2014年01月11日

思い通りにいかない時は「第4の鏡」を思い出して


聖なるマトリックス―世界とあなたを変えるための20のカギ
聖なるマトリックス―世界とあなたを変えるための20のカギ


この本で「第4の鏡」を知った時、「そうだったのか!」と深く、これまでの大変だった時期に合点がいきました。

こういうことこそ学校でもっと教えてくてれば、少しは楽に乗り越えられたかもなぁ。。。


第4の鏡 私たちの魂の暗闇を映す


魂の暗闇とは、あなたにとって一番怖いものが、人生において現実化する時期のことです。

普通はまったく予期しなかったときに起こります。しかも、前触れなく・・・・・

 

思い描いたとおりの人生を手に入れると、ある時期、さあ今度は新しい世界に飛び込む準備ができた!というシグナルを受け取ります。

そのときはじめて、あなたは魂の暗闇を経験することになります。

思いどおりの人生を歩んでいると感じたとき、心身ともに安定した状態にあります。

ところがその状態は、これからの人生の転機を迎える準備ができたというシグナルなのです。


あなたが新しい世界に飛び込むきっかけを与えたのは、あなたが人生でどうしても手に入れたいと思っているものです。

でなければ、そもそも安定を捨てて、新しい世界に飛び込もうなどとは思わないはずです。

 


魂の暗闇を経験する目的は自分が一番怖いものを経験し、その恐れを解消することです。

非常に興味深いのは、怖いものは人によって異なるので、ある人にとって怖い経験も、別の人にとってはたいしたことがない場合もあるということです。

 

私たちは人生で何度も魂の暗闇を経験しますが、普通、最初の経験が最もつらいものです。

また、最初の魂の暗闇は変化を引き起こす最もパワフルな要因となる場合が多いのです。


これほど辛い思いをする必要がいったんわかると、その辛い経験が新しい意味を持ち始めます。

魂の暗闇の兆しが見え始めると、自分自身に向かってこう言えるようになります。

「ああ!あのパターンならよく知っているぞ!そう、たしかに魂の暗闇だ。今回は何をマスターするように要求されているのだろう」

 

魂の暗闇が残した傷跡がいったん癒されれば、非常にパワフルになる人たちがいます。

なかには大胆にも早く次の魂の暗闇を経験したくてうずうずしている人たちもいるくらいです!


一度乗り越えれば、次もまた乗り越えられるとわかっているから、そのような気持ちになるのです。


ところが、魂の暗闇だと気づかない場合や意味がわからずに経験すると、私たちが最も大切にしているもの・・・・・たとえば、人生そのものが文字どおり奪い去られるパターンにはまってしまいます。

人によっては数年、場合によっては一生、そのパターンから抜け出すことができなくなります。



怖いものは人によって違うとはいえ、誰にでも「一番怖いものが、人生において現実化する時期」があるとあらかじめ知っておけば、その時が来た時のダメージはある程度緩和できるのではないでしょうか。


なにか上手くいかない時があると罰が当たった、怨念だ、先祖供養が足りないなどとちょっとポイントがずれた解釈をしてしまうことがありそうですよねぇ。


でもそうでなくて、新しい世界に飛び込んで自分の中にある恐れを解消しないといけない時が来たぞ〜(乗り気はしないけど・・・・)、でもやらないといけないのね、なんとか踏ん張ってみようと、少しでも前を向いて進むべき時なんですね。



私も過去を振り返れば、あの時がこの第4の鏡だったろうな、という出来事を何回か経験しています。


なんとなくお尻がウズウズして次に進むべき時だなとわかるので、いつもは周囲に驚かれても次の道へ進むのですが、あるときもっと留まりたくてそこに残留したら、大変なことが起こりました。


「あちゃぁ、、、、強制終了されたわ」とわかったのでようやく次へ進みましたが、そういう時は次へ進むのにもいつもよりエネルギーが必要でした。


この経験から、第4の鏡の兆候が見えたらすぐ移行。

移行先に何があるかはわからないけど、行ってからわかるはず。

と、まず動くことにしました。


現在の居場所も「第4の鏡」の兆候が見えたので、それまでの住居から引越しを決めました。

引っ越した後になんの意味だったかが判明したので、なるほどぉと納得。

自分の成長にとって必要ことはやっぱり自分にしかわからないし、それが一般的なことでないことも多々ありますね。



一番怖いものが、人生において現実化する時期」と表現されると、どんだけすごいか余計に怖くなるかもしれないけど、安定にしがみつかず、不安定さも楽しめれば、比較的軽い「暗闇」の段階で怖かったものが現実化し、大きなダメージは避けられる気がするな。


そのためにも、あまりに強く最後までやり遂げるとか、途中で投げ出すのはダメだとか、思いこまない方がよさそうです。



次のタイミングはいつになるかわからないけど、きっとまた私にもその時はやってくるでしょう。

もう何回も第4の鏡は経験したので、怖さよりも早く膿を出しきってスッキリしたい

 


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 元単身赴任のYH   2014年01月12日 11:58
こんにちは。

新しい世界に飛び込む。
とても勇気がいります。それは自分自身がどうしても手に入れたいものがある時なのですね。なるほど〜。
そのモチベーションがあるときは、新しい世界、新しいことに果敢にチャレンジしますね。確かに!
ビルダーナースさんも、そのような経験がたくさんありそうですね!
2. Posted by ビルダーナース   2014年01月15日 22:28
>元単身赴任のYHさんへ

>>そのモチベーションがあるときは、新しい世界、新しいことに果敢にチャレンジしますね

そうなんですよね。
でも大抵はまだ心の準備ができていないようなタイミングで、何かの出来事に後押しされて新しいことをするハメになりますね(笑)

そのパターンが私もわかってきたので、この頃は逆らわずに次へ進むようにしました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気