2012年08月21日

目に見える設計力の磨き方と、目に見えない設計力の磨き方

工務店さんから設計についてお悩みを伺いました。

設計は専門ではありませんが、コミュニケーションから私なりにお伝えできることがあります。

 

良い設計をしたい、アッと言わせるような設計をしたい、などお客さまの期待や予想をはるかに上回る設計で「どーだ」と自信満々に提示したい。

そんな気持ちは多くの設計者や工務店さんがお持ちでしょう。

 

そのようなお客さまからの反応は、そもそもどんな時に起きると思われますか??

予想より期待(予想<期待)が上回ったら、とよく表現されますが、もう1つ。

相手の顕在意識にある願望だけでなく、潜在意識にある願望を多く引き出せた設計となったとき、と私は考えます。

 

聞き慣れない方もいるかもしれませんが、顕在意識と潜在意識の違いはネットで検索すればたくさん出てきますので、ご自身でぜひ調べてみてください。

 

海水から出ている10%の部分と海水以下にある90%にある氷山に例えられる意識。

10%の部分が顕在意識で、90%が潜在意識だと言われています。

通常の生活で私たちが認識しているのはこのたった10%の顕在意識です。

 

ということは、お客さまからヒアリングして要望を聞き出しても、それはお客さまの意識のうち、たった10%の部分でしかないということになりますよね。

 

それに対し設計者側も同じように自分の10%の意識で設計していても、感嘆の声を上げたくなるようなものがひねり出せるでしょうか。

 

「へぇ」くらいにはなるかもしれませんが、「わおぉぉ」までいくのは難しいかもしれません。

 

互いの10%である顕在意識でやり取りして出した設計よりも、90%もある潜在意識を活用したほうが、大きな感動を引き出せるものになると思いませんか??

 

ただし言葉通り「潜在」した意識したですから、はっきりと認識はできないと思ってください。

これがあなたの潜在意識にある願望でしょう、と簡単に提示できるようなものでもありません。

じゃあどうするの、ってことになりますね。

 

それには、とにもかくにもコミュニケーションが必要でしょう。

 

一般的にお客さまにヒアリングシートで聞くような内容からは、潜在意識下にある願望までも引き出すのはまず無理だと思ってくださいね。

 

簡単に書いて提出できるようなのは、顕在意識下で行う行為となります。

 

ひっそり眠っている願望は、はっきりと言葉にできるように認識できるまで、いくらかの時間がかかりますよ。

 

言葉にできないけれど、なにかある。

雰囲気やモヤモヤとしたイメージ。

でもうまく伝えられない。

なんだろう。

この写真にちかいかも。でもこれと全く同じじゃない。

よくわからないけど、目の前にあるこれじゃないことは確かなんだけどなぁ。

 

みたいな状態ですので、それを引き出せるかどうかは、相手との対話の中からこちらが汲み取っていかないといけません。

 

設計が難しいのは、この対話ではないでしょうか。

 

Aという条件で設計を、と問題集のように条件があらかじめ確定しているなら楽にできることでも、AだけでなくBCDもあるかもしれないけど、もしかしたらZまであるかもしれないのをこちらが引き出してから。

しかもZまであるか確定ではなく、相手も自分でFまでなのかJまでなのかまるでわかってない。

 

そういう状態で進めないといけないとなると、これはもう設計力より前に、コミュニケーション力と人間力が問われますので、技術的な研鑽だけでは相手から「わぉぉ」を引き出すには至りにくいということになります。

 

問題集を解くように、あらかじめ確定された条件で設計力を磨く練習は、基礎体力を上げるためにもちろん大事。

そしてそれと当時に、対話から相手の潜在意識下にある願望を引き出すコミュニケーション力を身につける力は、さらに大事。

 

両方を伴ってこそ、お客さまから大きな感動を得られると捉えてほしいなと思います。

 

だいたいにおいて設計力というと、基礎体力を上げるための講習やセミナーが多いですけどね。

 

コミュニケーション力は日々の積み上げで磨かれるもの。

どれだけ目の前の人を大事に、まずはその人の潜在下にある願望は何か探っていくところから。

手間がかかり正解のないことだからこそ、多くの人がやりたがらないことでもありますね。

 

ということは、やった人もん勝ちかも。

 

まぁ本質的なことって、得てして目に見えないことが多いのですが、設計についても突き詰めればそうかもしれませんね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気