2014年01月14日

「鏡の法則」は自分を癒すために活用する


聖なるマトリックス―世界とあなたを変えるための20のカギ
聖なるマトリックス―世界とあなたを変えるための20のカギ

こちらの本から紹介している鏡の法則、最後の5番目は、

第5の鏡 私たちの慈しむという最も偉大な行為を映す


私たちに求められているのは、自分自身という鏡をとおして、人生のあらゆる局面ですでに完璧な自分が存在することを、慈しみをもって理解することです。

他人がその局面をどのように見ようと、またその結果がどうであろうと、これは真実です。


結果に対して自分なりに意義を見出すまでは、いろんなことを何度経験しても、それは自己表現の機会に過ぎません。

それ以上でも、それ以下でもないのです。

 

あなたのすべての行動が、結果のいかんにかかわらず、完璧であったと考えることができたなら、人生はどう変わるでしょうか?

私たちが持てる力をフルに活かして行動し、想像した場合、ほかのものと比較するまでは、それ自体が偉大な行為にほかなりません。


仕事上のプロジェクト、人間関係、学校の宿題が期待通りに進まなくても、私たちは常に失敗から何かの教訓を学び、次回は別の方法で取り組むことができます。

 

私たちが自分自身、能力、外見、実績、について感じることが、この世の中の現実として反映されるのです。

これを念頭に置くと、慈しむという偉大な行為によって人生において最も深く癒されるのです。

慈しむということは、自分に優しくなることなのです。



実感としてわかりずらかったのがこの5番目だったのですが、おそらくこういうことかな。


例えば誰かに「なにもそこまでしなくても・・・・・」などと、極端な行動に感じた場合、その誰かを通じて自分に優しくするタイミングなのかもしれません。


現実に向き合える人だけでなく、ニュースなどを通じて極端に思える人には日々遭遇していますし、事件や騒動は年を追うごとに増えている気がします。


それだけ私たちは自分に対して慈しみが足りていないのかなぁ。


慈しみは甘やかしとは違うから、私ももっと自分を慈しむというのを実践してみようと思いました。



それぞれの鏡は、自分の人格を高めていくための足掛かりです。


一度これらの鏡の存在を知ると、二度と「忘れません


あなたの人生で、この鏡がどのような形で現れるかを一度でも見たら、それ以降二度と「見ないわけにはいきません」。

ある特定の場所でその鏡の存在に気づいたら、他の場所でも同じパターンを発見するはずです。

 

たとえば、何でも自分の想い通りにしようとすると、家族との間に大きな感情の対立を生み出しますが、これが家族ではなく、セールスマンと中古車の価格交渉をしているときはさほど激しい感情の高まりを感じません。


おそらく家族や友人との親近性に比べると、セールスマンとの間にはそれほど親しい関係がないからだと思います。

 

ただ、感情の激しさの度合いは低くても、あるパターンが存在します。

中古車のディーラー、スーパーのレジ係、行きつけのレストランで焦げた料理を運んできたウエイターとの関係で、あなたがみつける解決策は家庭との人間関係にまで及んできます。

それは必然的なことです。


一度ひとつのパターンがある場所で良い方向に変化すると、それと同じパターンを持つあらゆる人間関係が良い方向へ向かっていくのです。

 

変化はまったく予期しなかった場所で起こることがあります。


もしいつも決まった場所で起こるとしたら、朝起きて「私が心の奥底でどんな判断を下すか、それを映し出す人間関係に今日はじっくり取り組んでみよう」などとは絶対に考えないはずです。

そんなふうに私たちは考えないのです!


私たちが鏡を通して癒される機会は、郵便受けに手紙を取りに行く途中や車のタイヤに空気を入れている最中など、なにげない場所に訪れるのです。



出会う相手や出来事が鏡であると、自分にとって都合の悪い人や出来事は避けて通りたくなりますが、どんな場合も単純に良いか悪いかで判断できる鏡ではないし、すべては最終的に鏡を通して自分を癒す機会である。


ということを深く理解できました。



素晴らしいお客さま、仲間や取引先との出会いもあれば、そうでない場合もあることでしょう。


その全てが何かを自分に教えてくれ、変わることへのきっかけで、いずれ自分を癒すことにつながる何かなんだと思えたら、日々の全部がますます愛おしくなるなぁ。



あなたも日々の仕事や生活にこの「鏡の法則」をフルに活かして、さらにハッピーになってくださいね〜

 

 


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 元単身赴任のYH   2014年01月16日 08:32
おはようございます。

自分の行動が完璧だった、と感じたことはないです・・・。
それどころか、ハンセイと自己嫌悪の毎日。(笑)
慈しむココロ。
相手に対してだけでなく、自分に対しても必要なのですね。勉強になりました。
2. Posted by ビルダーナース   2014年01月20日 22:37
>元単身赴任のYHさんへ

私も日々反省することばかり・・・

反省してより良くするのはいいことなんでしょうけど、時には自分を労わって無理して進まないことも必要かもしれませんね。

自分に優しくできてこそ、他者にも優しくなれるのかな。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気