2009年01月06日

施工例の前に事情を把握しておこう

ホームページには施工例を載せましょう

と、よく言われていることですね。

でも施工例の前に、「住まい方」を載せることの方が大切です。

 

住まい方というのは、お施主さまの単純な家族構成やら年齢ではありません。

この話をすると決まってプライバシー問題が出てきますが、直接の個人情報に関わるようなことを述べなくても、

 

ガーデニング好きで、週末は必ず庭で作業する人の家なのか、

ギターが好きで、家の中でしょっちゅう練習する人の家なのか、

これから犬も飼って、家庭菜園を始めようと思っている人の家なのか、

寒いのは我慢できるけど、暑いのには耐えられない人の家なのか、

 

などのように、お施主さまが何がしたい、これからどうしたいか、がわかれば、同様の希望を持っている他のお客さんの関心は充分に引き付けられます。

 

これからの高齢化社会を考えれば、

 

両親と同居しながら介護保険を使い、デイケアセンターに週2日は通っている人の家なのか、

徒歩圏の両親宅に様子を見にマメに顔を出している人の家なのか、

遠方に住む両親が気がかりなので、TV電話で毎日様子をうかがっている人の家なのか、

 

こういうことがわかると、そのための工夫として工務店やビルダー側が提案したことが、特色となってお客さんの関心を引き付けるわけです。

 

もちろんこうした内容はプライバシーにも関わりますから、誰のどこのお宅か、誰もが閲覧できるホームページで明かさずに、内覧に訪れてくれた連絡先を明かしてくれる人だけに、資料として閲覧だけにとどめる方が良いでしょう。

 

ホームページで伝える際は、

こういう事情のお客へは、こういう対応ができます

のような方法で文章と施工写真を掲載する。

 

あるいはQAコーナーで

質問を設定して、その質問への回答という形式で事例を紹介するのも良いと思います。

 

多くのお客さまが知りたいことは施工例という結果より、お施主さまそれぞれの事情にどう応えたのか、あなたのその対応方法です。

TVやラジオ、雑誌でもよくあるように、

お便りコーナー

あなたのお悩みに答えます

読者からの質問

などは、まさにこうしたそれぞれの事情にどう応えたのか、を報告する場として昔から変わりなく存在していますよね。

 

お客さまが知りたいのは実は、あなたのところで家を建てたお施主さまの事情なんです。

同じような事情を自分が抱えているなら、大いにそのお施主さま事例を参考にして自分の家づくりを考えたい、とお客さまは思っています。

 

その事情は、よくあるヒアリングシートからだけは読み取れないものかもしれません。

時間の経過と共に事情も刻々と変化しますしね。

だからこそお施主さまへの定期的な訪問は、その事情をうかがい知るのに絶好なチャンス。

こういうことって井戸端会議に慣れた女性の方が長けてますから、事情をうかがい知ることがどういうことかよくわからない人は、女性に教わってくださいね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 単身赴任のYH   2009年01月06日 19:08
こんばんは。

住まい方。
確かに大切ですよね。
何に価値を置いて住むのかが分からなければ、住む人にとっていい家にはならないんですよね。

私はぜひ、芝生の庭がほしいです。
ティフトン芝を植えたいです。

ポチッ
2. Posted by ビルダーナース   2009年01月06日 22:39
>単身赴任のYHさんへ

そうなんですよー。
何に価値を置いて住む人が、あなたの会社で家を建てのか、をきちんと説明しないと、他のお客さんを引き付けられないのですよね。

YHさんの場合だったら、性別や年齢を明かさずとも「芝のある庭、それもティフトン芝を植えることを長年夢見た方の住まいが実現しました」
と説明する。
そうすれば芝に興味のある他のお客さんに直球で響きますよね。
3. Posted by haracyu   2009年01月07日 08:06
なるほど納得です。
ありがとうございます
4. Posted by ビルダーナース   2009年01月08日 01:23
>haracyuさんへ

ぜひharacyuさんもHPなどで表現を工夫され、どんな事情を持った施主さまの住まいをてがけたか伝えてください。

ここはほとんどのビルダーさんが真剣に取り組んでいません。
一番大事なところなのですが、おそらくピンとこないのでしょう。

女性と話すとわかると思いますが、人の背景や抱えた事情を知ることで、自分と照らし合わせるクセがあります。
それにビルダー側が合わせない限り、特に女性は引き付けられませ〜ん。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気