2009年09月19日

自然災害に便乗した悪質商法にご注意ください

悪質商法手口も段々と巧妙になっていきますが、自然災害に便乗したものもあると、国民生活センターが警告を出しています。

 

事例として、

 

・「当社と被災家屋の修理契約をすれば、行政から補助金が出る」などと虚偽の勧誘を行い、壊れた住宅の屋根や壁の修理契約を勧誘する。

 

・「ボランティアで、損傷した屋根にブルーシートをかけている」と言って訪問し、その後「応急処置が必要な箇所がある」「ブルーシートをかけるより、今すぐ補修をしたほうがいい」と不安を煽り契約を急がせる。

 

・公的機関ではないのに、公的機関を思わせる名称で「家屋の耐震診断をします」というチラシ広告を配布して勧誘する。

 

・「清掃に来ました」「何か困っていることはありませんか」などと、公的機関を装ったり、無料で行うサービスのように近づき、後で法外な料金を請求する。

 

・「地震後の点検」と言って電力会社を名乗り訪問し、地震による修理と称して高額な料金を請求する。電力会社とは無関係と判明。

 

・震災後の住宅を訪問し、「雨よけ」のブルーシートをかけた後、屋根工事を勧誘する。断ると「ブルーシート代」の名目で、高額な料金を請求する。

 

・「被災地に送るためにボランティアで古い布団を集めている」と訪問し、布団を寄付した人に「いい布団なので、もったいない。打ち直しをしたほうがいい」と高額な布団のリフォームを勧誘する

 

・日本赤十字社や中央共同募金会の名を騙り、担当者個人と称する銀行口座に義援金を振り込む依頼のハガキや電子メールを送りつける。

 

・公的機関を思わせる名称を用いて、自宅を訪問したり、ハガキを送るなどして義援金名目のお金を求める。

 

・「家屋の補修費、当面の生活費などを貸し出すので返済保証金を入金してくれ」と保証金名目で入金させ、貸し出しはない。

 

予期せぬ災害で困っているところに親切にされたら、私も信じちゃうだろうなぁ・・・

それでこういう悪質商法だったら、ショックですね。

いかにも怪しい手口ならともかく、ちょっとわかりにくいものもあります。

 

あなたのお客さまがこういう被害に遭われないように、注意を促してあげてくださいね。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援お願いします。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by haracyu   2009年09月19日 09:08
不謹慎かもしれませんが、感心しました。お金のため、我欲のためにこれだけ人の弱みに付け込む思考が働くならば、世の中のため人の役に立つように考え方を転換させれば、もっと素晴らしい妙案が浮かんでくるんじゃないかなぁ(笑)
いつの時代になってもこういう輩はいるのですね・・・
2. Posted by ZENYA   2009年09月19日 13:41
悪いやつがいたもんですね(>_<)
でもママーケティング的にはイイ考えかも・・・

こういう悪いことに目をむけて
そこからこういう事をしたら嫌がられる
みたいなことは考えれます。

僕にはこういう悪い事で商売出来ませんけどね。

どうせ、するなら人の役にたつ、喜んでもらえるそういうことに限られた
時間をつかいたいもんです(^−^)
3. Posted by yk   2009年09月19日 15:21
こんな悪いことしている輩がいるのかぁ・・・

災害で弱っている所にさらに、パンチを与えるとは!!何でこう言うことするのかな?

こう言う考えを、もっと良い方法で使えないんでしょうかね?
4. Posted by  防犯住宅  柴山明輝   2009年09月19日 20:09
私自身泥棒被害の現場に行き、いつも感じることは、奴らは本当によく研究しています。

世の中、悪の力の方が前を走っています。

現行の家づくりも98%の会社が悪にやられっぱなしのまま、改善が見られません。

悪人に善の気持ちになれといっても無理です。

悪のほうが早く結果が出て、金品をたくさん入手できます。

自分の満足が目的で、相手のことはかまわない人だから。

善は即結果が出ませんし、あまり儲かりません。

しかし、お客様の喜びがあり、継続のお付き合いができます。

悪に負けない善で生きようと思ったら、悪の倍以上の知恵と力と継続力を持たないと勝てません。

ビルダーナースさん言われるように、悪徳商法を研究し、お客様が巻き込まれないようにしっかり啓蒙しなければいけませんね。

学ばない弱い善人では、家族もお客様も守れません。
5. Posted by あぶりしゃけ   2009年09月19日 21:47
実はこの問題は、過去の経験からお話したいことがいっぱいあるのですが・・・。
その手口をここに書くと、もしかしたら善意の工務店さんにもご迷惑がかかってしまうかも知れないので控えておきます。

どういうことかというと、悪意も善意の顔をして近づいてくるって言うことなのですが。。。

災害にあわれた方たちは、1日も早く元の生活を取り戻したいと必死です。
平常心ではいられなくて、きちんとした判断も冷静にできなくなっています。

ですから、時間をかけてゆっくりじっくり、先を進めてあげていただきたいって思うんです。

住まいのケアももちろん大切ですが、それ以上に心のケアが大切。
善意の工務店の皆さんには、そういうことを心の片隅に置いていただけるといいなぁって思います。
6. Posted by 単身赴任のYH   2009年09月19日 22:23
こんばんは。

本当に泣けてくる話ですね。
大の大人が情けない・・・。
ぜひ引っかからないように注意してほしいですね。

ポチッ
7. Posted by ビルダーナース   2009年09月19日 22:37
>haracyuさんへ

私も同じく、この内容を読んで感心しました。
巧妙で頭が良いやり方だなと。
ホントに使い方次第で光にも闇にもなりますね。
結局は、本人がどう使いたいかだけ。

どうせ使うなら、光の方向で使いたいものですね。
8. Posted by ビルダーナース   2009年09月19日 22:43
>ZENYAさんへ

ホントに悪いやつがいたもんだ、と感心させられちゃいます。

災害のときはボランティアさんもいっぱいいらっしゃるでしょうが、その人に疑い目を向けようなどとは思いませんよねぇ。

そんなとこにまで目をつけた詐欺のやり方に、びっくりです。

我々はそんなことしませんが、こういう人もいることは、お客さんに警告したほうがいいですね。
9. Posted by ビルダーナース   2009年09月19日 22:51
>ykさんへ

ホントにびっくりですよねぇ。

オレオレ詐欺と同じで、手口が巧妙になってきてるんですね。

被災後だからって防犯に気が抜けないどころか、一層気をつけなきゃいけないなんて・・・
10. Posted by ビルダーナース   2009年09月20日 00:08
>防犯住宅 柴山さんへ

仰るとおりですよねぇ。
彼らのほうが行動が早く、勉強してますね。

善と悪は表裏一体だと思うので、善だけ見るのではなく、悪ともきちんと向き合うことが大事かも。

そんなことするなんて信じれない。。。で済ませちゃいけませんよね。

日々色んな手口が開発されてるでしょうから、そのスピードにこちらも遅れないよう、素早く対応する機敏さも必要か。。。
11. Posted by ビルダーナース   2009年09月20日 00:16
>あぶりしゃけさんへ

もっとすごい実態をご存知なんですね〜。

被災後は、仰る通りみんな心身疲れて不安になりますよねぇ。

そういうときに地元の工務店が、頼れる存在であれば救われます。

それには日頃のお付き合いがモノを言いいますね。
誰が近づいても「うちを見てもらう人は決まってますから、けっこうです」と、断れるくらいの間柄にならないと・・・

これからはもっと、目に見えない安心や信頼が防犯につながることを、多くの方に認識いただければな、と願います。

建てる時はつい価格に目がいきがちですが、何かあったときの対応力が、本来もっとも価値あるものなので・・・
12. Posted by ビルダーナース   2009年09月20日 00:21
>単身赴任のYHさんへ

ホントに情けないです・・・

オレオレ詐欺みたいなのは、震災だろうとなんだろうと関係なくやるんですね。

悲しいですが、そういう時代になってしまった。。。
13. Posted by 建築アトリエ夢空間   2009年09月21日 11:31
本当にお金の為に色々考えますね。
こういう人達はいつまでも同じことを続けるんでしょうね。
これだけ考える力があるんだからもっといい方面で使えばいいのに。。
って思ってしまいます。
14. Posted by テクノデータハウス森田   2009年09月21日 14:54
やはり建てた工務店と疎遠になっているから、こういう被害に合う方が多いのでしょうね。
そういった意味でも、OBだけでなく地域の皆さんに情報発信は大切ですね。例え自分の利益と結びつかなくてもそういうスタンスで行かないとね。地場密着型工務店は。
15. Posted by ビルダーナース   2009年09月21日 20:47
>建築アトリエ夢空間さんへ

同感です。
知恵があればもっと別のところで使えばいいのにって・・・

でも彼らのように欲で動く人たちにモラルは通用しません。

こちらがさらに知恵をつけることで、対抗するしかないっ。
16. Posted by ビルダーナース   2009年09月21日 20:51
>テクノデータハウス森田さんへ

そうですよねぇ。
建てたところと関係が続いていたら、真っ先にそこに問い合わせますよね。

仰るように、自社のお客さまかどうかに関わらず、地域を守るという大きい視野で情報を発信したほうがいいですね。

長い目で見れば、そういう姿勢が評価され利益にもつながっていくでしょうから。
17. Posted by WAWAWA@ガーデンハーモニー   2009年09月23日 14:42
TDH森田さんのコメントに、ヒントを感じます。

もし自分のお客様がそんな被害に遭ったら、
やるせないやら、情けないやら・・・でしょう。
何か困ったことがあったら、いつでも相談して頂ける・・・
そんな関係性の構築が、とっても大切ですね!
18. Posted by ビルダーナース   2009年09月24日 01:25
>WAWAWA@ガーデンハーモニーさんへ

私も同感です。
自社のお客さまだけではなく、地域とどう関わっていくかが、これから大事。

自社のお客さんしか見えてない業者もいっぱいいるんですけど、地域の住まいのお医者さん的にならないとねぇ。

気軽に問い合わせられる雰囲気作りから、始めていってほしいですわ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気