2009年02月21日

大工不足にどう対応する?

厳しい状況だと言われていても、仕事が全くなくなるわけではありません。

新築の着工棟数が増えることは今後難しいでしょうし、需要が供給を上回ったのだから、増える必要はないのかもしれません。

でも、既に建っている建物の管理・修繕は必要ですよね。

 

賃貸でも分譲でも、みんなどこかに住んでいる限り、何かしらのメンテナンスはしないと建物が傷みます。

とは言え、大工不足が深刻化するだろうと囁かされている昨今。

着工棟数の心配より、こっちを心配して対策しないといけないのでは??と思います。

 

明日、これからどこにでも起りそうな大工不足問題を取り上げたTV番組が放映されますヨ。

自分の近隣で同じような問題が深刻化したら、どうやって対処します??

 

2月22日 よる11:30〜 ワンステップ!

瀬戸内海に浮かぶ、八島(山口県熊毛郡上関町八島)。周囲16.7キロの小さな島ですが、豊かな自然に恵まれ、かつては畜産業で栄えていました。しかし、この十数年で過疎化の波が押し寄せ、50年前にはおよそ600人いた島の住民も、現在は55人(2005年 国勢調査)にまで減ってしまっていたのです。しかも、そのうちの89%が65歳以上のお年寄りでした。島は人通りが少なく、廃墟となった家屋も目立ちます。
そんな八島の住民にはある悩みがありました。それは約20年前から、島に大工さんがいないこと。出来る限り自分たちで家屋の修繕をしてきましたが、高齢化が進むにつれ、大工仕事が困難になり、傷んでもそのままにしておくしかないお宅が増えてしまっているのが現状です。夏は台風、冬は厳しい潮風によって、トタン屋根が傷んでしまった家。歩くたびに床が沈んでしまう家、等々。
そこで4人の大工さん(男性3名・女性1名)が、八島に向かいました。八島の家屋は殆どが築50年以上。新築工事の経験しかない彼らが、古い家屋の修繕に挑みます。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yk   2009年02月21日 14:37
確かに、大工不足もありますね・・・

他の左官工事など、高齢化が進み後継者が減ってきていますよね・・・
職人さんが段々居なくなって、今度日本の良い伝統がなくなるのは淋しいですよね^^;

不況で、若い世代が建築業界から離れていくのも・・・難しい問題ですね><
2. Posted by ビルダーナース   2009年02月22日 00:21
>ykさんへ

大工や職人が不足するだろうことはわかっている問題ですよねぇ。

今は医師不足の方が深刻な問題でしょうが、そのうち住業界でも同じようになっていきそうです。

建物も修繕し続けないと危いですから、問題が深刻化する前に、業界としても改善策を打ち出せるようになってほしいなぁ。
3. Posted by ダイツネ   2009年02月22日 22:48
この問題は1度ゆっくりとびるちゃんと
話し合いたいですね!

とてもこのコメント欄では書ききれないです^^






4. Posted by 単身赴任のYH   2009年02月23日 08:34
おはようございます。

昨夜の放送を見ました。
深刻ですね・・・。
これじゃ、村全体が物理的に崩壊してしまいますよね。
欧米では、どのように克服しているんだろうって知りたくなりました。

う〜ん、深刻。

ポチッ
5. Posted by 江中建設   2009年02月23日 16:00
突然お邪魔して、またトラックバックも貼らせていただいて申し訳ございません。

実は昨日の放送に出ていた若い大工さんの一人が弊社にて修行をしており、今年の4月からは本格的に社員大工として働き始める予定になっております。

ただこれは宣伝させていただこうと思ってはいない・・・、とまでは申し上げにくいですが、それよりもこういう風な問題意識を抱いていただけたことが嬉しくてコメントさせていただきました。

若い子たちの大工さん等の職人さんに対する純粋なあこがれを、どうやって職業に結びつけることが出来るか。それがこの業界に携わる人たちで真剣に考えなければいけないことです。ワンステップのコンセプトである「明日のために、誰かの笑顔のために、今、自分にできることをやってみよう!」という気持ちを大事に出来れば、少しは前に進むのではないかと。そのためにも、辛抱強く彼らを技術的にも人間的にも育てていく努力が必要です。

そういった意味で、若い大工さんが収録を終えた後現場に戻ってきて、大変いい笑顔でその時の話をしてくれた時は、我々としても嬉しかったです。

そんな試みが行われているということを、多少なりとも知っていただけたら、建設業に携わる者としてこの上ない幸せです。

もし、何かこのコメントで支障がございましたら、削除しておいてください。

では、長文失礼いたしました。
6. Posted by ビルダーナース   2009年02月23日 21:32
>ダイツネさんへ

ホントにこれからこの問題も深刻化するでしょうから、話せば尽きない話題ですよね。
200万戸以上も空き家なんだから、もう新築ばかりに目を奪われないでほしいですねぇ。

>単身赴任のYHさんへ

そうなんですよ。
これからこういう崩壊していく島や村が増えると思います。

欧米は日本ほど着工数命ではないでしょうから、ここまで深刻化してないかもしれません。
ドイツなんかでは、やみくもに着工できないよう自治体管理がしっかりしているらしいです。

高齢化も日本が一番早いですから、良くも悪くも日本が他国の手本になりますね。

既に住宅は過剰オーバーですから、1年くらい着工を止めた方がいいくらいだと思いますねぇ。
7. Posted by ビルダーナース   2009年02月23日 21:53
>江中建設さんへ

ありがとうございます。
あの大工さんが4月からそちらで仕事されるのですね。それは頼もしい。

純粋な心で夢を抱いている彼らが、誇りを持ち続けて仕事ができる業界であってほしいですよね。

利益ももちろん大事ですがやみくもに稼ぐのではなく、住まい手の喜びで還元される利益が、かれらをさらに成長させてくれる良い循環を作り上げてほしいです。

そんな彼らを全力で支援されている御社の素晴らしい姿勢に、感動いたしました。
人を育てることは容易じゃない事業でしょうが、志の高い御社のようなビルダーがいれば、日本もまだ大丈夫。
陰ながら応援しております。

来週の続編がますます楽しみになりました。
8. Posted by もずく   2010年11月07日 16:14
データ入力のアルバイトさえ時給800円とかですからね。
供給が上回っているといっても、所詮25年しか持たないように、大手のハウスメーカーの家はなってますし、2030年頃にはまた新築が必要になってくるでしょう。
良い親方もいれば、糞同然の親方もいる。
特に、型枠大工は海外で働けば数十万貰えるのに、国内で働く意味はありませんしね。
所謂、経営者がアホという事です。
9. Posted by ビルダーナース   2010年11月07日 16:43
>もずくさんへ

コメントありがとうございます。

仕事でなんか嫌なことでもあったのでしょうか?

>>良い親方もいれば、糞同然の親方もいる

業界に限らず、この世は良い人も悪い人も玉石混交です。

そんな中、自分がどうしたいのか、を決めて行動するのが人生ではないでしょうか。

もずくさんが海外で働いたほうが得だとお思いなら、そうされれば良いと思います。

ただし、それを誰かのせいにしたり、何かのせいにされるなら、どこでなにをしようと、いつも不満ばかりの生き方になってしまいますよ。

経営者がアホと思うなら、自分が経営者になるという選択もあるでしょう。

全ては自分という軸がどうなのか、が問われます。

確かに面白くないことも多いですが、もずくさんの心が平穏であるよう、祈ってます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気