2012年02月02日

赤土、石炭、にがりでつくる叩き上げの土間

住まいのことのは手帖
住まいのことのは手帖
クチコミを見る
言葉として知っていたけれど、語源については知らなかった「三知土(タタキ)」

すっかりはまってしまったこちらの本から、ご紹介しますね。

 

【三知土】

「三知土」と書いてタタキである。

三つのなにかが和してできあがった土というわけだが、とてもじゃないが読めない。

三つの何かとは赤土(砂利を含む)、石炭、にがり(苦汁)である。

これに水を加えて叩き固めると、見事な土間ができあがる。

叩いて固めるから「叩き土」を略したのがタタキの語源であるが、「叩き」としないで「三知土」としたところが憎い。

 

「三知土」は今も言葉として生きていて、玄関は三知土です、なんていうが、実はコンクリートの土間であったりする。

三知土という言葉が独り歩きしてしまった一例だろう。

古い農家に行くと、見事な土間がある。

農家に限らず、古い民家にも残っていることがある。

 

かつて関西の古い宿場町に出かけたとき、そんな三知土に出会った。

三知土の良さってなんですか?と聞いたら、即座に答えが返ってきた。「天気予報がいりません」

どういうことかというと、雨が近いと、土間が湿ってきて色が変化する。

それを見逃さなければ、明日の天気がわかる、ということだ。

見事な自然との共生である。

考えてもみると、昔の人々は、花崗岩や安山岩などの風化した珪酸質の土に石灰と水を加えると化学反応で硬化することを知っていたわけだ。

おそらく漆喰でそのことを経験的に知っていて、それを土間に応用した、というのが真相だろう。

 

叩くという行為は教育上あまり歓迎されない時代になったし、頭を叩くのはあまり感心しないけれど、土間を自然素材でつくるために、ペッタンコペッタンコと思い切り叩く(これを点圧という)のは、ストレス発散にもなって大歓迎。

「叩き上げ」と言えば、苦労を重ねて腕を磨き一人前になることだが、間違えやすいのが「叩き大工」。

叩き上げの大工のことではない。

技の未熟な大工のこと、あまり技量を必要としない仕事をする大工のことである。

叩きと叩き上げるのではこうも違う。

 

「三知土」は生半可な叩きでは完成しない。

叩き上げなければ、本物の土間にはならない。

どうせ叩くなら、自然素材と自然の科学現象を最大限に利用して徹底的に叩くこと。

「三知土」の空間を前にすると、そんな思いが浮かんでくる。

 

 

こう説明されると本物の三知土にお目にかかったことはないような・・・・

本物のタタキには天気予報要らず。

昔の人の知恵ってすごいですねぇ。

 

そして「叩き上げ」、と「叩き」では腕の差に歴然とした差があることも初めて知りました。

 

コンクリートよりも、やっぱり本物の三知土の方が良いですね。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 元単身赴任のYH   2012年02月04日 10:32
おはようございます。

これでたたきと読むのですね。
漢検1級クラスでしょうか?
たたきがなんなのかがよく分からないのが、ザンネンです〜。
2. Posted by ビルダーナース   2012年02月06日 10:25
>元単身赴任のYHさんへ

三知土については、こちらをご覧いただくとわかりやすいかと思います。
http://www.geocities.jp/azumazouen/page003.html

おそらく「あぁ、これね」とおわかりかと・・・・

最近はタイルの玄関が主流で三知土はみかけなくなりましたが。。。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気