|―女性を活用するには

2008年01月19日

女がグッとくるのは男の「手」!

女性は男性の手をよく見ている、こんな記事をみつけたのでご紹介します。(ココをクリック
 
「ゴツくて大きい手が男らしくて好き!」「指が長くてキレイだと素敵と思ってしまう」など、さまざまな意見があった。女性は意外と男性の手をよく見ているようだ。女性の手に求められるような「シミやシワのない美しい白魚のような手」はさすがに求めていないようだが、「清潔そうな手を見ると人柄がわかる気がする」という意見もあり、指が長くてきれいじゃなくても、ガサガサしていない温かそうな手は好感度が高い。
 
読みながら確かに、、、と納得でした。
フェチとまではいかないものの、名刺交換や資料を取り出したとき、なんとなく目線は相手の手にいきます。
だらしなく爪が伸びていたり、爪の間に汚れが詰まっていたりすると私は気になりますねぇ。
指先や足先まで気が回る人は、仕事も丁寧なのかなと好印象です。
そういう男性とは握手したいとも思いますし(笑)
 
この記事は男性に対してだけですが、女性は同じ女性の指先もけっこう見ている気がします。
手入れされた指先にケバくない程度にさわやかにネイルが施されたりしていると、よく気がつく丁寧な女性なのかなと想像できます。
男性もけっこう女性の手をよく見てますよね??
手先だけは女性らしい私も、たまに男性から「綺麗な手ですね」とお褒めいただくことがあります。
男性から見てグッとくるのは女性の「手」ってどんなんでしょうか??
 
体の中でも日頃よく使う部位なだけに、汚れやすくもありますが、マメなお手入れを気をつけたいですネ。
 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
今週も人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2007年12月08日

女性の褒め方

男性から女性への上手な褒め方としてR25に参考になる記事が掲載されていました。
 
基本的な「褒め」ポイント
 
1、比喩はタブー
「白魚のような手」と言われても、白魚を知らなければ伝わりませんし、女性も例えられたのが魚だと思うと微妙です。
 
2、具体的な言葉もNG
具体的に褒めれば褒めるほど、セクハラになりかねません。「綺麗な足」「可愛い手」「綺麗な髪」という曖昧さがちょうど良いのです。
 
3、基本は感謝の気持ち
女性の何気ない細やかな気遣い、普段行っている家事に対しての褒め言葉や感謝も、女性にとっては嬉しいものです。
 
4、「存在」を評価すべし
感謝の気持ちを述べるとき、さらに「君に頼んで良かった」「君がいれくれて良かった」と、存在自体への感謝の言葉を添えるとより良いでしょう。
 
5、変化には絶対気づけ!
変化に気付いてあげることが大切ですが、特に変化が見られなくても、「今日はなんだか綺麗だね」と褒めてあげると良いでしょう。
 
相手が男性・女性に関わらず、褒めるということはコミュニケーション円滑のために必須だと思います。
日本人は褒め慣れないせいか、最近褒めることに関して多くの本も出版され、褒めブーム?なのでしょうか。
なにごとも慣れは大事ですから、プロのアドバイスを意識して褒める練習を日々することに越したことはありませんよね。
褒めることに照れを感じる方も男性には多いかも〜
でも慣れです、慣れ。
よくアメリカ人男性が奥さんに向かってI love you を1日のうちに何回も言ってすごいよなぁと思いますが、あれも慣れのたまもの。
毎日歯磨きする習慣と同じように I love you と言えるほど、言わされ慣れてることが多いのでは・・・
 
褒めなければと思うと義務感でストレスになるでしょうが、褒めることで人間関係の余計な軋轢を生まない、効率化すると思って始めるとよさそうです。
メリットがあるから初めても、相手の喜ぶ顔を見ていくうちに、褒め慣れて、そのうち自然に言えるはず。
ダメ出し より 褒め出し。人にダメ出しすればいつか返ってくるので、どうせ返ってくるなら褒め出ししておきましょ。
私も目下練習中で〜す。
 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2007年11月20日

女性向けだからといって、女性が発信することにこだわらないで

05cc40eb.bmp
最近は何かと女性向けがもてはやされますが、逆にこんな分野で男性をアピールすると目立っていいですね。
 
目立つだけではない、男性らしい理論的説明と歴史や背景も説明に入れ、きっちりまとめてあげられ、丁寧なこともよくわかります。

このところ女性にウケる、女性に良いと言ってもらえないと・・・という表現をたくさん聞いてきましたが、世の中には男性と女性がいるのだから、どちらかに偏り過ぎずバランス配分を考えた方がいいと私は思います。
 
このサイトから学ぶべきは、女性に対しては女性が発信しないと、という思い込みはやめましょうってことです。

例えばIHのキッチンを使った料理教室などは、この業界でもよくやるイベントです。
講師は女性が多いでしょうが、女性と男性の両方に講師をしてもらってもいいですよね。
手馴れない男性にもこんなに簡単でおいしく、なんて伝えれば夫婦揃ってイベントにも参加してもらいやすいのではないでしょうか。
 
モノがあふれ、コトを求めるようになった現代。

家事も女性がするものだという思い込みも薄れつつあり、料理を楽しもうと積極的にキッチンに入る男性も増えつつあります。
また定年後に時間ができたから、自分で食べるものは自分で作ろうと、男性向け料理教室に通う人も増えてきました。
 
男性らしさや女性らしさは大事だと思います。
でも男性だから、女性だからという垣根は低くなってほしいし、そうあることで不毛な言い争いやストレスは抱えこみたくないですよね。
 
そんな願いをこめつつ、女性向には敢えて男性であることをアピールしても良いのでは??

女性だけでなく、男性だってやればできるぞ、ってところを見せてあげたら「うちの旦那にも言ってやって〜」と別の相談がくるかな?(笑)
 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ
 

2007年07月19日

女性への道案内

女性は地図を読めない、加えて道に迷いやすい。
これは自分を含め、私の友人・知人などからも、とても実感できる現象です。
女性は空間把握が苦手なので、自分の歩く方角や位置を見失ってしまいがち。
慣れた道、土地勘のある地域なら過去の記憶からなんとなくわかりますが、初めての場所を訪れるときは、不安を感じるものです。
それはおおそらく男性が考えている以上の不安かもしれません。
ややもするとストレスを感じるほど。

先日女性の友人と約束をしたら、私には初めてのビル、人ごみでいつも溢れる都心のそのビルを待ち合わせ場所として指定されました。
聞いたことはあれど、行ったことのないそのビルまで、駅からどう向かうのか、まったくわかりません。
彼女は慣れていたようなので、駅からどうやっていくのか聞いたら、「面倒なら来なくていいよ」と怒られてしまいました。
そんなつもりもないので不快な気分にさせたことを詫びると、今度は「そんなのネットで調べるか道行く人に聞けばいいでしょ」と一喝されるはめに。
調べたもののわかりにくく現地まで辿り着けるかの不安と、会っても楽しい時間を過ごせそうにないと思い、その日は約束を取りやめてもらいました。

そう、行きたい場所に安心して辿り着けそうにないから、行くことを諦めたです。
行きたいと思う現場見学会でも、現地までの道のりを調べるものの、これは迷うと思えば、行きたくても行きません。
行ったところで帰れるか不安な場合も行きません。
女性でも一人で電車や車で不安を感じずに移動できる人もいますが、半分以上は私同様なんらかの不安を感じると思います。
特に初めての場所は。

私が女性の友人と待ち合わせをする際は、現地より最寄駅、駅が大きいときはホーム、互いに知っている駅など、できるだけ迷わない場所にしています。
そして自分の案内で迷わないよう、あらかじめ説明もしておきます。
それでも迷った場合は、次回からの説明を修正し、同じ案内をする際に備えるなど工夫します。
だから友人が迷わない案内ができたとき、とっても嬉しいです。

目的地へ向かうことは手段に過ぎず、着いてから楽しく時間を過ごすことが一番の目的のはず。
目的を達する前に過度な不安やストレスを感じたり、感じさせては、次の機会をなくしてしまいますね。
約束のたびに「どうやって行けばいいのか」ばかり気にさせたら、「着いたらあれしよう、これもしよう」というワクワク感は芽生えません。
着いたらもうグッタリなんてことも・・・。
継続的に付き合える関係を築きたいなら、できるだけ相手のストレスを取り除く努力が大事ですよね。


男性の方々、道案内が上手な人はモテますよ。
道案内上手や待ち合わせに場所に気を使って下さる男性には、また会ってもいいなと思えます。
その逆の方には、できるだけお会いしないようにしています。
だって会う前に目的地に行くだけで疲れるんだもん(笑)

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
人気ブログランキングにも投票いただければ嬉しいです♪

2007年04月21日

話を聞くために

女性スタッフと話をするとなんか疲れる、とある男性から聞きました。


理由をたずねると「文句を言われているみたいだ」とのこと。


女性は話に結論を持たせずただ延々と話すことを楽しめるので、文句を言いたかったわけでもないと思います。

でも何が言いたいのかわからないと、聞いた男性は「俺に文句あるの?」と言いたくなるでしょうねぇ。

こういうことは職場に限らず、よくあるのではないでしょうか。

 

女性は一般的にE脳(empathy=共感)と言われ、何につけても相手からの共感を求める脳回路のようですので、文句のように聞こえる事柄も、「そうだよね」と言ってもらいたかっただけかもしれません。


私も自分が女性でありながら、女性と話して疲れる時は、たいていこういう時です。


最初にネガティブな感情をぶつけられ、それが短時間なら我慢できますが、15分以上ずっと聞いていると、イライラしてくることも・・・。


「っで、あなたはどうしたいの、それを?」と聞きたくなりますが、そうたずねると雰囲気が悪くなるのがわかるから、黙って聞いています。


しばらく我慢して聞いていれば、相手は自分で「そう言っててもしょうがないし、なんとかするわ〜」などと自分で完結してくれることも多い。

 

そう、始めから相手に解決策を求めているわけでもないので、聞いていればいいだけなんですね。

「あなたはどう思う?」と聞かれないうちは聞いておくだけに限ります。

 

聞くだけだって、何時間も続けば苦痛ですけどね。

まぁ何かその後してあげなくとも、その場聞くだけでコトが済むなら簡単だと思い、たまには女性の延々話も聞いてあげてください。

 

話を短くしたいなら、

         大きく頷く

         「そうだよね」「わかる、わかる」「大変だったね」と、共感しているとアピールする

         「僕(私)にできることはない?」と手助けしたいと意思を示す

という対応をしてみてください。

 

慣れないと相手の話を聞き続けるのは、かなりの苦痛を要すると思います。

それを訓練するには本を読むのが良いそうです。


本を読む行為自体が、相手からの話を一方的に聞いている状態と同じなんだそうです。


同じ文字でも新聞のような情報と違い、読書は時間中その著者の話だけを延々と聞いている状態になるから。

本を読むのが嫌いな方は、もしかすると人の話も聞けない? かもしれません。

その場合は読書訓練でどうにかすることをおススメします。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆

 

今日も人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ


2007年01月23日

女性心理の参考に

女性心理について聞かれることも多いので、今日は女性心理を知りたい男性にちょうど良いサイトをご紹介します。
この中に「なぜ女性は財布を開くのか?」という無料レポートが画面右下にありますので、そちらもご覧ください。

こういうのを読んでも、読んだだけで終わりにしないで、パートナーや一緒に働く女性スタッフに実際どうかと聞いてほしいです。
男性はS(system)脳の人が多いので、情報を得るとそれで満足して知った気になることが多い。
情報も大事ですが、実際どうなのかということも大事ですよ。
だから身近な女性に実態を聞いてみましょうね。

ちなみに女性はE(empathy)脳の人が多いです。
男性の中にも2割程度E脳の人がいるし、女性の中にも2割程度S脳の人がいます。
私はS脳なので、この無料レポートにある女性事例のように、リボンやハートを見てもそそられません。
男性事例にある、コカ・コーラの昔のボトルの方がそそられます。。。。

以前もご紹介したことがありますが、自分がS脳かE脳かの判定はこちらの本に判定テストが載っています。
テストされてない方は、職場のみなさんで実施すると面白いですよ〜。

話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く

 今週も人気ブログに投票してね


2006年10月24日

職場の女性とうまくやるには

コーチングについて発信を始めたら、思いのほか取り入れてみようという方の声が多くうれしいです。

ワンマンさんのように、職場での女性スタッフにコーチング要素を取り入れるというのはグッドアイディアだと思います。

でもちょっと気になることがあるので、今回は男性の皆様へ向けて発信したいと思います。

 

ビルダー業界も他業界から大きく遅れ、今後ますます女性の進出が増えるでしょう。

対お客さまだけでなく、同僚となる女性と仕事を進める上で、男性なら誰しも経験したことのあるイライラ。

よく聞くのは「何言いたいのかわからない」「なんで非難ばっかりするんだ」という男性側のイライラです。

これは人類史上、どこの民族でも避けて通れない共通の悩みと言っても過言ではありません(笑)

思考回路が男女で違うのために、互いに会話は平行線を辿るんですね。

これは以前にもおススメしたこちらの本を読めば納得です。

性別による違いを知ることは重要で、イライラする原因がわかるはず。

読まれてない方は、急ぎ読んでくださいね。

 

 

 これだけでなく、日々職場で必要なことは、「自分が当たり前と思わない」という意識です。

どうしても人は自分を基準に考えるので、自分にできて他人にできないと「なんでこんなこともできないの?」と思います。

口に出さないまでも思えば相手にも伝わり、そうなれば相手から反感を買います。

自分だって人から敬意を払われたいのですから、相手に対しても敬意を払わないといけません。

自分の物差しで他人を見ているうちは敬意を払っていることになりませんよね。

 

だからこそ、性別や年齢に関わらず、自分の物差しは一度置いてから人と接する。

できるだけ自分がフラットになり、今目の前にいる等身大のその人を受け入れようと努めてください。

そうすると、見えてなかった相手の良いところが見えてきますよ。

相手の悪いことを是正しようとすればするほど、相手は逃げます。

悪いところを是正させるのが上司の務めだと勘違いしている人、ホント多いです。

良いところが伸びれば、悪いところもやがて少なくなりますから、まずは相手のいいところを宝探しのように発見してみましょう。

 

もちろん私は職場でもプライベートでも、悪いところばかり突こうとする人からは素早く逃げます。

だってそんな人と一緒にいても、自分が駄目人間みたいに思えて卑屈になって楽しくないから。

その代わり自分のいいところを褒めてくれる人にはもちろん尽くしますわ

女性だけでなく、男性だってそんなもんではないでしょうか。

 

 人気ブログランキングにご協力ください


2006年08月19日

女性は香りに敏感です

717381cb.jpg

今日はかねてより興味のあったアロマグッズのお話です。

アロマは自然素材から抽出したほのかな香りで、香水のようなアルコールが入った合成香料のツンとした香りはありません。

キャンドルを使ってアロマオイルを揮発させる道具が一般に多いです。

この場合ロウがなくなって自然にキャンドルの火は消えますが、寝る前などつい消し忘れることもあり危ないなぁと思ってました。

そうしたら友人が、火を使わない優れものの「アロマリード」を教えてくれました。

モデルハウスや事務所などで、化学薬品の入った消臭剤や芳香剤を使われている方にも、これはおススメ。
インテリアにもなるので、アロマに詳しい友人も絶賛しておりました。

特に自然素材をうたわれているビルダーさんは、細かい身の回りに品々にまで、できるだけ自然素材を使われると良いと思います。

アロマのほのかな香りはリラックス作用もありますので、暑いとイライラしがちな人の心を静めてくれるのではないでしょうか。

ぱっと見、「コレなに?」と聞かれるでしょうから、話のきっかけにもなりそうですよ。

また男性より女性のほうが一般的に匂いに敏感だと言われています。

香りと記憶が結びつくこともありますので、周囲の香り環境にも気を配ると高感度UP間違いなし。

いくら低ホルム、☆☆☆☆スターの付いた建材でも、新建材を使った住設機器からはホルムの匂いが漂います。

ホルムの匂いを記憶されるより、アロマとかコーヒーや紅茶などのリラックス効果のある香りで記憶してもらえる方が良いですよね??

女性は香りに敏感だということを忘れずに、職場環境の香りに気を配ってくださいませ。

我が家でもこの「アロマリード」を置いています。

やわらかな香りに包まれて、さらに寝つきがよくなりました〜

人気ブログランキングにご協力ください


2006年05月20日

適度な距離感を探る

性から見て、男性の上司や同僚と最初に「これから楽しく仕事ができそう」と思える瞬間の中に、同じ目線で話ができることがあると思います。

女性同士が親しくなる過程には、たいてい互いのプライベートを公開しあいます。

それを当てはめると、相手が男性の上司や同僚でも多少プライベートを公開しあえるといいかもしれませんね。

その線引きを間違えると「セクハラ」と言われかねないから、男女間ではさじ加減は難しいですが。 

同じ目線とも言っても馴れ合いではないですし、親しみを感じ信頼したいという気持ちからです。

仕事をスムーズにすすめるための潤滑油と思って、男性からも女性に歩み寄ってみてください。

 

私がススメる方法は

血液型

動物占いの結果

と、誰も傷つけない話題で、かつ女性なら多少なりとも気になる話題を相手に先に言うこと。 

「○○と言います。これからよろしく。血液型はA型で動物占いではコアラです。」という風に。 

 

血液型で性格が判定できるものでもないですが、わかっていれば対応への心構えができます。

動物占いも遊びみたいなものですが、こわもての風貌の人が「コアラ」だったりすると、プッと笑いそうになるもの。

「そんなことで?」って感じですが、この背景に実は重要な本能が隠されているんですよ。

 

本能の中でも「種族防衛本能」、これは自分や家族に災い、危険をもたらすものには嫌悪感や拒絶感を示すこと。 

子育てをしてきたDNAを持つ女性には、元来男性より強く記憶されています。 

だから相手が自分に敵意があるか、友好関係を築けるかが、子供の生存に直結することがあるのです。

意味もなく相手を詮索しているように見えるかもしれませんが、女性に多く見られる詮索クセは本能に直結しているのですよ。

 

こいつは敵かもと思われたら心を開いてはくれないですから、まずは男性も女性のそういった本能に理解を示し、敵ではないことをアピールしてください。

そして段階を踏んで、もっと個人的なことを話してもいいと思います。

その時は相手が自分に聞きやすい雰囲気を作り、聞かれた質問が答えるに差し支えないなら答えてあげてください。

それを聞いたからどうということはないのですが、1回何かを聞いて敵かどうか判断できる人もいれば、何回か色んなことを聞いて判断する人もいます。

その過程は見極め中なんだなぁと思って「敵じゃないよー」とアピールしてあげてくださいね。

やりすぎると「ベラベラと男っぽくない」とか思われかねませんので、さじ加減は難しく、相手によって反応は違いますので。

でもそれを通り越すと、それほど女性側も詮索しようとはしなくなり、仕事の話もスムーズにいくと思います。 
 
最終的には男女関わらず、相手との「適度な距離感」を見つける努力が大事ではないでしょうか。
「適度な距離感」を見出せないと、信頼関係も築けず、互いの関係は発展していきませんものね。
難しいですが、日々努力あるのみです。
 

2006年04月18日

女性活用方法 〜その5〜

「女性をどう扱ったらいいか、わからないんだよねぇ」

と、質問なのかぼやきのような声がよく耳に入ります。

 

ここでちょっとご注意を。

「扱う」という表現は自分を上にみなし、相手を下として捉えているように聞こえませんか?

そう言っているうちは、お互い良好な関係を築くのは難しいでしょう。

 

言葉には言霊が宿ります。

 

だからこんな時は使う表現から変えていきませんか?


「女性にどんな声をかけたら、会話が弾むのかわからない」

「女性と上手くコミュニケーションを取るには、どうしたらいいのだろう」


と、言うように。

 

「扱う」という言葉の意味する範囲が広すぎて、どう扱えばいいかと聞かれても、私も返答に困ります。

これを会話の弾ませ方、コミュニケーションの取り方と、具体的に問われればまだ答えようがあるのですが・・・。

 

いずれにしても相手が女性であろうと男性であろうと、「扱う」という言葉は心地良い響きではないので、あまり使われないようお願いしますね。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2006年03月14日

女性活用方法 〜その4〜

性を採用したいけど、どうしたらいいかわからないという男性経営者からの相談も多くなってきました。

 

これは自分が男性だから、女性をどう扱っていいかわからないというのが、真の悩みであるとお見受けします。

 

女性は一般に話好き、コミュニケーション好き、学び好き、という特徴があります。

だから雇用条件だけを全面に出しすぎると、給料額だけで惹かれて応募がくるかもしれません。

 

女性を採用したい時は、「ここで何が学べそうか」を一言メッセージに入れるといいですよ。

例えば、

 

「経理から接客まで全般をお願いします。

特にインテリアコーディネートをあなたのセンスでお客様と一緒に考えてください。未経験でも大丈夫。

やる気とセンスに自信(?)がある方お待ちしております。」

 

などという文句があると、してほしいことが明確です。

 

やる気さえあれば、未経験でも女性は真面目に勉強する方が多いです。

必要な知識はやりながら覚えてもらえばいいので、やる気があり素直な女性なら、人材ならず人財になること間違いなし。

 

いくら条件が良くても、それなりの人財は「学ぶべきこと」がその会社にあるかが勤労意欲に直結します。

 

働かせてやってるとか、給料だしてるのはこっちだとか、そういう雰囲気を出す会社には人財は愛想を尽かすでしょう。

 

女性を採用し活用したいなら、

1、雇用条件の整備も大事

2、学ぶべきことを明確にすることはもっと大事

 

それと現場を好きになれる人を採用しましょうね。

(詳しくはこちらの記事を参照してください)


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2006年02月14日

女性活用方法 〜その3〜

男女の違い、特に脳の違いについては最近解き明かされ、書籍も数多く出版されています。

有名なのは「話を聞かない男、地図を読めない女」という本でしょうか。

読んでもらうといいのですが、読まずともこれだけは頭に入れてくださいね。

 

「男は結果、女は過程」 の生きものだってことを

 

だから話し方も、男性と女性とでは大きく違います。

一般的に男性は結論から話し、女性は過程を延々と話します。

 

女性にスタッフがいる場合、「どうしたの?」とか「どうなったの?」と聞いても、要点を得ない、何が言いたいのかわからない答え方をされたことありませんか??

結局何が言いたいのだろう・・・と首をかしげたくなるようなこと、けっこうありませんか?

 

それは女性が過程を大事にする生きものだからなのです。

ずばりの答えを聞きたいのに、過程を延々と話され、結局何がどうなったかよくわからない。

 

こういうことは、男女の脳の違いによるものが大きいと言われています。

なので女性と話してイライラするようなら、

「悪いけど結論から話してもらえると助かるなぁ」

と、一言言ってあげてください。

 

女性は過程を大事にするから話も長い

 

それは脳の違いによるものだと諦めて、「悪いけど結論から話してもらえる?」と言う癖をつけましょう。

 

それでもイライラするなら、

「ごめんね。せっかちだから結論から知りたいんだよね。推理小説も結末をまず読んでから読み始めるくらいなんだよ。」

と、相手を傷つけないような一言がほしいです。

 

ここで

「で、何が言いたいの?」

なんて聞き方したら、馬鹿にされていると女性は受け取りかねません。

 

お気をつけあれ〜。

そうなったら結論を聞くどころかだんまりされて、険悪なムードになっちゃいますから。

話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く
話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く
クチコミを見る


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2006年02月07日

女性活用方法 〜その2〜

女心がわかれば活用にも苦労が少ないかもしれませんが、それはハードルが高い。

だからまず無理せず、できるところから始めましょう。

 

女性が男性に求める大きな要素、それは「清潔感」です。

 

心を通わせたくても、生理的に嫌われたらアウト。

だからまずは「清潔感」を演出せねば。

「清潔感」を演出するには「身だしなみ」に気を使ってくださいね。

「身だしなみ」にはいくら気を使っても使いすぎることはありません。

 

ちなみに私の友人たちは「匂い」を気にする人がけっこう多いです。

身体はもちろん、衣類や髪からの匂いにです。

自分ではわかりにくいでしょうから、家族に聞いてみてくださいね。

 

それとずばりノウハウが書かれている本を見つけましたので、おすすめします。

その名も「男のキレイ基本講座」

ちょっと細かいですが、どこに気をつければいいかわかるので、チェック表がてら重宝しそうです。

 

職場の女性に、「身だしなみ」に関して自分に気をつけるべきところがあるか、聞いてみてもいいですね〜

自分が充分気をつけていると思っていても、案外他の人からはそう思われていないかも。

まずはそこを確認してくださいませ。
男のキレイ基本講座―カラー版 驚くほど第一印象がよくなる
男のキレイ基本講座―カラー版 驚くほど第一印象がよくなる
クチコミを見る

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2006年02月04日

女性活用方法 〜その1〜

ビルダーさんから

女性を活用したいがうまくいかない、

男ばかりの世界だからどう扱っていいかわからない、

というご質問をうけることがあります。
そこで、私なりにビルダーさん向け女性活用方法をご紹介しますね。

 

まず採用したい女性スタッフを現場に連れて行ってください。

ここで第1の見極めですよー。

お世辞にも現場は木屑は舞っているし、ホコリもすごかったりして綺麗とは言えません。

当然、冬は寒いし夏は暑い。

電気も水道も仮設。

トイレは仮設。

 

そんな現場を見て、拒絶反応を示すようなら、その女性はこの業界に向かないでしょう。

 

できあがった住宅を見てインテリアがどーだこーだ言っても、建築工程を経てできあがるのが住宅です。

その工程に拒否反応を示す、汚いと思う女性は、はっきり言って本当に住宅が好きな方ではないかも。

それでもまぁいいかと採用を妥協しないようにしましょう。

お互いいい結果を招きませんから。

 

現場を好きになれない女性は、ビルダー業界には向きません。

 

間違いない!

 

ちなみに私は現場好き。

下手くそだけど自分でどんでんかんでんやるのも好きです。
ペンキ塗りけっこう得意ですよ〜。1棟分の外壁に使う杉板を塗ったこともあります。

あれは60坪もあって大変だった・・・。

家が少しずつ完成していく様子には夢とロマンがたっぷり詰まっています。

ここに感動できなかったら、なんのために仕事してるの?って言いたくなりませんか。

 

職人さんが不自由な環境の中がんばってくれるからこそ、素敵な家が建つのです。

それをわからない人を採用しては、職人さんに失礼というもの。

だから女性と言えども、現場を好きになれる方を採用しましょうね。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2005年11月24日

理想の上司は?

coffeeここ何ヶ月か女性の友人・知人に、どんな上司が望ましいと思う?と聞いて回りました。

 

そうすると希望より、現状の不満がたくさんあがりました。その不満の多くが

一度もまともに褒めてもらったことがない

ご馳走してくれない

 

ということに集約されています。

褒めてくれないという不満は、すぐに私も経験あるなと思ったのですが、ご馳走してくれないという不満が多いのは意外。

 

具体的にどんなことか聞くと、

「残業で退社が遅くなって食事しようと誘われた。断りたいけど上司だから断りきれず、しょうがなく一緒に食事をした。

疲れているのに仕事の話を延々とされ、清算時には1円単位までしっかりワリカン。

もう2度と一緒にいきたくない。」とか

 

「何回も上司と一緒に外出時にコーヒーショップに立ち寄った。

でもただの一度もコーヒー一杯だってご馳走してもらったことがない。」

とこんな感じです。

 

そこで今日の気づき。理想の上司=褒め上手でたまにご馳走してくれる

そして褒めることとご馳走がセットになっているとさらにGOOD。

 

例えば、「いつもありがとう。お陰でとても助かってる。お礼にコーヒーくらいご馳走させて。」と立ち寄ったコーヒーショップでねぎらいの気持ちを見せるのです。

 

ご馳走してもらいたいという彼女たちは、決して高額なフルコースのフレンチをと望んでいるわけではなく、いつもありがとうという上司からの気持ちが見えれば、ご馳走額は二の次。

 

個別に聞いて回ったのに、申し合わせたかのように彼女たちが「コーヒー一杯だってご馳走してくれたことがない」と言っていたことが、とても印象に残りました。

 

マクドナルドなら缶コーヒーより安く、一杯100円程度。

部下がいる方は、マックでもいいからたまにはコーヒーくらいご馳走してあげてくださいね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気