|―イベントチラシ作成のコツ

2006年06月08日

夢を語れる力をつける

「このチラシどう思いますか?」

そう見せられたチラシは高気密・高断熱住宅をてがけるビルダーさんなら、誰もが陥りやすい技術表示型でした。

Q値、C値を表示し構造の説明に終始した内容、最後には「今なら1棟○○円、先着3棟」とあります。

技術力をきちんと数字で証明することは大事ですが、一般のお客さまにはQ値、C値の意味はわからないでしょう。

また手がける住宅に自信があるにも関わらず、安売りのような表示は自分たちの首を絞めかねません。

チラシ制作にだけ目がいくと、こうなりやすいですので注意です。

 

Q:ではどうするべきか?

 

A:説明する順番を組み立ててから、その順番に見合った内容でチラシを考えてみましょう。

 

1、興味を引くきっかけをつくる、モデルハウスや見学会場に足を運んでもらう

2、実際に体感してもらう

3、構造や耐震性など技術力についてじっくり説明する

4、じっくり検討してもらう

 

とういう流れで考えると、先のビルダーさんは3で説明した方がいいことを、1で説明しようとしてピントを外しています。

興味を引くにはQ値、C値を始めから表示するのではなく、その結果によって得られる生活のイメージを具体的に伝えなくてはなりません。

それは「真冬でも家中どこでもTシャツ1枚で過ごせる生活」なのか「真夏日連続30日以上でも、寝苦しさから解放されて睡眠不足にならない快適涼しさの家」という文言になるか、ビルダーさんの一番訴えたい快適さにより変わるでしょうが、そういった表現にします。

それに興味を持ったお客さんが来場してくれたら、なんでそういう生活を送れるのか、技術的背景を数値データや構造モデルで説明するのです。

 

高気密・高断熱住宅を始めから望んでいるお客さまより、知らないけれど教えてもらったら興味を持ったというパターンの方が多いと思います。

そういう方にいきなり技術説明をしても面倒がられるでしょうから、どんな暮らしを送れるのか、夢を持たせられる文章でチラシは作った方がいいですよ。

そうすれば興味を引くための価格を下げた表示は必要ないですから。

そのためには「夢を語れる力」をつけましょう。

今日も人気ブログランキングにご協力ください


2006年04月04日

いきなりゴールを目指さない

内覧会のチラシについてビルダーさんに相談をうけました。

今までは地場の広告屋さんに丸投げしていたそうですが、社内制作したいからやり方を教えてくれと。

そこでどんなイメージを持っているのか、どうしたいのかといつものようにヒアリングをします。

でも、見事なまでに彼らの頭の中は「???」で、次のステップに進めません。

そこでやり方を変え、週末の折込みチラシをかき集めてもらい、床一面に他社内覧会やハウスメーカーのチラシを並べてみました。

その並びにビルダーさんの既存チラシを置いてもらって、もう一度ヒアリングです。

「既存のチラシは、他社チラシの山に置いたらどんな印象ですか?」

「他社チラシの中で、目を引くものはありますか?」

「瞬間的に気になるキャッチコピーはどれですか?」

ここでようやく「こう考えればいいんですね。自分たちは今まで何も考えず作っていました」とご理解いただけました。

 

いきなり「こうすればいい」といような手法だけ説明しても、その場しのぎで身につかないケースが多いです。

手始めに少し時間をかけても、「伝わるチラシってどんなもの?」「どうやったら上手く表現できる?」と自ら疑問を感じてもらわないといけないと思います。

興味を持てれば、ただの折込みチラシを見る目も変わっていくことでしょう。

 

それでも、そのビルダーさんも一朝一夕に思うようなチラシを作ることができていません。

試行錯誤の連続で、一回の内覧会チラシを作るのに何十回と添削依頼がきます。

内覧会の期日に間に合わせるため、100パーセント満足とまではいかない現状です。

でもちょっとの工夫ですぐに効果が出るなら、だれも集客に困ってないでしょう。

だから手応えを感じるまでは、根性と忍耐が必要です。

 

ちょっと何かを変えただけでは、劇的な変化は望めません。

いきなりゴールを目指さず、ゴールを見据えて今着実に工夫を積み重ねてくださいね。

そんな時間ないよー、手法がわかればいいんだ。

そんな言葉も聞こえてきそうですが、急がば回れ・・・ですよ。

今週も人気ブログランキングにご協力ください


2006年03月09日

引いて見る

このチラシどうですか?

と聞かれることが度々あるのですが、そんな風に疑問に感じたときは、チラシを持って会社を出て、視界に会社外観全体が納まるくらいところまで引いて立ってください。

そしてその位置でチラシと会社を見比べてください。

会社とチラシのイメージが合っていると感じたら、OK。

合ってなければ合うように修正してみてください。

 

どんなに素敵なチラシを作っても、現実の会社とイメージが合わなければ、お客さまの期待値は下がってしまいます。

チラシ単体で考えずに、会社とイメージが合うかをチェックすることがポイント。

もし会社が賃貸ビルなど思い通りの外観でない場合は、会社内のインテリアとイメージが合うかをチェックしてくださいね。

くれぐれもチラシ単体で考えない、これが大事です。

人気blogランキングにご協力ください


2005年11月22日

紙質の選び方

kami 

最近「健康住宅」「自然素材」と謳うビルダーさんホント多いですね。

そこで問題です。

「健康」や「自然」という言葉から連想する紙質ってなんですか?

 

私は「生成り」を連想しました。

昔、学校の印刷物でよく貰っていたわら半紙や再生紙です。

 

「健康住宅」「自然素材」を売りにしているビルダーさんは、紙質にもこだわってほしい。

「健康住宅」「自然素材」と言っておきながら、いかにもお金かけてますというチラシでは、受け取るお客様のイメージが混乱しそうじゃありませんか?

建てている住宅と配るチラシとは、イメージを統一するようにした方がいいですよね。

 

「健康住宅」「自然素材」のイメージに合う紙は、無印良品のものがお薦め。

近くにお店がないビルダーさんは、文具通販「アスクル」でも購入できますのでカタログをご覧ください。

あるいはコンビニのファミリーマートでも一部商品を取り扱っています。

 

無印良品にはインクジェットプリンタで出力してもにじまない再生紙があります。

またノートやファイルなど、無印良品ものは同じような雰囲気なので、個別に商品を買っても統一感があります。

事務所内も無印良品の文具で揃えると、より雰囲気が出ますよ。

価格もお手ごろなのがうれしい。

 

「健康住宅」「自然素材」に限らず、手がけている住宅のコンセプトに合った紙質を選定してください。

 

どれを選んだらいいかわからない場合はプロに聞いてみましょう。

プロって?それは地元のミニコミ誌などを発行している広告屋さんです。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆

 


2005年11月12日

宣伝の効果をわかるように説明する

この頃すっかりゴルフにはまっている私の友人が、おもしろいことを言っていました。

ゴルフ雑誌に必ずと言っていいほど「視力矯正手術レーシック」が掲載されているけれど、視力が上がることとゴルフの上達との因果関係がよくわからない、そうです。

 

タイガーウッズがこの手術でゴルフ成績が更に上がったそうですが、彼ほどの腕前があって視力が上がるなら手術は意味があるだろうけど、腕前がそれほどでもない自分が視力回復してもゴルフに関係なさそう、と彼女は不思議がっていました。

確かに聞かれてみれば、視力とゴルフの腕前との因果関係はよくわかりません。

彼女曰く、たくさんレーシックの広告はみかけても、効果について言及している広告は見たことないと。

 

ここで本日の気づき、

自分の宣伝していることと、その効果について因果関係がわかるように説明しましょう!

 

高気密・高断熱を例に取ると、性能の良さについては各社各様色んなことを宣伝しているのを見かけます。

でもその効果ってお客様にわかるように文章で説明してくれる会社は案外少ないように感じます。

 

私は高気密・高断熱を施工しているビルダーに勤めたことがあり、事務所もそういう造りでした。

その時お客様に、

「冬の乾燥時期に肌が突っ張って痛いってことがなくなりました」とか

「暖房で頭のへんだけ妙に暑くなることがないですよ」

「事務所が快適すぎて自分の家に帰りたくなくなる」とかそういう説明をよくしておりました。

 

こうした自分の実感した話をすると、高気密・高断熱の空間を経験したことがないお客様にも結構納得してもらえます。

特に女性には、

「データで立証はできませんが、肌荒れが減ったように自分は感じます。○○邸の奥様も入居前よりお肌ツヤツヤしています。」

と言うと、それがきかっけとなり断熱・気密工法の話にも耳を傾けてくれるようにもなりました。

 

宣伝することだけに一生懸命にならずに、その効果もきちんと伝えていくことをお忘れなく〜。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2005年10月25日

余白に気を使う

前回テーマの「書体を決める」ではコメントいただけた皆さんいつも使う書体が決まっており、また選ぶ書体で人柄がわかりますねとの感想がありました。

たくさん書体があるで、それぞれどんなイメージを持っているか周りとお話されてもおもしろいかも〜。

 

さて、今日は「余白」についてです。

 

資料の場合、その資料を見てくれる対象がいるでしょうから、その対象に合わせて余白を設定されるといいと思います。

若い方向けの資料では余白が少なく、字がびっしりでも読んでくれるかもですが、年配の方へはそうもいきません。

パッと見たとき、余白が少なく字がびっしりの資料は敬遠される傾向にあると思われます。

 

これからは高齢化が急速に進むと言われています。

ということは、資料を読む方も自然と年配者が多くなりますよね。

 

資料もバリアフリーと言うか、読むことを億劫に感じさせないようなゆとりの「余白」が大事だなと思います

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2005年10月18日

過程も教えて その1

先週末にちょっとショックなニュースが入ってきました。

007好きの私は、大好きなピアーズ・ブロスナンがボンドを降板することは知っていました。

そして先週末いよいよ新ボンド役が決まったのです。

ホントにピア様は降板なのねーとまず1つ目のショック。

ボンドに選ばれるのだから新ボンド役の俳優も素敵です。

でもあまり私の好みではなかった・・・。と、ここで2つ目のショック。

ピア様のほうが素敵なのに〜。

って興味のない方にはどうでもいいことでしたね。

さて、今週も元気に本題に行ってみようー。

 

週末ともなれば新聞に、内覧会や展示場のチラシがたくさん折り込まれます。

これを見ていつも思うのですが、「なんで結果しか載ってないの?」

 

工法説明がびっしり書かれたチラシがありました。

でもどうしてその工法に至ったのか、その説明はありません。

そこに行き着くまでは色んな工法を試したかもしれません。

失敗もあったかもしれません。

そんな経緯も少しはあってもいいのにな〜と思います。

チラシのように限られた紙面では難しいかな・・・

だったら会社案内やパンフレットにでも、そこに至った経緯や歴史を載せてもいいのでは?

 

今現在打ち出している工法が、きっと今の時点では良いからそれを採用しているんですよね。

でもそれが未来永劫に続くとは限らない。

 

基準法が変わる、新しい技術や資材が開発される、そういったことで少しずつ変化していくでしょう。

また変化してきたのだと思います。

 

失敗も含め、そこから真摯に学び取ってきた過程を見せることも大事なアピールですよね。

だから商品説明にはなんでそこに至ったのか、それを見せてはどうでしょう・・・。

  

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気