2014年12月20日

今の若手男性の感性は「女性」と同じ

リクルートが発表した住まい・飲食・美容・働き方など8領域の2015年のトレンドによれば、キーワードは「女性の社会進出による変化」だそうです。

住まい のトレンドは リノベパーティ みんなで楽しく部屋を作り上げる新しいスタイルの登場


2015年は雇用機会均等法の制定(1985年、86年施行)からちょうど30年。

30年を経て、「女性躍進の推進に影響を受けた新しい価値観」が、経済にも大きく波及してきたということでしょうかね。


前回からご紹介している女性を活かすための数々の具体例が書かれたこちらの本ですが、男性についてこんな記載があります。


男性と女性は本質的な違いがあるだけでなく、感性や考え方も正反対です、男性の常識は女性の非常識、女性の常識は男性の非常識であることを理解しなければなりません。

それを理解しないで、男性の常識や感性をそのまま女性に押しつけようとするからうまくいかないのです。

これは会社のマネジメントでなく、恋愛も同じです。

男性が女性心理を理解せずに、無神経なことばかりするから女性は不機嫌になる。
男性はまず、「自分の常識は女性には通用しない」と肝に銘じる必要があります。

しかし、同じ女性なら女性心理や感性を理解でき、女性をマネジメントできるというわけではありません。
マネジメントするためには、それ以外に野心や気遣い、人に伝えるコミュニケーション能力が必要です。

また、今の若い男性は中年以上の男性とは感性や考え方が違ってきています

子供が多かった昔は、一番下の子にお母さんのエネルギーがいくので、上の子供たちはほったらかしで、男の子は近所のおじさんやお兄さん、ガキ大将を見て大きくなっていました。

だから、男性の感性が身についていたのです。

しかし、今は子供が少ないので、お母さんの目線が常に子供に注がれ、大きくなるまでずっとそばにいます。

つまり、男の子もいつもお母さんと一緒にいてお母さんの言動を見て育つので、お母さんの影響を強く受け、考え方や感性が女性に近いものになっている。

これは内面的な問題で、「がっちりしていて男らしい」とか「顔立ちが女っぽい」といった見た目や外見とはまったく関係ありません。

昔はデートで男性がおごるのが普通でしたが、今の若い男性はデートでも割り勘です。
割り勘は女性の文化ですが、子供のころからお母さんが割り勘で食事するのを見て体で覚えているから、それが当たり前になっているのです。

また、新卒採用の際の面接で「ご両親の生年月日を教えてください」と質問すると、10数年前までは全員が「お父さんはいついつ、お母さんはいついつ」と答えました。

ここ数年は、お母さんから答える人が半数です。

お母さんから答えた人は、男性でも感性は女性ですから、「男だから」と男性の感覚で対応してもダメです。

部下の若手男性とコミュニケーションがとれず、マネジメントがうまくいかないのは、若い男性の中の「女性感性」に気づかず、無神経な対応をしているからです。

今は女性的な感覚、感性を持つ若い男性が増えていることを認識し、男女どちらの感性なのかをしっかり見極めて、女性的な感性の男性には女性に対するときと同じような対応をしなければなりません。

つまり、男性女性を問わず若手社員を戦力化して活性化していくためには、女性心理を理解し、女性の資質に合わせた対応をとることが重要なのです。



街を歩いて観察してみても、このごろの若い男性ってすごくオシャレ。
そして清潔。

外見からして女性感性を持つ男性はどんどん増殖してますねぇ。

これが良いか悪いかという判断しがちなのが男性感性かもしれませんので、それは止めておきましょう

女性感性をどう受け止め経営に活かすのか。

この視点で
「女性躍進の推進に影響を受けた新しい価値観」の今後も、躍進していきたいものですね。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆  

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 元単身赴任のYH   2014年12月20日 17:40
こんにちは。

小山さんの本ですね。
彼の話は、とっても分かりやすいですね。私も参考にしています。
若い男性の女性化、なるほど、そうかもしれませんね!
2. Posted by ビルダーナース   2014年12月23日 18:11
>元単身赴任のYHさんへ

小山さんの本はどれも実践的でわかりやすいですよね。
私も好きです♪


>>若い男性の女性化、なるほど、そうかもしれませんね!

ですよね。
女性の感性がますます重要になってきますねー。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気