2009年10月15日

偏った情報発信がされている媒体の使い方

11月号の日経TRENDYの特集は、↓

 

日経トレンディ0911


「本当に買いなのはどっち?迷いに終止符   極上 中古VS新品」








中古車、中古マンション、中古ケータイ、中古家電・・・・

「安くて良いものへのニーズが高まっている。

中古品の安さは魅力。ただし品質は気になる。

新品と中古品のメリットとデメリット、

購入する店や商品の選び方、買いの裏技を知った。

 

こうした特集を見るたびに感じます。

住まいは小売商品じゃないのに、こうやって工業製品と並列に語られるから、多くの人がモノを買う感覚で住まいを捉えちゃうんだろうなって。

 

家電や車のような工業製品と同列に住まいを記事にするんだから、当然ながら新築はメーカーの住まいしか紹介されていません。

 

中古マンションも、リノベーションについて大きな施工会社が取り上げられているだけ。

 

それで裏技もなにもあったもんじゃないですよねぇ。

 

ほんの一部分を大きく見せて載せるのだから、知らなければそんなもんだと思い、すごい情報だなと勘違いするでしょう。

 

まぁこうやって「そりゃないよ」って感じることも多い媒体の発信内容ですが、これはこれでしっかり見ておくことが大事です。

 

こういうのを鵜呑みにしているお客さまってどんな人だろう?

そういう人は工務店やビルダーに、どういう質問をするだろう?

それに対してなんと答えたらいいだろう?

 

こういうことを、イメージしておく練習になりますから。

 

ハウスメーカーの家づくりが当たり前だと思い込んでいるお客さまから質問を受けて、戸惑ったり、憤慨しているビルダーさんがよくいらっしゃいます。

 

気持ちはわかりますが、影響力の大きい媒体やCMの情報発信量は圧倒的にハウスメーカーが多いのは仕方ないですよね。

 

大事なことは、そうやって洗脳されている多くの人にどうやって目覚めてもらうかを、冷静に考えること。

 

そのためにも、こうして偏って発信されている媒体を自分で読み、同じくこれを読んだお客さまがどうこの情報を捉えるのか予測し、その対応をシュミレーションしておきましょう。

 

「なんか変だな」と思うときは、なにが変なのか、あるいはなにがまともなのかを考えろっていうサインなんだと思います。

 

だから食わず嫌いにならずに、変な発信がされている情報もたまには読んでみてください。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援よろしくお願いしまーす!


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yk   2009年10月15日 11:56
そうなんですよね・・・
最近いろんな方と話していて、家は建てるものって言うより、買うものって間隔の方が多いですよね^^;

買うというか、一緒に作り上げましょう〜って、言っても中々感覚のずれを直すの難しいですよね><

自分でもっとイメトレしておかないと^^v
2. Posted by 単身赴任のYH   2009年10月15日 17:35
こんにちは。

日経トレンディ。
人気の雑誌ですね。
このような特集があったのですね。知りませんでした。
先日、モデル住宅を訪問していたら、他のお客さんが「お宅は坪いくら?」みたいな質問が結構出ていました。
仕様で全然違いますよね。
いろいろ勉強しなくちゃ・・・!

ポチッ
3. Posted by gonsuke   2009年10月15日 20:28
今のお客さまも、「保証」について心配されています。超大手Sの営業マンが「大手は安心です 小さな工務店はいつ潰れるかわからないですから」こんなやり取りをやっているんでしょうね。
シミュレーションしておきます。
4. Posted by ビルダーナース   2009年10月15日 20:45
>ykさんへ

やっぱりそういう感覚のお客さまは多いのですね。

なかなかその思い込みを外すのは大変かもしれません。

でもそれも多くの人と接してみれば、上手になるはずです。

イメトレを続けながら、思い込み外しを上達させてくださいませ。
5. Posted by ビルダーナース   2009年10月15日 20:51
>単身赴任のYHさんへ

「お宅は坪いくら?」という質問が、一番業者側のモチベーションを下げる質問かもしれませんねぇ。

お客さま側にも多少の知識はひつかもしれませんが、大事なことは生涯付き合える相手かどうかを見極めること。

それには価格の話より、業者側に「あなたはどんな住まいに今住んでいますか?」と、その人の実際の暮らしぶりを聞いてみてください。
いくら色々セールストークをしても、その人自身に暮らしへの哲学がないなら、頼まないほうが無難ですので〜

工法を訴える業者なら、その人がその工法の家に住んでいるか、も重要な見極めポイントですヨ。

勉強よりも、たくさんの業者に会って目を肥やしたほうがいいかと思います。
6. Posted by ビルダーナース   2009年10月15日 20:55
>gonsukeさんへ

保証って捉え方が難しいですね。
やりすぎると依存させちゃいますし。

お施主さまも、業者も、どちらもそれぞれの立場からチェックし、手を入れて続けることが保証につながるんですけどね。

物理的なことだけでは限界がありますから、手入れをしようと実際に行動してもらう働きかけをすることも保証の一環ですと、地場の工務店は施主さまに訴えたほうがいいと思いま〜す。
7. Posted by あぶりしゃけ   2009年10月16日 11:31
日経トレンディは、20代前半の頃読んでました。
当時はこういうのを鵜呑みにする人だったのですが・・・。

流行はつくられる。。。

以前、広告業界にいたときにこういう雑誌がどのようにつくられて行くのかを知ったら、読み方が変わりました。

雑誌に限らず、世の中には偏った情報が氾濫してると思います。
そんな情報を、いかに自分の中で分類し、選び、どう利用していくのか・・・。
そんなリテラシー能力を磨いていくことが大切なんですよね。

日経トレンディのような雑誌なら、家造りをお仕事にされてる方なら、それ以外のところを読んでみていただきたいと思います。
そして、自分自身はどう感じて、どう行動しようと思ったか、ちょっと客観的にご自身を見てみられるといいかも。

それが消費者(お客様)の感覚なんだと思います。
8. Posted by 建築アトリエ夢空間   2009年10月16日 11:57
確かに今は家を建てるイコールハウスメーカーって人が多いです。
まぁそれだけ営業力?宣伝力?がすごいんですね。

もっと家を建てる人には色々探って欲しいんですけどこれも時代の流れなんですかね。
家って一生のうちの一番大きな買い物なんですけどね。。
もっと僕も頑張らないと^^v
9. Posted by ビルダーナース   2009年10月16日 16:27
>あぶりしゃけさんへ

そうですよねぇ。
流行は作られるので、偏った情報が世の中にはたくさんありますね。

普段なら自分もそんな偏った情報に踊らされている割に、仕事でそういう人に会うと右往左往してしまう。

そんな風にならないためにも、しゃけさんの仰るように、リテラシーを磨こうという意欲が大事ですね。

なかなか自分を客観視するのは難しいですが、意識すればきっと上達すると、私も自分の経験で感じています。
10. Posted by ビルダーナース   2009年10月16日 16:31
>建築アトリエ夢空間さんへ

ハウスメーカーの資金力はすごいですね。
TVにラジオCM、雑誌や大型イベントなど、一般によく目にする媒体にはほとんど露出してますものね。

だからそれが当たり前と考えてしまうのも、無理ないですけど。。。

それでも小規模ビルダーもそれなりに発信し続けることが大事ですね。
コツコツと精進してまいりましょう♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気