2013年03月21日

 「日本の夏」は「アフリカの夏」より過酷 

エコハウスのウソ
エコハウスのウソ
キャッチーなタイトルのこちらの本を読みました。

中身はいたってわかりやすく、専門用語もほとんどなく、面白かったです♪

 

印象に残ったのは、「日本の夏」は「アフリカの夏」より過酷 という説明。

最近の猛暑は命が危なくなるほどですから、ピーク時の暑さを考慮して住まいは考えなければいけないですよねぇ。

 

汗は人体の冷却において最も強力な「武器」である。

ただし、この武器には大きな弱点がある。

それは、「汗は乾かなければ冷やせない」ということ。

汗の中の水分が乾いて水蒸気になるとき潜熱を奪うから、体が冷える。

汗が乾かずにしたたり落ちてしまっては、体を冷やす役には立たないのである。

 

「人類の発祥地」であるアフリカは、1年を通して気温は高いが湿度は低い。

だから汗は出るそばから乾いてくれる。

こうした気象条件に適当するため、人類は発汗機能を強化してきたのだ。

しかし日本の夏のように湿度の高い環境では、空気がもともと大量の水蒸気を含んでいるので、汗が蒸発した水蒸気を引き受ける余裕がない。

だからせっかくの汗は蒸発することもできず、むなしくしたたるだけ。

日焼けした肌から滝のようにしたたる汗は夏男の象徴だが、実は単なる「冷却不良」でしないのだ。

湿度が低ければ高い気温でもしのげるが、湿度が高い場合には許容できる気温は大きく下がってしまうことがわかっている。

人類のDNAにとって、日本の夏は想定外なのである。

 

温度と湿度の両方が高い危険な状況では、やはりエアコンで冷房して温度・湿度を下げるしかないのである。

2011年の夏に救急車によって搬送された熱中症患者は、東京都23区だけでも2712人に及んでいる。

最高気温の上昇とともに人数は増加し、患者の39%は住宅内で発生している。

本当に暑い時の備えが、住宅には不可欠であることがわかる。

 

むやみにエアコンを「危険視」する風潮は、こうした健康や命のリスクから問題が多い。

ましてや近年の気温は上昇傾向にあり、夏の暑さはさらに厳しさを増す可能性が高い。

「日本の夏」は手ごわいことを再認識し、必要と感じた時には無理せずエアコンをつけるべき。

温度と湿度を同時にモニターして警告してくれる熱中症計を携帯し、リスクの度合いを判断することも有効である。

 

 

エアコンに頼らないと命が危ないという日も限りがありますので、そのときは無理せずエアコンを使いたいですね。

このとき少ないエネルギーで部屋がきちんと冷える性能であれば、罪悪感も少なくエアコンを使えます。

アフリカよりも過酷な夏を乗り切るにはやはり、断熱・気密はしっかりした住まいが当たり前になってほしいな

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆

 


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by haracyu   2013年03月22日 09:36
僕も数年前にお客様宅で和室のカビの対処について打合せしていた時に「日本の夏は最強ですね・・・」と話した事を思い出しました。丈夫な家を造る事も、断熱気密をしっかりする事も今や当たり前となっていますよね。
2. Posted by ビルダーナース   2013年03月23日 22:09
>haracyuさんへ

一般的にはまだまだ断熱・気密住宅は認知度が低いかなぁ・・・
賃貸物件はことさらに性能良くないですね(-_-;)
このへんが改善されると日本住まいもグンと長持ちになるかしら。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気