|―ブログのコツ

2015年08月01日

読み手を信じると、伝わりやすくなる

何気なく友人と話していたときにそれ面白いからブログに書いたらいいのに、と伝えたら「こんなんでいいの?」との返事。

自分だけで考えているとなかなか視点って広がりにくいかもしれませんね。


このレベルの話題では・・・
仕事とは関係ないような・・・
これで面白いと感じてもらえるかどうか・・・

などと判断が入ると、余計に普段の枠から出られずに、冒険しようとしなくなってしまうかなぁ。

どこに基準を置いて内容を書かないといけないかという正解はないんですけどね。

また、どんな話題を面白いと感じるか人それぞれ。

だから読み手の感性を信頼し、こうあるべきかもという判断を入れて書くより、自分のアンテナに引っかかったものを素直に書いたほうが、読み手の心に響くのではないでしょうか。

実際のコーチングなんかでも同じように、工務店さんのお話を聞かせてもらい、「それ面白いからもっと書いてほしい」とリクエストすることたくさんあります。

誰でもたくさんネタは持っている、というのは色んな方とお話させてもらっての実感です。

ただそれを表現したり、情報の整理がなされてないだけ。

書けないと言っていても、これまで書く回数が少なく練習量が少ないだけで、能力の問題ではないですよねぇ。

自信がないと書く気力もわいてこないというお声もありますが、自信より大事なことは読み手の感性を信じることかもしれないな、とこの頃強く感じてます。

自分に対しても相手に対しても、誰かを信じる気持ちって、思うよりずっと伝わりますから。

内容よりも、そっちのほうが大事かもしれませんね。

かくいう私も日々試行錯誤のブログであります。

上手く書こうとかそんな気はなく、一人でも多くの工務店さんに楽しんでもらいたいなぁ、ちょっとでも心が軽くなるお手伝いできればいいなぁと思いながら書いてます。

気負わず無理せず、自分も楽しむ。

そのほうが長続きし、視点も広げやすいでしょう。

そしてあんまりアレコレ頭でっかちに考え冒険を忘れてしまわないよう、読み手を信じましょ

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします


2014年06月28日

運を上げるのも、反応を上げるのも、同じ法則があるよ

先日「もっと運気を上げたいんだけどなぁ」という声を聞くことがありました。

 

ブログやSNSで発信しても反応が思うように返ってこない、というのはよく聞くお悩み。

 

さてこの両方に通じる共通した法則って、なんだかおわかりになりますか?

 

それは、ほしいものは自分から先に出さないと返ってこない、という宇宙の法則。

 

どうやって自分から情報を発信するか、なにを発信するかも大事ですが、どうやって他人から受け取るかというのが最も大事かもしれません。

 

例えば何か買い物したときのレジでの自分の対応。

 

帰宅したときに話しかけてくれる家族への対応。

 

こうして日頃の生活の中で誰かと接する機会って、実はすべて「受け取る場」なんだって意識してますか??

 

不愛想だったりぶっきらぼうな応対をしていたり、話を適当に聞き流したり、最後まで聞かずに一方的な自分の意見をぶつけたり、していませんか??

 

 

受け取るというのは情報のみならず相手の好意とか行為のことで、幅広く日常にあふれています。

 

自分が発信する同じ媒体で、他の人へのコメントを書くことや感想を言う、それなら受け取るという意味はわかりやすいですよね。

 

でもそれ以外、「受け取る場」って意識しなくても実に毎日たくさんあるんですよぉ。

 

そのたくさんの機会に、自分がどういう姿勢で受け取ってきたのか振り返ると、思うように返ってこないのは、それだけ受け取り方がよろしくなかったかもしれない。

そう、気づいちゃうかも??

 

 

運を上げるのも一緒で、日頃身の回りの受け取る機会に感謝で表現するより、批判や悪口、愚痴・怒り・無関心などのネガティブな表現の方が多ければ、出したものが返ってくる法則によって、当然返ってくるものもそうなるんですよね。

 


発信するなど、自分が何か
出すということについては、その方法や手段など実に教えてくれるものがあふれています。

 

でも受け取る、受信については案外無頓着とか、金払うのはこっち、自分の方が先輩だ、などを理由に、上達する意識の薄い人も多いような・・・・

 

あるいはたいして考えず、意識もせずに「受け取る」ことをしている場合も多いでしょうか。

 

 

一流の人ほど腰が低い、本当のお金持ちほど周囲への気配りがすごいとはよく言われること。

 

それってまさに受け取る場の自分の姿勢や言動に気をつけている現れ。

 

仕事でも人生でも、実は受取り上手になるのが一番の成幸への近道なのだろうと思います。

 

 

私は一流でも金持ちでもないけれど、誰かと接した時の自分の口から発する言葉、雰囲気、姿勢で彼らを真似できることはしたいし、目下精進中。

 

日々反省だらけではありますが、運は良いほうかなぁ。

 

まだまだ受け取ることに磨きをかけ続け、お天道様からの応援をいただけるよう、今、目の前の人に、出来事に、自分ができる最大限のことをしたいものです。

 

 

 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆    


2013年08月03日

全国の住宅リフォーム支援制度が検索しやすくなりました

住宅リフォーム支援制度バナー平成25年度版 地方公共団体における住宅リフォームに関する支援制度検索サイト」が、住宅リフォーム推進協議会のホームページに掲載されています。

 

全国地図から自分の住む市町村を簡単に検索できるので便利ですね。

 

これを逆に、市町村のホームページから住宅に関する補助金制度のページを探そうとするともっと手間がかかるかな。

 

試しに広島市を検索すると、「住まいのアドバイザー派遣」なんてのもやっていることがわかりました。

市が発行する新聞に掲載されていたかもしれませんが、補助の一部だけあっちこっちバラバラに掲載されても把握しきれませんねぇ。

 

やはりこういう検索機能はあると便利です。

ぜひ自社のブログやホームページにリンクしてあげてください。

 

バナーが貼りやすいように検索ボタンの画像を配布してくれるといいのですが、まだそこまで気が回らないようで・・・・(´;ω;`)

 

それにしてもこの「住宅リフォーム支援制度」というネーミング、いまいち何を支援してくれるのか初めて聞いた人にはピンと来ない気がしますね。

 

補助金・支援制度にした方が、クリックしてみる気になるのでは。。。。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2013年02月07日

義務感や正義感から卒業すると、楽しんで続けられる

肩に力が入ってたかも、とご自身のブログを振り返った大工さんからメッセージをいただきました。

気持ちを伝えて下さり、ありがとうございます。

 

日頃の現場仕事はきっちり・かっちりやらないといけないでしょうが、情報発信においてはまず自分が楽しんで

現場じゃないのできっちり納める必要ないし(笑)、「う〜ん、どうしよう」とか「へぇ」とか、とりとめないこと書いても全然オッケーだと思います。

 

一番大なのは、自分がどうして発信しようと思ったのかその「意図」がなにか、なんですよねぇ。

 

内容がいくら素晴らしく、文法も完璧で、誤字脱字もなく、レイアウトもセンスあって、面白いことも書いてあるとしても、

自分の正しさを証明したいのか、

人から賞賛されたいのか、

なにかに依存しているのか、

寂しさを紛らわしたいのか、

特別な自分のセンスをアピールしたいのか、

こういったことは、記事が増えれば増えるほど相手になんとなく伝わってしまいます。

 

特に技術的なことを書くときは、正しさの証明になり過ぎないか、注意が必要ではないでしょうか。

 

これしかない、というような表現ではなく、たくさんある選択肢の中からなぜ自分はこれを採用したのか、そのメリット、デメリットはなにか、という表現にしないと、説明が長くなるほど「これが絶対なんだよ、正しいんだよ、どーだー」という雰囲気が漂い、読み手はさぞ疲れるでしょうね。

 

 

そういう表現に偏る人も多いので、消費者が選択に迷うという現状を生み出しているとも言えるでしょう。

 

 

ブログ、ホームページ、ツイッター、フェイスブックなどで発信するときは、そもそも自分はどんな「意図」でそれを発信したいのか、ご確認ください。

 

その「意図」の中に自分が楽しむため、というのが入っていると、読んでくれた相手にも楽しさが伝わり、それはおもてなしにもなるかなぁと思います。

 

 

私たちは子供の時から社会に出るまで長らく、正しくあるべき、1つの正解を追い求めるべきと、自分の望みを探るよりも与えられた答えに向かって邁進することを良しとされた教育という洗脳に染まってきました。

 

大人になってもその習慣から抜けられず、正しいことや正確な情報を伝えなければいけない、などのような「○○すべき、しないといけない」という「意図」の強い方はたくさんいらっしゃいます。

 

そんな義務感の強いたくさんの人の「意図」が育んだ今の社会を見れば、もうちょっと楽しんでもいいんじゃないかと思うのですが・・・・

 

楽しいことは続けたくなるし、楽しいところに人は集まりますしね。

 

義務感や正義感からは卒業し、リラックスして人生おおいに楽しみましょ♪

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2012年10月06日

アメブロ削除問題について

アメブロでブログを開設している人の間で最近なにかと話題のブログ削除

ある日突然削除されるなんてこともあるようです。

 

商用利用が禁止のため、そのせいで削除される可能性も大きいわけですが、商用利用の範疇が難しいですね。

単に日記程度の内容だとしても、工務店という商売をしている人が書いた記事に商用利用が含まれるか否か。

その線引きがよくわかりません。

 

また、イベントやセミナーの案内は完全にアウトらしいです。

 

いまのところ周辺でブログが削除されたという話は耳に入っていませんが、アメブロを使っている方はどうかご注意ください。

 

記事は必ずバックアップしてくださいね。

これはアメブロに限りませんよぉ。

 

私はワードで記事を書き、それを保存してからライブドアのブログ管理画面でコピペして記事をUPしています。

ブログ記事を月別にワードファイルとして保存し、またそれをEvernoteにも保存しておき二重にバックアップ。

 

ライブドアブログ機能に支障が出た場合のために自分のパソコンにバックアップ。

自分のパソコンに支障が出た場合にも備えてオンライン上のサーバにさらにバックアップ。

それでもデータが飛んだ場合はしょうがないですが、自分なりのバックアップ方法を確立させ、それを習慣づけるのは大事なことだと思います。

手間はかかるけど、費用がかからない方法はいくらでもありますしね。

 

アメブロに限らず、どこの会社のブログサービス利用にもメリットとデメリット、リスクはあります。

 

インターネットの世界は動きが早いですし、今のはやりが今後10年も同じ状態で続くとは考えられないと思っておいたほうがいいかもしれません。

 

その上でなんのためにブログを開設するのか、という初心を忘れずに続け、デメリットやリスクに備えた習慣を身につけておくと安心ですね。

 

 

アメブロをやめて他のブログサービスを利用する、あるいは独自ドメインで新たに立ち上げるなどの対処方法がありますが、これもまたこれだから確実で絶対と言い切れるとも限りません。

 

ご相談にはいつでも乗りますがどういう対策を選択するかは自分で決め、常に流れを見ながらリスク管理をしてくださいね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2012年08月09日

自分の心の状態を反映したお客さまにしか出会えない

ネタに困るんだよねぇ。

 

ブログなどの発信を続けているとネタに困り億劫になり、やがて面白くなくなるという声を聞きます。

 

そういう時は、ネタ+それに付随する家事の実践レポートを書いてみることをススメています。

 

例えば近頃流行っている内窓。

商品や工事の事例などの紹介の記事を1つ書いたら、次は実際に掃除してみて、内窓を取り付ける前と後との掃除の違いを比較し、感想を記事にまとめる。

 

感想が長くなれば記事は数回に分ければいいし、細かい部分を拡大した写真を掲載するなどして、記事のボリュームがあるように見せるのも手ですよね。

 

技術者や職人の目線での家事レポートは、とてもウケがいいんです。

 

主婦目線とはまた違った視点が垣間見えたり、主婦の苦労に共感するところが見えれば、記事の読み手が親近感を覚えるからでしょう。

 

 

せっかく情報発信が継続できるのなら考え方を柔軟にしないと、楽しみながら続けるのは難しくなっちゃいますよぉ。

1つの事柄について1記事を書くよりも、1つの事柄に付随したことを探し、それをネタとして記事を複数書くなど工夫してくださいね。

 

考えや意見を書くよりも、自分が実際にしたことは記事にまとめやすいと思うので、ネタが・・・・と思ったらなにか実践できることを探してレポートしてみてはいかがでしょうか。

 

料理のレポートでも、単にどう調理したかにとどまらず、キッチンの使い勝手や気づきをプラスして。

そのプラスがあれば、料理ネタが多くなっても自分の視点は伝えられますよね。

 

しんどいな、という気持ちが大きくなったら、無理にこれまでと同じようにせず、軽く書けるネタにして少し休息を取ってくださ〜い。

書き手の心情はどう誤魔化しても伝わってしまうので、くれぐれも無理はしないでほしいです。

 

無理をしたり、義務感や正義感が前面に出ると、そういうお客さまを惹きつけます。

 

楽しんで、愛情いっぱいを前面に出せば、やはりそういうお客さまが惹きつけられます。

 

自分の心の状態を反映したお客さまにしか出会えないですから、どんなお客さまに出会いたいかしっかり認識し、そのお客さまに出会えるような心の状態で、情報発信を続けたいですね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2011年12月01日

スタッフブログはやらされ感が伝わらないように・・・

社長の自分だけじゃなく、スタッフにブログをやらせるのはどうですか。

そう質問されることがあります。

受注につながるか、問い合わせが増えるか、ということを期待されてのことでしょう。

この手の質問がくると大丈夫かなと心配になります。
AをやればBという結果が出るという発想なのかな?と。
そして目的が明確になってないから、○○すれば正解だよね?と正解を求めちゃうのでしょう。

もしスタッフにやってもらうにしても、ただ「やれ」と言っても続かないでしょうから、なんのためにやるのか目的を明確にしておくことが先決ですよね。

受注とか問い合わせとか、いきなり遠いゴールを設定されても、これまたしんどいので、少しずつ目標をステップアップしていくといいのでは?

仕事なんだからやるからには結果を出して当たり前とばかりに、いきなり高いハードルを設定しても離職率が高くなるだけで、まるでスタッフがコロコロ変わるのを宣伝するかのようなブログになっては元も子もない。

だからスタッフブログは、離職率が高い会社にはオススメできません。

情報発信は内容も大事だけど、発信者の信頼も大事ですから、その発信者が安定して在籍しているという点もPRになると思います。

 

そしておそらく、お客さまが施工業者選びのためにネット上で発信された内容を見るときに、スタッフブログがあれば、社長とスタッフの人間関係の良さを察するはずです。

 

これは書かされてるな、検閲されてるな、という匂いは客観的な読み手のほうが嗅ぎ取るもの。

 

やらされ感は本人が思う以上に相手に伝わるので、注意したほうがいいですね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2011年10月15日

自分でバナーを作り、ブログに貼り付ける方法

時々こうしてブログにバナーを貼って、イベント案内をお知らせしています。

 

「そうやってバナーを貼るのをどうしたらいいのか」 とご質問いただきましたので、簡単な方法をお伝えしますね。

 

Button Makerバナー工房という無料でバナーが作成できるサイトで、簡単にバナーが作れます。

 

有料で素敵なバナーを専門の制作会社に作成してもらうのもいいですよね。

 

私は基本、無料でできることはまず無料でやってみて、有料でやる意味を見出してから、その道のプロに頼むことにしています。

いきなり有料でお願いすると過度な期待を抱きがちですから。

 

多少の苦労や限界を知り、プロに頼む際、お互い気持ちよく仕事ができるようにありたいものです。

 

さて、そうやって作ったバナーを貼り付けるには、バナーをクリックした際、見てほしいサイトが表示されるように設定しないといけません。

 

それには、HTMLという言語でそういう設定をしなくていけません。

難しく感じるかもしれませんが、それも無料でバナー工房の「HTMLタグ発行」というページを使えば簡単にできますよ。

 

その前に、作ったバナー画像をブログに通常の写真のようにアップロードしておいてください。

 

アップロードすると、そのバナー画像にURLが自動で付きます。

 

その画像のURLを、こちらのバナー工房のページ上で、「バナーURL」という欄にコピー&ペーストしましょう。

 

そうしたら、「リンクURL」という欄に、見てほしいサイトのURLをこれまたコピー&ペーストで貼り付けます。

 

そうすると自動でHTMLのタグが表示されます。

それをそのままでブログ上の表示させたい箇所にコピー&ペーストすれば、バナーをクリックしたときに、見てほしいサイトが表示されるようになります。

 

慣れれば難しくないと思いますよぉ。

 

ブログを多少自分でカスタマイズするにはHTMLがわかるといいのですが、私もプログラムの専門家ではないので、そこはこうした無料のサイトを活用し、できる範囲でやることにしています。

 

 

詳しいことがわからなくても、原理がわかるとパソコンのこうした操作もそれほど億劫に感じなくなるのではないかなぁ。

 

仕事でパソコン操作をかつて教えたことがありますが、操作で詰まる人を見ると、操作そのものを全部覚えようとしてしまっていました。

 

携帯電話の機能が目まぐるしく変わるように、パソコンのソフトも日々進化しています。

それにより操作方法も手順が変わりますから、それを逐一覚えるのは無理がありますよねぇ。

 

全体の仕組みを体で覚え、細かい操作はできるだけ自動化された今回紹介したようなサイトを活用することで、操作への苦手意識を持たないようにしてほしいです。

 

このへんの細かいことも相談受け付けてますのでお気軽に。

操作についても支援してますよぉ。

ただいまアメブロにてブログ開設されている工務店さんを、設定と操作の段階から支援中。

アメブロは管理画面がわかりにくく、元々操作が苦手な人には慣れるまでちょっと時間がかかりそう・・・・

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


2011年08月30日

お客さまと信頼関係の下地を作るために、プロフィールを書きましょう

最近特に、工務店や職人さんにプロフィールを書いて、ブログやホームページに掲載することをススメています。

 

商品説明ならたくさん書いても、自分のこととなると口が重くなってしまう人が多いのは残念。

そこから脱して、自分をありのままに表現することに抵抗がなくなれば、「あなたに会いたい」とお客さまから言ってもらえる機会は確実に増えますよぉ。

 

書いたけど、どう?と見せてもらうと、まだまだ商品や工法のことを中心に書いているケースもあります。

 

気をつけてほしいのは、プロフィール全体の比率として商品や工法など目に見える部分が多いと、いくらそれを選定した理由を書いても、それがお客さまの印象に残りにくくなってしまうという点。

 

そして、目に見える部分については簡単にインターネットで検索され、あらゆる角度から比較されやすい点。

 

「比較されたくない」と言いつつ、比較されやすい情報を中心に提供していては、本末転倒です。

 

さらに間違った解釈をすると、「じゃあ差別化だ、付加価値だ」と、キャンペーンを企画したり、おまけを付けたりと、方向がどんどんずれていくことも。。。。

 

 

同じ工法の同業者がいようと、

同じ材料を使う同業者がいようと、

同じデザインで建てる同業者がいようと、

 

あなたという人は、この世に一人しかいません。

誰もがみんな今の道に至るにストーリーがあり、それなりの艱難辛苦を越えてきたことでしょう。

 

その部分をプロフィールに盛り込むと、あなたにしか書けない内容になるはずです。

 

それをぜひ書いてほしいのです。

 

たいした経歴じゃない、それほどの資格はない、と反論されることも多いのですが、

 

たいそうな経歴で、すごい資格を持っている人に多くのお客さまが魅了されるなら、そういう人しか残れなくなっているのでは??

 

実際はそんなことないですよね。

たいそうな経歴でも仕事にあぶれてたり、カツカツな業者も、いらっしゃいますしねぇ。

 

 

 

プロフィールは商品・工法・技術・性能といった目に見えることよりも、

自分の歩んできた道のり、なぜこの仕事に携わり、どうしていきたいのか、に比重を置いて書いてくださいね。

 

問い合わせも、「あなたに会いたい」と言われる場合と、商品・工法・技術・性能について何か聞かれる場合とでは、その後は大きく変わります。

 

「あなたに会いたい」と言われる場合は、信頼関係の下地ができた状態ですから、会ってからイメージが崩れなければ、高い確率で受注につながるでしょう。

 

商品・工法・技術・性能について何か聞かれる場合は、お客さまが満足する答えをするまで、あるいは納得してもらうまで話しに付き合っても、受注につながる可能性は半々かそれより低くなるでしょう。

最悪は「おたくより、あっちが安かったからあっちに決めました」と断られます。

 

だから、目に見える部分についてことしか書かないのはリスクが大きいのです。

 

散々話につき合わされ、

見積もりもやってあげ、

それも何回も手直しさせれ、

挙句断れるような苦労を何回も味わうより、

自分の人生をプロフィールに落とし込む方が、ずっと楽でしょ??

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2011年08月04日

写真はエネルギーを感じさせるものを掲載しましょう

ブログやホームページに自分の写真を掲載されてない工務店さんが、まだまだいらっしゃいます。

 

証明写真のように、真正面から撮ったものでなくていいです。

プロフィールとして固定した位置に掲載に抵抗があるなら、動いているときのスナップ写真をところどころに掲載するように、してください。

 

動いているとき=エネルギーを感じる

 

バイタリティを感じさせるような写真といいましょうか。

そういうのが望ましいですよ。

 

ネット経由で問い合わせや資料請求がほしいなら、自分が実在していることをあますことなく、お客さまに感じてもらってください。

 

なぜなら、人間もエネルギー体なので、エネルギーの感じないものからは、なにかをしようと行動を起こすことはない、からです。

 

愛車に名前を付けるオーナーも、

人形で擬人化して遊ぶ子供も、

 

対象からエネルギーを感じたいからそうしてます。

 

だからネットでPRする場合、内容も大事ですが、「いかにここから、エネルギーを感じてもらえるか」という視点をお忘れなく。

 

現場も、職人さんが作業しているときに撮る

スタッフも、話したり作業しているときを撮る

 

など、動きのあるときがシャッターチャンスです。

 

はっきり顔が写るのが嫌なら、なんとなく分かる程度で、動きのあるものを掲載しておきましょう。

 

ポイントは、顔かたちよりもエネルギーが感じられるかどうか、ですよぉ。

 

人は、自分よりエネルギーのある人に惹かれる傾向にありますから〜

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2011年07月05日

簡単に無料でできる動画作成サイトを活用しよう

ブログ仲間からこんなサイトがあることを教わりました。

 

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー

 

やってみたら、ホントに簡単に作れました。

 

ブログと似てるかなぁ。テンプレートを選び、見せたい写真をアップし、コメント欄に文字制限内でキャッチコピーを記入すれば完成です。

 

無料版と有料版があり、無料版ではブログ掲載はできても、you tubeへのアップができません。

 

ブログ掲載だけでも、視覚的なインパクトはこれでも大きいと思うので、まずは無料版で慣れると良さそうです。

 

見学会や内覧会、イベントの案内に使うには充分じゃないでしょうか。

 

 

ちなみにこのサイト、以前はもっと複雑だったのか動画作成に時間がかかり、ブログ掲載も有料だったらしいですよ。

 

巷には動画作成ソフトはたくさん売られてます。

パソコン操作に慣れてらっしゃる方なら、そちらのほうがいいかも。

 

自分で編集までは無理だけど、動画で見せたい方なら、こちらのコマーシャライザーは簡単&便利。

ぜひご活用ください。

 

私もサクッと作ってみましたぁ。↓(再生ボタンをクリック *注意:音が出ます)

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方は
こちらからお願いします☆


ポチッと↑LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2011年03月10日

ブログで情報をためてからホームページ制作へ

無料でホームページが作れるサービス、Jimdoで私も自分のを作ってみてから、やってみようかな。。。という仲間が増えました。

 

その一人、ブログ仲間の桜井材木さんが、自分で作成したよと報告をくださいました。

ありがとうございます。

 

「まだまだコンテンツが少ないので、これからこつこつと増やしていく予定です。

今までずっとブログを続けていたので、jimdoの操作はすんなりと憶えることができました。
ブログにアップしていた、
たくさんの画像の中から選んで施工事例を作ってみたり、とても楽しいです。
とても使いやすいサービスですね。

まずはブログで自分で操作をおぼえて、
情報がたまってきたらjimdoでホームページを作り公開してみるという流れは、僕たちのような地場の工務店にとってとてもメリットがあることだと感じました。」

 

そうなんですよ。

ブログを立ち上げ情報をためてから、自分でホームページ作成、内容を充実させ、自力での限界を感じたら、その時はプロに頼むことを検討し、ホームページの再構築。

 

そんな流れが、精神的かつ経済的に無理のない流れかなと思います。

 

いきなりホームページ制作会社に頼んでも、自分で内容を生み出す苦労をしていないと、過度な期待を抱き、たいてい業者とモメることになりますから、オススメしません。

 

自分のお客さまではないからといって、関わる人に不快な思いをさせると、後々自分の首を絞めることにもなりますしね。

 

大変かもしれませんが、生みの苦しみは敢えて味わいつつ、楽しみを見つけながら、ホームページ充実をしてほしいで〜す。

 

 

他にも、フリーランス仲間が現在Jimdoでホームページ制作中。

私のに感化されたそうなので、嬉しいですねぇ。

 

ブログ、ホームページ、TwitterFacebookと、無料でできる情報発信は充実さを増すばかり。

 

ビルダー・工務店さんにはまずブログ開設をススメてます。

その次がホームページ。

そこまでは必須と思ってください。

 

TwitterFacebookは余裕ができたらで。

無理しないでやってみてくださいね。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2011年01月06日

ブログにメールフォームを設置する方法

ブログに問い合わせ用のメールフォームを設置する相談がありました。

 

その方は私と同じライブドアブログのご利用でしたので、同じ方法をお伝えしたのですが、どうも設置が上手くいかないようで・・・

 

FC2メールフォームという無料のメールフォームサービスを私は使っています。

こちらは5つのメールフォームまで無料で作成できます。

1つ1つのフォームにURLが自動で生成されますので、そのURLをコピー&貼り付けすればリンクも簡単。

 

ただし、バナーからリンクを飛ばしたい場合のHTMLは、自分で設定する必要アリ。

その場合は、やはり無料でHTMLを自動生成してくれるこちらのサイトを使っています。

 

(HTMLについての説明はこちらをご覧下さい。

自分でHTMLを作る必要はないでしょうが、理論をある程度知っておくといいと思います。)

 

バナーも無料で作れるサイトがあります。

もしくは、バナー画像を無料で提供してくれるサイトも便利。

 

こうした無料で使えるサービスをフルに活用して、私も自分のブログの左右のコーナーを装飾しています。

 

先のご相談者はこれでは上手くいかなかったので、ブログに設置するのに簡単な「フリーで使えるメールフォーム ブログパーツ」をご紹介しました。

 

送信したいメールアドレス先を入力し、自動でメールフォームのHTMLが作成されます。

それをそのままコピーして、ブログの設定欄に貼り付けするだけ。

 

ブログにはやはり問い合わせしやすいようなメールフォームへのリンクがないと、問い合わせ増加につながらないですよね。

 

無料でいろいろできるサイトは数あれど、それをどう組み合わせて使うのかは、慣れないと難しく感じるかもしれません。

ブログサービスの提供会社によって、設置方法は異なりますので、提供会社のヘルプ機能で確認もお忘れなく。

 

なんとか設置が上手くできてほしいなぁ。。。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!




2010年12月16日

結果を出したいなら、自分に優しい方法で

ブログの運営でお悩みのビルダーさんから、こんな言葉が出てきました。

 

「完成度が高くなければ公開するべきではない」

「やるからには結果を出さねばならない」

 

その気持はわかるのですが、完成度が高いとは具体的にどういう状態なのか。

結果とはなにか。

 

その基準があるような、ないような・・・

 

なんとなく自分の中で「これではダメだ」と感じるようですが、何がどうダメなのかは、ご自身でも説明できないようです。

 

 

やるからには結果を出したい、出さねば意味はない。

 

と、完璧を求める気持が強いタイプの人の場合、結果に執着して行動に移せないジレンマに陥るパターンが多いようです。

 

そのクセをなくしたほうが良くても、言ってすぐできるならそうはなってませんから、無理に抑えることはないでしょう。

 

そういうタイプの人に私がススメるのは、結果に執着する気持が湧きあがったら、

 

「結果とは、具体的になんだろう?」と、まずその基準を自分で決めてみてください。

 

それもできるだけ、基準値を下げて。

 

例えばブログなら、知り合いでもいいからコメントのやり取りをする、と決めたとします。

 

反響がないと意味がないと思う気持ちの、その「反響」をイコール受注と基準値を上げるとしんどくなります。

 

でもコメントのやり取りなら、なんとかなるでしょう。

 

それがクリアできたら、次の基準値を決め、またクリアする。

 

そういう小さい基準を何段階もクリアし、ようやく問い合わせにつながり、そのお客さまと対面でき、受注へとつながります。

 

最初から基準値を受注にすると、そりゃあ難しいし、なにより精神的に負荷がかかり過ぎ。

 

自分で自分に敢えて過酷な負荷をかけ、できそうにもない状態に追い込むようなことは、しないほうがいい。

 

それで自信を失って行動が続かなくなったら、次になにか行動に移そうとしても、気分良くできないでしょうから。

 

高い目標を掲げ、根性でそれを達成することも、その方法が好きならいいけれど、できることから始め、徐々にレベルを上げ着実に歩むことも、試してみてはいかがでしょう。

 

結果を出す方法はひとつではありません。

 

またなにが結果なのかを決めるのは、自分です。

 

他人の基準に合わせたり、基準を上げ過ぎ、わざわざしんどい思いをするなんて、返って遠回りではないでしょうか。

 

自分に厳しいのは立派かもしれませんが、自分にやってることは、他人にもやります。

 

他人にやることは、数倍になってまた自分に跳ね返る。

 

ならば同じ結果を出すにしても、自分に優しい方法を選びましょ。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2010年08月28日

自分の「情報受け取り感覚タイプ」を知ってますか?

東京から友人が用事で名古屋に来るというので、久々に再会を楽しんできました。

 

また互いの近況を色々話し、これからの方向性や方策についても語ることができ、充実した時間を過ごせました。

(Oさん、Fちゃんありがとう♪)

 

このときブログの話題が出たので、今日はそれをシェアをしたいと思います。

 

友人はこれから自分自身をPRしながら、やりたいことを進めていく予定です。

自分がどういう人で、なんのためにやるのか表現するには、ブログを続けたほうがいいとわかっている。

でも現実なかなかできない。

 

こういうケースはよくあるかもしれません。

 

なぜ続けた方が良いとわかっていても、できないか。

 

同じような話題が出るたびに私が伝えることは、自分の「情報受け取り感覚タイプ」をまず知ったほうがいい。

その上でどうしたらいいか具体策を考えると、案外苦手意識が和らぎますよ。

 

以前も紹介したことがありますが、「情報受け取り感覚タイプ」には大きく

 

視覚タイプ

聴覚型タイプ

体感覚タイプ

 

の3つが挙げられます。

 

自分がどのタイプが強いかは、こちらのサイトで診断できますからぜひやってみてください。

みんなどのタイプも持っているけれど、どの順で強いかは異なってきます。

 

 

ブログを書くことに精神的負担を大きく感じるタイプは、体感覚タイプの人だろうと思います。

 

なぜなら、身体を使って表現したり覚えるのが得意なタイプなので、ブログを書く、文章で表現するのとは少し違うアプローチなんですよね。

 

私の友人も、このタイプかと思われました。

 

このタイプでどうしてもブログという表現手段を取り入れたい場合、同じタイプで既にブログを書いている人を探すと良いでしょう。

 

ゼロから考えても辛いばかりでしょうから、先駆者に学ぶのです。

 

それと真似したい言葉、素敵だと思うレイアウトなど、自分の感覚で良いと思うものがあればメモや写メして、溜めてみましょう。

 

身体での表現は天性の才で充分ですから、それ以外の表現方法は真似から始めてくださいね。

それを積み重ねれば、すんなり言葉で表現したいようにできる時が来ますから。

 

体感覚タイプさんはブログだけ見れば、他のタイプの人がすんなりできていることが自分にできないと、イライラするかもしれません。

でも狭い視点で自分を責めても、心が痛いし辛いだけ。

 

お客さまと会えるまでは言葉でPRしないといけないかもしれませんが、会えればお得意の体感覚を活かし、自然体で魅了できるのではないでしょうか。

 

人はそれぞれ違った個性がありますし、それには良いも悪いもありませんよね。

 

自分を知って、できるだけストレスがかからないような策を見つけ、実行してください。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと ↓LOVEな応援よろしくお願いし まーす!


2010年07月01日

ただ継続するだけのではなく、その質も問われます

今日からもう7月ですね。

今年も後半が始まったなんて、早いなぁ・・・

 

さて、前回の記事にブログの継続についてコメントをお寄せいただきました。

開設したものの継続が難しい、とはよく聞かれる声でもあります。

 

その場合、たいてい「書きたい」より「書かなければいけない」という気持ちが、強くなっているのかもしれません。

 

なにごとも、楽しくなければ続きませんよぉ。

 

楽しみ<義務感

楽しみ>義務感

 

になっているか、ご自身の気持ちを確認してみましょう。

 

もし義務感のほうが強くなっているなら、なぜそのように感じるのか自分の気持ちを分析してみてください。

 

「毎日書かねばいけない」

「いまどきブログくらいやっておかないといけない」

「書けと言われたからやってるだけ」

「ネタがなくこれ以上つらい」

 

挙げればこのように色々出てくるでしょうから、まずはその気持ちを素直に認めてあげてくださいね。

解決は認めてから、です。

ネガティブな気持ちがどれだけあっても、それを認めてあげること。

そうじゃないと、気持ちを逆向きのポジティブ方向へベクトルを動かせませんから。

 

認めた上で、次にどうやったらその義務感を解放しながら、目的を果たせるのか考えてみましょう。

そもそもブログをなんのために開設したのか、始めに目的を考えて開設しましたか??

 

目的があって開設したなら、その目的を遂げる方法をブログ以外で探してみてはいかがでしょう。

 

ブログは自分で定めた目的を遂行するための手段と捉えるなら、手段は他に置き換えてもいいと思います。

いまはTwitterもありますから、文字数も少ないほうが気が楽ならTwitterだけの発信にするとか。

 

義務感という重荷を抱えたまま何かを続けても、苦痛を増やすだけで、そこからは明るい結果を生み出さないです。

 

だから楽しむ気持ちより辛かったり義務感が上回ったら、立ち止まって今自分がどんな状態にいるのか見つめ直したほうがいいですね。

 

楽しいことに根性をプラスして続けるならいいのですが、辛いことを根性だけで続けても、心がカサカサになってしまいます。

 

心がカサカサのまま仕事を続ければ周囲にまでカサカサは伝播し、笑う門には福来るの逆で福じゃないものがめぐりめぐってきちゃいます。

 

確かにブログも継続することが望ましいけれど、その質も大事ですよね。

 

どんなこともどうしてそれをするのか、どんな心の状態でするのかということも、考えたいものです。

なぜならあなたの心の状態は、いくら隠そうとしたって人には必ず伝わってしまうものですから。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2010年06月29日

お悩みも仕訳してから解決法を考えてください

ブログに関するご相談を、とある工務店さんからいただきました。

 

お話をうかがってみると、お悩みの本質が捉えられていないご様子。

というのも、操作についての悩みなのか、記事の内容についての悩みなのか、ご自身で把握されていないようです。

 

事業仕訳が話題になりましたが、悩みにも仕訳って必要かもしれません。

 

なんかうまくいかないと漠然と悩んでいると、解決までの道のりを遠く感じ精神的にしんどくなるでしょうから。

 

それを仕訳していくと、細分化された悩みの一つ一つを解決できる方法を探していけばいいだけなので、訳もなく遠い道のりを不安に思う気持ちは減らせるでしょう。

 

前述のお悩みの場合、操作についてわかりにくいなら、ブログサービスを提供している会社のホームページに説明が掲載されているのをよく読む。

 

同じサービス会社を使っている友人・知人に聞く。

 

本屋でマニュアル本を探す。

 

記事の内容について悩むなら、他の工務店ブログをたくさん読む。

 

自分がお客さんの立場だったら何を知りたいか想像して書く。

 

周囲の友人・知人らに住まいについて疑問や悩みをヒアリングし、その回答を自分なりに書く。

 

本屋で住まいづくりについて書かれた本や雑誌を探し、参考にする。

 

こうして仕訳された悩みの解決方法を1つずつクリアにしていくだけでも、けっこう時間がかかります。

 

やみくもに悩んでいる時間があるなら、まず何かをやってみてくださいね。

 

なんとなく悩んでいると、安易に「○○で集客できるブログになる」みたいなキャッチコピーに引きずられ、無駄なお金を投資しがちです。

 

これだけブログを開設している人口が増えると、お客さまが何か書き手となってブログを開設しているケースも多い。

そういう方々は、テクニックだけ追及しているブログを見抜きますよぉ。

またそういう噂が広まるのも早いですし。

 

 

テクニックだけに偏らず本質を追求するためにも、お悩みは仕訳してから解決法を考えてくださいネ。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2010年02月27日

「全国工務店ブログ広場」に登録されましたか?

今週はオリンピックのフィギュアスケートに沸いた1週間でしたねぇ。

真央ちゃんたちの演技にハラハラドキドキでした。


今回のオリンピックはネット上で競技の録画が見られるので、あとで何度でも気に入った演技を繰り返し見られます。

(何度見てもライサチェックはかっこいい・・・・ カルバンクラインのモデルみたいだ・・・)


さて、新建ハウジングさんが「全国工務店ブログ広場」という工務店のブログポータルサイト運営を開始されています。

もう300社以上登録されてるようですから、すごいなぁ。


工務店ブログのポータルサイトはこれまでになかったと思います。

お客さま向けに全国の数ある工務店の中から、自分の地元工務店の存在を知ってもらう、便利なサイトですよね。


どういう記事を書いたらいいか

どのくらいの頻度で

なにをどこまで書いていいか


などのブログに関するお悩みも、同業者のブログを参考にすれば、なんとなく答えがみつかるかもしれません。


あるいは気の合った仲間を見つけるのもいいでしょう。


記事の内容から同じような考えの人を見つけて、コメントし合う。


そこからリアルに会えるような関係になれば、心強い同業者仲間を得ることができそうです。


登録は無料なので、まだ登録されてなかったらぜひ登録してくださいネ


ブログポータルが出たということは新建さん、次はTwitterポータルですか?

つくり手の生の声をどんどん発信する仕掛け、作ってくださいね〜

期待してます☆


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


2009年12月10日

LOVEが満ちた再会とブログ

ひつまぶし先日、ブログ仲間のどんぐりさんにお会いしました。

愛知へ来る用事があったついでに、久々にお会いできることに・・・

私もまだまだ名古屋を知らず、たいしたご案内もできませんでしたが、せっかくなので「ひつまぶし」を一緒に食べました。

美味しかったぁ〜

 

よもやま話にも花が咲きましたよぉ。

どんぐりさんのブログは本業の材木以外にも、その行動力が発揮された色んな情報が掲載されています。

本業だけ掲載したほうが良いとの意見もあるようです。

これで十二分にお仕事にもつながっているのに、、、、

 

なぜ本業以外の内容もたくさんあるブログなのに仕事につながるのか、をわからない方々は多いかもしれませんね。

 

何度も私も言わせてもらっているように、書かれていることの裏に、書かれていないこと、書かなかったこと、書けなかったことを、読み手は敏感に察知しますよぉ。

そして読み手は、書き手の「人となり」をイメージしていくのです。

もちろん書いてあることからも、イメージします。

こうした一連のイメージ化を、たいてい人は無意識にやっています。

 

だから本業だけ書けば仕事につながるとか、本業以外もたくさん書けば仕事につながるとか、そう単純なことじゃありませんね。

どんなことを書いても書かなくても、あなたの「人となり」は読み手の第6感で敏感に嗅ぎ取られちゃいますからぁ。

 

何が書かれてあっても、どんぐりさんの自然や材木へのLOVEはブログに溢れています。

この世は類友の法則で回ってますから、LOVEにはLOVEが引き寄せられる。

それが結果的に仕事につながっているんですね。

 

見習うべきは何を書いているかよりも、どれだけLOVEが自分の心に満ちているか。

その本質がわからず、手法に頼って真似ても、同じ結果が得られずに地団駄を踏むことになっちゃいますよね。

ビジネス書はそっちばっかり啓蒙してますから、ご注意を。

 

どんぐりさん、LOVEをいっぱいありがとうございました。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援お願いします。


2009年11月26日

リフォーム見込み客のホンネ

新建ハウジング11月20日号(Vol.496)に、「リフォーム見込み客300人のホンネ リフォームの依頼先を決める際にここを重視しています」という特集がありました。

 

詳細は本誌をご覧いただくとして、ポイントを記しておきます。

 

情報開示の姿勢、7割が重視

 施工能力や品質管理能力、デザイン力や提案力といったリフォーム結果の良し悪しに直接関わる項目を重視する傾向が見られた。

 

若年層ほど「セカンドオピニオン」重視

インターネットを活用する層ほど、利害関係のない第三者のクチコミを信頼できる「セカンドオピニオン」として重視する傾向が見られる。

 

「料金」「アフター・保証」に高い関心

 「料金」「アフター」「施工事例」「専門知識・アドバイス」のコンテンツが際立って重視されていた。

これらの4つに情報ニーズは、住まい手のリフォーム施工者に対する期待の裏返し。

料金=コスト競争力、アフター=家守り力、施工事例=設計・施工力、専門知識・アドバイス=提案力・コミュニケーション力と読み替えることができる。

 

ブログ重視派は理念・ポリシーに共感

 ブログを重視するような「じっくり派」は理念・ポリシーに対して共感する傾向が強いと言え、工務店は追い風とできる。

 

自社のホームページやブログへの情報掲載時は、これらをポイントにしてくださいね。

 

私も何度も言わせてもらってますが、特に料金について目安となるような価格帯だけでも掲載することは必須です。

 

特にリフォームは、予算があらかじめ決まっているケースが多いでしょう。

だから目安の価格帯が記載されていないと、HPやブログからの問い合わせ率は減ってしまいますよ。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆

ポチッと↓LOVEな応援お願いします。


2009年10月10日

「信じる」→「決断する」→「行動する」で結果が出せる

夏に行ったブロガーセミナーに参加くださった方から、嬉しいご報告をいただきました。

ありがとうございます。

 

 

ブログを通したつながりから、お問い合わせを受けまして、この前の週末に、初顔合わせをしました。
最終的に契約に至るか…は分かりませんが、まずはご報告です。

今までもブログを経由したお客様は、何人もいらっしゃいましたが、ブロガーどうしのつながりからは、初めてになります。
(このお客様は、施主ブロガーさんです。)

ブログセミナーで学んだこと、また馬渕さんの誌上セミナーで学んだこと、そして、ブログを通した人とのつながりで学んだこと、さっそく効果が現れました!

4年近くもブログを続けてきたものの、正直なところ、その影響力を測りかねていた状態だったのですが、先日のセミナーに参加して、パッと視界が開けました。

ブログの双方向性を意識して、繋がりをつくり、その先にいる人を信じて・・・
私の中で、更新する際の意識が、明らかに変わりました。

馬渕さん、ビルダーナースさんには、感謝感謝です!
ありがとうございます!!

せっかくの良い話だったので、ご報告でした〜

 


良かったですね!!おめでとうございます♪

 

セミナー参加をきっかけに意識が変わり、行動が変わったのですね。

そうしたら当然、結果も変わってきますよね。

 

それを体感すると、いかに心の中に変革を起こすことが大事なのか、体で理解できるようになりますね。

私は常々、「信じる」→「決断する」→「行動する」

このサイクルが重要であると、考えます。

 

単に「行動する」だけでは、以前のこの方のように、「4年近くもブログを続けてきたものの、正直なところ、その影響力を測りかねていた状態だった」と、信用の伴わない行動となってしまいます。

 

せっかく行動しても、自らの行動の未来を信じられないとしたら、良い結果につながりそうもありません。

 

でも行動の先にある何かを信じることができたなら、ハツラツとした気分で取り掛かれるでしょう。

また、そういう気持ちで動けば周囲にも良い気分が伝染し、応援者も自然と増えていくものです。

 

信用せずとも行動するだけで気持ちも変化していくかもしれませんが、結果を出したいなら、行動したその先の未来を信じてからがいいと思います。

 

かくいう私も何か行動する前には、

 

信じるために、信じることのできる情報を集めます(本を読む、ネットで調べる、経験者に話を聞きに行くなど)

 ↓

行動することを決断します(氏神様に参拝、ブログで告知、家族・友人らに宣言など)

 ↓

実際に行動を開始します

 

やってみて失敗したらどうしよう、結果が出なかったらかっこ悪い。

そういう不安も時にはよぎりますよねぇ。

 

それでも、結果が出なかったら。。。と不安がるより、結果を出すんだと決断して臨むようにしています。

そのためにも、決断するというプロセスもとても大事だなと、経験から体感しました。

 

例えば、

「ブログを続けることで出会いの幅が広がり、仕事につながると信じています」

そう神社にお参りした時にでも、心の中で宣言してみてくださいね。

 

それだけでも、良い結果へとつながっていくはず。

 

氏神様へは、本来何かをお願いするために参拝するところではなく、感謝と宣言するために行くところだと言われてます。

 

私もこれを知ってから、どんな小さなことでも決断をするときは、近所の神社で感謝&宣言をするようになりました。

 

そうしたら不思議なことに、宣言した通りに結果が出始めたんですよ。

 

やみくもに行動するよりその前に心を決めることで、神様の応援もいただけるんだなぁ、と最近しみじみ感じます。

 

やみくもだと、どう応援していいか神様も迷っちゃうのかもしれませんよね。

 

周囲にも「この人なにがしたいんだろうと?」理解してもらえないかもしれません。

 

だから、「信じる」→「決断する」→「行動する」のサイクルで、みんなで望む結果を出しましょう♪


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援お願いします。


2009年09月05日

何を書いてもOK

何を書けばいいか、また何を書いたらいけないか

 

ブログの話題になると、決まってこのように質問されます。

 

これに答えるときの私の第一声は、お決まりのように「正解は存在しません。答えはありません」です。

 

なぜなら、長期間ブログを書いていれば、

 

何を書こうが

どれくらい書こうが

表現を工夫しようが

短かろうが長かろうが

上手かろうが下手だろうが

 

人間性は垣間見えてきますから。

 

結局は書いてあることより、書いてないことを読み取られ、人間性を判断されるんですね。

 

とある短い期間だけを見るなら、テクニックは有効かもしれません。

 

でも長期間になると、ほとんど通用しないでしょう。

 

書き手がポジティブか、ネガティブか

感情にどのくらい波があるのか

愛情がどれだけ深いか

その人の捉える世界は狭いか、広いか

どのくらいの交際範囲を持っているか

学ぼうとする姿勢があるのか

その人にとって大事なことはなにか

自分の書いていることに自信を持っているか

一緒に働く仲間に対して、感謝を抱いているかどうか

読み手の反応をどの程度気にしているのか

読み手を想って書いているのか、単に自己顕示欲で書いているのか

好きでブログを続けているかどうか

 

その全てが、書いてある内容がどうというより、ブログ全体から発せられるものとなります。

 

それを感じ取る感覚や、感性が人には備わっていて、理屈じゃ太刀打ちできません。

 

だからこそ書く内容に関しての正解はなく、書くあなた自身の人間性を高めることだけが、敢えていうなら正解です。

 

仕事の話でも、政治の話でも、芸能ネタでも、ギャンブルの話でも、ペットの話でも、なんでも書きたいことをどうぞお書きください。

 

何をどう取り繕ったところで、いずれ人間性はバレますから。

 

かくいう私もバレバレなのは百も承知です。

 

バレて恥ずかしかろうと、バカさ加減をさらけ出そうと、成長する努力を続けるほかありません。

今すぐバカを脱却できるわけもなく・・・・・

 

淡々と、自分が自分に課した課題を続けるのみでございます。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援お願いします。



2009年08月27日

自分のブログ、愛してますか??

このブログのヘッダーを変更してみました。

文字が入っただけのシンプルなヘッダーを、少し華やぎを加え制作してもらうことに・・・

ブログ仲間のオニオン・ウェブさんにお任せしました。

 

ヘッダー変更前(←変更前)


仲間がいると、こういうとき心強いですね。

自分だけの力じゃたいしたことはできませんが、仲間に助けを求めれば大概のことはなんとかなります。


今回もお陰さまでバージョンアップ成功です。オニオンウェブさん、ありがとうございます。

 


ブログを開設されているかたは、今回の私のように


ヘッダーをオリジナル制作するか、

ブログのテンプレートそのものをオリジナルで制作してもらうか、

 

などイメージ変更方法は、いくつかあります。

 

ヘッダー変更後(←変更後)


ホームページまでは運営しきれない、ブログで精一杯という場合は、一部でもオリジナルに変更すると、自社のイメージをアピールしやすいと思います。

 

特に無料サービス範囲内でのテンプレートに、コーポレートカラーがない場合、既成のテンプレート色だけでもコーポレートカラーに変更するといいですね。

 


名刺(←名刺)


私も名刺のイメージと、このブログがズレないように気をつけております。

(基本的に使う色は主がオレンジで、副がピンクと決めてます)

 

 

変更するのも、自分のパソコン操作レベルと予算に合わせ、段階を踏んでくださいませ。

 

見栄えにこだわっていきなり完成され過ぎたものを作っても、操作が追いつかないと結局更新が面倒になっていきますので。

 

住まいと一緒で、ホームページやブログも愛でながら少しずつ手を入れ、自分の身の丈に合わせながら、充実させていきましょう。

 

私はパソコン操作が好きなビルダーさん以外には、ホームページではなく無料ブログから始めることをススメています。

 

無料からはじめ、ある程度操作を体が覚えたら、プロに変更を加えてもらいながらオリジナル化をしていけば、ホームページまで作らずとも、それなりに体裁の整ったブログで充分魅力あるものができます。

 

不思議なもので、プロから見てSEOもデザインも内容もパーフェクトなホームページだったとしても、集客に至らない場合も意外に多いのです。

 

反対に、これじゃ開設しないほうがいいかもよ、というくらい素人臭さが出ているホームページで集客できたりします。

 

私もこれまで様々な事例を見て、絶対にこう作らないといけない、という法則はあってないようなもの だなと実感しています。

 

どれだけの理論も、日々仕事に取り組む姿勢や、生き様、情熱、想いを前にしては、お客さまの心に印象づけるにはインパクトが足りませんので。

 

人は「ほとばしる」「溢れ出てくる」ものを敏感に察知します。

 

いくら高額をかけてホームページやブログを作っても、そこに「ほとばしる」「溢れ出てくる」ものがなければ、効果は薄いんですね。

 

どうせお金をかけるなら、自分の中に「ほとばしる」「溢れ出てくる」ものを得るために、使ったほうがいいかも。。。

 

 

せっかく開設したホームページやブログは大事に手を入れ、自分の成長に合わせて修正・変更し、感謝を込めて永く愛してあげましょう♪

 

方法がわからなかったら、お気軽にご相談ください。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援お願いします。


2009年07月28日

ブログでご縁を深めましょう

先日の大阪&名古屋講演で、遠方のブログ仲間と久々に会うことができました。

また、会場で初めてお会いし、ブログへコメントくださったかたもいます。ありがとうございます☆

 

私はこうして、ブログ→対面、対面→ブログ という出会いを繰り返し、現在に至っております。

 

ビルダーナースとしての活動の始まりは、このブログだけでした。

 

この間ほぼ4年、個人での活動に関わらず、ブログを通じた出会いにより執筆や講演の機会をいただけたのは、ひとえにブログのおかげです。

 

講演の中で、施主ブロガーである「あぶりしゃけさん」は、ご自身の家づくりをきっかけにブログを書き始めることで、さらに住まいへの興味が目覚めた話をしてくださいました。

 

今は整理収納アドバイザイー資格を取得し、今後このアドバイザーとしても活動されるそうです。

 

ブログを書くことにより願望に目覚め、それが実現したということですよね。

 

大阪ブログ仲間のどんぐりさんは、「ブログによって多くのかたに出会い、いろんな気づきがあり、いろんなことを始めるきっかけになった。ブログは人を伸ばすツールです」

 

と、講演後に感想を寄せてくださいました。

 

chips私の大好物オーザック、それも関西限定版をいただいちゃましたね。

 

串かつ味で激ウマゆえ、あっという間にたいらげましたわー、ご馳走様です。

 

 



愛知ブログ仲間のダイツネさんデークさんは、ブログから今回講演会場で始めての対面でした。

 

「やっぱり会うのはいいねぇ。ブログからこうして会えるなんてすごいねぇ。」と、お互いに感慨ひとしお。

 

こうして ブログ→対面→ブログ という循環ができたことで、これから絆をさらに深めることができますね。

 

noriこれまた私の大好物、海苔をいただいちゃいました。知多の美浜、海苔のおいしい産地からたんまりと。

 

ウマイッ。

海苔だけでお菓子のようにバリバリ食べちゃうので、あっという間にたいらげちゃいますわ。

ご馳走様です。

 

 

そしてこのような講演の機会をいただけたのも、しあわせデザイン研究所の馬渕さんのおかげ。

 

ブログについて馬渕さんが書かれた記事に共感し、「一度会ってお話させてほしい」と、ご連絡したのがきっかけのご縁で、今につながってます。

 

 

インターネット上でのやりとりがきっかけで犯罪も起こり、世間を騒がすことも実際には多い。

 

でも私はネットの問題よりも、その可能性や未来を信じています。

 

現にこうしてゼロから始めた活動の軌跡&奇跡が、このブログにあります。

 

ブログという道具で、未来を切り開けるのかどうかは、結局は自分しだい。

 

自分の信念や信頼といった、信じる強さにより結果が出るものと思います。

 

どんな道具も、使い方や捉え方しだいなんですよね。

 

鉋(かんな)をかけるのが上手い大工さんとそうでない大工さんがいるように、鉋という道具は誰が使っても変わりません。

 

ブログも同じですよね。

 

道具は無料で誰もが同じ条件で使えます。

 

それを上手く使いこなすかどうかは、自分の腕しだい。磨き続けなければ鈍りますよ。

 

 

ブログを開設している全てのビルダー・工務店さんが、「やっててよかった」と思える瞬間を、どうかたくさんご経験ください。

 

まだ開設されていないかたは、これからでも遅くありません。

 

どうか開設されてくださいね。

 

講演の感想をブログで紹介いただきました

moritaさん芦田さん平成建設さんZENさんimaikさん、ありがとうございました。


postcard芦田さんには素敵なお葉書も頂戴しました。

達筆でかっこいいー。


もしかしてこの他にも、ブログで紹介いただたきもれていたら、お知らせください。

私のブログに、こうしてリンク貼らせていただきます。



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2009年07月02日

コミュニケートしたい欲求がありますか?

shinekn200906206月20日号になりますが、新建ハウジングに しあわせデザイン研究所:馬渕さんの記事が掲載されております。

 

「施主ブロガーの心理と影響力」

 

施主とブログを通してコミュニケーションをとるためには、工務店がブログをやることは必須の条件です。

施主はコメントを残しはしてくれなくとも、閲覧はしてくれます。

伝えたいこと、メッセージは絶えず発信していくこと。

相手の興味・関心に合うような情報を発信していくことで、コミュニケーションをとることも可能です。

 

施主ブロガー(ブログ)が、ネット時代の新たなメディアになることはかなりの確率であると思います。

工務店ブログとの連携がさらに高い効果を生みます。

しかも無料です。

ここに気づいた工務店は、一歩先を行くと思います。

 

一部のみの転載ですが、ポイントはこちらでつかめますよね。

 

ブログ開設しても続かない

コメントが書き込まれない

誰が読んでくれているのかわからない

 

などで、継続へのモチベーションが維持できないかたも多いようです。

馬渕さんも仰っているように「伝えたいこと、メッセージを絶えず発信」すればいいのですが、そもそもそれがない という人もいるかもしれません。

 

その場合はあきらかに、新しいことを吸収しようという意欲に欠いていると思われます。

 

ブログのように、自身の中にある考えや意見、想いをアウトプットする場でそれができないのは、インプットが足りないからです。

 

ブログが書けない、続かないのではなく、単に新しい経験や知識が不足していると捉え、それを補う努力をされてみてください。

 

水のたまったスポンジのように、経験や知識が溜まれば、自然としたたり落ちてきますよ。

 

その状態になれば、書くことへのプレッシャーや抵抗を超え、ブログを開設している他の人と、コミュニケートする意欲もわいてくるでしょう。

 

コミュニケーションが上手くなることに越したことはないですが、その前にコミュニケートしたいという欲求が必要です。

 

そのためには、その欲求がわきあがる余力がないと難しいですよね。

 

日々忙殺され、義務感に押しつぶされたりしていては、誰かと関わりたい欲求は満ちてこないでしょうから。

 

 

今や世代が下がれば下がるほど、所有や新古にこだわらない層が増えてきています。

一昔前のように、家を持つことそのものへの興味から、家は日々を快適に暮らす道具であると考える層が増えているのです。

 

そういう層が今後増え続ければ、ビルダー・工務店がブログの開設する意義はさらに深まるでしょう。

 

 

コミュニケーションいついては、なかなかブログ上で私も伝えきるのが難しい話題です。

馬渕さんと今月、この話題についてセミナーを開催する機会を得ましたので、お会いできる方々には、じかにお話させていただきますね。(ご興味もたれたかたはコチラをクリックください

 

金銭を介したお付き合いと、そのコミュニケーションの濃密さにみる紹介率

 

そんな経験から得た法則もお伝えいたします。

まだどこにも発表してこなかった内容ですので、お楽しみに〜


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2008年10月25日

Thing11月号に記事が掲載されました

Thing011 トステムTH友の会会員さん向け情報誌「Thing11月号」が出ました。

1月に新創刊され、奇数月に発行されるため今回が6回目、連載最終回となります。

 

今号は「受注につながる、ブログと他ツールの連係術」。

お客さまとのコミュニケーション作りに役立つ、ブログと他ツールを併用した情報発信が継続的に行えるスケジュール管理についてご紹介しています。

 

スケジュール管理と聞くと堅苦しいですが、大事なポイントは

スタッフそれぞれ担当が別れてお客さまに何か情報発信している場合、全てが一覧になって見渡せるものが必要ですよ、ということ。

 

なぜなら情報を受け取るお客さまは一家族なのに、発信する側が何人もいると、重複したり、誰かやっておいてくれるだろうと、たいてい尻切れトンボな発信になっていくからです。

 

カレンダーがあれば、すぐに誰が見てもわかる一覧が作れます。

まずは、みんなで書き込みする用カレンダーを用意しましょう。

担当者別にそれぞれお客さまに向けて発信していることをカレンダーに書きこみます。

そうしたらそのカレンダーから、発信の間隔が空き過ぎ、詰まり過ぎ、重なっている、などが見えてきます。

見えれば発信内容の変更や間隔を調整しやすくなりますよ。

 

スケジュール管理が目的ではなく、

こちらの発信する情報を心地よく受け取っていただく

あるいは発信する情報を受け取ってもらう受信率を高める

そういった目的のために、スケジュール管理という手段を有効に使いましょう、というご提案です。

 

「スケジュールを管理しなければ・・・・」と思うときっと続きません。

これもおもてなしのための一つの道具。

そう割り切ると苦にならないかな??

 

会員誌となりますので会員にならないと読めません。

会員になって「Thing」を読みたい方は

トステム株式会社トステムハウジング研究所

(TEL)03-3638-8133

まで、お問合せくださいませ。

 

トステム関係者のみなさま、編集担当のミカンハウスさん、連載という機会を下さりありがとうございました。

 

「Thing」をお読みいただいた感想をコメントに残してくれたら嬉しいです♪

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

バケーション中につきコメントのお返事が遅れますことをお許しください。
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2008年10月09日

ブログは読んでもらえてる??

shinken200809前回に引き続き9月号の新建プラスワンの住宅会社のWEB(ホームページやブログ)についてのお客さまアンケート結果

よりブログについて。

 

Q:住宅会社のブログをどう思いますか?

 

A:読んだ(読んでいる) 27.7%

 読まなかった(読んでいない) 72.3%

 

年代別で比較してみると、40代では36.7%と多くなっているが、30代では25.0%で50代、60代と同じレベル。年代が若いほどブログをよく見ているとは言えない。

一方、建築費の予算別に比較してみると、若干ではあるが予算が多くなればなるほど、ブログを閲覧する傾向がある。

60代では「ブログは特にいらない」という回答が39.2%あった。

 

この結果から何を読み取るですが、私はやはりブログというのも一つの情報発信の手段であって全部ではないなと感じました。

ブログを 読まなかった(読んでいない) と回答する人が7割もいた。

だからやっても意味ない、と捉えるのは早急ですね。

 

ネットから情報を探す人もいれば、ニュースレターやチラシのような紙からの情報が好きな人もいる。

あるいはクチコミの情報を頼りにする人もいるわけで、どこから情報をお客さんが拾うかは、こちらでコントロールできません。

だからこそ発信手段はアナログもデジタルも複数ある方が、お客さんの多様な情報収集経路にも対応できます。

どれが一番効果的かなどとズバリの答えはありませんから、できるところから初めて発信経路を増やすことが何よりですね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。


2008年08月23日

Thing9月号に記事が掲載されました

Thing09 トステムTH友の会会員さん向け情報誌「Thing」9月号が出ました。

1月に新創刊され、奇数月に発行されるため今回が5回目の掲載になります。

今号は「個性が見えるブログで「つながる」」と題し、ブログ仲間のimaikさんハリマハウスさんharacyuさんにご登場いただき、個性を生かしたブログの実例を紹介しております。

 

今回記事化にご協力いただいた3社様は、それぞれ内容も体裁も異なります。

ブログは書き手によって伝わってくる雰囲気がはっきり変わりますよねぇ。

9月号はそこをじっくりご覧ください。

 

ブログを既に持っている工務店・ビルダーさんなら、自分のブログがどういう雰囲気で読んでくださる方々に伝わっているのか。

それが自分の伝えたい雰囲気と合っているのかどうか。

さらにブログから問合せなどの反応を増やしたい場合、どんなことに気をつければ良いか。

そんなことを3社様の事例から分析しておりますので、それを参考にご自身のブログを見直してみてくださいネ。

 

自分の人間性をアピールし、お客さまと良好な関係を築き、問合せや受注を引き寄せるブログ作りを目指してほしいです!

 

(協力いただいたみなさまありがとうございました。本誌をお送りしましたのでお手元に届くまで少しお待ちくださいませ)

 

会員誌となりますので会員にならないと読めません。

会員になって「Thing」を読みたい方は

トステム株式会社トステムハウジング研究所

(TEL)03-3638-8133

まで、お問合せくださいませ。

 

「Thing」をお読みいただいた感想をコメントに残してくれたら嬉しいです♪

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


2008年07月30日

住宅市場動向調査の生かし方

平成19年度の調査結果が公開されましたね。

サンプルはいつも首都圏・近畿圏・中京圏ですが、参考になりますので工務店・ビルダーさんは目を通しておかれると良いですよ。

こういう調査結果を業者側から見てその結果に基づき、何かこれからの参考にされるのはもちろんGOOD。

でも私がもっとススメしたいのは、お客さまにもお知らせすること。

他の人は家づくりをどうしてるんだろう?どうやって決めているのだろう?

とあなたがお客さんなら気になりますよね。

そんな不安を解消するのに役立つかもしれません。

民間ではなく、国交省の調査結果ですから信頼性もあります。

 

インターネットで気軽に調べられるとは言っても、数ある色んな情報の中でも何をどう調べたらいいか・・・・

迷われているお客さまも多いものです。

そういうお客さまへ、「あなたからこういう調べ方がおススメです」とか「これをご覧下さい」と、どんどん発信されていかれてくださいね。

プロとしてのあなたのフィルターにかけられた情報が有益であれば、ますますお客さまからの尊敬も得られるでしょう。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆

 

「これからの工務店経営提言とそのコーチング」セミナー開催します。詳細はこちらから


2008年06月24日

Thing7月号に記事が掲載されました

9da1c919.JPG

トステムTH友の会会員さん向け情報誌「Thing」7月号が出ました。

1月に新創刊され、奇数月に発行されるため今回が4回目の掲載になります。

今号は「人脈ゼロでもブログで地域密着へ」と題し、ブログ仲間のテクノデータハウスさんにご登場いただき、工務店ブログの実例を紹介しております。

 

多くのビルダーや工務店さんに今回テクノさんから学んでいただきたいのは、

ブログへの訪問計測をする

ブログの目的を明確にする

ブログを見てもらうよう誘導する

ということを継続されているところです。

 

こうした陰の努力があってこそ、ブログがより受注へとつながります。

だからみなさまもブログを生かして次なる展開につなげてください。

 

またどんな内容を書けば受注につながるか、という決まった答えはありません。

テクノさんは人を前面に出し、親しみをもてもらうことを目的として運用されていますが、目的が変われば内容もまた変わってくるでしょう。

大事なことは目的を明確にし、それに沿った運用を継続することです。

みなさまも他のビルダー・工務店のブログを見るときは、「ここはこういうことを目的としているな」と予測を立ててみてくださいね。

はっきりわかる場合にどんな感想を抱くでしょうか?

あるいはわからないときは、その会社は印象に残るでしょうか?

Thingで勉強するのももちろん、自分がお客さんになったつもりで他社のブログをマメにのぞいてみましょう。

 

今回記事を書くにあたり、他の工務店さまにもご協力いただきました。

誌面の都合上全てを掲載できず申し訳ありません。この場を借りてお詫びいたします。

次回以降にも教えていただいた内容は生かしてまいります。

 

会員誌となりますので会員にならないと読めません。

会員になって「Thing」を読みたい方は

トステム株式会社トステムハウジング研究所

(TEL)03-3638-8133

まで、お問合せくださいませ。

 

「Thing」をお読みいただいた感想をコメントに残してくれたら嬉しいです♪

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気