2007年11月17日

修繕対策にもグッズ活用

fdcaa986.jpg

サブプライムローン問題が騒がれてから、より一層感じます。


家を建てるときのローン相談に金融機関はもちろん、ビルダーもお客さんの資金相談に熱心になってくれます。


でも竣工後、10年後や20年後の修繕に備え資金相談を熱心に対応しているところって少ないですよね。


竣工直後から来たる修繕に毎月どれだけ備えておくのが望ましいか、を試算して表にでもまとめて配ってるなんて話もあまり聞きません。

 

200年住宅ビジョンなるものが政策化されると、住宅長寿命化のために修繕対策ももっと力を入れないといけなくなるでしょうから、今のうちから策を錬っておきたいところ。


そこでこんな貯金箱の活用はいかがでしょう。

ゲーム感覚で貯金するこの「人生銀行」が最近ヒットしています。

 

金融機関でもないビルダーが修繕積み立て費用蓄えのため金融商品を作るなんてことは、違法になるからできません。


でも、お施主さまに毎月いくら程度預金してほしいと目安を呈示することはできます。


壁の塗り替え費用○○円、水周り設備交換○○円、合計○○円を15年で貯めると試算し、月平均○○円。


最低これくらい貯めれば、いざという時それほど大きい負担なく修繕に臨めると思いますよ、という話をし、「どうせ貯めるなら、楽しく貯金してくださいね」と、こういう貯金箱でもプレゼントしたらいかがでしょう。


ちゃんと貯めているかチェックしにきましたーなどと言いながらその後挨拶訪問したら、話題も弾みそう。

 

住宅長寿命化の動きは歓迎ですけど、実際どうしたら長寿命化できるのかと考えると、やはり小さい修繕を繰り返して、大事に住み続けてもらう働きかけをビルダーがしていかねばいけないと思います。


修繕が必要ですと口で言うのは簡単。


その必要程度が毎月、あるいは毎日いくら程度貯めればいいかをお施主さんにきちんと認識してもらわねば、真の働きかけとは言えない気がします。


あまり真面目過ぎても新築時のローンを抱えたばかりで気が滅入るでしょうから、こんなお遊び貯金箱で気を紛らわせつつ、修繕するための心づもりをしておいてもらいたいですね。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 宮崎   2007年11月17日 22:05
どうも日本人は、新築時の貯金はがんばるのですが、メンテナンスの意識がまったくないようです。(私も含め)

欧米の人たちは、メンテナンスやダメになる前の修繕をきちんとやります。
こんな所でも、家に対する考え方が違うようです。

私たちのお客様でもいろいろなメンテナンスを怠っている方々のためにメンテナンスマニュアルでも作ろうか?という話がでています。

中長期の修繕費のものが上手く出来ればいいな〜とも考えています。
2. Posted by ワンマン   2007年11月17日 22:45
ハウスメーカーはここ4〜5年将来のコストも考慮して家作りを・・とやっていますよ。新築以降の家族の年齢も加えてライフプランと家の維持費を算出しています。長持ちする、長いお付き合いをする、そして新築時にメンテナンスフリーの商材を推薦しているようです。すると坪単価が跳ね上がってしまいそうでない商材も使ったりするのでコンセプトにブレが生じます。ビルダーはそこをつくといいと思いますよ。
3. Posted by 松戸不動産    2007年11月18日 12:00
戸建の修繕はマンションのように
長期的に修繕計画をたて修繕費の
積み立てをする意識があまりないように
思います。そこで「貯金箱」の活用
ですか?良いアイデアだと思います。
恥ずかしながら、初めて知りました。
4. Posted by ビルダーナース   2007年11月19日 00:38
>宮崎さんへ

>>メンテナンスマニュアルでも作ろうか?

いいですね。
まずはメンテナンスをするものだと認識してもらうところからかもしれませんが、段階を踏んで意識が根付くよう継続的な働きかけをしていきたいですよね。
100年の耐久時間ですから、地道に積み上げないと。。。
5. Posted by ビルダーナース   2007年11月19日 00:43
>ワンマンさんへ

>>新築時にメンテナンスフリーの商材を推薦しているようです

これがハウスメーカーの浅はかさですよぉ。家をもつならメンテンスはあたり前。それをしないでメンテナンスフリー建材の開発なんて、本質とずれてますよね。メンテしたくないなら、賃貸かマンションにした方がいいと言い切る強さがビルダー側に必要なのでは??
本当にメンテを考えているなら、メーカーはオリジナル建材や部材なんて作れないはずだし。
ビルダーはここを突くべし。
6. Posted by ビルダーナース   2007年11月19日 00:48
>松戸不動産さんへ

リフォームも金融商品としてローンは一応あるものの、毎月負担のない程度の積み立て商品はないんですよね。
今後のそういう商品開発は金融機関に期待するとしても、メンテナンスの必要性や意識を上げるための働きかけは、ビルダー側も積極的にしなければいけないと思います。

この貯金箱、今はやっているようなので私もほしいんですけど、飯岡さんもゲーム感覚でぜひ。
7. Posted by imaik   2007年11月19日 22:02
 これはいいですね。おもしろいです。12月にお引渡しのお客さんがいるので、プレゼントしたいです。
 さすが師匠!いい事教えて頂きました。
8. Posted by ビルダーナース   2007年11月20日 00:26
>imaikさんへ

おもしろかったですか。それは嬉いお褒めです♪
ぜひお客さんにプレゼントして、竣工後は一緒にメンテナンスを真剣に考えていかれてくださいませ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気