2008年12月23日

これからの住宅業界動向その3

843636f3.JPG新建プラスワンに掲載いただいた私見から「工務店の課題について」のお話、続きです

 

ここから改善を」

まず、基準を満たした資産価値のある家づくりを前提に。

基準により資産価値が調査され、それが住宅の評価額を決める要素になる将来を見越して準備を。

今後はOB施主から中古市場で流通させる際に相談をもちかけられることも多くなる。

このときの対応も今から考えておきたい。

 

これも来年以降、ますます必要になると考えられます。

特にリタイア後の夫婦だけ世帯、単身世帯は、社会の高齢化と共にますます増えるでしょう。

そうなるとリフォームや建替えだけでなく、住み替えの相談は増えると予想できます。

 

今の住まいを売ったお金で買える手狭なマンションへ引っ越したい。

住まいの一部を改修して賃貸にしたい。

 

こういう相談は増えそうです。

 

だからこれからは、同じ商圏の他の業種で活動する人と連携する、ことが重要になります。

色んな相談をもちかけられても、「それは対応できません」では、仕事につながりませんものね。

 

連携する相手が不動産屋に限らず、保険の代理店やら町医者やら、とにかくあらゆる商売先の人とつながっておくに越したことはありません。

どこからどんな相談が舞い込むかわかりませんよぉ。

 

杓子定規に経営戦略を立てても、これからはその通りの収益なんて見込めません。

むしろそれではジリ貧でしょう。

これは最近の倒産ニュースを見ればあきらかですね。

いくら目標を掲げても、その通りに動くような時代じゃなくなりました。

 

幅広い日頃のコミュニケーション範囲から、工事規模も大なり小なりバラバラで舞いこむようにしておく方が、息が長く事業を続けられると思います。

これからは人とのつながりからしか、仕事が回ってこなくなるでしょう。

 

今のうちに連携体制を整え、その関係の中から様々な住まいに関わる相談事を解決できるようにしておきたいですね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by gonsuke   2008年12月23日 12:04
トヨタを見ればよくわかります。世界で有数の企業が1500億円の営業赤字。
ドックイヤーどころじゃないですね。
犬をセミにでも変えないと・・・。
2. Posted by haracyu   2008年12月23日 13:34
幅広い人間関係、コミュニケーションを築くことは、「さあ」といって簡単にできるものではありませんよね。スリスリと擦り寄っていったところで逆に煙たがられることになりかねません。

私が思うにやはり人として魅力があることが理想的ではないでしょうか。「あの人に頼めばなんとかしてくれそう」とか「あの人にだったら大丈夫だよ」など、人を惹きつける何かを自分の中で育てていきたいものですネ。もちろん、これも「さあ」といってできるものではありませんが・・・

要は、1日1日の過ごし方がとても大切だということですネ。
3. Posted by ビルダーナース   2008年12月23日 23:59
>gonsukeさへ

グロバール経済に飲まれたら、もはや自社だけの努力でなんとかならなくなってしまいます。
あのトヨタでさえも・・・
大きければ良いという時代も終わりましたね。

工務店やビルダーはやっぱり地場でコツコツやっていくのが一番。
規模より継続性がますます問われる時代になりました。
4. Posted by ビルダーナース   2008年12月24日 00:02
>haracyuさんへ

仰る通りですね。
すぐになんとかなることではありません。
日頃の積み上げでしか、良好な関係性は築けませんねぇ。
それがわかっている人しか、結局は生き残れないのだと思います。

人を惹きつける魅力を磨く努力が、何より自分を助けますよね。
私も精進です!
5. Posted by 単身赴任のYH   2008年12月24日 19:28
こんばんは。

連携って大切ですね。
お客様のニーズが多様化しているので、1社でオールインワンで応えるとなると効率が悪いですよね。
最近読んだ感動本で、ある女性客がブティックに行ったら目的のものがなくがっかりしていると、店員さんがその商品がある他店を紹介し、女性客は感動した旨が書かれていました。女性客は資産家で、その後女性客は紹介してくれた店のお得意様になったそうです。

連携とはちょっと違う話ですが、お客様ニーズに応える意味では一緒かな。

ポチッ
6. Posted by ビルダーナース   2008年12月25日 00:57
>単身赴任のYHさんへ

>>1社でオールインワンで応えるとなると効率が悪い

そうですよね。エコでもありませんね。

その女性のお店、良いお話ですね〜
そういうのがホントの接客ですよねぇ。
自分のところだけで満足させて差し上げられないこと、いっぱい出てきます。
そういうときの対応こそが、人となりがよく出ますからね。

私もビルダー勤務時代、お客さまに展示場でいっぱいモデルを見てくることをすすめました。
納得いくまで色んなところで見て、比べてほしかったので。
その方が帰って来てくれた時の決意が固く、楽しい家づくりができました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気