2012年09月01日

地盤調査は信頼できるの??

地盤安心住宅をつくる方法
地盤安心住宅をつくる方法
クチコミを見る
地盤ネットというサイトを見てから気になっていた「地盤セカンドオピニオン」。

この活動をされている方の著書を読んでみました。

 

敷地の地盤が住宅の安全性に影響を与えるのは、地震の時だけではありません。

もう1つの大きな影響を及ぼす問題として、不同沈下があります。

不同沈下が生じた場合、きちんと修復するには大がかりな工事が必要となり、多額の費用がかかります。

そのため、最近では、不同沈下が心配される敷地に新築する場合、地盤改良工事を行うことが多くなってきました。

 

建築基準法では、敷地の地盤に合わせて住宅の基礎をつくるように規定されているため、現在ではほとんどの敷地で地盤調査が行われます。

地盤調査によって敷地の地盤の強さを知り、適切な基礎の設計を行い、また、必要であれば地盤改良工事を行うことになります。

 

本当に地盤改良が必要な敷地に、適切な改良工事を行うことは、長年にわたる不同沈下の危険を避けるために、非常に大切なことです。

しかし、「本当に工事が必要か」どうか、また、「適切な」工事が行われているかという点に、現実は大きな疑問があるのです。

 

筆者の一人、山本が携わる「地盤ネット」では「地盤セカンドオピニオン」という活動を行っています。

この活動を通して得たデータなのですが、地盤調査をした業者が地盤改良工事が必要と判断した敷地の70%近くが、地盤セカンドオピニオンでは工事不要と判断されました。

 

それでは、なぜ地盤調査をする業者は、過剰とも思える改良工事を勧めるのでしょうか。

その大きな原因が、筆者には、地盤調査費用の安さにあるように思われてなりません。

現在、住宅の敷地で広く行われている地盤調査法「スウェーデン式サウンディング試験」は、手動の場合2人の技術者が半日がかりで実施する調査です。

その費用が1件当たり2万〜3万という現状では、地盤調査だけではビジネスになりません。

実際、住宅の地盤調査は、大型ビルなどの地盤調査を行う専門業者が携わるケースはほとんどなく、地盤改良工事などを手がける地盤業者が行っています。

当然、地盤調査を受注すると、地盤改良工事に結びつかなければ企業として存続できないことにもなりかねないのです。

 

こうした背景から地盤調査にセカンドオピニオンをになったのでしょうが、住宅もしかり、瑕疵が出ないように検査だ調査だと、仕組みがどんどん複雑になるばかり。

 

第三者が入ることで不正や過剰品質になるのを抑制できるかもしれませんが、第三者が必要なほどになってしまうこと自体、本来嘆かわしいのではないかと思えます。

 

安全か確認するための調査が1回だけでそれを確認しづらい。

なぜなら調査だけでは儲からず、ビジネスは成り立たないからってねぇ。。。。

 

だったら儲けるためにやりたいのか、安心や安全を提供したいのかを天秤にかけなくても、両方兼ねた価格設定にし、なぜこれだけ費用がかかるかきちんと説明すればいいじゃないって突っ込みたくなりますわ。

 

結局、調査を受注しないと改良工事につながらないから、調査費用は値下げしても改良工事でカバーすればいいって発想ですよね。

 

そういう思考の持ち主に調査を任せてホントに大丈夫なの?

根本の部分で信頼に関われば、やがてビジネスは立ちいかなくなる気がしますが・・・・

 

 

この本は地盤について図や絵でわかりやすく書かれているのでオススメです。

地盤調査ってそもそも信頼できるか、セカンドオピニオンもありがたいけど調査したのをまた調査ってなんか変じゃないのかなどと、色々考えさせられました。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気