2014年11月11日

「1住宅=1家族」にそもそも無理がある



何度かこのブログでも三浦展さんの本を紹介しています。

今回読んだこちらも、面白かったぁ。

「1住宅=1家族」にそもそも無理がある、というのに深く共感です。



石巻はご承知のように広範な地域が津波によって流されてしまった場所です。

戸建て住宅が大量に流されていく風景は、ひょっとしたら日本に固有の被災の仕方ではないかと思いました。

1950年に住宅金融公庫法ができました。

1951年に公営住宅法

1955年に日本住宅公団法が成立します。

基本的には住宅金融公庫によって戸建て住宅を奨励していく方向が定められた。

そして1966年の「第一次住宅建設五箇年計画」以降、住宅は自己責任でつくることをますます徹底されるようになったわけです。


都市の根幹に関わる発電所や送電網、道路網、上下水道、公園などのインフラは国の責任でつくり、その逆にインフラに接続される住宅は個人の責任においてつくる。
それを前提として国家が運営されてきました。

それは非常に巧妙な方法でした。
国家が住宅に対して一切の責任を負わないというシステムをつくったわけですから。

この場合の住宅とは、1住宅に1家族が住む住宅です。
私はそれをインフラとの関係を含めて「1住宅=1家族」システムと呼んでいますが、それはたんに住宅の供給システムにとどまらず、日本の国の運営システムそのものなのだと思います。

だからこそ、個人の責任で住宅をつくった人たちが今回の震災では最大の被害者になってしまったわけです。
いわば必然です。
「1住宅=1家族」を誘導してきた国家の責任は、本当は極めて重いはずなのです。
彼らは誰にも助けてもらえません。
阪神・淡路大震災でも同じことが起きましたけど、ローンの残っている人たちは、もはや自己責任などで住宅は建てられないと思います。

もちろん、国は復興の計画を立てていくと思います。
公営住宅もつくられていくでしょう。
ですが、基本的な復興の手立ては、「
1住宅=1家族」をもう一度つくっていくことになるのだろうと思います。
たとえ高台に土地が用意されても、震災以前と同じように再び民間ディベロッパーによるマンションや、ハウスメーカーによって戸建て住宅がつくられていくということが起こると思います。


日本の国の運営システムそのものである「1住宅=1家族」システム自体が、安心を抱けるものではなく、その上で住まいの供給がなされているのだから、構造や性能がいくら先端をいこうと、やっぱり安心しきれないんですよね。

というのは、業界に携わる方々ならみなさん実感してらっしゃるでしょう。

でも
「1住宅=1家族」システムは続いているし、まだしばらくはこのままかな。

どうしてか、というのは次回にまたご紹介しますね。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆  

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気