2010年11月16日

集客のデザイン工程はたくさんあるから、整理が大変

先週は、大阪へクライアント先の工務店さま訪問に出かけてきました。

 

集客の流れを構築し、それに必要なツールの準備方法、スケジュールを組む方法などを一緒に作業。

 

これを集客デザインと私は呼んでいます。

 

デザインと捉えると、お客さまの使い勝手や動線を自然と意識できるようになるからです。

 

単なるマーケティングとか集客という言葉だけでは、ついお客さまをどう動かすかと、駒のように考えてしまいそうで、あまり好きではありません。

 

お客さまができるだけ迷ったり、悩んだりしないよう、気持ちよく動いてもらうためには、かなり細かい作業が必要です。

 

出会いから契約、工事、引渡し、メンテナンスまで、一貫した流れを踏まえてデザインを考えると、たくさんのやらなければいけないことが見えて、ビックリされてましたが・・・

 

なぜこれだけ細かい作業が発生するかわかると、チラシをどか〜んと打つみたいな、単発のPRがたいして意味をなさないことをよく理解いただけました。

 

 

現場を回していくのはみなさんお得意なのですが、どうも事務的な作業を進めるのは苦手みたいですねぇ。

作業工程を洗い出してスケジュールを組んで進める方法と、書類の管理方法、パソコンでのデータ管理方法もコツも伝授いたしました。

 

限られたスタッフで最大限の利益を上げるには、日々の作業工程をスムーズに無駄なく進めることも大事ですよね。

探し物に時間を取られるのが一番もったいないっ。

 

事務系の職人を自認する私としては、実務の工程管理まできっちりご提案できるのが売りでもあります(笑)

 

 

最後は、ご夫婦で仕事をするこの工務店さまに、作業を進めるに当たり、お二人の衝突しやすい視点の違いをご説明してきました。

 

これはご夫婦で仕事をされる全ての方に当てはまる、衝突しやすいパターンを認識いただくのが目的です。

 

なぜ衝突するのか、どうやって乗り越えるか、をあらかじめわかって実際に衝突するのと、そうでないのとでは、リカバーまでの時間に雲泥の差が生じます。

 

わかっててもやってしまうのが人間ですから、衝突は避けて通れないかもしれません。

 

でも理由がわかれば、「やっぱりココでぶつかるね」と、多少の余裕が事態を深刻化せずに済むかなと思います。

 

また、いくつかの衝突を越えると、今度はお客さまのことがよく見えてくるでしょう。

 

男性と女性とでは、視点や立ち位置の違いでどうしても相容れないことが出てきますし、それはお客さまも同じなので。

 

自分たちが越えてきたことを、別の形で目の前でお客さまが展開しているのを見たとき、場の収め方が上手になれば、かつて衝突してきたことも、活かされます。

 

だからぶつかるときは思い切りぶつかって、荒波を越えて、お二人の絆をよりいっそう深めてほしいものです。

やっぱりお客さまも、夫婦仲の良い人に家を建ててもらいたいはずですしね。

 

引き続きサポートさせてもらいながら、デザインの完成度を上げ、心から納得できる方法でお客さまとの出会いが広がるよう、私もさらに知恵を絞りま〜す。

 

 

jyoumoncafe01ランチには縄文スタイルのカフェで、ヘルシーなランチをご馳走になりました。

K社長と奥様、ありがとうございます♪




jyoumoncafe02

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 元単身赴任のYH   2010年11月18日 08:29
おはようございます。

集客デザイン。
いい言葉ですね。
集客というとマーケティングの言葉が頭に浮かんでしまいますが、デザインという言葉はいいですね。アカデミックで創造的です。

ポチッ
2. Posted by ビルダーナース   2010年11月18日 23:30
>元単身赴任のYHさんへ

ありがとうございます。

実際に集客を考えてみると、デザインになっていくんですよねぇ。
かなり細かいところまで緻密にコツコツ積み上げていかないといけないので、職人技が必要にもなってきます。

楽に簡単にがウケるこの時代、なかなかみなさんその現実を受け入れたくないようですが。。。(笑)
3. Posted by imaik   2010年11月20日 15:19
 師匠、さすが!

 デザインする・・・、ですよね。なるほどシックリきますね。

 「楽に、簡単に」は、無いでしょうね、たぶん。

 ですから、地道にドシブトクと思っています。
4. Posted by ビルダーナース   2010年11月21日 21:59
>imaikさんへ

いつもお褒めいただきありがとうございます。

デザインと捉えると、何度でも修正して精度を上げ、心地よいものに仕上げることの意味がより理解できるようになると思います。

仰る通り、楽に、簡単ではありません。

手間がものすごくかかります。

imaikさんのメルマガみたいに、地道にコツコツしかないですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気