2010年06月22日

正しい明るさと色味で撮るための3ステップ

Thing201007連載は終わったのですが、Thing編集部さまのご好意で毎回最新号をいただいております。

(編集部のみなさま、いつもありがとうございます。)

 

7月号の「一歩上行く施工写真 撮影テクニック 第2回」のテーマは 「正しい明るさと色味で撮ろう」

 

Step1 露出補正をマスターしよう

  カメラは白いものは暗く、黒いものは明るく写そうとする 

 

カメラは被写体が何であろうと、人間の肌色と同じ反射率の「18%グレー」に写そうとする。

白いものが被写体だとカメラは「(グレーにしては)明るすぎる」と判断してしまって暗く写すし、暗いものは「(グレーにしては)暗すぎる」として明るく写してしまうわけだ。

だから白いものを写すときはカメラの露出よりも明るくしてやれば良く、黒いものを写す時は逆に暗くしてやれば良い。

この操作を「露出補正」といい、よく使われる機能なのでどんなカメラでもワンタッチで調整できるようになっている。

 

Step2 暗いよりは明るく写そう

     リビングやキッチンなど、開放感が求められる空間は思いきって明るく

 

同じ空間にいても明るいと感じる人もいれば暗いと感じる人もいるように、人によって適正露出はさまざま。

特にキッチンやリビングなど明るく開放的に見せたい空間は、「このくらいでいいかな?」と思って、もう一枚それ以上にプラス補正して撮っておきたい。

 

Step3 ホワイトバランスを使いこなせ

     適正バランスを知った上で、表現としていろいろ試してみよう

 

基本的にカメラは、自然光(特に晴天や日陰)で撮ると青みがかって、電球では黄色っぽく、蛍光灯では緑がかって写してしまう。

そこで、たとえば光源が電球の場合にはカメラ内部で青みをかけて相殺してやるのがホワイトバランスだ。

手動で設定するときは、たいていのカメラで晴天、曇天、電球、蛍光灯などのプリセットがあるので、まずはそれを試してみる。

条件に合ったプリセットがない場合は、その場で白い紙を写してカメラに正しいホワイトバランスを覚えさせればOKだ。

 

 

毎回、お勉強になりますね。

人間の肌の反射率なんて、考えたこともなかったわぁぁぁ。

 

モデルチェンジが早いのでつい新しいカメラに目移りしちゃうのですが、今あるもので使いこなせないうちは、どんなに最新になってもたいして上達しないですよね。

 

ってことで、まだまだ修行が足りませ〜ん。

自分でこの写真いいなぁ、と思えるくらいでいいから、撮影上手になれるよう精進します。

 

Thingのこの連載、頼りにしてます!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと ↓LOVEな応援よろしくお願いし まーす!




PS:

私の友人が、風水セミナーを開催します。

会場は東京なのですが、ご興味あるかたはぜひご参加されてください。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yk   2010年06月22日 20:05
ホワイトバランスを使いこなすのかぁ><
結構難しいんですよね・・・

拘りだすと特に^^;

日々鍛錬ですね^^ノシ
2. Posted by 単身赴任のYH   2010年06月23日 06:21
おはようございます。

いつもAUTOでばかり撮影しています。広報の仕事が長かったので、カメラは結構、使っていたのですが。今はAUTOばかり。
いろいろな機能を使って、いろいろな写真を楽しみたいな〜と思いました。

風水、面白そうですね!

ポチッ
3. Posted by w   2010年06月23日 11:00
いつも
ご紹介いただきまして、
ありがとうございます。

住まいの写真、
実物より素敵すぎるのは困りますが(笑)
実物の良さが伝えられないのも、
もったいないな〜と思っています。

少しでも
お役に立てれば嬉しいです。
4. Posted by ビルダーナース   2010年06月23日 22:23
>ykさんへ

ykさんはホワイトバランス、使いこなしてらっしゃるのですね〜

ブログでのお写真ってykさんが撮ってらっしゃるのですよね??
コツを教えてくださ〜い。
5. Posted by ビルダーナース   2010年06月23日 22:27
>単身赴任のYHさんへ

私も基本はAUTOで撮るのですが、時々すごく暗く写ったりするのをどうしかしたいなぁと思ってました。

少し設定を変えてみるだけでも、写りが変わるんですよね。

デジカメだから何度撮ってもいいですね。
6. Posted by ビルダーナース   2010年06月23日 22:30
>Wさんへ

こちらこそ、いつもありがとうございます。

今回も勉強になりました。
この連載はどうか長く続けてくださいね〜
7. Posted by セルナビことヴィックライン   2010年06月26日 00:03
カメラの機能ってすごいですよね!
いつもかばんに入っているんですけど、
いつも撮ることを忘れてしまいます。
工夫して取るようにがんばります!!!
8. Posted by ビルダーナース   2010年06月26日 23:57
>セルナビことヴィックラインさんへ

最近のデジカメは色んな機能があってすごいですよねぇ。
笑顔認識機能とか、綺麗に撮れる機能もあって、そういうカメラを見るとつい買いたくなります(笑)

ブログをやって写真を撮る機会も増えたので、お互い上達したいですね!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気