2007年08月14日

関係性を明文化するための物語作り

「物語力」で人を動かせ!―ビジネスを必ず成功に導く画期的な手法
「物語力」で人を動かせ!―ビジネスを必ず成功に導く画期的な手法
クチコミを見る

 

小規模事業経営者の場合、スタッフの採用や教育に時間とコストをかけているゆとりはあまりないでしょうか。

私は誰もが名前を知る東証一部上場の大手企業から、吹けば飛ぶような個人事業に近い規模の会社まで、様々な会社で働いてきました。

小規模と大規模の格差は資本だけでなく、暗黙値を継承できるかどうか、その精度の高さでお客さまへの対応レベルが歴然と違うことを身につまされます。

 

例えば顧客管理、プロフィールはデータとして管理ソフトや台帳に記載されていても、契約に至った経緯や発生した問題など、その歴史を伝える仕組みが大手にはありました。

仕組みがなくとも、社歴数十年という何でも知っている主のような方がいて、データ化されている以上の背景を教えてくれることも多かったです。

転職が珍しいことでもなくなった現在、大手と言えども人材入替わりは激しくなったでしょうから、この暗黙値はきちんと継承されていないかもしれませんが・・・

 

コミュニケーションがますます重視される近年、この暗黙値を継承していくような仕組みをどの規模の会社も真剣に考えないと、痒いところに手が届く対応ができなくなると思います。

スタッフも若くなればなるほど人生経験が浅いため、おそらく気が利く人材の割合も減っているでしょうから、個人の力量に任せるのもバラツキが出て危険です。

 

そのための方策として、施主様1家族につき、出会いから現在に至るまでの物語を作ることをオススメします。

作成に少し時間はかかるかもしれませんが、施主様物語を通じて自社の考え方・仕事の進め方・各施主の特徴を継承していけます。また見込み客へのアプローチとしても転用できますね。

他のお客さまにとって何が決定打になり契約を決めたのか、を知りたいでしょうから。

 

教育や暗黙値継承に敢えて時間を取らずとも、営業にも教育にも使えるものを日頃から準備しておけば、大きな問題の発生も抑制できそうです。

何か問題が起こる発端は、たいていコミュニケーション不足からですよね。

社内間も、お客様とも、そういう問題を引きおこさないためには、人間関係の背景を明確にしておくことが何より。

 

「こんなことくらい知っておいてほしい」

どこの会社でもそう嘆いたり怒ったりする人を多く見かけました。

でもそんなこと言っても根本的な解決にはなりません。

知らないほうも悪いでしょうが、知るべきことが何かを明確にしないほうも悪い。

「こんなこと」

「あんなこと」

「これくらい常識だ」

など基準があいまいな表現を使って人を責めて解決するなら、誰も苦労しませんよね。

そんな相手のモチベーションを下げることにエネルギーを費やさず、問題を生じさせないために物語を作ることに費やしましょう。

 

以前にもおススメしましたが、物語を作るためにはこの本をマニュアルとして使ってください。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます♪
毎日人気ブログランキングに投票してね←クリックするだけ

☆こっそりメッセージを送ってくださる方はこちらからお願いします。☆


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by gonsuke   2007年08月14日 13:11
自分も同じような事を漠然と考えていました。「超地域密着ビルダー」を目指していますので、早速取り組んでみます。まずはオススメ本を読んでみたいと想います。
2. Posted by ビルダーナース   2007年08月14日 22:48
>gonsukeさんへ

タイミングがちょうど良かったでしょうか?
ぜひぜひ物語を作ってみてください。
大手にはなかなかできないことですから、やりさえすれば必ず効果が出ると思います。
際立った地域密着ビルダー目指してがんばってくださーい。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気