2015年01月13日

「実家」という概念が空き家問題を根深くする

先日の土曜日に放映されていた「ニッポン”空き家列島”の衝撃 〜どうする?これからの家と土地〜」をご覧になられましたか?

現状をわかりやすく伝えてくれていましたが、特に目新しいことはなかったかな・・・

コメンテーターとして、デーブ・スペクターさんの発言が面白かったです。

ゲストたちの「うちも実家が空き家でなんちゃら、、、」という語りのあとに、「アメリカでは実家という概念はないですからぁ!」と。

かねてより空き家問題に限らず、問題には物理的側面と感情による、大きく2つがあるよなぁと私は思います。

デーブさんは、
生まれ育った実家だから残しておきたいとか、
先祖からの土地だからとか、
そう感情的に話すゲストに対し、
「そもそもそう感じている実家ってなに?その概念はどこからきているの?」
と、突っ込みを入れたかったのでしょう。

そこに家が建ち続けているのは現実にそうでしょうが、それが実家かどうか、誰の家かは、所有者の概念であって、見ず知らずの人から見たら単なる家でしかない。

そこを放置されている空き家の一つとして、所属する自治体側からの安全や税収などから見る視点と、所有者側からの視点とでは、当然見解は異なる。

物理的にどうするかという見解も、そこに思い入れを持つ者とそうでない者の感情の温度差も、大いに落差がある。

それをごちゃ混ぜにいくら討論してもラチはあくわけもなく、番組終了〜 になってました。

最後にまたデーブさんが、「住めば都はるみ」というギャグをかまし、かろうじて笑顔で終わったのは救いだったかも


実際に害虫やら放火やら空き巣やら、隣家が空き家によりこうした被害が増えているのは事実ですから、メディアでの空き家問題報道は今後増えるでしょう。

もうそろそろ、問題を取り上げる際に家や土地に対しての執着、思い入れといった感情的要素がどこまで被害を大きくするのかも、明らかにしたほうがいい頃ではないでしょうか。


感情の元になるのは、「愛」か「怖れ」のいずれかであると、以前もお伝えしました。

なにごとも、過ぎたるはなお及ばざるが如し。

そこで生まれ育ったから
故郷だから
先祖代々の土地だから
親から譲り受けたから

土地や家に対する想いは様々でしょうけれど、その想いは果たして
「愛」なのか「怖れ」なのか。

「愛」だと思っても、想いが強すぎれば気づかぬうちに「怖れ」になることもある。

問題を大きくしないために今すぐにでもできること、それは抱える想いの大元がなんなのか見直してみること。

デーブさんの言うように、どこでも住めば都とより多くの人が感じられるようになると、物理的問題は意外に早く解消に向かうかもしれません。


どんな専門家、あるいは色んな立場の人より、かれらの視点を超えたところからモノを見られる完全AWAYのデーブさんのような第三者が、有識者懇談会などに参加された方がいいのにね。

気づかぬ思い込みや執着に突っ込みを入れてくれる人がいないと、感情の泥沼にはまり問題は根深くなりそうです。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 元単身赴任のYH   2015年01月17日 20:42
こんばんは。

私も観ました。
都会でも空き家があると聞いてびっくりしました。空き家は田舎だけの話ではないのですね。
デーブの発言も面白かったです。
農耕民族と移民族の違いでしょうか。
2. Posted by ビルダーナース   2015年01月18日 21:01
>元単身赴任のYHさんへ

そうなんです、都会でも地方でも空き家は加速的に増えているんですよ。
その近隣を含めれば被害を受ける人の数も莫大です。

農耕民族と移動民族違いだけじゃないかもしれませんねぇ。
日本も歴史を振り返れば、土地を所有できていたのは一部の地主とかお殿様だけで、大半は小作人だったですものね。
今のように所有にこだわるようになったのは、政府が持ち家をすすめ税収を増やそうとしたからでしょう。
今度は解体に税収が使われるとなれば、結局儲かったかどうかわからないかも!?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気