2008年12月13日

縮尺を変えたらイメージしやすい

図面も縮尺が大きくなるとインパクトありますね〜。

Thingの連載時にお世話になったミカンハウスのWさんに、「有楽町にある無印良品本店で面白いイベントやってますよ〜」と教えていただき行ってきました。(Wさん、ありがとうございます)

これから建設予定のマンションのPRの一環のようですが、ただ豪華なチラシが置いてある普通のキャンペーンじゃありません。

 

zumen001写真のようないくつかの間取りパターンの1/20図面が置いてあります。

試しにその図面に配置できるような1/20サイズで書かれた家具シートも置いてあります。

持ち帰ってチョキチョキはさみで家具シートを切り取り、気に入った間取り図に配置していく。

そういうことが狙いだったようです。

 

zumen002(対比として、A4サイズチラシと一緒に撮影しました)

 

同じコトを1/50サイズでやっても、きっと実際にそこで暮らした実感は得にくいでしょうね。

でも1/20だとポスター大のサイズにもなり、かなりイメージの湧きやすい大きさです。

大きさが変わるだけでこんなにもイメージしやすくなるんだなぁ、と実感してきました。

 

女性の多くが図面に描かれた間取りを立体でイメージしにくいように、私も1/50くらいじゃ細かいところまではイメージできません。

たくさん図面を見てきた経験からなんとなくわかる、程度。


実際に自分がそこに立ったときの距離感は特に、図面からだけでは掴みにくいです。

でも1/20になるとどうでしょう。

けっこうイメージわいてくるかも〜。

絵が大きくなるだけで、だいぶ距離感も掴みやすくなることにびっくり。

 

ここ一番のプレゼン時には縮尺を大きくして図面出力する、はかなり有効かもしれません。

今回の体感で強くそう思いました。

新築にしろリフォームにしろ、まだ工事していない段階で、できあがりのイメージを頼りにお客さまは契約を決めなければいけませません。


だからお客さんに工事後を的確にイメージしてもらうことが、契約にもつながりやすくなりますよね。

図面の縮尺を変えることでイメージしやすくなるなら、それほど難しいことではりません。

ぜひお試しあれ。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆ 


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by w   2008年12月13日 11:23
あのサイズを撮影できたんですね!
さすがです。

そうなんですよね。
間取り図ってスケール感がイメージしにくいんです。
でも、あのサイズになると想像できちゃった気がしました。
あの間取り図を持って帰ったご家族は、
人形やぬいぐるみ、オモチャを置いてみたはず。
機会があったら、ご意見を伺ってみたいですね。
2. Posted by ビルダーナース   2008年12月14日 11:51
>Wさんへ

用紙をもらって帰り、自宅で椅子の上から撮影してみました。
A4と比べるとほんとにでかいですよねぇ。

Wさんもスケール感がつかみやすかったですか。
大きいとこんなにもイメージが湧くんですね。

私もこれを見た他の方々の話を聞いてみたいなぁ。
3. Posted by 単身赴任のYH   2008年12月15日 07:47
おはようございます。

縮尺を変えると、身近に感じそうです。
おっしゃるとおりかもしれませんね。
最近、ほとんどの資料はA4ですので、これができたら見方が変わるだろうなって思いました。
発想の転換ですね!

ポチッ
4. Posted by gonsuke   2008年12月15日 08:58
これはイメージがわきますね。ペーパークラフトより実感ありますね。
あのメールの内容とは正反対の世界ですが(笑)
5. Posted by ビルダーナース   2008年12月15日 20:02
>単身赴任のYHさんへ

男性ならA4に納まる大きさでも比較的イメージが掴める脳を持っていると思います。
でも女性はてんでダメなんですよねー。
空間把握能力が弱い傾向にあるので、図面は大きければ大きいほどGOODです。
できれば実寸で(笑)

あとはプリンタがそれに見合えばもっとGOODですね〜

>gonsukeさんへ

ペーパークラフトの域を超えた大きさですよね。
なにしろバカでかいという感じで・・・。
出力が簡単にできるなら大きいサイズに越したことはないですよね。

gonsukeさんも懇意にしてる印刷屋さんに出力する経費を聞いてみてください。
これ女性にはマジにうけると思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気