2008年06月19日

そもそも「感性」とはなにか

ビジネス脳を磨く (日経プレミアシリーズ 6) (日経プレミアシリーズ 6)
感性社会を紐解く前に、そもそも「感性」とはなに?ということを小阪先生はこう定義しています。

 

感性の定義は難しく、それを完結に訳す言葉は英語にはない。

感性の研究者は海外にも数多くおり、それぞれが色んな定義をしている。「感性というのはエモーションとかセンシティブティーでしょう」「デザインである」などといった意見がある。

しかしどれも完璧にはフィットしない。日本語の「感性」に相当する英単語がないため、国際会議でも「KANSEI」と表記されている。

学術的な用語としての定義はないが、一言でいえば「感性とは高次情報処理機能」である。高次情報処理機能というのは、大量に降ってくる情報を、複雑かつすばやく処理できる機能だ。

 

人がある商品を「いいなあ」と感じること、ある店で過ごして「なごむなあ」と感じること、われわれビジネスパーソンに最もかかわりの深い、このような人の感じ方を司っているのもまた、高次情報処理機能、すなわち感性である。

 

「感性」というと、どうしても「美的センス」などの意味や「右脳の働き」「直感の領域」のような印象を与えてしまう。しかしそうではない。脳の視点からいえば、左脳的な論理的な働きも含めた「脳の統合的な働き」のことだ。

ビジネスの視点からいえば、お客さんの感じ方や意思決定を司る最も重要なメカニズムそのものなのである。

 

今後どの業界においても「感性」はひとつのキーワードとして、耳にする機会が増えてくると思います。

そういうときに「センスないからどうしたらいいかな・・・・」なんて悩む必要はないですね。

だって感性=高次情報処理機能 ですから。

美的センスを磨くことも大事ですが、高次情報をどう処理するか、が大事になるってことでしょうかね。

これは訓練次第で磨けば光るはず。

それにはどうしたらいいかをおいおいこの本から学ぶとして、今回は感性=高次情報処理機能であることを頭に入れておきましょう。

(*過去の感性に関する記事もご参考ください

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

 

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 単身赴任のYH   2008年06月19日 09:14
おはようございます。

感性はKANSEIなんですね!
そうか、日本独特の感じ方、処理機能なのか・・・。
勉強になりました。

ポチッ
2. Posted by gonsuke   2008年06月19日 12:31
私の営業エリアでは、まだこの本売ってなかったです。

amazonかなぁ。今日は少し都会の実家に帰っているので、探してみます。

amazonでの評価は☆4つでしたね。

3. Posted by haracyu   2008年06月19日 13:08
「感性」日本人の文化だと思います。
KANSEIと表記されているのも納得できますネ。



4. Posted by ビルダーナース   2008年06月19日 20:40
>単身赴任のYHさんへ

感性が訳せない言葉だって、言われてみればそんな気がしますね。
だからこそアメリカ的マーケティング論では見落としてしまうことがあるのかなぁ。。。。

>gonsukeさんへ

日経文庫なので置いてある書店も大きくないと見つからないかもしれませんね。
私も本屋で見つけるの手間取りました。
店員さんに聞いた方が早くみつかるかもしれません。
5. Posted by ビルダーナース   2008年06月19日 20:44
>haracyuさんへ

感性はharacyuさんがブログで書かれていた虫の音の話と相通じるところですよね。
日本人ならではの感じ方があるのだから、その処理の仕方も当然日本人らしいはずです。
やはり人に興味がないと感性は磨かれなさそうですね。

6. Posted by アナタを180倍ハッピーにするぱぱ☆きんぐ   2008年06月20日 00:50
こんばんは!

感性って本当に大切ですよね♪
ビジネスでは感性が同じ人に
出会うとすごく嬉しくなります!

そういう気持ちを大切にして
いきたいですね♪

応援ぽちっと!
7. Posted by 馬渕@しあわせデザイン   2008年06月20日 00:55
アマゾンで注文して、10日ほど前に来たのですが、その前からウエイティングしている本が沢山あって、順番に読んでます。(^^ゞ

今週末には、たどりつけそうで、楽しみです!
8. Posted by tamirin   2008年06月20日 15:30
5 日本人独特の言葉なんですね〜
勉強になりました〜
9. Posted by ビルダーナース   2008年06月20日 20:08
>ぱぱ☆きんぐさんへ

私も同感です。
ビジネスで感性の合う人に出会えると、新しい仕事につながりますね。
そういう人に出会えるよう日々精進です♪

>馬渕@しあわせデザインさんへ

いつもたくさん本をお読みなってらしゃるのですね〜。
こちらの本も読まれたらぜひブログでも紹介してくださいね。
多くの工務店さんに読んでいただきたいです。

>tamirinさんへ

そーなんですよ。訳せない言葉っていうところに日本ならではを感じますね。
もったいないと同じかな・・・

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気