2012年09月18日

理念は日頃の生活習慣を見直してから作っても遅くない

「ホームページに理念を掲載したほうがいいかな・・・」

 

とある工務店さんと話の途中にそんな話題が出ました。

「理念?言葉にしたものありましたっけ??」

「いやぁ、まだないけど、あったほうがいいのかな」

 

どちらでもお好きなように。

ただし言葉にして掲載するなら絵に書いた餅にならないようにお願いしますね。

 

というのが私の見解です。

 

かくたる理念を持ってこう進むべし、みたいなのって男性が好きそうなことですよね。

 

立派な言葉になって掲げられた理念は数多くありますが、そういうのが好きな男性の奥様方の多くがそれを知ったら、「そんな大層なこと言う前に、自分の出したもんくらい片付けないさいよ。」と言いそうです(笑)

 

使ったものは元の位置に戻す

出したら片付ける

服を脱ぐときは裏にせず表にして脱衣かごに入れる

雨が降りだしたら洗濯物はとりこむ

ちゃんと探してから「あれはどこ?」と聞く

 

などなど細かいことはキリがないほど日常でアレコレ旦那様に言いたい主婦などからすれば、大きな言葉を掲げるよりも、目の前のこときちんとしたらどうなの、と言いたくなるような理念は巷に溢れていますよねぇ。

 

そもそも理念という言葉を、女性はあまり使わないかもしれません。

 

それよりも約束事、決まりごと、守ってほしいことのような表現で使うでしょうか。

 

男性が理念について男性同士で語っているときは違和感はないでしょうが、女性が交じると見解は大いに変わってくると思われます。

 

身近な女性陣から「そんなこと言うならこれくらいきちんとやってよ」と苦情が出ないよう、日頃の習慣を見直してから理念は言語化したほうがいいかもしれませんネ

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Skypeでナースコール♪
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪