|―ブログのコツ

2008年04月03日

ブログをホームページとして活用する

ホームページ(HP)をどうしよう、未開設でもリニューアルでも相談いただくことは多いのですが、パソコン操作に自信がない場合はブログでOKです。

ITの世界は日進月歩ですから、ブログ機能も進化しています。

また字の大きさや色など、パッと見のイメージに気を使いたけど、自分で操作してイメージ通りHPを作れないなら、ブログが良いです。

既に制作済みのテンプレートやデザインからイメージに近いものを選べば良いだけですからね。

 

ブログもただ日記形式で時系列に記事を書くだけに留まらない役割を果たせるようになってきました。

2年前まではまだ私もブログでは表現しきれないと思っていたことがたくさんありました。

でもRSSリンクYoutube動画貼り付け機能のお陰でブログでの表現に幅が広がったと思います。

 

例えば私のブログの左コーナーに住宅情報誌3社のブログをリンクしてあります。

記事のタイトルが自動的に最新のものに表示される仕組みになっていますよね。

RSSとはこうした単なるテキストリンクではなく記事タイトルが表示できるので、ブログで多くの情報が発信できる演出ができます。

これがただの「こちらのブログへどうぞ」などとテキストリンクだったら、クリックしないとリンク先に何が書かれているのか予測もできない。

それが記事のタイトルがそのまま表示されるRSSリンクの場合、一目で内容が予測できますので、クリックしてみようと思う確立が上がります。

 

これを応用すると、HPじゃなくとも目的別に解説したブログをRSSリンクすることで、HPみたいに活用できるのです。

だからHPは敷居が高い、操作に自信がないと思うなら無理して開設せずにブログで代用すれば良いのでは??

開設費用、維持やメンテナンス費用もたいしてかかりませんから。

 

費用をかけずとも表現する手段はいくらでもある今の時代。

大事なことはブログかHPかどちらが有効かとの手段論に振り回されずに、伝えたいことを伝え続ける目的であることを忘れないでください。

目的さえ忘れなければ、手段はなんとかなります。

またお金はいつだってかけられます。

まずは伝えたいことを伝え続けることをブログで慣れてください。

お金をかけるのはその後で充分です。

始めからかけると「こんなに費用をかけて結果が出なかったらどうしよう」と不安ばかりが大きくなるので、気をつけてくださいね。

気持ちが後ろ向きになると、それは業績に跳ね返りますから。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2008年03月18日

ユニバーサルデザインでおもてなし

シニア向けSNSサイトの「Slownet」の会員(1147人)を対象に「デジタル機器について」アンケート調査結果が日経MJに掲載されておりました。

それによると、回答者の平均年齢65歳。

男性85%

女性15%

パソコン歴10年以上が46.8%

 

主な使途は、

調べもの91.5%

ショッピング62.4%

ネットバンク37.1%

株取引28.4%

 

パソコン歴10年以上の方が半数近くにも及んでるってすごいですねぇ。

10年も使ってれば検索なんてお手のものでしょうし、使途として「調べもの91.5%」ですから、日常的に何かを調べる時はパソコンを使う習慣が身についているでしょうね。

 

これはシニア向けSNS会員が調査対象ですから、パソコンを使ってSNSを楽しんでいる人が調査対象です。

総務省が発表している一般向けに調査した動向調査を見ると、シニア世代の利用率は低いです。

それでも、パソコン利用が年代に関係なく増加傾向にあることはあきらか。

 

だからビルダーさんがホームページやブログで情報発信するときは、幅広い世代の人々が「これを見たら、あるいは読んだらどんな印象を持つのか?」ということを忘れないようにしておきたいものです。

デザイン的にかっこいいからと文字が小さかったりすると、一目で「これは若者向けみたい」と、シニア世代には立ち去られてしまうかも。

かと言って文字がやたら大きいと、「これはシニア向けそうだ」と、若者層は敬遠するかもしれません。

 

世代に関係なく自分たちの考えに共感してもらえるお客さんをひきつけたいなら、ホームページやブログにおける文字の大きさやデザインは、ユニバーサルな表現を心がけないといけないですね。

熊本県がユニバーサルデザインに対応したホームページ作成ガイドラインを発表していますので、私もこれでお勉強します。

 

ホームページやブログを既に開設している方は、内容はそのままでも、ユニバーサルデザインを盛り込んでリニューアルされると良いですね。

訪問してくれたお客さまを丁重に迎えてます、と自分たちのおもてなし心を表現するにはユニバーサルデザインが一番かも。

パッと見に「これは読む気がしない」と思われたらもう訪問してくれなくなりますから。

ホームページやブログでのおもてなしはなんと言っても読みやすさ、だと思います。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2008年03月15日

プロの知恵をHPやブログで紹介する

ホームページ(HP)やブログに何を掲載するべきか相談されたりします。

そんなとき私は

1、自分たちの家づくりへの方針・使命と、

2、一般的にお客さんが知りたいであろうこと

の両方を掲載することをおススメします。

方針・使命だけでは、一般的に知りたいと思われる「ローン」「税金」「登記」「引越し」「防犯対策」などなど、お客さんは別に自分で調べなくてはいけなくなります。

逆にこれら知りたいであろうことだけ掲載しては、あなたが何を軸に家づくりをしているのか見えにくくなります。

 

方針・使命について今日はひとまず置いておき、知りたいであろうことを掲載するためにどうしたらいいか。

こちらをご提案しますね。

 

知りたいであろうことを自分で一から記事を書いてまとめるなんて大変です。

だから既にその道のプロがまとめた本やHPを紹介し、お客さんがどこから調べたらいいか、どんなことに気をつけたらいいか、そのポイントがわかるようにしておいたらいかがでしょうか。

紹介を通して注意を促す、押さえてほしいコツを伝えるだけでも、どこから調べたらいいか迷っているお客さんには助かる情報だと思います。

 

例えば防犯についてなら、こちらのHPがあります。

●「あなたの家の防犯診断」 

こちらは画面に表示された質問に答えるだけで防犯診断結果が表示されます。その質問内容により、どんなことに気をつけることが防犯になるのか、なんとなくわかるでしょう。

●「住まいの防犯自己診断

こちらも質問に答えれば診断結果とアドバイスが画面に表示されます。

●「防犯泥棒大百科

住まいに限らずあらゆる防犯に関する情報と対策が掲載されています。

●「安全暮らしマニュアル

住まいでの防災から防犯対策情報が細かく掲載されています。ニュースレターのネタにも使えそう。

●「帰宅支援マップサービス

月額210円かかりますが、災害時に無事に帰宅できるかどうか心配ですから、職場から自宅までの地図を用意するに越したことはないですね。

 

防犯だけでもこれだけあるので、HPに紹介するとしたらそれだけで1ページは必要になりそうです。

住まいに関わることってたくさんありますから、自分の視点でお客さんの知りたそうなこと、知ってほしいことをプロの知恵を拝借しながら伝えていくだけでも、HPやブログに掲載する内容は充実していきます。

あなたのHPやブログで知りたいことがほとんど調べられるなら、お客さんも検索する手間が省けて便利だし、繰り返し訪問してくれますよ。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆

 


2008年03月13日

動画のインパクト

自分で撮影した画像をYou tubeUPして、それをホームページやブログで紹介する人が増え始めました。

百聞は一見にしかず。

誰かがUPした映像を紹介しますのでご覧いただき、伝わるインパクトを確認してください。

 

文字の説明とまた違う伝わり方ですよね??

こちらも前回紹介した音声紹介と同じく掲載費用はかかりません。

撮影するためのビデオカメラと手間、文字を入れたりできる編集ソフトは家電量販店に売っている有償ソフトもあれば、WEB上で無料ソフトもダウンロードできます。

だからこちらも使わない手はありませんね。

どんな動画を撮影してUPしているかYou tubeで「住宅」と検索するとたくさん表示されます。

そちらをご覧いただき、自分たちにも導入できるか検討してくださ〜い。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2007年09月27日

携帯からのアクセスは?

最近の携帯サイトについて友人らと話をしていて、色々気付かされました。

私はパソコンに慣れてしまっているせいか、メールでさえも携帯では億劫ですが、若い世代になればなるほど携帯で買い物でもなんでもしてしまうとか。

流行のワンセグ携帯も見せてもらいました。

そうまでして見るべき番組なんてあるの?目が悪くならない?というのが正直な感想です。

でもワンセグが見られる機種の売り上げがうなぎのぼりのようですから、需要があるのでしょうね。

携帯サイトからの買い物率も増えていると聞きます。(ただし、小売業に限る)

 

この業界で携帯サイトを活用して集客できるかちょっと考えてみました。

通常のサイトとは別に携帯サイトを立ち上げても、発信する文字量が多いと返って読みづらい気がします。

敢えて携帯専用のサイトを作らずとも、ブログだと最新の記事だけちょこっと読んでもらうには携帯からでもできるし、やっぱり携帯サイトよりブログがあれば良いような・・・

 

お客さんは10代の若者ではないですものね。

住まいづくりを考えるような世代は働き盛りの人が多いでしょうから、通勤電車に揺られている時や隙間時間に携帯サイトをチェックするかな。

どんな人が興味を持ってパソコンではなく携帯を使ってネットにアクセスするか、を想像してみると見込み客より現在建てている施主さまだと思えてきました。

現状どうなっているか気になって仕方がない、携帯からでもアクセスして現場を確認したい。

ゆっくりデスクの前でパソコン起動させて、、、それさえも待てないくらい熱くなっている状態だと携帯からでも現況確認したいと思うかも。

 

現在現場工事が進行中の施主さまに、リアルタイムで進捗を伝える現場ブログがあれば、携帯からでもチェックしやすいかもしれませんね。

ブログ自体が携帯からでも見やすく、更新できますし。

 

みなさんいかがですか?携帯からのアクセスに何か対応されていますか?

まだまだ携帯の可能性については勉強の余地ありということがわかったので、今後はこちらも研究対象リストに追加しまーす。

今回携帯について教えてくれたのは友人だけでなくこちら、NEXTWISEというフリーペーパーです。

携帯だけの情報誌ではないですが、興味があれば購読無料・送料無料ですからご登録どうぞ。

 

通信の世界は秒進月歩?

早すぎてついていくのがやっとだわぁ。

そろそろセカンドライフについても探ろうと思ってる今日この頃です。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
今週も人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ


2007年09月15日

やっぱり半年はかかる

社会起業について特集したTV番組をみて、やっぱりと改めて実感しました。
この番組内で取り上げられていたKIVAという、アフリカのウガンダの一般個人への融資サイトは、今や総融資額1100万ドルを超える規模にまで成長しています。
設立が2006年ですからわずかここ1年くらいの話ですね。
その創設者がKIVAのホームページ立ち上げてすぐの頃は、ホームページ訪問者自体が数える程度しかなかったそうです。
半年を過ぎた頃からアルファブロガーのクチコミにより爆発的な訪問数となり、それに伴い融資額がみるみるうちに増えて現在に至ると。
この半年という地点がポイントかなと思いました。
活動は当初より地道に続けていたようですが、クチコミされるほど人の話題に上るようになるまで半年を要したわけですね。
どんなことでも芽が出始めるのには最低半年は要するものだなと、改めて実感しました。
 
私もビルダーさんにマーケティング施策を提案させてもらうときは、必ず半年は続けて結果をきちんと数字で把握してほしいとお願いします。
半年間のお客さまの反応を見ながら、その結果を確認した上で次なる策を組み立てる方が、やみくもに実施するより効果的なんですよね。
 
 
それにしても融資総額の金額にもびっくりですが、一口25ドルからできる顔の見える相手への融資という形でのサポート という発想もすごいです。
25ドルなら万が一焦げ付いてもいいかと思える金額な分、がんばって〜と応援し続けられる気持ちのゆとりも生まれそう。
融資相手ともこのホームページ経由でメッセージの交換もできるから、私もやってみたーい。
運営者はアメリカ人だからもちろん全部英語で書かれたホームページというのがちょっと難ですが、勉強がてらトライしてみます。
 
最近この支援プログラムにも参加してみました。
チャイルドとのやりとりが英語なら私の中学生英語でなんとかいけるかと思いましたが、スペイン語圏の子だったため、あえなく撃沈・・・
なにごともチャレンジの心意気でなんとか意思の疎通をがんばってみようと思う今日この頃です。
 
あっ、今日もそのTV番組の第2弾が放映されますヨ
 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
今週も人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

2007年08月30日

1ドメイン1テーマ の法則

このところSEO関連の本を読んでいるのですが、そこにはしきりに1ドメイン1テーマがいいと書かれています。

同じようなことが掲載されている他の本や雑誌も見かけるので、これが最近の傾向、SEOを考慮した対策なのでしょう。

1つのホームページに色んな情報を掲載するでしょうが、その時は1つのカテゴリーに対し、1ページだそうです。

 

1ドメイン1テーマだと、自社の情報が増えれば増えるほどホームページが増えるので、いったい合計いくつになるのやら・・・。

でも情報発信が増えれば1つのホームページだけではボリュームがありすぎ見にくくなるかもしれません。

コンテンツを増やし続けているビルダーさんは、1ドメイン1テーマ次の一手として検討してみることをススメます。

 

ホームページを増やすには、費用のかからないブログが良いと思います。
特にお客様の声やQ&Aのように、どんどん増やした方がいいコンテンツはブログのように自分たちですぐに更新できるシステムの方が便利でしょう。
これを先日紹介したようにRSSで核となる自社サイトにリンクをはります。
現場日誌も物件ごとにブログで立ち上げ、竣工したら写真と共にサイトにリンクをはる。
ブログをこのように使い、1ドメイン1テーマにしていくといいかもしれません。
コンテンツごとにブログを増やすのも1つの策ですね。
ブログもシステムはサイトと同様、見せ方が違うだけで基幹は同じようなシステムです。
だから1ドメイン1テーマのドメインという意味は、この場合ホームページとブログの両方を指すことになります。
 
ホームページ運営も地道にやらなきゃダメなのね、ってことがよくわかります。
悪質業者にだまされると、検索エンジンから消されることもあるらしい。
そうならないために、勉強しておきましょう。
 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
今週も人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

2007年08月28日

HPとブログの役割分担

以前このテーマで記事を書いた時は、

 

ホームページは客観的な情報発信

ブログは主観的な内容も含めて情報発信

 

と役割を分けることを提案しました。

これに変更ありませんが、新たに加える要素があると最近実感しております。

それは、

 

ホームページは客観的か、固定的な情報の発信

ブログは主観的か、流動的な情報の発信

 

固定的=会社概要、プライバシーポリシー、 QA、理念、コンセプト、スタッフ紹介、物件紹介 などなど内容に変化の少ないコンテンツ

流動的=現場日誌、日々の気付き、日記 など時間を追う毎に変化が生じるコンテンツ

 

住宅業界に限らずホームページに必ず掲載するべき要素は以下の5 WH、()内は業界用に置き換えて表現しています。

Why (あなたはなぜ家づくりをしているの?何のためにやってるの?)

What (何をしてくれるの?設計だけ?施工も?土地も探してくれるの?)

Who (あなたはどこの誰?)

Where (どこで家づくりしているの?あるいは施工エリアはどこまで?)

When (家づくりにかかる工程や期間は?)

How (いくらかかるの?)

 

この要素が掲載されていないと、あなたの会社で家を建てようかどうか検討する基準が見えません。

だから、固定的要素の中に含まれる必須事項となりますね。

でもそれだけでは本当にあなたの会社に任せていいのか、信頼できるか、どんな人たちなのか、人間性が把握しきれません。

そこで流動的要素の出番です。

お客さまはあなたの日々の行動、言葉から垣間見える性格や思考、人間性を少しでも判断しようと時間を追って現場日誌や活動日記をチェックします。

 

現在の技術ではITを使って情報発信をするなら、ホームページとブログが主でしょうから、このような住み分けが適しているのではないかと思います。

ただし今は5年一昔と感じるほど時間の速度が速まっているため、5年後も同じような技術を主に情報発信していくべきかわかりませんねぇ。

確実なのは発信手段が何に替わろうと、人が知りたいと思う内容に大きな変化は生じないため、基本となる発信内容も変えなくていいということ。

なぜなら人間の体そのものがそれほど進化していないからです。

体の機能に大きな進化がない限り、食べて、寝て、排泄してを繰り返す私たちの生活も今とそう変わらないはずです。

ってことは、人間の基本欲求にも大きな変化はないはず。

欲求に変化がないなら、人が一般的に知りたいと思うこともそう変わらない。

 

なので、ホームページもブログも人が知りたいと思うであろう本質的な内容を網羅することが先決なんですね。

デザインはそのあとの話。

必ずしもホームページとブログ両方を運営しなければいけないのでもないですよ。

必要要素が掲載されているなら、運営しやすい手段を使えばいいだけ

経費から考えるとブログの方が簡単で安いんですけどね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
今週も人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ


2007年07月28日

継続から次の段階は

「どこまで書いたらいい?」
「同じようなことばかり書いてる気がするんだよね。」
ブログを開設しているビルダーさんのボヤキが聞こえてきました。

お客さまに公開している場合は、家づくりのことだけでは書くネタがないなぁなんて時もあるますよね。
そんな時はスタッフや家族、友人など周囲の人について書いてみてください。
社長が犯しやすい勘違いは、自分が上で、スタッフは下、というように人間に序列を付けて物をみてしまうこと。
仕事上、立場上、社長とか課長とか区分を付けることもありますが、それと人間性そのものにはなんの序列も優劣もありません。
だからどんな人からも学ぶことってたくさんあると思うのです。
ブログのような発信手段では、何かを教えなければいけないような気になってしまうこともあるでしょう。
でもそれでは、日頃どれだけ学ぼうとしているのか、どんなことからあなたの考え方ができあがっているのか、推測するのは難しい。
長い期間にわたりお客さんが読んで下されば、自分の人間性は相手に確実に伝わります。

上から目線での物言いが多いと、読んで下さるお客さまも「考え方を押し付けられそう」と警戒するかもしれませんよ。
せっかく続けているブログですから、続けることから次の段階に進んでみませんか?
それは周囲の人とのふれ合いから学んだ様子を伝えて、自分の成長過程をブログでつづること。
学ぼうとする姿勢は共感を呼びますから、共感いただけた新たなお客さまから資料請求の連絡があるかも。
それだけを狙いにするのは下心が見え見えで逆効果になります。
「自分の新たな一面を開示して、そこに共感いただけるお客さまを一人でも多く増やそう」
そんな気持ちで楽しんで取り組んでくださ〜い。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
人気ブログランキングにも投票いただければ嬉しいです♪

2007年02月10日

ブログパーツ

ブログパーツってご存知ですか??

詳しくはこちらをご覧下さい。

 

無料で使えるものが多いので、自分のブログを飾って遊ぶのも面白そうですよ。

このHPを見てもらうとわかりますが、ビルダーさんには地図が便利に使えそうです。

自社の場所、現場の場所、おススメのお店や建物の場所を、ブログ上でお知らせする時に使ってはいかがでしょうか?

 

私も今後、色んなものを試していこうと思います。

 

今日も人気ブログランキングに投票してね


2007年02月06日

コメント少ない・・・??

コメントが少ない・・・。

ブログを開設してるとそう思うときがありますよね。
私もコメントをたくさんいただける記事とそうでない記事があります。
コメントを貰うことが目的だと、その数に一喜一憂してしまいがちですが、そもそもブログを開設してる目的って??

私はブログを通してコミュニケーションを築くことを目的としていますので、コメント数はその結果と捉えています。
そして読者はブログを読んで実践してほしいビルダーさんと、顔を合わせるのが少ない友人・知人と想定しています。

できれば顔を合わせて話をしたいですが、時間の都合もあるため会うのも頻繁にできません。
だからお互いのブログにコメントをし合いながらなんとか繋がってるという状態です。
どんな技術が発達してこうして便利な道具を使えても、やっぱり顔を合わせて話すのが一番なんですよね。

また、日頃の人付き合いの仕方は、そのままブログにも表れるものだと思います。
だからマメに自分から連絡できる人は、ブログでもマメにコメントできるでしょう。
ブログだけを考えてコメントが少ないなぁと思わずに、日頃の人との付き合い方を今一度考えてほしいところです。

総じて自分なりのコミュニケーションを見直して見ると、ブログだけない日頃の習慣から変えないといけないと、気付くかもしれませんよ。
どんなに装っても、ブログからだって人間性は垣間見えますから、習慣から変えるのがやはりベストかと思います。

私はできるだけブログを読んで下さるビルダーさんと、お会いしたいです。
なので地方の方で東京に来られるときは、ご一報を!
私が地方に行く時は、遠慮なくあなたのところにお邪魔させていただきま〜す。

 今週も人気ブログランキングに投票お願いします


2006年11月18日

SNS活用を考える

注文住宅業界にもSNSを活用したサービスが出現するだろうと思っていたら、やっぱりありました。
あの北尾さん率いるSBIホールディングスが母体となり、建築家と施主をつなげるSNSです。

SBIホールディングスは不動産事業を持っていますので、土地も紹介できるしこれは着実に受注につなげられそうですね。
「生活関連ネットワーク事業」の目的を読むと、目指すべき方向も軸がしっかりしており、かつ元々の強みである「金融ビジネスのノウハウを最大限活用する」とうたってます。
こういうところに本格参入されると、メーカー系の総合生活関連ビジネスの強敵になるでしょう。
しかもネットに強いですから、メーカーよりもフットワークも軽く次々と新しいサービスが立ち上がりそうです。
家造りにおいて「エージェント(代理人)」という立ち位置で、ネットを活用して金融・不動産を含めての総合サービスを提供する。

なんか今後の展開がかなり気になる動きですよ、これは。
ビルダーのみなさま、要チェックしておいてくださいね。

SNSをやったことがない方はmixiに招待しますので、コメントにその旨お書きくださいませ。 (以前の記事も参照ください)お客様とのコミュニケーションの取り方の1つとして、今後SNSの占める割合が増えることが予測されます。
どんなものなのか、まずは体で覚えていきましょう。
そして自分なりのSNS活用方法を見出していかれてください。
それが活用できるものかどうかは、まずご自分で使ってみてから判断しましょうね。
こういうのって、「使えるかどうか」の答えを知らないと、動こうとしないことが多いですから。

人気ブログランキングにご協力ください


2006年09月30日

誕生1周年

abeaee08.JPG

自分のブログを立ち上げて、1年が経ちました。

・週3回、火・木・土に記事をUPする

・1回読みきりで簡潔に

・できるだけすぐ実践できるよう、噛み砕いてわかりやすく表現する

を心がけてきました。

 

そうして1年後、どんな結果になるか想像できなかった状況からスタートし、こんな変化がありましたよ。

1、互いのブログでコメントをし合う仲間ができた

2、ブログを通じて遠方のビルダーさんと知り合えた

3、ただ漠然と感じていたことを文章化することで、気が引き締まりダラダラしなくなった

4、いいなと思うだけだったことを実践して行動するようになってきた

5、ネットワークと自分の世界が急速に広がり、視界が明るくなった

など、この1年の行動レベル+精神的に変化するスピードが格段に早まったと思います。

 

株式会社はてなの社長、近藤淳也さんは「履歴書は1日で書けるが、1年分のブログは1年間かけないと作れない」と言っています。

ブログは誤魔化しのきかない履歴書、自分プレゼンツール。

しかも資本ゼロ、やる気・根気・努力さえあれば自分の進化スピードをも早められるブログという道具はすごいですね。

さらに1年後、どんな進化を遂げているかは未知数、もしかして後退するかもしれませんが・・・?

自分がどうしたいのか、どうありたいのか、なにができるのか、それを知りたいので、これからも続けます!

 

ブログを継続するという目標を卒業し、次なる目標は、「地場でがんばるビルダーさんがお客さんと良好なコミュニケーションを築き、お客さんと生涯に渡るお付き合いをするために必要なスキルを身につけるのをサポートする」とします。

具体的には、現在勉強中であるコーチングを活用し受注〜施工、アフターまでの全工程で、どんなコミュニケーションでより互いの理解度が深まるのかをわかりやすくご説明していきたいと考えています。

それにはビルダーさんの現場での困りごとなどコメントいただければうれしいです。

またお客様側から見てこんな対応されて不快だったよ、というようなことも、コメントくださ〜い。

 

1年間ありがとうございました。

進化できたと実感できたのは、あなたにコメントやランキング投票いただいているからです。

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

 人気ブログランキングにご協力ください


2006年08月31日

リアルな施工状況の伝え方

日経MJ8月30日号に「照国電機」さんが紹介されていました。
ブログで実際の照明施工現場での取付け状況、取付けた照明の説明、施工写真が詳しく掲載されています。
デザインはおそらくプロに制作しているため、ブログと言っても照明器具の注文ができます。
現在こちらのブログで売り上げを伸ばしているそうです。

実際の施工写真を掲載できるのは、それを見たお客様も自分の家に置き換えてイメージしやすいから問い合わせも多いのでしょうね。
カタログにあるプロが撮影した綺麗な写真では、現実に照らし合わせると良いのか悪いのかわからない・・・・

このブログではそんな心配もなさそうで、スイッチのONとOFFのどちらの時の写真もありますから、よりイメージしやすいと思いませんか?
例えばカタログに40Wと表示されていても、40Wがどの程度の明るさなのか、体で認識されているお客さんは少ないはず。
それを写真で見せてもらえればなんとなく明るさの程度がわかりますよね。

このブログ、わからないことをわかるように説明することの良いお手本だと思います。
良いところはぜひ真似して、みんなで説明上手を目指しましょう!

今日も人気ブログランキングに投票お願いします。


2006年07月22日

Web2.0で何ができるの? その2

今日は前回に引き続きWeb2.0時代の話題です。
これからの時代に使いこなしたい「はてな」をご存知ですか?
現在お客さんが何について悩んでいるか、生の声がわかるツールです。
また疑問を解消するためのお助けツールとしても活用できますね。

「はてな」の中にもいくつもサービスがあるのですが、見てほしいのはこのサービス、「人力検索はてな」です。
例えば「過去の質問から検索 (無料)」という欄に「住宅」と入力して検索すると、住宅に関して質問のあった事項が表示されます。
これを見ると、どういうことに悩んでいるのかがわかります。
こういうサービスを使いこなせる人の質問ですから、ここに質問する前にインターネット上でも調べてると思います。
そういう人に、自分ならどう回答するのかを考えてみてはいかがでしょうか?

一見のお客さんに会うのが大変なこの業界、限られた出会いの中で実践しながら学ぶのも良いですが、現実のお客さんで失敗したくないですよね。
接客の場数をロールプレイする意味で、「はてな」を活用し質問に答える練習をするのはいかがですか?

自分が質問してもいいですね。
その場合は50円とか100円など有料になりますが、回答を見てわかる通り真剣に答えてくれますよ。
こうした双方向にやりとりができるシステムがWeb2.0を代表するサービスです。
まずは体感してみてくださいね。

ここをクリックして、人気ブログランキングにご協力ください。


2006年07月20日

Web2.0で何ができるの? その1

巷に「Web2.0」という文字をよく見かけるようになりました。
なんのことだかさっぱり・・・でしたが、最近ようやくなんとなくわかったような。
調べてみると、以下の説明です。(前文はこちら

「Web2.0ってどんなサービス? すごく難しいけど、一言で言うと、利用者に自然な参加意識をもたせるWebサービスだ。感覚的に言うと、自然にクセになってヤミツキになって仲間意識を感じさせるのがポイント。今までみたいにチカラのある人が情報を一極集中的に仕切るのではなく、閲覧者が自主的にアクションをとりたくなるようにさせるサービスだ。」

ブログを始め、「MIXI」、「はてな」などがWeb2.0を体感できるサービスなんですね。
だからブログをやっている方は既にWeb2.0体感者ということになります。

他にも紹介者がないと入れない「MIXI」、こちらにも私は加入していますが、ここで住宅関連に携わっている方を探すとたくさんいます。
ビルダーさんでも上級者になると、お客さんとMIXI内でコミュニティを作っている方もいました。
若い世代のお客様が多いビルダーさんには、程よい距離感を保てるMIXIのようなつながりがいいかもしれません。
ただしマメな方でないと継続した関係を作るのが難しいかもしれませんので、若手スタッフに専属的に活動してもらうのもいいでしょう。
まとめてみると、
■ホームページ(Web1.0)=一方的な発信、読み手の反応不明
■ブログ(Web2.0)=双方向やりとりできる、コメントを通して読み手の反応あり、開放されたシステム
■MIXI(Web2.0)=双方向やりとりできる、コメント、メールを通して読み手の反応あり、閉鎖されたシステム

これからは、役割を明確にして各サービスを使い、お客さんとつながりを持つと良いのではないでしょうか。
例えば、
■ホームページ=不特定多数対象、見込み客獲得・資料請求のため
■ブログ=ホームページを見て興味を持った方対象、より理解を深めてもらうため
■MIXI=OB客対象、ファン度を高め既存客リフォーム需要の掘り起こしのために

こういったインターネット上でのつながりにプラスして、ハガキやニュースレターなどのアナログでのつながりも大事にすると尚いいですよ。

本日も人気ブログランキングにご協力ください


b_nurse at 08:14|この記事のURLComments(8)

2006年05月02日

阻むものは?

そのブログから思いやりと情熱を感じさせ、私もファンでもあるgonsukeさんから、前回の記事にこんなコメントをいただきました。

「でも、(ブログを)続けられない人も意外と多いのですよ」

「やっぱり営業は情報発信能力とマメさじゃないでしょうか。」

 

おっしゃるとおり、情報発信能力とマメさがあればそれに越したことはないと思います。

でも逆説的に捉えると、その能力がなければブログは継続できないことになってしまいます。

それだとちょっとさみしい・・・

私がすすめたいのは、ブログを継続することで情熱や想いなどを伝えることが楽しいという気持ちに変わってもらうこと。

 

人間はどんなに大人になっても、基本的に子供の時と気持ちは変わらない。

それは「自分を見てほしい、評価してほしい」という気持ちです。

 

情報発信能力というのは比較的サービス精神が旺盛で、人のために役に立ちたいという気持ちが強い人が持っているものではないでしょうか。

でも多くの人はサービス精神より、「自分を見てほしい、評価してほしい」という気持ちの方が強いと思います。

 

だから情報発信能力の少ない人にはまず、自分のやったことを見ていてくれる人がいる。共感してくれる人がいる。という体験を意図的に作り出していかねば、その後の継続につながらない気がするのです。

Gonsukeさんの言うブログを継続できない方は、楽しみを見出せなかったのはないでしょうか。

面倒な気持ちもあるでしょうが、それを上回る楽しみを見出せれば、また再開できるかもしれませんよ。

 

どんな良い方策も、阻むものは結局ネガティブな「気持ち」。

ブログに限って言えば、継続が難しくなりそうな方へは、「いつも見てるよ。」「この間書いてあったことをもっと詳しく聞かせて」など面と向かって伝えてあげる。そしてコメントも絶えず書き込むなど、互いに応援しあうといいと思います。始めは情報発信能力が少なくても、続けることで開花するかもしれませんよ。

GW中も人気ブログランキングにご協力ください


2006年04月29日

日常の楽しみを増やす

ブログをこれから本格的に始めようとしていた知人に、準備するコツを聞かれました。

その方は立ち上げることに目がいっていたようですが、今一度ブログの特徴をおさらいすると、

1、ブログは発信者と訪問者が双方向できることがメリット

2、ブログを介して実際のコミュニケーションに役立てられる

3、ブログを介して他のブログ開設者と生の声を伝えあえる

ことを生かさない手はありません。

だとするなら、開設して発信するだけでは最大限のメリットは得られないことになります。

 

だから開設に100パーセント力点を置くよりも、開設50+コミュニティ形成50とした方が、良いのではないかと。

このコミュニティ形成の具体的な方策は、

・顔見知りの友人・知人にブログ開設した旨を伝え、訪問してもらう

・自分の好みや興味をひかれる他のブログを色々探し、5つ〜6つのブログを決めたら定期的にコメントする(数が多すぎると定期的にが難しくなるので、始めはそのくらいから)

と、少しずつブログを介して輪を広げていくことをおすすめします。

無理したり、焦ったり、負担に感じると、自分のブログを継続すること自体に大変な負荷がかかります。

長く続けていくことで見えてくるものがきっとたくさんあります。

反響も変わってきますよ。広がる輪を体感もできると思います。

コミュニケーションの手段としてブログを活用すると、日常の楽しみがひとつ増えるのではないでしょうか。

人気ブログランキングにご協力ください


2006年04月22日

揺るがないために

最近はどの業界情報誌を読んでも、今後のビルダーさんの進むべき道について、同じようなことが書かれています。

特に新建新聞の別冊「プラスワン」を読むと、コンサルタントや経営者など色んな方が、それぞれの言葉で同じようなことを述べています。
迷われているビルダーさんは、この「プラスワン」を半年分程度まとめてじっくり読まれると、揺らぐ気持ちも少なくなるかもしれませんね。
(って新建新聞さんの回し者ではありませんよ)

でも頭でわかっていることと、実際の行動に移せるかは、別物です。
わかっちゃいるけど〜・・・ってやつですね。

差別化を図ろう、デザインセンスを上げよう、集客の仕組みを作ろう、ブランドを確立しようなどなど言われても、それをどの順番で、どんな手順でやればいいか、実務に入ると迷うことばかりだと思います。

再三私も主張させてもらっていますが、何をすればいいかと考えているうちは、本質ではなく枝葉に振り回されている状況です。

何がしたいのか、この軸が決まらないうちは、同じところをグルグル回るだけで、望む成果は得られないかも。

何がしたいのかとことん自分と向き合って悩み、苦しんでいる間も無駄にせず、ブログに綴ってみてくださいね。

ただ悩んでいても、人間は本質的に快楽を求める生き物なのでどこかで逃げ道を探します。
まずは逃げ道を断ち、前に進むしかない状態を敢えて作り、現状をブログで公開してみてください。
公開しないで考えるより、きっと早く迷いから抜けられますよ。
カッコ悪いけど、カッコだけでは飯は食えませんので、この際置いておきましょう。

それと同時に本屋に通って、マーケティング本を探してみてください。
amzonで探すのも良いのですが、自分の足で探す方がより真剣になれると思います。
自分の求める内容はもちろん、タイトルや装丁に惹かれる本があったら、なぜそれに惹かれたのか、を考えながらがコツですよ。

そうやって「何」、「なんで」を繰り返して考えてはじめて揺るぎない軸が生まれてきます。
口で言うのは簡単ですが、この「揺るがない」ってホント大変です。

人気ブログランキングにご協力ください。


2006年03月02日

ブログセミナーなんて人が来ない?

地場でがんばるビルダーさんのためのブログ開設セミナーを企画していた時のこと。

「興味があればブログなんて本でも読んで自分で開設しているだろうから、そんなセミナー人来ないでしょ」

ときつ〜いコトを人から言われました。

(でもその方は全然現場を知らないので、そんなコト言われてもめげませんが。)

 

ブログを開設するだけなら数分でできます。

でも継続するにはコツが要る。

今回はそれをお伝えして、集客につながるブログを開設しましょうというのがセミナーの趣旨です。

何事も継続するのは大変です。

現場を抱え、仕事に追われながら集客のためのブログを継続するのは、よほど目的を明確にしないと難しいでしょう。

ましてや技術系のビルダーさんで、文章を書くことが好きな方は少ないと思います。

立体で物事をイメージすることが得意なビルダーさんは、あまり文章で自分を表現することに慣れていないというのが、ビルダーさんを見てきての私の実感。

得意でないこと、好きでないことを継続するためには、その必要性をしっかり認識してからでないと継続できない。

必要性を認識しても続かないかもしれない。

それだけ書くことが苦手な人には、ブログを継続することは精神的につらいでしょう。

そこを乗り越えるためのコツも今回しっかりお伝えしていこうと思います。

 

2,3のビルダーさんにそのことをお伝えしたら、ぜひ参加したいという快諾をいただきました。

「やろうと思ってるけど、どうやればいいかわからない」だそうです。

まだまだ直接お声かけていきますが、これを読まれて興味ある方はコメント書き込みお願いしますね。

半年前にコツをお伝えし、現在もブログ継続中のビルダーさんからは、

「最初は書くことが苦痛だったけど、今は楽しい。ブログを始めてから、お客様に言葉で説明しやすくなった。語彙が増えたよ。いつも見てますよと施主様から声かけてもらえるので、励みにもなってます。ブログをやって良かった。」と嬉しい報告を頂いております。

 

人気blogランキングにご協力ください


2006年01月31日

ライブドアブログで文字表示を変えるには?

タカノ一条ホームのたかちゃん に「ブログで文字を大きく表示するには?」と質問されました。

その時、文字が大きく表記されるテンプレートに変更した方がいいとお答えしましたが、設定で変えられることが私も最近わかりました。

1、IDとパスワード入力後

2、「ブログの設定/管理」をクリック

3、「投稿フォームの形式」項目で「WYSIWYGエディタ(WinIEFirefoxのみ)」を選択

4、「設定を保存する」ボタンをクリック

これで入力設定が変わります。

いつもの投稿画面に戻れば、「文字のスタイル」「フォント」「文字の大きさ」の3つがボタンとして表示されます。

このボタンを使えば文字表示に変化を持たせることができます。

 

ブログ設定画面も日々進化していたり、簡単に入力できる分注意深く設定画面を見ていなかったりと、意外と使いこなせていないことが今回よ〜くわかりました。

そこでおすすめコーナーにもバナーを貼りましたが、操作についてはこちらの本が見やすいです。

私も早速買ってよく復習しました。

大まかなブログの仕組みが理解できていれば、操作はマニュアル本があれば解決!

というわけでライブドアブログで、この設定どうする?という疑問があれば、ぜひ「livedoor Blogではじめてのブログ世界一簡単&オシャレ!!」をお買い求め下さいね。

人気blogランキングにご協力ください


2006年01月26日

やっぱり継続は力なり

うれしい報告を貰いました〜。
ブログを始めて9ヶ月ほど経過したビルダーさんに、業界専門誌である「日経ホームビルダー」から取材依頼がきたそうです。
書き始めた時は何書けばいいかわからない、書くのが面倒、とパソコンの前で記事を書くのに数時間も画面とにらめっこなんてこともありましたが、取材依頼でその苦労も吹っ飛んだことでしょう。
常々そんなに情熱持って住まいづくりに取組んでいるのに、なんで書き残したものがないの?
その知識や技術力を後世に伝えていくべきと叱咤激励していた私も、うれしさの余り大声で叫んでしまいました。
注目されることが目的ではありませんが、読んでくれている人がいるんだと実感できれば、継続するのも楽しくなりますよね。
何事もやっぱり楽しくなければ続かない。

地道なことも継続していると良いことありますよー。
私もがんばりますので、ブログを開設しているビルダーさん、ブログ仲間の方々、一緒にがんばりましょうね。

がんばろうと思った方、今日も人気blogランキングにご協力ください

2005年12月22日

書くことに慣れるために・・・

色んなビルダー経営者の方とお会いしてきましたが、熱い情熱や想いを語らせたら話が止まらないのに、それを言葉で表現している方が少ないな〜と実感しています。
こんないいコト言っているのに、なんで文章になったものがないの??
もったいな〜い。

それを解決するためにブログを開設しましょうと先日も提案させてもらいました。
「今話されたことそのまま文章にしてください」とお願いしても、そう簡単にはいかないことがほとんど。
話すことは日常でも、書くということは学生時代の作文以来か、ビジネス文書以外は書く機会も少ないというのが理由だそうです。
だから、この書くことへのアレルギーを取り除くのは本当に大変。
文章には個性が出るため、代理で書いてもらうことはすすめられないし。
そこで、ネット上で公開するブログを書いてもらうようにしています。
目的は書くことに慣れる。
見られているという意識のもとで、半ば強制的に書かなければいけない環境を作るのです。
そしてブログを開設したら、「見てね」と周囲にお知らせして、本格的強制環境を作ります。

そう言うと、何書けばいいの?と聞かれるのですが、何でも思うこと全てカッコつけないで書けばいい。例えば今日食べたもの。読んだ新聞からおもしろと感じたことについてなど。
書いたことはいつでも修正できますから、他の方に読んでもらい、おかしいところは修正すればいいだけです。

書くことアレルギーから脱せたら、次の段階にいけます。
まずはあまり無理せず書くことに慣れましょうね。
その際、荒業も活用してください。スタッフやお客様への話しや説明をICレコーダーで録音し、それをそのまま文字におこして、ブログの記事とするのです。

段階を踏まずにいきなりおもしろいブログにしようとか、反響がくるものしようとか、過程をすっ飛ばして大きな目標を掲げると、途中で嫌になってしまうかも。
折角ブログを開設するなら、やって良かったなと思う瞬間がくるまで、継続することを優先にしてください。続けていればきっと良いことありますよ。

参考になった方、人気blogランキングにご協力ください

2005年12月13日

ブログを続けるコツ

ブログを開設したものの書き続けることが億劫で、なかなか記事を継続的にUPできないビルダーさんがいました。
・書くことが面倒
・何を書けばいいのかネタに困る
などの理由です。

毎日記事をUPするに越したことはありませんが、まずは1日おきでも2日おきでも定期的に何でもいいから書く。
まず書くことに慣れる。これが第1ステップ。
ブログ内にカレンダーが表示されるので、そのカレンダーに記事をUPしている日が定期的だとわかるように何かを書きます。
そうすると例えば見てくれる方も、この人は月・水・金に記事をUPするなと認識してくれるでしょう。
(私は火・木・土に記事をUPすると決めていまーす。)
そして今度は商圏内の地域名でブログ検索をし、ヒットしたブログにコメントを書く。
それが第2ステップ。
まずこれをしばらく続けてくださいとお願いしたら、1ヶ月もたたないうちにランキングが急上昇しました。
そうなると書くことへのモチベーションも上がり、記事もどんどん充実してきます。
自分のブログへのコメントも増えると、またモチベーションも上がります。
こうやって回り始めると、面倒な気持ちも少しずつ減るようで、ブログへのネガティブは発言も減ってきました。

面倒な気持ちを楽しみに変えていけるようにしないと、何事も継続できませんね。
楽しみに変えるには、「見ていてくれる人がいる」「応援してくれる人がいる」と実感することがいいみたいです。
記事の内容は、書くことが楽しいと思えてから充実させても遅くない。
最初からコメントがたくさん書かれるブログにはできないでしょうから、まずは継続できる状態にしてから中身を充実させる。という流れが無理なく続けるコツだなと私も実感しました。

参考になった方、人気blogランキングにご協力ください

2005年11月29日

ブログで出会いが広がります

兵法に学ぶ勝つために為すべきこと―アサヒビール起死回生の経営戦略と人生哲学
兵法に学ぶ勝つために為すべきこと―アサヒビール起死回生の経営戦略と人生哲学
クチコミを見る

先日ブログがきっかけで知り合ったTAKさんに紹介いただき、アサヒビール名誉顧問の中條高徳さんの講演に行ってきました。

 

中條さんは79歳ですが、全身がエネルギーに満ち、オーラが出ているお方でした。

またとても謙虚な姿勢でお話をされる姿に、ただただ感心。

 

お話の中で私が印象に残ったことは、

「求める心の強弱で、得るものは変わる」

「商売で一番大事なことは気づき」

という言葉です。

 

また「挫折を経験したことのない経営者は弱い」としきりに仰っていました。

戦争を経験した中條さんの言葉ひとつにひとつが胸にずしりと響きます。

戦中・戦後のお話も聞きましたが、学校での歴史の授業がいつも明治維新くらいで終わってしまい、近代の歴史はなんとなくしか知らないことがまずいなと反省。

これからは歴史の勉強もしようと思います。

中條さんの著書「兵法に学ぶ」を買い、サインもしていただきましたので、まずはこの本から勉強です。

 

講演後、TAKさんとお酒を飲みながらこれまたおもしろい偶然が判明。

TAKさんも私もかつて勤めていた会社が同じだったのです。(社内で会ったことはなかったが・・・。)

ブログがきっかけで知り合ったのですが、こんな偶然もあるんですね。

 

ブログ上だけでのお付き合いではなかなかわからないことも、現実に会って話すと違った一面も見えてきます。

まずは何でもTRYだなと改めて実感しました。

ブログを開設したから出会いが広がり、ブログだけでなく実際に会える機会には出向くから、またおもしろい話がたくさん聞けました。

TAKさん、楽しい時間をありがとうございました。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2005年11月10日

ブログで現場日誌をつけてみよう

現場が始まったらデジカメでマメに工事写真を撮るビルダーさんは多いかと思います。

それを自社のホームページに公開されてますか?

 

今はブログがありますので、ホームページより工事別にブログを立ち上げて下さ〜い。

ホームページと違ってブログは双方向のやり取りが簡単です。

 

私はライブドアを使ってこのブログを立ち上げていますが、IDとパスワードがあれば誰でも私のブログに書き込む(コメントではなく本文に)ことは原則可能です。

だからビルダーさんとお施主様、あるいは工事業者さんなども巻き込んでIDとパスワードを共有し、ブログに書き込みしていくと双方向の現場日誌ができるのです。

 

家づくりを始められたお施主様が勤務先や友人などに「今家を建てているんだよ」とお話されたら、「どんな?」って周りは聞いてくると思います。

そんな時、そのお施主様専用の現場日誌がブログで存在していたらそれを見てもらうことができますよね。

 

自分専用っていうのがミソだと思います。

なぜならビルダーさんのホームページに掲載されている現場日誌より、宣伝色が薄いから。

ブログの現場日誌に自社のホームページURLを貼り付けしておけば、興味ある方なら見てくれるでしょう。

 

お施主様に「うちをお友達に紹介してください」って頼むより、ブログを通してさりげなく宣伝してもらう方がお施主様も協力しやすいかもしれません。

この時そのブログのURLを名刺の大きさの紙に配布用として印刷し、お施主様にあらかじめ渡して置く。

そんな工夫が必要かも。

 

ブログは無料で立ち上げできるので、やってみて損はないです。

ただしインターネット上で公開するものですので、個人情報が特定できるようなことは載せない方が良いでしょう。

そこだけちょっと注意が必要でーす。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2005年10月01日

コメントを書きたくなるような文章にしよう

メールもホームページもブログも言葉がないと成り立たないんですよね。
加えて文章は人柄が出てしまうため、自分で書かないと思いが伝わらないものでもあります。

技術系のビルダー経営者様の場合、商品説明は簡単に書けても気持ちを伝える文章となると、頭を抱えていたりして。

私のクライアント様でも、ブログを開設したもののどう書いていけばいいのか迷われていました。


ご自分の好きな建築探訪を書かれていましたが、気持ちがあまり伝わってこないのです。
この場合上手に文章を書くことより、まず「どう感じたか」「どう思ったか」といった自分の気持ちをそのまま書いた方がいいと思います。


ブログはコメントを書いてもらった方が励みになるので、コメントを書きたくなるような文章にしたいです


それには、自分の「気持ち」「考え」を書いた方がいいでしょう


だから文章の上手い下手はあまり関係ないかも・・・。
カッコつけるとか、上手く書こうとして難しい表現使うと、それはバレます。
まずは続けていくためにも反応が返ってくるようにすることが、目標となるかもしれません。

他のブログ、ランキング上位のブログを参考に、そこに書かれているコメントをまず見て下さいね。
そして「どうしたらコメントを書いてもらえるブログにできるのか」これを考えましょう。

って私もやらなきゃ〜。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気