2007年05月19日

日米コミュニケーション比較

ここ最近NYに行く回数も増え感じ、コミュニケーションについて日本と大きく違うことを改めて実感しました。
 
日本では事情聴衆みたいな会話というか、そういう質問をされることも多いです。
例えば、「年齢は?結婚してるの?独身?彼氏いるの?独り暮らし?」などと、仕事とは関係ないようなこと聞かれることが多々あります。
例えば会社の飲み会など何十人も目前にしてそのようなことを上司に聞かれると、答えないわけにもいかない状況になります。
こうなると質問ではなく、もはや事情聴衆、公開取り調べみたいですね。
今まで幾度となくこういう状況に立たされました。
そういう質問には冗談で返すくらいしか対応策もなく、誰かいい人紹介してくださいねなどと言っておきます。
(でも誰も紹介してもらったことはありませんが・・・)
 
あるいは美容院などでもよく聞かれます。
「今日お休みなんですか?お仕事何されてるんですか?なんて会社ですか?どちらまで通勤されてるんですか?」
これも髪を切ることには関係ない質問ですよね。
(お願いだから黙って寝かしてくれ〜)
 
なぜこのような事情聴衆型の質問をするのでしょう?
おそらくしている方はそんなつもりもなく、普通の質問だと思っているのでしょうが・・・。
これに私なりの仮説を立ててみました。
 
【仮説】
日本という島国で日ごろ接する相手がほとんど同じ日本人であること。
同じ日本人が相手なら、比較検討しやすいため、いくつかのプライベート的質問をすると、相手の育った環境や背景を察しやすくなる。
そうやって比較したり、相手の背景を知ることで安心を得ようとしている。
 
 
人種の坩堝であるNYでは、ちょっとしたプライベート的な質問くらいでは、出身国も宗教も違うことがあるため、その人の背景を推し量ることは難しい。
人種も様々で見た目だけでは年齢の予測がつかないことがほとんです。
通常プライベートな質問は親しくならない限り聞きません。
また聞いても予測できないくらい、色んな背景を抱えた人たちが暮らす社会です。
日本と同じような感覚で事情聴衆みたいな質問をしたら、訴えられる可能性もあるんですよ。
履歴書に性別も年齢も書かないのが普通です。
 
そんな環境下で人と会った時は、誰も傷つけないような天気や食の話題など、性別・年齢・人種・宗教の特定を避ける配慮をして会話が始まるのが一般的となっています。
下の名前で呼び合うのも一般的ですので、相手の苗字を知らないことがほとんど。
こうしてプライベートとパビリックを明確に分け、親しくなるまではパブリックな会話をし、その会話のセンスや話題の豊富さで教養の高さを測られます。
 
日本式と欧米式のいずれかの善し悪しを論じる気はありませんが、初対面から親しくなるまでの期間は、当り障りのない会話をしておく方がお互い快適なのではないかと思いました。
彼氏がいるかなどと個人的な質問をするなら、YESと答えた場合と、NOと答えた場合の対応をあらかじめ考えた上で聞き、聞いた以上その結果に責任もって対処してほしいです。
対処できないなら始めから聞かないでほしい。
 
余談ですが先日、事情聴衆ならぬ事情公開的な話を初対面でされてびっくりしました。
「僕今年で○○才なんですよ、彼女いないんです、もう4年も。忙しくって・・・」
全然聞いてもいないんですけどね(苦笑)
 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 松戸不動産   2007年05月19日 15:34
こんにちわ。

竹村健一の「日本の常識世界の非常識」
を思い出してしまいました。

話ベタで人付き合いがうまく出来ない
私には、とても人との会話で神経を使わなければいけないと思っております。
ですが、よく緊張しすぎて失敗をしてお客様からお叱りを受けることがあります。その後、胃がきりきり痛むんです・・・。
2. Posted by ビルダーナース   2007年05月21日 00:44
>松戸不動産さんへ

人付き合いって難しいですよね。
上手にと言っても何が上手かもよく私もわかりません・・・。
でも大事なことは、相手を思いやることで、スキルではないので、飯岡さんならもうそこは大丈夫ではないでしょうか。
相手を思いやっても、相手がそれをどう感じるかまでは責任を持つ必要はないかもしれません。
今の飯岡さんで充分素敵だと思います。
だからまずそこは自信を持ってくださいね。
3. Posted by ワンマン   2007年05月21日 01:26
ウィットにとんだスピーチとよく言いますが、機転がきいたりジョークが混じったり会話能力って外国の方はとても高いですね。日本人は「おしん」流?
環境がそうさせるのでしょう。
結婚式のスピーチを振り返ると穴に入りたい!
4. Posted by tatsuro   2007年05月21日 21:56
言葉は大事なんですね。
共通の意識がないぶん、それだけパブリックの時の言葉と
プライベートの言葉が分かれるのでしょうか。
日本の言葉や詩はパブリックの共通認識が前提のようです。
利点は短い言葉で感動を共有できる。
反面、緻密な意志の確認をしての言葉が足りない。
仕事をする上では、意思の確認が必要ですが、この点に私の弱点がありますね。
僕もNYでもまれてくるかな。
5. Posted by ビルダーナース   2007年05月21日 22:58
>ワンマンさんへ

確かに日本人は「おしん」流かもしれませんね。
それも始めから。
外国人もどっぷりその社会に浸れば結構ドロドロしてます。
でも表面的にはとてもコミュニケーションが上手なんですよね。そこが大人だなと思います。

ワンマンさんのスピーチ聞いてみたいです。
私のときもよろしくお願いしますネ。(笑)

>tatsuroさんへ

言葉が上手いというか、誉め上手な感じがしました。何をやっても「nice! perfect! good choice!」などと言われると、私ってすごい?と勘違いしそうです。
ボキャブラリーは少なくても、誉めて誉めて誉め倒す。
これはとっても勉強になりました。
tatsuroさんもぜひNYでもどこでも国外へ出て体感されてください。
日頃誉められることが少ないと、すっごく爽快ですヨ。
6. Posted by gonsuke   2007年05月24日 11:25
慣れない頃、モデルハウスでお客様からアンケートを取るときも、事情聴取みたいなことをしてしまっていました。(恥ずかしい・見事に引かれましたが)コミュニケーションを上手く取れない時は、このような形になってしまいがちです。最近は、「yes」か「no」で答なければならないような質問は、人間関係ができていない人にはしないようにしています。性格は「おばちゃん風」なので、すぐお客様と親しくなれるのですが(笑)
7. Posted by ビルダーナース   2007年05月24日 23:25
>gonsukeさんへ

>>「yes」か「no」で答なければならないような質問は、人間関係ができていない人にはしないようにしています

そうですね。これは大事だと思います。
「おばちゃん風」なら相手も警戒心を抱かないでしょうし、プライベートなことに踏み込まないので、楽しい日常的な会話ができますね。
gonsukeさんのキャラなら幅広い世代の方と仲良くなれそうです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気