2010年09月25日

水問題と土地所有感覚の関連性

世界が水を奪い合う日・日本が水を奪われる日
世界が水を奪い合う日・日本が水を奪われる日
クチコミを見る
橋本淳司さんというかたの、「世界が水を奪い合う日・日本が水を奪われる日」という本を読んで、水問題に興味を持ってから、メルマガも購読させてもらっています。

 

最新号は最近なにかと報道され始めた、日本の森林が外国に狙われているお話でした。

土地に対する私たちの感覚により、自分たちで自らの首を絞めているようですヨ・・・・

 

森林法では民有林の売買に関する規制はなく、所有者は自分の山林を自由に売買できます。

国土利用計画法では、1ヘクタール以上の土地(都市計画区域外)の売買は、都道府県知事への届け出が必要ですが、1ヘクタール未満の土地については届け出義務がなく、誰が水源地を買ったのかもわかりません。

 

森林を取得した場合、保安林等の法的規制がかかってなければ、比較的自由に所有者は開発ができ、1ヘクタール未満、つまりサッカーコートと同程度の面積の林地なら開発規制はありません。

 

所有者は木を伐採してもよいし、温泉や井戸を掘って自由に温泉水や地下水を汲み上げることができます。

仮に森林の水源かん養機能や土砂崩壊防備機能が損なわれたとしても、法律で規制することは難しいのです。

 

土地所有権の強さは、日本人の土地に関する感覚を歪めたように思います。

 

たとえば森を所有する場合、個人のものであっても、周囲への影響は大きく、完全に個人のものとは言えません。

 

森を所有する人は、社会共通の資本を所有しているわけです。

 

しかし、そうした感覚をもっている日本人は少ないでしょう。

 

それは日本人が土地を金儲けの道具と考えてきたからです。

 

 

家も同様ですよねぇ。

個人の所有物であると同時に、社会の資産でもあるはずですが、所有物という感覚が大きいせいか、街並みはおもちゃ箱をひっくり返したかのように、まとまりがありません。

 

土地が社会共有の資産であり、公共のものだなどという考えは露ほどもありませんでした。

こうした影響が現在にも及び、国土に対して公という意識をもたない日本人が多いのです。

だが、私的所有権の強さによって、国土の重要な部分を失うことになりかねないというのは皮肉なものです。

 

その通りの状況になりつつありますね。

 

自分のモノだと「我」を主張し過ぎれば、結局はその「我」によって、大事なモノも失ってしまう。

 

まだ手遅れではないでしょうから、制度が整っていないという言い訳はさておき、土地に対する感覚を自らが変えていく時期ではないでしょうか。

 

土地は個人の所有物であるだけでなく、社会全体の資産でもあると。

 

現実が意識を変えるのではなく、意識が現実を変えるのですから、一人でも多くの人に社会性の感覚を思い出してもらい、いつまでも豊かでおいしい水に恵まれた日本を守りたいですね。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと ↓LOVEな応援よろしくお願いし まーす!




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 元単身赴任のYH   2010年09月25日 23:55
こんばんは。

水が狙われているというのは、ちょっと怖い話ですね。日本の60%以上は山林。しっかりと守っていきたいですね。

ポチッ
2. Posted by タッキー   2010年09月26日 16:34
某国が、日本の水源地の山林を買いあさっているという事を随分前に聴いたコトがあります。

森林(山)を守るということは、水を守り、川や海を守る事につながっていると思います。

中央アルプスや南アルプスのような深山の多くは、国有林だったりする事が多いでそんなことは少ないでしょうが、身近な里山などの場合には、所有者がまちまちで、もしかしたら、海外へ国土を守るモノが流出してしまう可能性があるのかもしれません・・・

今回訪れていただいた信州伊那谷はそんな場所、ご他聞に漏れずに、多くの山林は手入れが出来きれずに荒れてしまっている場所が多いです。

根本的な社会構造を見直さないと、この状況はなかなか変わらないのではないかと思う信州の山猿です・・・

今回はいろいろとありがとうございました。
3. Posted by ビルダーナース   2010年09月26日 22:39
>元単身赴任のYHさんへ

水が狙われているのは怖いお話ですが、元を正せば私たちの意識がそうさせているとも言えますよねぇ。

外国が悪いと騒ぐ前に、自らの襟を正さないといけない時期だよなぁ。。。
4. Posted by ビルダーナース   2010年09月26日 22:52
>タッキーさんへ

そうそう、なにかとお騒がせな例の某国が、森林を買い漁っているらしいですね。

彼らを悪者にするのは簡単ですが、それを許してきた、私たち一人ひとりの無関心さが問題を引き起こしたんですよね。

法律を変えれば、それで解決というわけでもないかもしれません。

なにが大事なのか、どう生きるのか、あらゆるところでそれを考えるのをおざなりにしたホコロビが噴出している気がします。

自然をどう残したいのか、残すべきか、もっともっと考えないといけないですネ

PS:
こちらこそ、今回もありがとうございました。
綺麗な景色に美味しい空気、伊那は最高ですね!
テン君ともラブを確認できて、心もホクホクです♪
5. Posted by yk   2010年09月27日 16:37
先日はありがとうございました^^
お話できて良かったです♪
後ほどまた連絡しますね。

ふむふむ。。。
1ha未満は、売買が自由だったんですね・・・知らなかった^^;

確かに共有の財産みたいなもですが、その意識レベルって低いのかも><

もっと水など資源について、意識レベルを上げないとダメですね><
6. Posted by ビルダーナース   2010年09月27日 20:51
>ykさんへ

こちらこそ、ありがとうございました。
やっとお会いできて、嬉しかったです♪
みんなあんなノリですが、真面目で熱い集まりですから、これからも顔出して楽しんでくださいネ

リアルでもよろしくお願いします。
7. Posted by tarou   2010年09月28日 04:20
ビルちゃん

先日は、お疲れ様でした。
貴女とは、あまりお話しすることが出来なかったのが心残りです。
一度、ゆっくりお話をしたいものですね。

8. Posted by ビルダーナース   2010年09月29日 21:25
>tarouさんへ

こちらこそ、ありがとうございました。

私もtarouさんとゆっくりお話したいです。
そのときは色々教えてくださいね

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気