2012年05月12日

怒るのは、人間性を捨てること

怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)
怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)
クチコミを見る
この本を読んで、「怒り」について深く考えさせられました。

 

怒るのは足り前だ」「怒って何が悪い?」「怒らないなんて腰抜けだ」。

こうした言葉を、我々は日頃よく耳にします。

実際、怒っている人の数を数えたら、枚挙に暇がありません。

皆さんの周りにもいるでしょう?すごく悪い言葉をしゃべったり、人をなじったり、悪態をついたりする人が。

最近は「怒るのは堂々とした態度だ」という風潮もあります。

けれど「怒り」などという言葉は、本来、気軽に口にできる代物ではありません。

「私は怒りました」などと言うのは、「私はバカです」と触れ回るようなものですからね。

「怒り」の本当の意味を知っていたら、おいそれとは口にできません。

逆に言えば、「怒り」という言葉をこれだけ頻繁に耳にするのは、たいていの人が怒りについて何も知らないということでもあります。

 

なにか正当な理由があるから、理不尽なことが起こったから、などという理由で怒ったことは幾度となくあります。

でもこの本を読んで、理由がなににせよ、怒りというのは智慧のない行いであることを痛感しました。

 

何度も言うように、人間は、怒らないほうがいいのです。

本当にいいのは、怒らない方法を探すのではなく、ただ怒らないことです。

人を殺したり、殴ったり、批判したりという、あらゆる恐ろしいことがこの世で起こるのは、その人が起こっているときに限られています。

世界をよく見てください。

誰かがすごく怒って、人を殺しているでしょう。

人を侮辱したり、批判したりしているでしょう。

国同士で戦争しているではないですか。

私は嘘や冗談を言っているわけではないのです。

怒っているときは、その人はただの化け物か鬼であって、人間ではありません。

「あの人は、怒ったら鬼です」とよく言うでしょう?

1回でもそれくらい恐ろしいのですから、回数を重ねてはいけません。

怒りの回数を重ねることほど怖いものはないのです。

「たとえわずかでも、怒ることはすごく恐ろしいことだ」と自分に言い聞かせてください。

もしも怒ってしまったら、すぐ「あっ、自分は生命の次元でどん底に落ちた。ここにいてはいけない」と一刻も早く気づいて、人間の次元に戻ってくるようにすべきなのです。

 

動物以下の無知な生き物になりたくはないでしょう?
だったら「怒るのは、最低で無知な人である」「怒るのは、人間性を捨てることだ」ということを理解してください。

「怒っている自分には、理解力も合理性も客観性も何もないのだ」ということを心の底から受け止めてください。それができるようになると、もう怒れません。

努力して怒りを抑え込むのではないのです。

自分の心の怒りに気づいたら、怒れなくなってしまうのです。ぜひチャレンジしてみてください。

 

怒ることは動物以下の状態に堕ちていることと同じこと。

それがわかると、確かにどんな理由があっても堕ちたくないですから、怒ることは損だとわかりますね。

 

怒る人は負け犬です。

知性のかけらもありません。

たんなる怒りで動く肉の塊です。

逆に、自分の心に芽生えた怒りを瞬時に察知して、怒らないでいられたら、素晴らしいことが起きます。

「この問題をどうするべきか」と智慧が働いて、相手の怒りにも勝てるのです。

そしてこの「勝ちました」という刺激は、とても気分がいいのです。

 

怒りというのはあって当然の感情だから、多かれ少なかれ誰でも怒るもんだと思っていましたが、大きな勘違いでした。

自分が怒っているときの状態は自分でも嫌ですし、誰かの怒りを見ても、心地よいもんじゃありませんよね。

今後の人生、怒らないで過ごそうと、心に強く誓います!

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 元単身赴任のYH   2012年05月14日 08:34
おはようございます。

めったに怒ることはないのですが、やったときは「しまった〜」と思います。後悔します。
怒ってはいけませんよね。
今日の話も、しっかり頭に入れておきます〜。
2. Posted by ビルダーナース   2012年05月14日 21:47
>元単身赴任のYHさんへ

YHさんでも怒ってしまったことがあるんですね。
怒っている自分は美しくないですし、なんか嫌な気持ちになりますよね。
私も二度と怒らないよう、注意しまーす

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Skypeでナースコール♪
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪