2010年07月20日

建てればなんとかなると思ったら要注意です

集客に悩むとモデルハウスでも建てて施工力を見せればなんとかなるだろう・・・という発想になりがち。

数ヶ月モデルとして使ったあとに販売でもすれば、いいんだし。

みたいなノリで建てちゃう工務店さんもいらっしゃいます。

 

そうやって資金を投資して大変な思いをされている工務店さん、多くいらっしゃいますよぉ。

今のご時勢、売るのは大変なんですけどね。

たいてい赤字ギリギリの値下げをしないと処分できなくなっているのが現実ですから。

 

建てることがお仕事なので、なにかあると建てればなんとかなるとお思いなのかもしれません。

 

ですが、一番大事なことはお客さまとの接点をどれだけ持てるのか、です。

 

お会いしないと話が進みませんので、会える回数をどれだけ増やすか。

 

それも会ってすぐ契約に至るわけないですから、繰り返しお会いできるように方法を考えないといけませんね。

 

会うことも含め接点を持つなら、ニュースレターや季節のおハガキをお送りすることも良い方法だと思います。

 

 

建てれば売れるバブルの頃を味わったかたには、こういうことを何度説明しても、どうも納得できないのかしたくないようです(苦笑)

「そうだよねぇ」と言いながら、ニュースレターもブログも続いたことはなく、ましてや定期的な訪問ともなれば、たいてい続けられません。

 

そんな面倒なことしなくても、建てれば売れたからでしょうかねぇ。

 

普通に考えれば、そんな時代が変だったんですよね。

今のようにお客さまがじっくり検討され時間をかけて家づくりをされるほうが、マトモな時代だと思うのですが・・・・

 

バブルの頃はお客さんとのコミュニケーションの重要性そのものが、求められることが少なかったかもしれません。

 

その頃を経験された造り手達が、それを当たり前のように感じ今を迎えているとするなら、大きく欠落している部分があることを、素直に受け入れた方がいいと思います。

 

お客さまとのコミュニケーション、対話は絶対不可欠です。

その対話をするためには、会わないといけません。

 

ではお客さまと会うために、なにをしたらいいんだろう?

 

 

その答えは、必ずしもモデルハウスを建てるだけじゃないと思いますよぉ。

 

資金に余力があるならそれもいいでしょうが、ギリギリの状態で数千万の投資なんて、経営判断としてどうなんでしょうか・・・

 

それよりもどうしたらお客さまに会えるのか、

どこに行ったら会えるのか、

どうやって来てもらえるのか、

1回でも多くの接点を持つにはどんな方法があるか、

脳みそフル回転してスタッフ全員協力して考えてみましょう。

 

あの頃がもう一度来たらなんて淡い期待は捨て、気持ちを切り替えて進んでほしいなぁと思います。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by テクノデータハウス森田   2010年07月20日 20:25
おっしゃる通りです。
VC加盟店はモデルハウスは必須条件なんですが、中々利益を残して売れないですね〜。
知恵を絞るのはタダですから、考えないとね。
2. Posted by ビルダーナース   2010年07月21日 23:37
>テキノデータハウス 森田さんへ

そうですよねぇ。
モデルハウスを利益を出して販売するのは難しいですよね。
またそういうリスクを抱えたままでの仕事は、ストレスにもなっちゃいませんか?

森田さんはお客様とのコミュニケーションが上手ですから、そこからご紹介を継続的にいただけるようにするほうが楽しいですよね。
3. Posted by 元単身赴任のYH   2010年07月22日 07:59
おはようございます。

知人の知人に、モデルハウスが「当たった!」という人がいます。
2000万円以上の家が、900万円だったそうです。
この売値って、原価は割っているのでしょうか?気になります〜。

ポチッ
4. Posted by ビルダーナース   2010年07月23日 00:30
>元単身赴任のYHさんへ

ハウスメーカーのそういう販売は、原価割れはないでしょう。
全体の販売戸数が多いので、他の物件で利益が取れますからぁ。

住宅の場合、原価投下率というのがあります。
例えば1000万の住宅を建てた時に実際に建てられる家に、どの程度原価を使ったか図る指数です。
ハウスメーカーの平均は60%なので600万、工務店平均は80%なので800万となります。

お客様が損か得を計算するなら、この原価投下率を確認するのが一番なんですけどねぇ。
いくら値引きしてくれたかよりも。

だからYHさんのその知人は、原価投下率を知れば得だったかハッキリわかると思います。

でもハウスメーカーは自社の原価投下率は明かさないかな・・・
モデルハウス運営や広告費もお客様からしっかり貰ってることがバレバレだから。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気