力発電依存体制」というこちらのニュースには、

 


ここ2,3年、他の西欧諸国同様にドイツでも石炭火力発電が増加している。

背景にはシェールガスの利用拡大によって国内ではけ口を失った米国炭の輸出が増えて石炭の相場が下落し、加えてCO2排出権価格が底値を更新し続けているために石炭火力の経済性が高まっている事情がある。

 

 

なるほど、シェールガスと石炭の関係が理解できました。

 

原発をやめて再生可能エネルギーへの道を築くのは、一筋縄じゃいかないんですね。

 

それよりフリーエネルギーの技術を早く世界で共有できればいいのですが、利権に邪魔されなかなかねぇ。

 


 

ウクライナってなんか物騒だわ、どうして流血にまで発展するのかなどニュースを見て疑問ではありますが、どこか遠いところで他人事のように見える騒動も、陸続きの他の国ではモロに影響を受ける。

 

それがやがて私たちの生活にまで影響するのも、すぐそこかもしれませんね。

 

 

そうした現実を見据えながらも、世界の平穏にはまず自分の心からで、1秒でも多くピースフルマインドを保ちたいものです。

 

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2011年10月06日

広島生活が始まりました

名古屋から広島へのお引越しが、火曜日に無事済みました。

片付けも半日あれば終わるので、もう通常モードです。

 

ネット接続を光回線から無線のイーモバイルに変えたので、回線工事を必要とせず、新居でもすぐにつなげ、とっても便利。

固定回線だと配線箇所にホコリがたまりやすい。その点でもイーモバイルにして良かったです。

 

ネガティブなニュースばかりで疲れるので、アナログだったしテレビも引っ越しついでに処分しちゃいました。

NHKオンデマンドで、見たい番組だけパソコンで見ることに。。。

これでかなり配線もすっきりし、お掃除も簡単になりそうです。

 

 

引越しは面倒ですが、断・捨・離と思っていつもよりモノを処分する気が起こるので、やはり数年ごとに住まいは変えたいなぁ。

次回の引っ越し時に少しでも荷詰め時間が短くなるよう、また新たな断・捨・離をしていこうと思います。

 

さて、新たな場所で私が最も気にするのは、野菜と魚は新鮮なものが近所に売っているか、ということ。

家に最も近いスーパーに初めて足を踏み入れる瞬間はドキドキとワクワク。

お肉よりもお魚コーナーが広く、新鮮だったので、心底嬉しかったぁ。

野菜もちょい高めだけど、新鮮でした。

 

少し歩いたところには、「鮮魚館」とデカデカと看板を掲げた大きなお魚屋さんを発見。

お魚屋さんに心が躍ります(笑)

光り物に目がない私は、毎日でも新鮮な光り物が食べたいっ。

 

自分が食べたもので体はできていますから、なにを食べるかはとても重要ですよねぇ。

近所で調達できる食材が良さそうなことに、親も安心してくれました。

 

 

広島生活も大いに楽しめそうだぁ。

新たな出会いもきっとたくさん待っていることでしょう。

名古屋でも多くの素敵な思い出と心友に出会えたように・・・

 

新たな環境でも日々を大切に、丁寧に過ごしてまいります。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2010年03月11日

旧諸戸清六邸に行ってきました

最近ご縁があって仲良くさせてもらってるビルダーさんに「遊びにおいで〜」とお誘いをうけ、仲間と共にお邪魔させてもらいました。

 

hamaguri今月は桃の節句だったからと、蛤をお茶うけにいただきましたが、お茶うけが蛤・・・・

ものすごい贅沢な気分に浸れ、粒の大きいとーってもおいしい蛤を口にほおばり幸せです♪

温かいおもてなしに感謝☆

ありがとうございます。

 

moroto近くにある六華苑(ろっかえん)(旧諸戸清六邸)にも連れて行ってもらいました。

ここはあのジョサイア・コンドル設計による明治時代の洋館があるところ。

 

最近どこかで見たなと思ったら、NHKでやってる「美の壺」という番組で見た洋館でした。

公開中の映画「人間失格」の撮影にも使われたそうです。

 

すぐ隣には和館が接して建てられているのですが、和と洋の相反するデザインが見事に調和し、独特の雰囲気に圧倒されました。

TVで見るよりずっと存在感がありますねぇ。

 

六華苑にはこの他にもいくつか建物がありました。

どれも室内の造作が素晴らしく、当時の職人たちの粋が今なお伝わり、見ているだけでゾクゾクします。

現存している古い建物の細かいこだわりを見ると、どんな想いでこれをつくったのか当時に遡ってインタビューしたくなるなぁ。

きっと目を輝かせてたくさん語ってくれるくらい、熱い魂で造りあげたのでしょう。

 

久しぶりに圧倒される建物を見ることができ、心も晴れ晴れ

 

今もこうして保存されている古い建物には、そこにかつてのつくり手や住まい手の愛情がずっと残っているような感じがしますね

歴史や文化背景も素晴らしいのですが、何より関わってきた人の愛情が強かったからこそ、残るべくして残るのでしょうか。

そこを訪れると当時の愛情に触れた気がして、心がホクホクとしてきます。

だから何度でも訪れたくなるんですねぇ。

 

5月にはここで雅楽会が催されるようなので、また行こうっと。

(今回はデジカメ忘れちゃったので、次回はバッチリ撮影したいです)


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2010年02月11日

23日(火)に大阪で「お話会」を開催します

今月、大阪で私の友人であり仲間でもある

 

元女性建築家WEBプロデューサーのchikaさん

施主ブロガーから整理収納アドバイザーとして活動を開始したあぶりしゃけさん

 

と共に、kaiプランニングさんのモデルハウス(大阪府池田市)をお借りし、「お話会」を開催することになりました。(kaiさんありがとうござます

 

名古屋に越してから会える機会も増えた仲間とともに、大阪のブログ仲間表敬訪問に合わせ、どうせなら何かやろうと思い立って開催することにしました。

 

女性ならではの視点で、ビルダー・工務店さまにお役立ていただける内容になってます。

 

女性建築家WEBプロデューサーのchikaさん のテーマは、

 

お客様に選ばれる工務店になるためのワークショップ
〜家と共にあなたのことも見られてます〜

お客様は、どんな家を建てたいかという想いと共に、誰と建てたいか、を検討するもの。
どんなにいい家でも、あなたが魅力的でなければお客様に選ばれることはありません。
このワークショップで、あなたの魅せ方を伝授します。
せっかく素晴らしい家を建ててらっしゃるのですから、あなたを磨いて、さらに魅力的にアピールしましょ


施主ブロガーから整理収納アドバイザーとして活動を開始したあぶりしゃけさんのテーマは、

 

『「とりあえず」から、「大切」へ。
〜お客様にとって、一番のパートナーとなるために整理収納の考えから読み解く、人間関係。〜』

 

あなたがお客様を想うように、お客様にもあなたを想ってもらうには、客観性が必要です。
それをわかりやすく捉えるには、整理収納の考え方を知ると納得しやすいでしょう。
どうして対人関係に、整理収納が出てくるの??
と思われるかもしれません。
でもそこが、ミソなんです。

モノでも人でも、その基本的な関係は同じ。
あなたを大事に想ってもらわないと、あなたの情報はクローゼットの奥にしまいこまれたままになってしまいます。
そうならないよう、整理収納の考え方からコミュニケーションを見つめなおしてみませんか?

 

のテーマは、

 

どうなる?こうなる!住宅業界2010

〜今年、やっておくべきことはズバリこれ〜

 

成熟業界ゆえに、厳しいといわれ続けてますね。

確かにそうなんですけど、それでも意気揚々と楽しそうに家づくりをされている方はたくさんいます。

それができない人と、それができる人の分かれ目は??

その境が見え隠れしてきたのがリーマンショック以降なら、ハッキリ分かれるのが今年。

今年を過ごす心構え次第で、これからが大きく変わるかもしれません。

厳しいなりの波乗りには、相応の準備が大事。

しっかりスタンバって大きな波を超えるべく、今ここで何をしておくべきかチェックしておきましょ♪

 

当日のスケジュールは、

13:30〜    受付開始
2:00〜2:05 司会
2:05〜3:05 お客様に選ばれる工務店になるためのワークショップ
3:05〜3:15 休憩
3:15〜4:15 「とりあえず」から、「大切」へ
4:15〜4:25 休憩
4:25〜5:25 どうなる?こうなる!住宅業界2010

5:25〜5:45 質疑応答
6:00〜     懇親会・・・かも

 

費用はお一人様5,000円、お申込みはこちらのフォームに参加希望と書いて送信ください。

当日、そのときのノリで懇親会も開催するかも〜。なにか美味しいものを食べにいきたいです。

 

「お話会」なので、参加いただける方とコミュニケーションを図りながら、和気藹々と楽しくやっていきま〜す。

今回の大きなテーマは、「自分と向き合う強さを持って、自信ハツラツと家づくりに邁進いただく」です。

参加いただければ、もっと元気に自信がみなぎること間違いなし。


ますます素敵に輝くために、みなさまふるってご参加くださいませ。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2009年09月15日

秋のオススメセミナーご案内

いつもお世話になっているしあわせデザイン研究所の馬渕さんが、名古屋でセミナーを開催されます。

 

1、「住生活エージェントによる家づくり必勝法セミナー」(無料)【9月20日(日)、10月4日(日)】
 

 「家づくり検討者」にコンサルティングを行い、最適な工務店にナビゲートする「住生活エージェント」の消費者向けセミナーですが、工務店さんが聞いても、その顧客アプローチ手法が参考になります。

 

2、「人生を変える夢の設計図の描き方セミナー」(5000円) 【9月26日(土)】

 馬渕さんと「伝説のホテル」の鶴岡秀子さんとのコラボセミナーです。

熊本からの申し込みもいただいています。

 すでに、残席が30名を切っており、懇親会は、キャンセル待ち。

 

どちらも魅力的な内容ですね。

「住生活エージェントによる家づくり必勝法セミナー」では、家づくりを考えているお客さんの雰囲気を感じることができますよ。

自社のお客さんとはまた違った、より多くのお客さんの希望や悩み、考えを聞ける良い機会。

 

仕事柄、小売と違い工務店さんは圧倒的に人と接する機会が少ないですよねぇ。

だからこうした色んなタイプの人を観察できる場には、積極的に出向き、生の声を実際に聞いてみましょう。

アンケート結果からではわからない、リアルなお客さまの声を聞こうと思ったら、ホントは高額な費用が取られて座談会などが開催されます。

それが無料で参加できるのですから、行ける方はぜひ!

 

関東では、ネクスト・アイズさんが同じようにセミナーを開催されています。

 

「人生を変える夢の設計図の描き方セミナー」も良いですね〜

伝説のホテルのプレゼンを聞いたことがありますが、すごく心に響きました。

鶴岡さんの温かいお人柄と熱い情熱が伝わり、元気がもらえます。

諦めなければ夢は叶う、を今現実に実行されているので、すごいです。

 

馬渕さんのお話も、いつも面白いですよぉ。

自然体で気取らず、親しみやすい雰囲気が素敵な馬渕さん。

軸をぶらさない生き方、リスクを怖れない潔さ、肩の力を抜いて素直に自己表現できる強さ、をこのセミナーで馬渕さんに学びましょう。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援お願いします。


2009年06月23日

施主ブロガーセミナーを開催します

ブロガーセミナー先月お知らせした、しあわせデザイン研究所:馬渕さんの、施主が家づくりの過程などを記したブログ(施主ブログ)の傾向や影響力について調査したレポート。

 

こちらの反響が大きく、このたび施主ブロガーに関するセミナーを、名古屋・大阪・東京の3会場にて開催となりました。

 

テーマは、
日本初!101人の有力施主ブロガーアンケート結果から読み解く
「お客様に選ばれる会社、選ばれない会社は、ここで決まる」

 

私も馬渕さんと一緒に、講師としてブログに関する以下の内容をお伝えさせていただきます。

 

脱・営業。ブログで地域密着

〜お客様とブログで「絆」を深めよう〜

 

お客様向けにブログを立ち上げ、コミュニケーションを図る方法

あなたに会ってみたい、とお客様に感じてもらう方法

ブログを継続することで、お客様からの信頼を得る方法

 

さらに、参加者の中でご希望の方には、ブログに関するコンサル&コーチング1時間ご提供します。

 

開催日は、

7月23日(木) 大阪
7月24日(金) 名古屋
7月28日(火) 東京

 

 

私がこのセミナーで言いたいことは、住宅事業者が、施主ブロガーを活用するノウハウではありません。「家づくり」のパートナーとしての事業者と施主との関係づくりを「愛」の視点から、読み解きます。

このセミナーには、本物の有力施主ブロガーも、ゲストスピーカーとして登場し、私とトークセッションを行います。

 

と、馬渕さんからのメッセージです。

 

また、ネクスト・アイズの小野代表からは、「ポータルサイトアクセス分析からわかるお客様動向」のお話があります。

 

ブログやホームページを運営されているビルダー・工務店の方々は、ぜひご参加を検討ください。

 

自分でも実際にブログを開設している私たちなので、理論だけでなく、実践と実感を伴うお話がさせてもらえると思います。


有名な施主ブロガーさんもいらっしゃいますので、私もお話聞けるのが楽しみ♪

 

お申し込みは、こちらから。

 

では、会場でお会いできることを楽しみにしております


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2009年05月23日

家づくりの口コミ力は施主ブロガーが握っている

17b928c3.JPG

お世話になっているしあわせデザイン研究所:馬渕さんが、施主が家づくりの過程などを記したブログ(施主ブログ)の傾向や影響力について調査した結果を公表されました。
(調査概要は
こちらをご覧ください。)

 

5月20日付「新建ハウジング」1面にも大きく紹介されています。

ネット上には膨大な家づくりに関する情報があふれているが、その中で施主ブログが「セカンドオピニオン」になってきている。

つくり手の説明に納得できない、専門用語を使った説明が理解できない住宅取得予定者が検索などを通じて施主ブログに行き着き、実際の経験に基づいた生の声を参考にし、時には直接質問をコメントしている。

業界の一方的な情報カウンターとしてのセカンドオピニオンとして機能しているのだ。

 

そうなんですよ。

家づくりという人生の一大イベントについて、その高揚感や感動、時には落胆をリアルにブログで伝えているのが「施主ブロガー」なんです。


今やブログで、タイムリーかつリアルに生の声を発信できるようになりました。

いいことも悪いことも、嬉しいことも悲しいこともそうやって発信されるようになれば、それを読んだ家づくりを考える他の人が影響受けないわけない、ですよね。

 

住宅業界に限らず、ブロガーの与える影響測定のための、システム開発が行われている時代です。

 

TOTOもブロガーミーティングを開催したようですし、今後ますますブロガーの動向が注目されることは間違いありません。

 

だから今からそれをしっかりと掴んでおくことをすすめます。

そして今回、この調査レポートと共お付けする特典対談レポートに、実は私が登場していま〜す。

馬渕さんと私が施主ブロガーについて、わかりやすく掘り下げて分析した対談をレポート化しました。


対談にて、自社で施主ブロガー様が出現されたときの対応方法など、具体的アドバイスもあるのです。

この対談内容だけでもヒントが盛りだくさんですヨ。

調査レポートと対談レポートをGETして、ぜひこれからの施主ブロガーへの対応を考えてください。

 

お申込み時はこちらから。

 

お申込みフォームのアンケートに
「貴方はこのレポートをどのようにして知りましたか?」という欄があります。

そこに「ビルダーナースの紹介」と記載いただくと、スペシャルな特典が適用されます。

特典内容はお申込みいただいた方のみ、お知らせいたします。

(とーってもお得な特典なのですが、ちょっとブログ上では言えません。。。。。ゴメンナサイ)


5月25日追記


お知らせした施主ブロガーの意識調査レポートですが、

申込み受付システムにトラブルが発生し、24日(日)までの申込み者データが消えてしまいました。

もし、昨日までに申込みをされた方はこちらをご覧ください。


お手数ですが、申込みされたことを再度、株式会社SDIさまにご連絡をお願いします。


せっかく申込みいただいた方々には、申し訳ないです。

どなたかもわからないので、個別にお詫びすることもできず、ブログ上にてごめんなさい。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2009年03月12日

住宅の長寿命化講習会が開催できる

国交省の応援団体である(社)住宅生産団体連合会という組織が、超長期住宅政策の促進のため、「住宅の長寿命化」出前講座 というのをやっています。

 

応募期間は2月までとなってますが、ホームページ上でUPされたままですので、まだ受付してくれるのかもしれません。

参加が20名程度からなら無料で出張講座を開いて下さるそうですよ。

お施主さまなどもお誘いして、自社で講座を開催してもいいですね。

 

この団体は長らく「住宅の長寿命化講習会」も開催しているようです。

21年度のスケジュール発表はこれからのようなので、先日お知らせしたIBEC同様、こちらもチェックしておきましょう。

 

国も普及活動をこうして積極的にしているわけですから、利用しない手はないですね。

超長期住宅のQ&Aページも参考になりますからご覧あれ。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2009年02月21日

大工不足にどう対応する?

厳しい状況だと言われていても、仕事が全くなくなるわけではありません。

新築の着工棟数が増えることは今後難しいでしょうし、需要が供給を上回ったのだから、増える必要はないのかもしれません。

でも、既に建っている建物の管理・修繕は必要ですよね。

 

賃貸でも分譲でも、みんなどこかに住んでいる限り、何かしらのメンテナンスはしないと建物が傷みます。

とは言え、大工不足が深刻化するだろうと囁かされている昨今。

着工棟数の心配より、こっちを心配して対策しないといけないのでは??と思います。

 

明日、これからどこにでも起りそうな大工不足問題を取り上げたTV番組が放映されますヨ。

自分の近隣で同じような問題が深刻化したら、どうやって対処します??

 

2月22日 よる11:30〜 ワンステップ!

瀬戸内海に浮かぶ、八島(山口県熊毛郡上関町八島)。周囲16.7キロの小さな島ですが、豊かな自然に恵まれ、かつては畜産業で栄えていました。しかし、この十数年で過疎化の波が押し寄せ、50年前にはおよそ600人いた島の住民も、現在は55人(2005年 国勢調査)にまで減ってしまっていたのです。しかも、そのうちの89%が65歳以上のお年寄りでした。島は人通りが少なく、廃墟となった家屋も目立ちます。
そんな八島の住民にはある悩みがありました。それは約20年前から、島に大工さんがいないこと。出来る限り自分たちで家屋の修繕をしてきましたが、高齢化が進むにつれ、大工仕事が困難になり、傷んでもそのままにしておくしかないお宅が増えてしまっているのが現状です。夏は台風、冬は厳しい潮風によって、トタン屋根が傷んでしまった家。歩くたびに床が沈んでしまう家、等々。
そこで4人の大工さん(男性3名・女性1名)が、八島に向かいました。八島の家屋は殆どが築50年以上。新築工事の経験しかない彼らが、古い家屋の修繕に挑みます。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2009年02月07日

省エネ法改正について勉強開始しましょう

先日、断熱資材メーカーのアキレスさん主催

どうなる!?日本の住宅断熱「09年4月施行・省エネ法改正で何が変わる?」セミナーに行ってきました。

省エネ法の全体概要やポイント、今後の動きなど大枠で捉えるにはとても良い勉強時間でした。

この内容は詳しく次回お伝えしますね。

というのも、今日はまずこの省エネ法について同じようにビルダー・工務店さんが勉強するにあたり、おススメの本とセミナーをご紹介したいので。

 

1、建築技術2009年1月号

省エネ法についてわかりやすく詳しく掲載されていますので、こちら必携です。

建築技術 2009年 01月号 [雑誌]
建築技術 2009年 01月号 [雑誌]
クチコミを見る

2、IBEC主催の省エネ法に関する講習が来月より全国で開始されます。

  こちらはみなさん参加しましょう(無料)

 

3、積水化学の建材部門が断熱ボード発売に伴い、同じく省エネ法のセミナーを開催します。

  宣伝も入るでしょうがこちらも無料ですので、お時間あれば参加を検討されてください。 

 

取り急ぎ上記3つをお知らせしますので、まだ勉強を開始されてない方は今から準備してくださいネ。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2009年02月05日

工務店の工務店による工務店のための会が発足しました

工務店の工務店による工務店のための相互扶助会、なるものをブログ仲間のgonsukeさんが立ち上げられました。

その名も「自立する工務店の会

 

以前からそういったことをやりたいと伺ってましたので、実現させるためのアドバイスを色々私もさせてもらっておりました。

 

エリアとか棟数とか、今まで当たり前だったような制限を全部まずは取っ払う。

全てOPENにする。

知恵はみんなで共有する。

参加者みんなが先生でもあり、生徒でもある。

それぞれの良いところを引き出す。

共に助け合う。

 

そんな精神で横のつながりをこの会で強化できたらいいですね。

私はビルダーナースの名の通り、ハウスドクターである工務店さんたちが、自信を持って輝けるようにサポートしていきたいと思います。

 

全国どこでもネットでつながることが簡単な時代ですから、どこにお住まいの方でも、参加可能。

住宅に関わる職人さんや設計事務所さんもどしどし参加ください。

どこかに集まってのイベントだけでなく、スカイプを使った通話ミィーティングなども企画していかれる予定だそうですよ。

ご興味ある方は、会のブログから問合せされてください。

 

私も最初の勉強会(3月17日予定)でお話させてもらう予定ですので、参加される方々との出会いを楽しみしています。

何をお話しさせてもらうか今から考えていますが、リクエストなどありましたらコメントいただけたら嬉しいな♪

 

どうしましょうかねぇ。。。。

「これから社会はどうなっちゃうのよ、未来予測」

なんて内容でもお話ししましょうか。

業界紙なんかではとても書かないような(書けない)ことを、じゃんじゃんお話しするのも楽しそうですね。

これまでの普通の考え方ではとても理解できないようなことが、今起こってます。

普通とか常識がひっくり返りつつありますから、どうなっていくのか、どう捉えるといいかなど、伝えていきたいな。

きっとこの辺りのことは、業界の誰も語ってないと思いますので。

 

その他こんなことが聞きたいなどありましたら、ぜひ参加されて当日質問くださいね。

誰かに乗り移られているんじゃないの?

喋り始めるとそんな感想までいただく私です。

来月が楽しみだー。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2008年12月11日

防犯セミナーに行ってきました

住生活エージェンシーの馬渕さんのおススメで、日本防犯住宅協会・会長の柴山さんの防犯セミナーに行ってきました。

とっても面白かったぁ。

というのも、実際にサッシのガラスをこじあけるのをやらせてもらえるなど、体感できたからです。

 

ドライバーでガラスを破るのにそれほど時間も力もかからない。

ガラスが割れてもそれほど大きな音をたてない。

3mmほどのガラスなんてミシミシっていうくらいの音ですから、蛇口から水を出しているような時に割られても、気づかないかも。

 

その他防犯に対する考え方などいろいろ聞くにつれ、やはり

「どんな住まいでも、泥棒に入られる可能性が絶対にないとは言えない」

ということを思い知らされたのでありました。

 

泥棒が侵入できない絶対安全な家はできない。しかし、被害にあう確率を減らす方法はたくさんある。

「人の生活習慣」「建物」「地域環境」それぞれにおいて被害にあう確率を減らす方法があり、それらをトータルで高めていくことが、バランス良く暮らしやすい防犯対策である。

「人の生活習慣」「建物」「地域環境」の3つの観点から総合的に防犯対策をする必要がある。

泥棒は対策をされていない建物、または対策をしていても、それが充分でない家を狙ってくる。

 

今回じっくりこのような柴山さんのお話を聞かせていただき、建物単体ではなくトータルで防犯を考える大事さを学びました。

どんなことも全体を引いて見る、ということは大切ですね。

 

また柴山さんのセミナーは来月にも大阪と東京で開催されるようですから、ぜひ行かれて体感してください。

東京:1月15日(木)14時〜17時

大阪:1月28日(水)14時〜17時

ビルダーさんがお施主さまなどに防犯について説明するときの参考にもなりますヨ。

案内は私も持ってますので、ご希望の方には差し上げます。

こちらから連絡先をお送り下さい

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ


2008年11月24日

桂離宮の特集TV

明日NHK-BSにて下記のハイビジョン特集が放映されます。よろしければぜひご覧下さい。

桂離宮  〜知られざる王朝の美〜 11月25日(火) 午後8:00〜9:49

「日本の美の極致」とされる桂離宮。江戸時代初期、徳川幕府が「禁中並びに公家諸法度」を作り宮中への強い制限を加える中、京都の公家は文化面で対抗し「自らこそ本物の日本文化の継承者」と自負した。そうした時代、八条宮智仁・智忠親王父子によって造営されたのが桂離宮である。智仁親王は豊臣秀吉の養子となるが解消され八条宮家を創設してもらう。その資金と武家への対抗心を背景に、王朝の美を凝縮させた別荘・桂離宮を作り上げた。公家たちが、庭園にしつらえた茶屋をめぐっては和歌など雅な遊びに興じた場。仔細に見つめると、随所に八条宮親子の美的感覚がうかがえ、その人物像さえ立ち上がってくる。

この美意識は、現代に至るまで桂離宮を守る人たちに受け継がれている。

御所独特の手法で日々庭園に手を入れる造園技師。小さなほころびが生じればすぐに作業に向かう大工や表具師。どんな些細なことにも「その場限り」のものはない。日本人が大切にしてきた季節感や「先々のために時間をかけ手間をかける」態度が、桂離宮には今も存在している。

八条宮智仁親王と親交があり、智忠親王の学問の師でもあった欺埜晫(きんしゅくけんたく)和尚に俳優の片岡鶴太郎さんが扮して番組全体の語り部となり、豊臣の世から徳川時代へと移る動乱期に桂離宮はどのように造営されたのかを説き起こしながら、桂離宮に秘められた王朝の美に迫る。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆ 


2008年10月14日

女時社会への転換に学ぶ

知人がこの週末に「女性の感性に学ぶソフトマーケティングとは?」と題した講演会を開催します。

冷え込んだ市場のニュースが溢れる最近、時代の変わり目であることを潜在的に感じている方々も多いでしょう。

そう、時代は男性的社会から女性社会的への移行期間に入っているからです。

だから「女性」という言葉を近年ビジネスの世界でもやたら耳にするようになりましたね。

人生には自分の努力だけではどうにもできない、流れというものがあります。

この流れを知って、流れに乗らないと逆流しているかのような苦しさを味わうことになってしまいます。

これから世の中どこに向かって動くのか、それをビジネスから捉えたらどうなのか、ということを知って流れに乗るためこの講演は意味深いでしょう。

私も当日、講師に立つ知人や友人を応援しにがてら勉強してきま〜す。

 

20世紀のマーケティングは、男性主導のハードマーケティングの時代でした。 シェア奪回、顧客争奪、独占販売、先行者利益、などがそのキーワードです。

21世紀のマーケティングは、一部の進んだ企業でも、既にソフトマーケティングに 移行しています。ソフトマーケティングとは、

 競争ではなく協業

 奪回ではなく創造

 独占ではなく共存

 利益率よりも満足度

 喜びの提供としての販売

 社会繁栄を目指した自社繁栄

をキーワードとした、女性的なマーケティングアプローチです。正確に言えば、これらは、女性だけの専売特許ではありません。しかし、女性起業家が、そうした方法を実に上手く取り入れて事業を成功させているのも事実です。

このイベントでは、そうしたソフトマーケティングでビジネスを実践されている女性起業家と、そうした女性的アプローチをいち早く取り入れることに成功している男性事業家を講師陣に迎え入れ、女性の感性をビジネスで実践するエッセンスを語って頂きます。

今までの顧客争奪ゲームではない、巻き込み型、口コミ型の女性的アプローチはどんな発想をするのか?このエッセンスを、豪華講師陣の様々なエピソードから感じて頂こうと思います。

 

イベント:

21世紀のビジネスアプローチ ソフトマーケティング』

後援:

ニューズウィーク日本版

日時:

1018日(土)10:30 - 16:00

場所:

女性と仕事の未来館

 

住所:〒108-0014 東京都港区芝5-35-3
JR
田町駅三田口(西口)から徒歩3

電話: 03-5444-4151 アクセスはこちら

定員:

先着200名様(定員に達し次第締め切らせて頂きます)

参加費:

US$100 申込みはこちらから

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2008年09月13日

高学歴大工を育てる

来週月曜に面白そうな番組がやりますよ。

 

「建築業界にメスを入れる風雲児登場! 〜これからは"高学歴大工"を育てろ〜」 ゲスト:秋元久雄(あきもと・ひさお)氏     平成建設代表取締役社長

 

職人不足はこれから深刻化すると予測されてますから、こうして育てることにがんばっておられる方がいれば、先行き明るくなるかな?

あまり良いニュースの聞こえないこの頃、前向きに頑張っておられる方々から元気をもらいたいですね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2008年07月23日

スカイプセミナー開催のお知らせ

ビルダーナース初のセミナーを開催することにしました。

「これからの工務店経営提言とそのコーチング」セミナー と題し、先行き不安の業界において活路を見出すべく、一つの提言を掲げたいと思います。

詳しくはこちらをご覧下さい


2008年03月25日

みんなで登録しよう

094a3d84.jpg

【家の「困った!」を解決する業者さん・職人さんが集まるネットワーク】をコンセプトとした、無料で使えるインターネットサービス「家仲間コム」というサービスをご存知ですか?

 

「家仲間コム」では、まず業者や職人にホームページを持ってもらい消費者へ情報発信を行ってもらうことを第一優先として無料にてサービスを提供する。
ホームページの提供の他、スケジュール共有やメッセージ送信などの「グループウェア」機能も無料で提供し、中小事業者の業務効率の改善のサポートをする。

「家仲間コム」は一部の有料サービスと広告宣伝費収入での運営を目指しているため、登録及び基本利用は完全無料。一定数量の業者、職人が加盟した段階で本格稼動する。

 

と、上記の運営方針です。

まだ新しいので今後の展開は未知数ですし、一定量の登録数が集まっていないようなので本格稼動前のようです。

それでも「消費者へ情報発信を行ってもらうことを第一優先」としている姿勢は、既存のマッチングサービスにありがちな工事成約に応じてマージンを取るやり方とは一線を画してそうですね。

 

職人不足は今後業界でも深刻な問題に発展するでしょうから、お知り合いの職人さんを誘ってこちらに登録してみてください。

多くの職人さんが登録されれば、ビルダー側も職人の手配に困った時は、このホームページから検索してお仕事依頼できるようになりますよ。

 

こうした相互協力がインターネット上で永年的に無料でできるようにするには、多くの登録者と利用者が存在しないと成り立ちません。

だから自分だけではなく、必ずお仕事をしてきた職人さんたちと一緒に登録しましょうね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2008年02月23日

「建築の記憶−写真と建築の近現代−」展

teien001東京都庭園美術館で開催されている「建築の記憶」展に行ってきました。

本展は、近現代の日本の建築を、同時代の写真家がどのようにとらえたかを辿りながら、建築史と写真史の変遷と接点を概観する試みです。

とあった通り、写真を通して建築の変遷をみることができました。

明治頃は今よりもカメラも大きく、それに付随する道具や材料も多かったと思うので、撮影は大変だったのではないでしょうか。

またデジカメでもないので、気軽に撮影して失敗したものは捨てる、なんてこともできなかったでしょう。

そんな時代にこれだけの写真が撮影され、大切に保管されてきた軌跡を辿るだけで感動です。

建物を目に見える形でずっと残しておきたい、という人間の欲求や情熱も垣間見ることができました。

 

中でも東宮御所の撮影アルバムは荘厳です。解説によれば、この東宮御所の撮影により、現在の建築写真の撮影手法が確立されたそうです。

その他、焼失してしまった熊本城、建築中の東京駅丸の内、など当時の様子が伝わる写真も見ごたえがありました。

3月31日まで開催されているので、よろしければ足をお運びください。

 

teien003teien002立派な庭園もありますので、館内見学が終わられたらゆっくり散策するのもいいですよ。

館内もアール・デコ様式で瀟洒な佇まいです。自然と背筋が伸びてくるような緊張感のある建物は、最近のビルにはない雰囲気。たまには自分の襟元を正したくなるような場所に身を置くことも大事だなと思いました。

 

 

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
今週も人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2008年02月19日

ノウハウは無尽蔵

ノウハウという言葉が横行しているせいか、集客施策について話していると「それで何すればいいの?」とよく聞かれます。

何をするか は 何のためにどうしたいか が定まってから考えるもので、それが定まらなければ、ノウハウをいくら積み上げてもお客さんに底の浅さを見抜かれます。

 

だから鍛えなければならないのはノウハウ集の暗記より、何のためにどうしたいかを突き詰める哲学力。

例えばモデルハウスや見学会に来場してもらいたいなら、「その地図で物理的会場まで来られるか」自分で実際に運転して会場まで行ってみる。

自分がお客さんだったら会場内をどう見学するか、時間を図る。

見学後そのビルダーが気になる場合、自分ならどう連絡しようとするか考える。

こうして集客したいために、ひとつひとつ丁寧に「この場合はどう?」「あの場合はどう?」とシュミレーションしながら方法を練り上げていくのが、結果としてノウハウとして積み上がります。

 

それを結果(ノウハウ)だけ単純に真似ても、陳腐化したり不足が生じてしまいます。

ノウハウに飛びついてお金をかけることが好きな経営者がいらっしゃいますが、ノウハウは単に結果ですから、新建ハウジング始め、業界誌に紹介されている他社情報をみれば、それほどお金かけなくとも学べるでしょ。

大事なことは真似たいと思うその他社が、何を考えどう色んなことを試した過程があったのか。

その思考回路や哲学の過程が本当は何より学ぶべきことなのです。

 

そしてその学んだ過程を自分の思考とブレンドさせて自分らしい結果、ノウハウを生み出していくことが、本来の正しいノウハウの積み上げ方だと思います。

世にセミナーや講演が多いのは、その人の思考回路や哲学、結果を生み出すまでの心の持ち方を直接学ぶためなんですよね。

より多くの人の話を聞く、本を読むなどして、その人の思考回路と自分のをブレンドさせその数を増やせば、自然とノウハウは増えていきます。

 

日頃そうやっているから、私のブログもネタが尽きないわけですネ。

みんなの頭脳は私の頭脳、私の頭脳はみんなの頭脳。

この精神で哲学力を鍛えれば、ネタやノウハウなんて無尽蔵なんですよー。

 

マーケッターとして才能あふれ、その人となりが素晴らしい私の友人が、このようなセミナーを開催します。

「ノウハウを追いかけ上っ面に捉われる人が多いのが残念な世の中だよね。これから大事なのは考える力、哲学力なのにね」と、彼ともいつも話しております。

彼の頭脳ももちろん、私の頭脳として大いに活用させてもらってます。

よろしければこのセミナーにもご参加検討くださいね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
今週も人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2007年10月02日

中部以南の方に朗報です

感性研究の第一人者で、「招客招福の法則」でおなじみ小阪先生の無料セミナーが名古屋で開催されます。
東京開催の時に私も出席したことがあります。いいですよぉー。
小阪先生はホントにすごいっ。
どこがすごいかって、アカデミックに感性を研究しながらその知識を脇に置いておいておくことができるところです。
わからないことがわかる方なんですね。
 
私もそうですが、自分の知っていることは相手も知っている、良くも悪くも自分が標準になってしまう。
あなたもそういうところありません??
だから人からものを聞かれたり、自分より行動が遅い人を見ると
「こんなことも知らないの」
「なんでそんなことでもたつくの」
など勝手にイライラしたりしますよね。
これだと「わからないことがわからない」状態に陥ってしまっています。
 
良いとか悪いの判断は一時棚上げし、なんでそうなるの?
どうしたらそうなるの?
と一歩引いたところから人を観察して、まずはあるがままの状態を受け入れる大事さを小阪先生は教えてくれます。
そこに行き着くまでには多くの失敗経験もされ、実践を積上げた上でのお話なので説得力もありますよ。
 
無料ですから、この機会に中部方面のみならず関西方面の方もぜひ足を運んでみてください。
著書よりも実際の小阪先生はハートフルで素敵なオーラ発してます。
 
■名古屋駅セミナー
2007年10月15日(月)名進研ホール 3F「大ホール」        
http://www.nikkei4946.com/seminar/seminar.cgi?ID=1467

■名古屋栄セミナー
2007年10月27日(土)クレストンホテル9F「シルバークレストンルーム」        
http://www.nikkei4946.com/seminar/seminar.cgi?ID=1469
 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
お祝いに人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

2007年08月11日

換気マニュアルが無料

木造住宅における換気設備の正しい選び方について、住宅ビルダーの方々に分りやすく解説したマニュアル

が無料で配布されています。

私は読んでおりませんが、説明によると A4 400枚というボリュームだからかなりちゃんとしてる??

ここは昔私が在籍していた企業でもあります。

高気密・高断熱研究も長くやっていますし、それに伴い換気についても詳しい方がたくさんいらっしゃいました。

有名な高気密・高断熱パネル商品がありますね、その拡販のための設計図書を描いてたんだよなぁ。

懐かしいですねぇ。

だから私は高気密・高断熱についてもいっぱい勉強しましたし、現場も見てきました。

性能を主張するがあまり、専門的になり過ぎて、自分たち自身を表現することが苦手なビルダーさんもたくさん知っています。

なので私の得意とするのは、技術に自信があるけどそれをどう表現したらいいか悩むビルダーさんの自己開示方法の伝授です。

こだわりが強く、技術オタク系のビルダーさん大歓迎。

「うちは高気密・高断熱だからそれをわかってくれる人じゃないと」、なんて思い入れの強いならなお大歓迎です。

 

話がそれましたが、ご興味ある方、請求できる人数に制限があるので、このマニュアルは早めに請求した方が良さそうです。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
今週も人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ


2007年08月02日

ヒトと地球と大事にするビジネス情報誌

「ヒトと地球と大事にするビジネス情報誌」をコンセプトに創刊された雑誌「オルタナ」をご存知ですか?

ホームページから購読を申し込めば今なら無料です。

書店でも販売していますし、無料購読登録も2万部を越えたら全て有料に切り替えるそうですから、今のうちにどうぞ。

 

阪本啓一さんの連載も始まりましたので、ますます楽しみになりました。

今号、阪本さんはビジネス1.0時代から2.0時代へ入ったのではないかと言っています。

 

ビジネス1.0時代とは

「起業の動機が一日も早く成長させ、社員数・売上高・利益共に大きくし株式公開。いずれは大きな自社ビルか都心高層オフィスビル入居」

 

それに変わりビジネス2.0時代には

「社員や地域、そして自分自身が楽しく、ハッピーになるような会社を作りたい。規模の大きさは目指さない。規模は目標ではなく結果。指標は幸せ。生活品質。持続可能性であり、ビジネス1.0時代に教科書にある競争・戦略・戦術、ROI(投資収益率)などの指標は持たない」

 

時代がこうして変わりつつある現在、お手本となる先駆者の方法を誰もが知りたがっていますよね。

その参考となる情報がぎっしり詰まっている「オルタナ」をぜひ読んで、変革期の波に上手に乗ってください。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
今週も人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 


2007年07月17日

イメージを学ぶ

少し前に最近流行のアーキテクトカフェに行ってみました。

コンセプトカフェとして人気だそうです。

サイトをご覧いただいてもわかるように、こ洒落た雰囲気です。

お洒落すぎて私にはお尻がモソモソしましたが、この空間に来て改めて「世間の建築家へのイメージってこうなんだぁ」と実感。

工務店というともっと泥臭い、がっしりした雰囲気かもしれません。

でも建築家というと洗練された、こういうお洒落なイメージなんでしょうね。

店内に飾られた家具や小物なども見たことがあるものばかりで、みなさんには目新しさはないかもしれません。

 

それでもここに行って学ぶことはひとつ。

世間一般の方が建築家にどういうイメージを持っているか体感してみる。

ここに置いてある小道具も建築家をイメージして集めたものですから、少しでも自社に建築家とか設計事務所というイメージを持って見てほしいと願うなら、具体的に形にされたこのカフェは参考になるところがいっぱいなはず。

 

自分達が発信したいイメージと、受け手が捉えているイメージには相違があるものですよね。

そんなときはこのカフェを参考にされるのもいいのでは??

地方の方も東京にいらした際はお立ち寄りください。

以前紹介した大手町カフェと併せて覗いてみても良いですね。

両店とも同じJRの東京駅と新橋駅から徒歩圏内ですから、交通の便も悪くないです。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
今週も人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 


2007年02月22日

五感別バスルーム展示

ここのところ感性について記事を多く書いておりますが、ちょうど関連した催しが開催されていたのでご案内します。

東京・新宿OZONEで「あなたを癒したい 5 Bathrooms」という展示が開催されています。
来週終了なので、私も急ぎ行きたい催しです。
サイトをご覧になるとわかりますが、五感別五種類のバスルームが展示されているようです。
こういうのも珍しいですよね。
メーカーで展示されている価格帯別に目が慣らされているから、五感別という今まで見たことのない展示に興味しんしん。

OZONEは行けば何かしら催されているので、1日いても飽きませんよね。
東京丸ビルにも出店したCONRANショップもあるし、行くと欲しい物ばかりで楽しいところ。
でもお財布は痛みます・・・。

東京近郊の方はぜひ、そうでない方は東京に来られた際はぜひOZONEへ足を運んでみてくださいね。

 今日も人気ブログランキングにご協力ください


2007年02月13日

武相荘の茅葺き屋根

buaisou1友人で紅茶マスターのtorimaruさんが、私の好きそうな場所があるからおいで〜と誘ってくれ、「旧白洲邸 武相荘」に行ってきました。

最近は見かけることもすっかり少なくなった立派な茅葺き屋根の住まいで、感動です。

建物全体がやっぱり日本の風土に合う色彩なんですよね。

写真のように見事な佇まいです。

 buaisou2

崖地の中腹に建っているので、当時はすっかり宅地開発された今よりきっと見晴らしもよく、この住まいから見える季節の移ろいを感じながら白洲ご夫妻は過ごされたのでしょうか。

そんな想像を巡らせながら、白洲ご夫妻の軌跡をたどり、離れのカフェでゆっくりとお茶を楽しんできました。

 

こういう古民家でしか感じられない空間にしばらく身をおくと、気持ちもゆったりしてきますよ。

時間の流れさえもここだけゆっくりしているように感じました

また落ち葉に埋もれた庭を靴で踏み、落ち葉のきしむ音を体に染みわたらせて、心も満たされた感じです。

道路がコンクリートで舗装されると、落ち葉は嫌がられます。

でも冬と言えば落ち葉の上を歩くあの音で、季節をより感じられるのにねぇ。

 

五感を磨くためにも、こうした自然と調和した佇まいのある住まいをもっと遺していってほしいですね。

普段は仕事でアクセクしてるので、五感を磨いて心を穏やかにするためにもたまにこうして出かけると気分もリフレッシュ。

お陰でとてもスッキリしました〜。

 

 今週も人気ブログランキングに投票してね

 


2007年02月01日

エコを考えるなら

友人に誘われて、東京大手町にできた大手町カフェで開催された講演に行ってきました。

大手町カフェ自体がグッドデザイン賞を受賞している場所でもあり、ちょっとした話題になってますね。
場所がグッドデザインって?と思ってましたが、行って見てちょっとわかった気がします。
オフィス街のオアシスみたいで緑豊かな、それでいて人工的な、エコがテーマのおしゃれカフェという感じです。
環境に関連した多くの講演を格安で頻繁に開催していて、私は東京造形大学益田先生の「記憶のデザイン」講演を聞いてきました。

環境についてはもう何年も前からさかんに議論が繰り広げられています。
でもビジネスと環境をつなげて、それを利益に結びつけ、成功している事例はまだまだ少ないですよね。
この講演では環境とビジネスをつなげようと頑張っている会社「ウィンローダー」さんが紹介されていました。

リサイクル回収、物流がメインの会社で、回収した不用品をデザインし直し新たな商品に蘇らせる試みをされています。
デザインを吹き込むことで不用品に付加価値を付けるので、値崩れもせず1点もののオリジナル商品ができあがり、環境に配慮もしているという自尊心も満たされ、良い試みだなぁと思います。

お洒落な新品デザイン家具もたくさんありますが、自然素材やエコを謳っているビルダーさんには、事務所やモデルハウスにこういう家具を置くことも検討されるといいかもしれませんね。
環境に配慮してますとお客さまに説明しているビルダーさんなら説得力が増しそうです。

色んなイベントが開催されてますし、カフェですからおいしいお茶も飲めて、環境についてより理解を深められる。
エコ建材も紹介されてますから、東京駅や大手町駅を利用の際はぜひ立寄ってみてはいかが??
ランチがとってもおいしいそうですよ☆

 今日も人気ブログランキングに投票お願いします


2006年10月31日

住宅関連のTV番組を見て

普段TVはニュースを観る程度なのですが、BSやCS、ケーブルTVを見始めてから、その番組の種類の多さと好奇心をそそるテーマのものが多く、すっかりはまっております。

例えばNHKハイビジョンで放映されている「20世紀の名住宅物語」、25分で簡潔に世界の著名建築家の代表作などを説明してくれます。

BSフジテレビでは「明治・大正・昭和の建築〜日本の近代遺産〜」がやっており、藤森照信さんの解説付きなので勉強になります。

 

実際に現地に見に行くのが一番でしょうが、秋の夜長にはじっくり家でこんな番組を観るのも良いですね。

「日本の近代遺産」はDVDも発売されています。

もし紹介されている遺産がご近所でしたら、OB客を連れて見学に行くなんてのも良いと思います。

素人だけで見学に行くよりプロと一緒に見学に行くと、なんだかすごく勉強した気分になりそうですよね。

 

「自分の専門分野知識を生かしお客さんと教養を深め合う」

というのはとても素敵なことであり、威厳を保つ意味でもおススメです。

ビジネスに寄りすぎると相手にそれが伝わり、ややもすると足元見られて値引き交渉が始まりかねませんから。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2006年08月26日

街並み保存に協力する

mixiで同じ興味を持つ人が集まるコミュニティというものがあります。

建築系やビルダー系など、業界の情報もたくさんありますよ。

その中で街並み保存にがんばるNPOを発見。

保存事業のための寄付を募っているので、区民ではないけど私もこの事業に参加しようと思います。

それにしても事業が成立しなかったら寄付金を返額するという意気込みはすごいですね。

以下、文面を転載しますのでコレを読んで共感いただいた方は、ぜひ。

日本全域でこうした街並みを大事にしていく運動が大きくなることを祈りつつ・・・

寄付金の振込先はこちら

 

今泉篤男邸移築事業ご協力のお願い

特定非営利活動法人 せたがや街並保存再生の会

理事長 松田 宏    

157-0066 東京都世田谷区成城
7-8-8
TEL/FAX
 
03-3482-9800
E-mail: setagayamatinami@mx2.ttcn.ne.jp

世田谷区に現存し、高い評価を受けている小住宅が解体されることになりました。この建物は昭和を代表する建築家坂倉準三によって設計され、昭和16(1941)年に竣工したものです。建築後64年を経てなお当時のままの姿をとどめており、日本建築学会近代建築小委員会より、近代住宅史上、貴重な歴史的建造物であり、『木造モダニズムの名作』と評価されています。


世田谷区は南西に多摩川と国分寺崖線を擁し、遠く富士山を望む地に、近代以降、多くの住宅が建てられてきました。しかし残念ながら、近年、その多くが時代のもつ厳しい現実を受け入れざるを得ない状況におかれ、滅失してきています。諸般の事情から、この『今泉篤男邸』もやむを得ず現地から撤去されることになり、新しく生きる道を模索しております。

本会では、この建物を、近代の住宅地として発展してきた世田谷の歴史の証人たるべく、さらには貴重な文化の一つとして、是非後世に残すべきであると考え、またこれからのまちづくりのための要として活かしていきたいと思っております。


そこで、この建物が持つ歴史と文化に、区民一人一人が直接触れることのできるよう、新しい区民の施設としての活用を目指し、世田谷区に移築保存の要望書を提出致します。多くの皆様の声が実現への大きな力になります。どうかご署名くださいますようお願い致します。 

さらに再生と活用への支援、解体、再建築のために、『今泉篤男邸移築事業基金』を設立しました。同基金は一口5千円とし、皆様より一口以上のご協力を賜わりたく存じます。もしこの事業が実現できなかった場合は、振込み手数料を除いて全額返金させていただきます。


『今泉篤男邸』に新しい道を開き、更に後世に伝えていくために多くの方々からのお力添えをいただきたく、ご協力くださいますよう心よりお願い申し上げます。

なお、今後の状況につきましては、ホームページにてご報告申し上げてまいります。

どうぞよろしくお願い致します。
       以上

人気ブログランキングにご協力ください


2006年08月17日

キーワードは「文化」

住生活基本法により、国が本腰を入れて量から質へ転換を図ります。

それに伴い、これから住宅業界も転換を余儀なくされるでしょう。

今までのように質より量を優先、20数年でスクラップ&ビルドを繰り返すちゃちな住宅を建ててきた業者は淘汰されていくことと思います。

そんなこれからの時代のキーワードになるのは、ずばり「文化」ではないでしょうか。

加えて「歴史」や「伝統」。

 

住宅を商品とかモノとして捉える今までが不自然で、長い年月地域や住む人によって育まれる本来の姿に戻るだけなのだと思います。

その背景には地域の「文化」が必ずありました。

また日本の気候・風土に合ったデザインであり、構造であったはずです。

100年も前から今のようにてんでバラバラの家並みではありませんでしたよね。

こっちは黄色の外壁で、あっちはコンクリート打ちっぱなしなんて、単体で見たらそれぞれ個性的で良いけれど、街並みとして引いて見ると統一感がおよそないところばかり。

 

これからの時代、「文化」を考慮した家づくりをビルダーも施主も考えなければいけないと思いませんか?

どこでそんな学びができるのかと思ったら、ありましたよ。

その名も「住まい文化研究会

一流の文化人を招いて、住まいを文化的側面から考える講演が定期的に開催されています。

施主向けですが、ぜひ!

技術的・経営的なセミナーは頻繁にありますが、文化を語れる人は少ないですから、交通費をかけても参加する価値があると思います。

次回は来月2日に「日本の住文化について」が開催されます。

 

人気ブログランキングにご協力ください


2006年04月25日

行ってみたいっ!

優しい雰囲気の写真に惹かれて手に取ったパンフレットは、「ドイツ・スイス・エコバウ建築ツアー2006」の案内。

 

その名の通り、通常の観光ツアーとは違いました。

自分でこれだけの建物を見学して回るのは大変でしょうから、観光ツアーに比べれば割高に感じるお値段も納得です。

 

たまには日本を飛び出し、外から俯瞰的に自分が携わる仕事を眺めてもいいかもしれません。

エコが叫ばれる昨今、国内のエコ視点だけではなく、エコ先進国と呼ばれるドイツ・スイスの視点も観察したいですね。

 

ツアー工程の中で私はドイツの民家とゲーテの家が特に見てみたいと思いました。皆さんはいかが??

 

人気ブログランキングにご協力ください


ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気