2009年09月03日

安易に値引きするってことは、軸がぶれてるのと同じ

ケン・プラッツのサイトに、以下の記事が掲載されていました。

 

住宅商戦で値引きが激化

不況下の住宅市場で、住宅会社や設計事務所の多くが価格競争に巻き込まれている。

日経ホームビルダーの読者を対象に実施した調査で、回答者の約6割が値引きの頻度は上昇していると回答するなど、赤字受注も辞さない競争の実態が浮かび上がった。

消耗戦に歯止めをかけるのに有効な対策は果たしてあるのか。

(続きはケン・プラッツサイトでご覧下さい)

 

視点を変えると、この「回答者の6割」は 軸がぶれている ということでしょうね。

 

だって、こういう状況だから値引きは仕方ないとそうしてるってことは、そもそも値付けの仕方に軸がないってことになりますからね。

 

なぜこの価格になるのかきちんと考え、それをお客さまに説明できるビルダー・工務店なら、始めから安易に値引きするような見積もりじゃないでしょうから、値引きの頻度は上がりようもないだろうなぁ。

 

それに値引き交渉されたときに、面倒だからと始めからその分を上乗せして、あたかも値引きしてあげたような演出もしないでしょう。

 

 

 

これまでの資本主義のあり方ではもう立ち行かず、かといってこれから先がどうなるのかが見えないのは誰しも同じです。

 

そんな中でやるべきことは、

 

なぜこの仕事をするのか、

それによって自分がどうありたいか

 

の軸を確立し、ぶらさないことです。

 

そしてさらに、

 

自分の活動によって社会に何を還元できるのか、あるいは還元したいのか

 

を見出すこと。

 

自分だけ良ければいい、自分だけなんとか助かろうという思考を持っていると、これからことごとく挫かれる出来事に遭遇するはずです。

 

消耗戦に歯止めをかけるのに有効な対策は果たしてあるのか。

 

あるとするなら、そこに参戦している人は、自らの力で脱する他ないでしょう。

 

参戦するということは、自分の軸を立てることより、目先の利益を追うことや競争を選んだと同じ。

 

自分の選んだ道は、他の誰でもない自分が脱しようとしないと限り、救い上げてはくれません。

 

軸を立ててぶらさないためには、余計な「我」をそぎ落とし、社会の一員としてのあり方を考えたほうがいいと思いますよぉ。

 

利益は事業継続のために必要ですが、そもそもなんのためにその仕事に携わっているのかを忘れてしまっては、いくら儲けても満足しないでしょうから。

 

まぁ、消耗戦に参戦するもしないのもあなた次第。

 

世の中がどうとか、政治がどうとか、お客さまの要望だからとかの問題じゃないです。

 

自分で選択した道には、自分で責任を持って、どう進むかを決めないないとね。

子供じゃないんで、何かや誰かのせいにしちゃいけません。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします☆


ポチッと↓LOVEな応援お願いします。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yk   2009年09月03日 12:11
この記事自分も読みました。

お互いに値引き合戦で、クビを締める結果になってますね。。。
確かに自分の軸、信念など考えが無いのがダメなのかも知れませんね。

自分にも入れることかもっと、これを読んで反省中・・・

自分で選んだ道での、結果なので受け止めないとダメですよね!!

後悔せず頑張るぞ〜^^ノシ
2. Posted by 建築アトリエ夢空間   2009年09月03日 13:29
確かに軸がしっかりしていないような気がします。
この不景気によって起こってしまったことなんでしょうね。
景気が回復したら今度はその価格の基準が変わってくるのかな。。
どうなるにせよ、しっかりとした信念みたいのが必要ですね^^
3. Posted by WAWAWA@ガーデンハーモニー   2009年09月03日 17:58
こんにちは。

「安易な値引きをする」ということは、=「うちの会社には、価格以外には他より魅力的な価値が無いですよ!」と宣言しているのと同じ。

住宅の世界だけでなく、どこにいっても、値引き…値引き…で、商売人としてサイテーだなって思います。
4. Posted by 桜井一樹/桜井材木   2009年09月03日 18:46
こんばんは★
過度な値段競争は市場を悪化させ、自分達の首を絞める結果にしかならないってみんな解ってるはずなのに、ついついその手段でアピールしてしまうんですよね、きっと。

在庫処分のセールじゃないんだから、「家」は「家」らしい価格を維持するべきです。
5. Posted by gonsuke   2009年09月03日 20:19
僕がずっと入っていた「こうでなければいけない教」の信者はまだまだ多いですね。

「棟数大」=成功事例

こんな考えの舞台裏は、火の車なんですよね。

メーカーへの見栄とへと自分の今の地位を守るために、マッドマックスの世界にどんどん突入していくんですね。

ひとりさんも言ってたけど、

楽しく仕事しようよと言いたいです。

僕みたいに「こうでなければいけない教」から脱出してね。

6. Posted by 単身赴任のYH   2009年09月04日 07:33
おはようございます。

正に消耗戦ですね・・・。
大変な時代。
先日訪問したモデルハウスの営業は、「うちはノルマがないんです。その分、インセンティブもないんです。だからあせらずにお客様とお付き合いできます」と笑顔でした。とても爽やかでした。

ポチッ
7. Posted by haracyu   2009年09月04日 09:31
想像しただけで「負の磁気」が万延してそうで空気が淀んだ感じがしますネ。値引きを要求する側は「我良し」。値引き勝負で受注した側はその中で利益を出そうと「必死」。こんな状況でいい仕事ができるのか?大いに疑問です。

で、結局はビルダーナースさんがいつも口をすっぱくして言っているように、そんなお互いが引き合ってるのだから仕方無いかな・・・。双方にとって「今のあなたにちょうどいい」相手なのですネ(笑)
8. Posted by タッキー   2009年09月04日 10:12
何のためにって考えると、それに応じた値段がやっぱり導き出されるって事なんでしょうね。

会社があるのは、お客さんのため。お客さんがいるから仕事が出来て、笑顔をお届けできます。
9. Posted by ビルダーナース   2009年09月04日 13:14
>ykさんへ

目の前の利益で頭がいっぱいだと、つい値引きに走ってしまうと思います。

でもそれはその場しのぎでしかないですよねぇ。

どういう根拠で価格を算出しているのか堂々と説明し、それを相手が納得しないならしょうがない、くらいの姿勢を保つ方がいいでしょう。

長い目で見て、何がお互いのためなのかを今こそじっくり考える時かもしれないですね。
10. Posted by ビルダーナース   2009年09月04日 13:19
>建築アトリエ夢空間さんへ

景気に価格が左右されるってことは、元々軸が確立されてないってことですよねぇ。

資材原価の変動により、価格にも変動があるなら理解できますが・・・

周囲の環境も考慮すべきではありますが、まずは自分がどうありたいあか、が大事ですネ
11. Posted by ビルダーナース   2009年09月04日 13:23
>WAWAWA@ガーデンハーモニーさんへ

ホントにそうですよねぇ。
最近はやたらと値引きされてますね。

安く買えるのは嬉しいけれど、それで誰かの生活が犠牲になるとしたら、長い目でみると良いことじゃないです。

なんでも適正で真っ当な価格があるはず・・・

あんまりこの風潮が続くと、次にハイパーインフレが来そうで怖いですネ。
12. Posted by ビルダーナース   2009年09月04日 13:27
>桜井一樹/桜井材木さんへ

そうでしょうねぇ。
わかっちゃいるけど、もう止められないと思い込んで値引き合戦に参入しちゃうんでしょうね。

それは値引き云々の問題よりも、周囲の環境に流されやすい心に問題があると思います。

自信を持って価格を提示するためにも、まずは自分を信頼しないと・・・
13. Posted by ビルダーナース   2009年09月04日 13:33
>gonsukeさんへ

「こうでなければいけない教」ですか。

言い得て妙ですね。
確かに誰かの価値観に流される、洗脳されている状態かもしれません。

そこから解脱するには、自分の心の声をもっとしっかり聞かないといけないですよね。

頭でっかちに考えてばかりいると、洗脳されやすいですから。

自然に親しむとか、土をいじるとか、大地とつながっていることを実感するといいでしょうねぇ。

多くの人に、「こうでなければいけない教」から脱してほしいですネ
14. Posted by ビルダーナース   2009年09月04日 13:36
>単身赴任のYHさんへ

そういうモデルハウスもあるのですね。
仕組みを変えることで改善できることもありますよね。
ホントは誰しも売りつけるなんてこと、したくないでしょうし。

心のゆとりを取り戻さないと、社会がどんどん疲弊してくるでしょうから、経済問題としてよりも、心の問題としてこうしたニュースを取り上げてほしいものです。
15. Posted by ビルダーナース   2009年09月04日 13:40
>haracyuさんへ

そうですよねぇ。
「我良し」と「必死」さがぶつかり合って、傷つけあっているだけかも。

長い目に見たらお互いにとって良い結果は生まないでしょうが、それがわかるまで、何度も似たようなことを経験するのかな。

そこから抜けたらもっと楽だと、早く気づいてほしいですネ
16. Posted by ビルダーナース   2009年09月04日 13:43
>タッキーさんへ

そうですよねぇ。
お客さんのために事業を存続させたいなら、存続できるような価格を算出しないといけないですね。

目先に振り回されたら、事業そのものがヤバイですから。

それでもこうして軸がぶれる人が多いのを見ると、今まで何してたんだろう??と不思議ですわ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気