2009年08月15日

人間関係を壊さないために

Gottman先日本を読んでいたら、「人間関係を壊さないための「ゴットマンの法則」」というのが、紹介されていました。

 

ワシントン大学のジョン・ゴットマン教授は、何年にもわたる研究の結果、人間関係が破滅を迎えるのを予測するための「ゴットマン率」(Gottoman raito)という公式を明らかにした。

 

この表は、人間関係がうまくいくときの、ポジティブな発言と、ネガティブな発言の比率をあらわしている。

これが「ゴットマン率」である。

たとえば、親と子どもの関係でいえば、親が子どもを3回ホメて、1回悪口をいうだけなら、その関係は破滅的な結果にならない、ということを示している。

 

ボスと部下の関係でいえば、部下を4回ホメてあげ、1回くらい怒るだけなら、その関係は全然問題がないといえるのだ。

ゴットマンの調査によると、人間関係がもっとも壊れやすいのは、相手が養子であるとき、その義母を悪くいうことである。

この場合はたとえ999回も相手に対してポジティブな発言をしても、1回でも「キミのお義母さんは、○○だね」と悪くいうと、それだけで関係が壊れてしまうそうだ。

だれでも親の悪口をいわれるのは我慢ならないが、養子にとってはなおそうらしい。

 

相手のことを悪くいってはいけない、とムリをすると、精神衛生上、あまりよくない。

いいたいことがあれば、正直にいってもかまわないとは思うが、それでもゴットマンの比率を守りながら、ネガティブな発言の割合が大きくならないように気をつけたい。

 

 

ポジティブな発言のほうがいい、とはよく言われるものの、具体的な目安がわからないとつい適当になってしまいがち。

なんでも数値で測れることばかりじゃないでしょうが、目安として押さえておくにはいいですね。

 

たまに経営者層から、部下に言っても動かない、言うことを素直に聞かないと悩みを聞かせてもらいます。

 

そんなときは次回からこの表をご覧いただき、自分の発言のポジティブさを今一度振り返ってもらうようにしましょう。

 

仕事なんだから、

上司は俺だ、

 

などの言い訳は、人間関係の破滅を迎える前には、意味をなさないのかもしれません。

 

だから職場の人間関係って悩みも多いし、大変なんですね・・・・

 

個人的には、「親と子ども」、「親と成長した子ども」って、この表ではえらく開きがあるのが驚きでした。

 

子どもが成人すると、親とも大人 対 大人のつきあいになるからでしょうか。

 

親から特にネガティブなことを言われることもないので、私はいたって良好な関係です。ありがたや〜

 

たまに「こんなにいい娘を持って良かったね」と、自らアピール(笑)&異論は認めない(爆)

 

 

どんな相手とも、関係性が壊れるときはほんの一瞬。

 

できるだけ壊さないように、かつ無理せずポジティブな発言できるよう、心がけておきたいですね。


武器になる会話術
武器になる会話術
クチコミを見る


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by gonsuke   2009年08月15日 10:03
今回それはよーーーく感じましたね。
自分が思うほど、お客様と人間関係は出来ていなかった・・・と言う事です。
ゴッドマン率の読み違いですね。
勉強になりました。
2. Posted by 単身赴任のYH   2009年08月15日 20:41
こんばんは。

ゴッドマンの法則。
初めて知りました。
読んでいると「普段考えていることとなんとなく当たっているな〜」とうれしくなりました。
ゴッドマンの法則をちょっと勉強してみます。

ポチッ
3. Posted by ビルダーナース   2009年08月15日 21:00
>gonsukeさんへ

関係性は相手あってのことで、自分だけでどうこうできないのが、難しいですよねぇ。
自分が築けたと思っていた関係が、相手も同じように感じるかはわからない・・・。

法則は目安にはなりますが、正解はありませんので、日々勉強ですね。
共に壁にぶち当たりながらも、精進してまいりましょう♪
4. Posted by ビルダーナース   2009年08月15日 21:03
>単身赴任のYHさんへ

私もこの本を読んでゴットマンさんを初めて知りました。
他にも色々法則を見出されているかたのようです。

YHさんは体感として同じように感じられていたんですねぇ。
ってことは、日本でも同じようにこの法則が生かせるってことだわ。

貴重な経験のお話、ありがとうございます☆
5. Posted by 芦田 衞   2009年08月16日 10:55
「ゴットマンの法則」」
初めて知りました。
ありがとうございます。

夫婦、親子など近くに居るもの対しては、一番大切な人達なのに、その環境に甘えて関係性を疎かにしてしまいがち。

社員に対しても、その傾向は否めません。

言い訳無しに感謝ですよね!

「ゴットマンの法則」
しっかりと意識して関係性をより深めていきます。

ありがとうございます。
6. Posted by ビルダーナース   2009年08月16日 23:26
>芦田 衛さんへ

私もこの本を読み、初めてゴットマンの法則を知りました。

仰るとおり、身近な人へはつい甘えが生まれますよね。
そうやって関係を壊したくないので、親しき仲にも礼儀あり、を心がけたいです。

こちらこそ、いつもありがとうございます。

7. Posted by yk   2009年08月17日 12:52
ゴットマン率かぁ〜それを統計で式に表すとは、すごいですね^^;

確かにネガティブな話ばかりする人には、あまり近づきたくないですよね^^;
そう言うのも関係してるのかな?

ポジティブ3でネガティブ1ですね!!

なるべくポジティブを増やすようにがんばろう^^ノシ
8. Posted by 建築アトリエ夢空間   2009年08月17日 17:38
こんにちは。
ゴッドマンの法則ですか。
勉強になります。
僕も今はポジティブ人間を目指しています。
何かとポジティブの方が色んな面でいいということが経験上分かったし、何しろストレスが溜まらないですよね^^v
9. Posted by ビルダーナース   2009年08月17日 20:56
>ykさんへ

なんでも計算値を出すのが、アメリカらしいですネ。

写真をクリックして拡大いただくとわかるのですが、相手によって率は変わりますよ〜

お客さん場合は20:1になります。

まぁでも、率に関係なくネガティブな発言は避けた方が無難ですよね。。。
10. Posted by ビルダーナース   2009年08月17日 21:00
>建築アトリエ夢空間さんへ

ポジティブ人間を目指してらしゃるのですね。
それはいいですね。

無理はしない方がいいと思いますが、ネガな気分の時はあまり人に会わないとか対策して、人前ではポジでいられるといいかもしれません。

相手あってのことなので、目の前の相手をいつも思いやることが一番かな・・・

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Skypeでナースコール♪
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪