2014年07月01日

やっぱり法的にもやめたほうがいいよ

かねてより直接お話しできる工務店や大工さんには、業界の悪しき慣習である見積もりの出し方(材料と経費と工賃を分けずに一式とすることをやめたほうが得策だと伝えてきました。

 

こちらの「建設業法第20条」に関する記事を読み、それは法的にもおかしいのだと納得です。

 

材料費を明確にしてみよう

少なくとも積算する面積や数に、倍もの違いがあるはずがない。

そうであれば、使っている材料の価格の差になるはずだ。

そして材料の価格の差は、本来はそのまま価格の差になる。

 

労務費を明確にしてみよう

少なくとも人工数や工期に、倍もの違いができるはずがない。

良い職人は賃金が高く、悪い職人ほど賃金が安くなる。

それを考えれば消費者にとって安いことが有理でもなく、高いことが不利でもない。

相応の価値と等価交換できる。

大量に供給している企業は、安い職人を教育して、あるいはシステム的に使えるように研鑽している。

それは正しいことだが、悪い企業は下請けをいじめている。

現代の職人不足の悩みは、後者の企業が多いことの証かもしれない。

 

諸経費を明確にしてみよう

これは世界的には、相場は20%〜25%とされている。

企業が存続し、長く面倒を見るためには相応の利益を得なければならない。

残念ながらこの項目だけは、消費者の教育ができていないとも言える。

しかし一度理解できれば、5%から10%程度の諸経費と見積もる企業は怪しい企業だと分かるようになる。

真面目であれば潰れる企業であり、不真面目であれば業法を守らず材料費と労務費をごまかしている企業だ。

企業規模も大きくなれば、なにかと諸経費もかかるものである。

しかし、まさか40%以上の諸経費を計上する企業を喜んで選ぶ消費者もいまい。

 

 

これまでの慣習から抜けられない場合、もっとも心理的なハードルが高いのは諸経費の公開ではないでしょうか。

 

この記事にある説明も最もですし、それに追加するなら、以下の3つの社会的要因リスクをできるだけ避けるためにも、公開したほうがいいと思います。

 

原油高

エネルギー問題

為替リスク

 

なぜなのかはお考えいただくか、直接メッセージくださいね。

お答えいたしまーす。

 

 

最後に、一番大事なことは誰のために、なんのためにそれをするのか。

 

この場合、業者側と施主の双方のためですよね〜

 

変に隠したり、ごまかすのはお互いにとって精神的に負担になるだけで、良いことひとつもありませんもの。

 

小難しい理屈は色々あるけどさ。

それって結局誰のためになるの? 誰が得するの? やってて楽しいの? 続けたい? 意味あるの?

 

と、突っ込んでいくとボロが出るようなことは、始めからしないほうがいいんだよってことなんだと思います。

 
 

 

  今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆  


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気