2015年06月06日

セーフティネットはお金か?住宅か?

このところ「貧困」に関するニュースがどっと増えてきましたね。

住まいについても、「どうする“住まいの貧困”」という番組が放映されておりました。

これだけ空き家が増えているのだから、空いているところに住まいに困っている人を住まわせてあげればいいじゃないか、という意見もでてました。

が、そんなに単純に早く解決できない根本の原因はやはり、国のこれまでの住宅政策にあるというのが、番組でよ〜くわかります。

神戸大学の平山先生がヨーロッパと日本の政策の違いをわかりやすく説明してくれたので、まとめてみました。

住まいの貧困OECD加盟国の中で家賃補助という制度がないのは日本と他の2.3カ国だけ。
日本は政府が家賃補助を出すのではなく、会社がやってきたというのが大きな特徴。
会社によって家賃補助の有無も額も異なる。
しかしその会社も段々厳しくなり、補助は削られている。
もっと公的で普遍的な家賃補助の制度が必要。


日本の公営住宅は税負担。
全体の4%ぐらいしかない。

一方、ヨーロッパの社会住宅は低い利子で建て、マーケットが競争し続けるので質の良い住宅の家賃が下がる仕組みで運営されている。
全体の20%以上ある。

日本のように全体の4%しかないと4%分の働きしかしない、ところがこれが20%、30%を占めるとその影響力は強く、社会住宅と民間が競合するので、マーケット全体の家賃が下がる。

社会住宅というと市場経済に反するようなイメージがあるかもしれないがそうではなく、マーケットを上手に使うための手段である。

ヨーロッパの社会住宅は投資。
なぜなら住宅は作れば長く使えるから。
建築費用の借金が返し終われば、そこから管理費だけで良い住宅に長く住み続けられる。

日本の場合はやっと借金を返し終わった30年くらいで潰して建て替えて、また借金を返す。

その差は中古市場にある。
日本の場合、住宅の中古市場は非常に少ない。

欧米は住宅の8割が中古。
だから家を買うと、自分の家がマーケットからどう評価されているか常に気にするのでチョコチョコ手を入れる。

日本は家を買うと手を入れずに住み潰してしまう。
だから30年程度しか持たない。

また、家は買うもの。消費財。
買えるまではとりあえずのところで我慢してというのが日本の考え方だけど、現実は買えないままでいる人が増加している。

ここが、「家とは権利である」というヨーロッパの考え方とは大きく異なる。


日本の
セーフティネット の考え方は、最後はお金(生活保護)を渡すのでがんばってね。

ヨーロッパでは、まず家をなんとかするからからがんばって。 

住宅なら丁寧に使えば100年は持たせられるのだから、セーフティネットの考え方を日本もお金から社会住宅に変えたほうがいい。

現在も多くの賃貸住宅が建て続けられているのだから、そこにお金を投資して社会住宅に近づければいいのではないか。

生活保護のようにお金を渡すのも必要だが、それだとお金を配れば終わってしまう。

質の良い住宅の提供なら借金を返し終えれば資産として活用できる。


なるほどな、とヨーロッパとの政策の違いがよくわかりました。

家は消費財 という基本の概念の上に住宅を購入するのと、家は権利である という上に購入するのとでは、リスクそのものだって大きく違いますね。

人口が増え、所得が上がるという前提の時に作られた政策をこのまま続けても現状には合っていないので、いずれ破綻するのは見えてますしね。

社会住宅という概念、日本も取り入れてほしいな。。。。 
 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆  


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気