2008年12月16日

これからの住宅業界動向その1

843636f3.JPG今年はじめに新建プラスワンの「工務店アドバイザーに聞く~工務店の今日と明日~」という特集に、私見を掲載いただきました。

それを振り返りながら、今後の動向を考えてみたいと思います。

 

「最近の消費者について」

将来不安や閉塞感から、若い世代ほど家を建てる・所有することを目的としない、独自の住まい感を模索し、心地よい暮らしを追及していこうとしている。

これに対して工務店にもそれなりの住まい感がなければ共同作業は難しい。

感性・感覚を言語化あるいは映像化してわかりやすく伝えていける工務店は、同じ感覚を持つ施主を取り込んで楽しく共同作業ができる。

一方旧態依然とした工務店は価格競争やクレーム対応に追われる。このような工務店経営の二極化も進む。

 

と、私は書いていました。

この意見は今も変わらず。というか、二極化はますます加速的に進むと思われます。

来年はずばり、二極化促進の年になるのではないでしょうか。

 

住まいとて需要と供給が完全に入れ替わり、空き家が増え続けています。

そんなこれからは家という箱の重要性より、住まい感という感性や感覚が問われる傾向に向かうしかなくなっていく。

そんな気がします。

 

これからの消費を担う若者はもはや、

「買おうと思えばいつでも買えるんだから焦って買う必要ない」

「将来どうなるか全然見えない、どこにいいてもずっと安定してる保障もない、それなら少しでも貯金したい」

「車なんて環境破壊になるだけだから持ちたくない。維持するのも面倒。なによりエコを考えたらかっこ悪い」

 

と、消費そのものに快楽を求めなくなり始めています。


こういう世代が家庭を持ち、住まいをどうするか考えた時、果たして所有するという選択をするかどうか。

買わずとも望む暮らしが手に入るならそれで構わない、という人が今よりもっと増えていく、と思いませんか?

 

世代が下がれば下がるほど、消費感性が180度といってもいいくらい変わり始めています。


だから自分の感覚が普通と思い込むほど、これからの時代怖いものはありません。


長く商売を続けたいなら、いつか必ず感性の全然違う世代とも付き合う日がやってきます。

そのために、頭をやわらかくしておきましょうね。

また世代の違う人と接する機会を大事にしてください。

それは自分より上でも下でも。


自分の感性の受容性を高め、幅を広げていきましょう。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆ 


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by gonsuke   2008年12月16日 09:13
売上重視、拡大路線に疑問を持つ自分が、まさに描いている路線ですね。
VCという形を維持しながら、共感路線を追及していくことに、不利益を感じる方がたから今後も、私たちはいろいろなバリアが発生するかも知れませんが、信じる道、実体験して納得できるやり方で、楽しく仕事をしていきたい・・・そんな風に思います。恵まれたインフラだからそんな事が言えるんだと中傷されても、絵空事とバカにされても胸を張って突き進む、ただそれだけです。
「やれそう」「いい形になってきた」そんな自信が少しづつ湧いてきました。
2. Posted by haracyu   2008年12月16日 13:13
柔軟な頭・・・毎日モミモミします(笑)
・・・失礼しました。


やはり私が思うのにはこれからは「その人」次第だと。受注するために奇麗事を並べてる人より、その先のお客様の幸せな暮らしを考えている人が生き残っていくのではないかと思います。ビルダーナースさんのおかげで感性が磨けたし、柔軟性もでてきたと自分でも最近感じているところです。

本当にありがとうございます。

日頃の行い、考え方、感じ方、見方等、自分を真剣に磨く事を常に意識するようにしています。
3. Posted by ビルダーナース   2008年12月17日 11:13
>gonsukeさんへ

今まで拡大路線でやってきた人には、なかなかこの意味は腹に落ちないと思います。
この期に及んでも、いつかまた経済が上向くだろうと思い込んでるのでしょうね。
もう経済の土台自体が崩れかけているのに・・・・・。

私たちはそれがわかってますから、彼らとは別路線で地道にがんばるしかありませんよねぇ。
gonsukeさんのところは良い感じで回っているので、このまま続けてくださいね。
またストレスが溜まったら発散代わりにお話しましょう♪
4. Posted by ビルダーナース   2008年12月17日 11:19
>haracyuさんへ

私も毎日お風呂で頭をモミモミしてるんですが、脳細胞が活性化している形跡が見受けられず・・・・(笑)

仰る通り、お客さんの幸せを心から考えられる経営者しか生き残れないと思います。
MBA的に小難しくややこしくしても、誰も幸せになれないですし、日本人に向く手法ではないですものね。
商いの原点は近江商人を見習って三方良しが、一番しっくりくるでしょう。

今こそ経営ではなく、商いの原点に返るべき時ですよね。
5. Posted by 単身赴任のYH   2008年12月17日 21:48
こんばんは。

若者の車離れが進んでいるという報道を目にしました。時代は、確実に変わっていますね。
若い人たちは、マイホームについても興味がないのでしょうか・・・?
少しさびしい話ですね。

私の夢は、芝生の庭のある一軒家です。
そろそろと思っていると、子ども達が大きくなり、いつまで一緒に住めるかを考えるとつい、躊躇しそうです。

ポチッ
6. Posted by ビルダーナース   2008年12月18日 23:06
>単身赴任のYHさんへ

若い人もマイホームに興味は持っていると思います。
ただそれを所有することへのこだわりがないというか・・・
薄れてくると思われます。

芝のある一軒家、素敵ですね〜
これからはそういった望む生活の1ヶ月体験とか、経験することへお金が流れていくのでしょうね。
右肩上がりの経済じゃないと、所有はリリスクですものねぇ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気