2007年11月10日

自分を追いつめないように

着工棟数の激減とたて続きに発覚した業界不祥事に、冬がきそうな気配から吹雪いているような感じ・・・。

寒々しく重苦しい雰囲気なりそうですが、みなさまお元気でしょうか?(笑)


これからいったいどうなるのか、と不安を感じておられる方も多いことでしょう。

確かに今までの価値観から見れば明るい未来はない気がするでしょうが、気分を変えて視点を変えてみましょうね。


着工棟数の話しになると、決まってこれから減るから大変だ、という意見。

いつもこの意見に私はこう切り返すことにしています。

 

それは着工棟数が上昇し続けることが良い、という前提での意見ではないですか?

そういう前提なら、そもそもなぜ着工棟数が上昇し続けることが良いのでしょう?

なぜ減少することに悲観的になるのですか?

上昇するのが良くて下降するのが悪いと誰が決めたのですか?

 

この問いかけには、大半のビルダー経営者から逆ギレされますけど、、、


成長し続けなければいけないという強迫観念に追立てられ、ひたすら売上を上げようとするような資本主義体制になったのは、ほんのここ100年位の話。


人類誕生時からこんな体制ではないので、体制なんて変化していくものだと思います。

 

共産主義崩壊後は資本主義が崩壊する、あるいは既に崩壊しつつあると言っている人も多いですね。

私も同感です。


10年後、20年後、どんな体制に変わっているのかは誰にもわかりません。

でも、みんなどこかに住まいを構えていることに変わりないのでは?


体制が変っても、居・食・住の仕事は形を変えても必要とされるはず。


だから新築の棟数にこだわらずとも、住まいに関る新たな価値や市場を創りだしていけば存続できるのではないでしょうか。

 

成長こそ全てと執着にも似た強迫観念で自分の首を絞めると、偽装をひき起した会社のようになりかねませんよねぇ。


私たちは住まいに関る仕事がゆえに、コトが発覚したらお金だけで解決できない人の命や安全を脅かす可能性があります。


自分を追いつめる=他人の安全を脅かす なんです。

そこは肝に銘じて日々臨みたいものですね。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 宮崎   2007年11月10日 09:36
着工棟数が増えるなんて思っている方がまだこの世にいるとしたら、大きな間違いですよ。

現在では、マンションや建て売り住宅は供給過剰になっている。
こと、注文住宅だけをとっても30万戸以下ですから・・・

私はバブルで良い想いはしていないので’元々こんなもの’の気持ちが強いです。しかし、この業界はかなり深刻のようで、昨日も取引のあるランバー屋から入金がストップしたりスキップしている工務店が多いため、支払いのサイトを短くして欲しい旨の話が来ました。
ちゃんとやっている所が、割を食ってきている状況ですね。営業所長も平誤りしていましたが・・・
2. Posted by tatsuro   2007年11月10日 12:40
<自分を追いつめる=他人の安全を脅かす

なるほどですね。確かにその通りです。

余裕がないと、人の家は作れませんね。
日々新たにします。 
3. Posted by 松戸不動産    2007年11月10日 18:58
体制が変っても、居・食・住の仕事は形を変えても必要とされるはず。

その通りだと思います。その時代に
あった仕事の形を創造する努力が
必要なんですね。

話は変わりますが、今日は大分冷え
込んでいますね。先生、風邪など
ひかないようにお体ご自愛下さいませ。
4. Posted by gonsuke   2007年11月11日 08:59
確かに資本主義、競争社会の崩壊は、十年も前から言われていますね。船井さんの本にも「地球村」高木さんの本にもそう書いてあります。要するに「量より質」「信」の時代なんですね。
遅ればせながら、いつも有り難うございます。また、参考にさせてもらいます。
いつもBNさんには感謝することばかりです。
5. Posted by ワンマン   2007年11月11日 19:52
着工棟数が増えると自社も増えるという考えが笑えますね。そんな自信があるなら変な心配しなくてもいいのにと思います。自エリアの分析とかOBの住まい方や状況の移り変わりなどやることはたくさんあるでしょうに・・
6. Posted by ビルダーナース   2007年11月11日 22:18
>宮崎さんへ

>>支払いのサイトを短くして欲しい

ですか?建材屋さんも戦々恐々としてるんでしょうか。今迄のつきあいを見れば信用してもらえる気がしますが、販売の現場ではまったなしの状態なんでしょうね。なんとも世知辛い・・・
これからもっと疑心暗鬼にはまる人たちが増えるでしょうが、何があっても宮崎さんたちはいつも通り笑顔で対応してあげてください。

>tatsuroさんへ

なにごとにも他人を思いやれる心のゆとりが必要ですねー。
いつもそういう状態でいられるよう一緒に精進してまいりましょう!
7. Posted by ビルダーナース   2007年11月11日 22:29
>松戸不動産さんへ

>>その時代にあった仕事の形を創造する努力

そうなんです。自分の信念や情熱の軸をぶらさずに、仕事の仕方だけ環境に合わせて進化させていけばいいと思います。飯岡さんのお仕事は、今も昔もずっとあったわけですから、これからも必要とされます。

お心遣いありがとうございます。
急に冬が来た感じですね。風邪引かないよう気を付けまーす。

>gonsukeさんへ

資本主義崩壊が始っていても、みんなが認識できるまでにはまだ数年かかるようです。それでは次の手をうつのが遅くなりますから、今のうちから来たる新しい世の中に合わせ、自分の思考を変え、準備しておかないといけませんネ。
次の世はgonsukeさんが新たにポリシーにされた素直・謙虚・感謝時代到来のはずですから。
8. Posted by ビルダーナース   2007年11月11日 22:33
>ワンマンさんへ

>>着工棟数が増えると自社も増えるという考えが笑えますね

そうなんです。自分なりの目標が定まっていれば、環境に流されるだけの仕事の仕方はしていないと思います。
でも一般的に、まだまだ自分の頭で考えられない人が多いのでしょうねぇ。
私たちはみんなで先に進みましょうー。
自分の頭で考え、かつ新しい価値観の世の中を創らなくては・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気