2014年02月25日

あなたの脳は、大きな数字を処理できるほど進化していません

高額なお買い物で間違いを起こしやすいのも納得の事実が、こちらの説明でよ〜わかりました。


あなたの脳は、大きな数字を処理できるほど進化していません


狩猟生活をしていたあの頃から賃金奴隷の現在に至るまでの間、我々ホモサピエンスのメンタルはそれほど変わっていないのです。


だから、クルマの購入や住宅ローンの契約、老後の生活設計などのシチュエーションで大きな数字に直面すると、間違いを起こしやすいのです。



数字が大きければ大きいほど、ヒトの判断力は鈍ります。


これは、"scalar variability"と呼ばれる現象で、数が大きくなるにしたがって、私たちの推定は曖昧になっていきます。



数千万円の住宅ローンを組んでも、数万円の修繕費は出し惜しみする心理が、なんとなくわかった気がしますねぇ。


ある程度の大きい金額になると、そこから数万円の上乗せはもう感覚が麻痺してたいしたことに思いにくいのに、始めから数万円単位で見積もられた小さい工事には、数円単位の上乗せでもチェックが厳しくなるのは、脳からすると当たり前なのかな。



大きな数字を判断するときに直感に頼っていたのでは、あなたの成功はあまり望めないということ。

でも、ご安心を。

私たち人類は、このような状況に対処するための素晴らしいツールを構築してきました。

それ数学です。

数字について話すときは、数学を使えば正確です。



住宅の場合にはローンの返済プランが提示されれば毎月の支払いは感覚でわかるけれど、将来の修繕・リフォーム費用や予期せぬ修繕費用については始めから除外されていることが多いですよね。



結局、購入後から生涯に渡ってどの程度全部でかかりそうか、正確な数字はほとんど示されず、購入時の初期費用だけで判断されることが多いので、ただでさえ高額で脳は判断ミスを起こしやすいのに、さらに情報不足ときたら、間違いだったと後悔しない人の方が少なかったりして・・・・・



ファイナンシャルプランニングにおいては、数学の基礎知識が重要なようです。


「500の半分は?」のような基礎的な質問に答える能力が、ローンの不履行に至る傾向や年金に関する判断力に関係していることを、多くの研究が示しているのです。



かつては数学なんて必要性も感じなかったし大嫌いでしたけど、破産や信用問題を招かないようにするのにはとっても必要なんですね。



高額な買い物の度に数学の試験を課せられたら購買意欲は下がるかもしれませんが、住宅ローンは何回も借りるものじゃないから、ローン不履行にならないための試験なんてのが、あってもいいかもしれませんね。

 

 


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 元単身赴任のYH   2014年02月25日 16:23
こんにちは。

家は大きな買い物なので、たしかに金銭感覚が鈍ります〜。(笑)
いつもは1円、10円を気にしている人も、1000万円の単位になると急に静かになるときがありますね。面白いです〜。

今日、病院の週刊誌を呼んでいたら4こま漫画がありました。
居酒屋の店主が客に、マー君のうん十億円の契約金の記事を見せると、客は急に気が大きくなって、高いものをあれもこれも注文してしまう。そんな笑い話でした。
2. Posted by ビルダーナース   2014年02月28日 14:10
>元単身赴任のYHさんへ

>>居酒屋の店主が客に、マー君のうん十億円の契約金の記事を見せると、客は急に気が大きくなって、高いものをあれもこれも注文してしまう。

面白いですね!
これも単位がでかくなると感覚が鈍るからなんでしょうねぇ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気