2010年01月09日

作ればいいってもんじゃない

ホームページを見てほしい、というご相談をよくいただくようになりました。

先日も、とあるビルダーさんのホームページを拝見させてもらいました。

 

どのビルダーさんにも私が始めに伺う内容は、以下のようなことです

 

現在のホームページは誰が制作されたのか

管理担当者はいるかどうか

更新頻度を決めているかどうか

制作と運営にどの程度コストをかけているのか

問い合わせや資料請求はどのくらいあるか

スタッフは自社のサイトをどう感じているのか

実際の集客はどうのように行っているのか

 

先日のビルダーさんは、お施主さまが「ホームページくらいないとカッコつかないよ」と制作してくれた、珍しいパターンでした。

 

そういう経緯で立ち上がったホームページがゆえに、担当者もいなければ更新もほとんどしていない状態。

 

集客も紹介で成り立っているから、ホームページからの受注をそもそもアテにしていません。

 

こういうケースの場合、私はホームページを費用をかけてどうこうしようとしなくてもよいと考えます。

 

時間と費用に余裕があるなら、やるに越したことはありませんが・・・

まぁその程度の重要性ではないかと思うのです。

 

既に地場で、お施主さまとのコミュニティがきちんと構築され、紹介が長年にわたって継続しているなら、それがずっと続くように時間と費用をそちらに投資した方がいいでしょう。

 

それでも余裕があるなら、お施主さまへのイベントの告知であるとか、工事記録をつづるなどして、更なるコミュニティ強化を図る目的でホームページを運営するようにしたら良いと思われます。

 

制作会社やSEO対策会社からの広告攻勢がすごいらしく、「うちもこのホームページをなんとかした方がいいのかな?」とそのビルダーさんは思っていたようです。

 

そういうのに流されて、重要度の低いことに投資する余裕もあれば、すれば良いでしょう。

でもそうじゃないなら、優先度を見失わず目的をぶらさず、コストはかけるべきではないでしょうか。

 

プロから見たら「なってない」状態のホームページかもしれませんが、そのビルダーさんはそれには関係なく受注に困ってません。

 

ネットに強い人もいない、と言っておられましたので、だったら無理しないでそのままでOK

 

社内的にどうにかしたいとスタッフの気持ちが湧き上れば、その時にまた考えればいいこと。

 

社内の気持ちがまとまってないまま制作しても、運営で行き詰まりますからねぇ。

 

ホームページは必ずしも制作した方が良い、ってわけでもありませんヨ。ケースバイケースです。

広告攻勢に流されないでくださいネ

 

また、無理して作って管理がストレスになるようなら、ブログだけでも充分。

 

技術革新の早い時代ですから、操作や管理は将来もっと簡単になる日が来ると思います。

その時まで最低限のパソコン操作でなんとか乗り切り、アナログでその不足分を補いましょう。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yk   2010年01月09日 15:12
確かにそうかも。。。
自分ももっと、自分らしさを出したほうが良いかも。。。

ビルダーナースさんは、本当に一貫性があってそれに対して動いてますね!!

もっと自分にもらしさを出そう^^v

今書きたいことが一つあるので、それをまとめています〜^^ノシ
2. Posted by 単身赴任のYH   2010年01月09日 18:49
こんばんは。

何かあるとホームページで店や会社のことを確認することが多いです。
でも更新されていないと、逆効果ですよね。
新鮮な情報をいつもアップしてくれるサイトだと安心します。
ホームページの技術が無い場合は、ブログでもいいと思うんですけどね。

ポチッ
3. Posted by haracyu   2010年01月09日 20:05
自分がどうのようにしたいのか?
また、どのように成りたいのか?

ですね。

他人がやっているからだとか
これくらいしておかないと・・・等では
軸がブレブレで自分の意思とは
関係なく意味も無く右往左往してしまいますよね(笑)

僕の後輩がやってるケーキ屋さんの事なのですが、以前アドバイスのつもりで
「この種の商売なら絶対にブログ発信した方がいいぞ!」っと何度か言いましたが彼の店は未だにアナログです(笑)

でも、

繁盛しています。

そんなものですよ(爆)

信念を持って経営しましょう!
4. Posted by ビルダーナース   2010年01月09日 20:31
>ykさんへ

はい、ぜひとも自分らしさ全開でお願いします(笑)

自分以外の者にはなれませんから、無理して飾ったり、大きく見せる必要もありません。

言いたいことを真っ直ぐに言ってくださいね。
そこに共感下さる方が、ykさんのお客さまになりますから・・・
5. Posted by ビルダーナース   2010年01月09日 20:38
>単身赴任のYHさんへ

仰る通りですよねぇ。
ホームページで確認することって、連絡先やアクセスするため地図だったりしますね。
それならブログでも伝えられます。

私も技術やコストをかけられないなら、ブログだけでも充分ですよね。
6. Posted by ビルダーナース   2010年01月09日 20:44
>haracyuさんへ

そうなんですよ、まさに

>自分がどうのようにしたいのか?
>また、どのように成りたいのか?

ですよね。
これが見えてないと、周りがやってるから自分も・・・になりがち。

どんな時代でも、どんな道具があろうとも、自分の信じる道をコツコツ積み上げた人には適いませんね。

自分ができる範囲から、できることを積み上げる。

これに勝る近道は、私も存在しないと思いま〜す
7. Posted by 桜井一樹/桜井材木   2010年01月10日 09:20
HPよりもブログのほうが優れている点もあると思います。
たとえば更新頻度アップの容易さとか、HPのみではどうしても足りない発信側と見る側との壁の緩和の役目とか・・・。

僕も以前は「いまどきHPくらいないと恥ずかしい」なんて思っていましたが、今はその程度の意識で作ったHPを展開することのほうが恥ずかしい気がして、いつか自分で納得する時期がきたらHP展開にも着手するつもりでいます。

そういう風に気がつかせてくれたのは僕にとってビルダーナースさんであり、自立する工務店の会のみなさんです。
8. Posted by ビルダーナース   2010年01月10日 21:43
>桜井一樹/桜井材木さんへ

>>HPよりもブログのほうが優れている点もあると思います。

そうそう、そうなんですよ。
無料で開設できますし、操作も慣れれば簡単ですよね。
双方向でやりとりもできるし。

>>今はその程度の意識で作ったHPを展開することのほうが恥ずかしい気がして

これもその通りだと思います。
まぁ開設しておくか、、、程度ではお客さんもそこから情熱は感じ取れないですよね。

私の情報発信が桜井さんのお役に立てて、嬉しいです♪
これからも精進しますので、自立の会と併せてよろしくお願いしま〜す

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Skypeでナースコール♪
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪