2012年05月19日

イベントは、目の前にいてくれる人をねぎらうために

お客さまに会える機会が小売業に比べて圧倒的に少ないこの業界。

それを補うために、見学会や相談会などのイベント開催をする工務店さんも多いと思います。

 

イベントは慣れないと開催し続けるための要領を得ず、毎回どっと疲れるという声をよく聞きますねぇ。

 

何ごともバランスを取るのは大事なこと。

あまりに疲れすぎると、イベントに関わるスタッフ全員がだんだんとイベントごとにやる気が下がり、ややもすると「面倒だから人が来ないと良いのになぁ」など、潜在的にイベントの成功を願わなくることも・・・

 

実はこれが一番、やってはいけないことかもしれません。

 

関わる人すべてができるだけ楽しむ。

義務感や責任感に押しつぶされないように配慮する。

やればいいんでしょ、とやっつけ仕事にならないよう余裕をできるだけもって準備する。

 

そういうイベントに付随する目に見えない背後の空気や関わる人の気持ちを大事にできないなら、する気がないなら、そもそも効果は期待できそうにないような。。。。

 

開催したときの集客数ばかりに気を取られず、全体を引いて捉え、始めから終わりまで気持ちよく実行できるなら、イベントは継続しやすくなるでしょう。

 

私がいつもオススメするのは、イベントは関連業者さんを主役にすること。

 

例えば現場見学会。

工事の仕上がり、それも清掃後をじっくり見てもらうことは少ないでしょうから、見学会当日に家族を連れて、日頃の頑張りを家族に披露&自慢してもらうのです。

職人さんがこうした場に訪れることに慣れると、だんだんと友人や知り合いなども連れてきてくれるようになりますから、そこから紹介が増えるといいですよね。

 

下職にイベントを手伝わせて当然という態度では、いけません。

現場に関わってもらった人の晴れ舞台を演出する、くらいの気持ちで労をねぎらってあげてください。

 

見ず知らずの人をイベントで大量に集客するというのは、費用もそれなりにかかります。

それよりも、既に関わっている人とその背後にいる人と深く出会う機会を作る場にする、という意識でイベントを開催すると、継続しやすくなりますよぉ。

 

まだ見ぬ遠くの人より、今、目の前にいてくれる人を大事にするほうが、長い目で見たら集客の効率は良いです。

そのためのイベントだと捉えると、燃え尽きるほどイベントに肩入れせずとも、コツコツできるのでは??


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 元単身赴任のYH   2012年05月19日 21:35
こんばんは。

イベントをやると、集客にばかり目が行きがちです。まずはにぎわったほうがよいので、人集めに躍起になってしまう。よくわかります〜。
関係者の労をねぎらう。
大切なことですね!
さすがビルダーナースさんです〜。
2. Posted by w   2012年05月20日 14:41
こんにちは。
身近にいる人たちをねぎらうためにイベントを……うーん、そういう発想はこれまで無かったかも。ついつい、入場者数に眼がいっちゃいますからね〜(苦笑)。データにまどわされないよう、気をつけます。
3. Posted by ビルダーナース   2012年05月20日 22:21
>元単身赴任のYHさんへ

イベントも開催当初は関係者中心の集客は寂しくなるかもしれませんが、数をこなすと賑わってくるようになりますよねぇ。

あそこのイベントに行けばスター気分になれると関係者が認知してくれれば、自然と友人も連れてきてくれますし。

集客も周囲の人を大事にすることで、効果が表れやすくなりますね。
4. Posted by ビルダーナース   2012年05月20日 22:24
>Wさんへ

そうなんですよね。
当日の集客数ばかりを気にすると、大事なところを見落としてしまいます。

誰だって自分を持ち上げてくれたり、大事にしてくれる取引先なら、頼まなくても他のお客さんを紹介してくれますよねぇ。
どうせイベントするなら、主催者の利益にもなり、取引先への感謝の場にすれば、みんなハッピーになれちゃいます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気