2014年10月21日

セクハラは40代以降からの被害が多いらしい

40代以上で多かった被害あさイチでセクハラに関して緊急調査をしたところ、実は40代〜60代の被害が多いことがわかりました

というのを知り、「そうかもね〜」と納得しながら番組を食い入るように見てしまいました。

その背景には「年を重ねた人は、セクハラをしても騒がないだろう」という加害者の心理があるのではないか、ということがわかってきました。

そうそう

若くない=女性として魅力がない=そんなお前に相手してやってるんだから喜べよ

みたいな勘違いな思い込みのある男性は、残念なことに少なからずいますねぇ。

番組ではいろいろ議論してましたが、これを矯正しようと思っても、こんな人に言ってわかるならそもそもやってないだろうなぁ、と身も蓋もないことを感じるのでありました


良いとか悪いとか、ものごとを正そうとするよりも、こういうことはあることを前提に、実際に起きたときにどう対処するかを考えたほうが、被害後の心理的ダメージは抑えられるのではないかと思います。

この世に男と女がいる以上、どこででも性的緊張感はある程度介在するのはしょうがない。

同性同士でだって仲良くできないのだから、ましてや男女がお互いに嫌な思いをすることなんて多々ある。

その上で、なにをどう対処するかですよねぇ。




触られる
抱きつかれる
性的な冗談を通り越し、あからさまに誘われる

などの明らかなセクハラを、私も何度も受けたことがあります。

こういうときにあまり自分が被害者だと思い込みすぎると、そういうことを誘導した自分に責任があるのではないか、隙があるのではないかと自分を責めてしまうので、しんどくなりますね。

女性としては悔しい気持ちにもなるけれど、そんなことはする方が悪く、する方に問題がある、と気持ちを切り替える努力も大事かな。

職場の上司や同僚が出来事を理解し改善してくれれば救われますが、意外にそうでもないことのほうが多いですしねぇ。

そういうときは、自分で自分を守るしかない。

 
ということで、いくつかの経験で自分なりに対策を講じました。

あまりおススメはできませんが、あまりに相手の性的冗談がひどい場合、「そんなに自信があるならいますぐ脱いで自慢のモノ見せてみろ、ほら脱げよ」と強気で言うと、シュンとなって黙りますね(苦笑)

(本気で腹が立ったときは、この後もまくし立ててケチョンケチョンにやりこめますけど)


止めてほしいと言ってわからない相手を黙らせるには、時として過激に出ることも必要かもしれません(笑) 



男と女がいる以上、セクハラがなくなることはないだろうなぁ・・・・


できれば避けて通りたいけれど、社会に出て働くということは、これがあることを前提に、想定しておくことが、ダメージを抑える最善かなと思いました。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 元単身赴任のYH   2014年10月25日 17:27
こんにちは。

40代の女性が被害にあいやすいのですね。
知りませんでした・・・。
セクハラ、パワハラ。
どうしてそんなことをするんだろうと思うのですが、ありますね。
困ったことです。
2. Posted by ビルダーナース   2014年10月31日 09:09
>元単身赴任のYHさんへ

ほんとにどうしてそんなことするんだか、、、、

でも実際に多いですからビックリします。

だからこそあることを前提にしておいたほうが、ストレスは少ないかなと。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気