2007年02月03日

認知メカニズムの事例

職場で若手の女性と話していた時に、認知メカニズムがよくわかる体験をしたのでご紹介します。

彼女は既に他の人が書いたマニュアルを元に、更に自分の経験を加えてリニューアルしようとしていました。
でも既に書かれたそのマニュアルが何となく読みずらいからと、読んでいなかったそうです。
そちらを私も見たあと、彼女がリニューアル作成中のものも見て、明らかに両者の決定的な違いを発見。

既に書かれたものは文字だらけ、何枚ページをめくってもひたすら文字だけ。
一方彼女のはイラスト入りで行間もたっぷり。

マニュアル元である仕事の流れにたいした変更はありません。
なのに、この違い。
なぜだか理由がわかりますか??

これが個人差による認知メカニズムの違いなんです。
前回は小阪先生の本の事例を紹介した、色による大きい認知メカニズムでした。
今回の事例は個人差です。以前も紹介したことがありますが、理解を深めてほしいので何回でも表現を変えて説明させてもらいますね。

文字だらけのマニュアルを書いた人は、物事を文字で認識するタイプの人。
彼女はビジュアル、すなわちイメージで認識をするタイプの人。

お互い自分にとって心地良い認識タイプが異なるため、相手の作成したマニュアルは少し抵抗を感じるのでしょう。
彼女には、文字だけだと頭の中に仕事をイメージしにくいのです。
だからイラストを入れて抑揚を表現したマニュアルになるんですね。

文字だらけのマニュアルを書いた人は、何も不親切でそうしたのではないと思います。
自分が文字で認識するから他人も同じだと、疑っていないはずです。

ここが、落とし穴ですよ〜。

自分にとっての当たり前が、他人にも当たり前だと思ってはいけないのです。

一般的に、物事を
1、文字・言葉で認識する人
2、絵、イメージで認識する人
3、音、声でイメージする人
の3タイプあると言われています。

相手がどのタイプに人か見極めないまま商談を進めると、こちらが思うほど打っても響かないですから注意してください。
また自分がどのタイプなのか認識した上で、自分の当たり前が他人にもあてはまると思わないよう気をつけましょう。

ちなみに私は 3、音 イメージ派です。目が悪く耳が良いので、声や音を先に認識します。
顔も名前も一度で覚えられないけど、人の声だけは覚えてるんです。
そんな私のようなタイプには、ビジュアルの優れた資料もBGM付きでないと記憶にも残りにくい。

つまり発信側は、常に五感に訴えるように表現クセをつければ、タイプ別を考えなくともカバーできるってことになりますね。
難しいけど、まずは意識しましょう♪

 今日も人気ブログランキングに投票してね

「感性」のマーケティング 心と行動を読み解き、顧客をつかむ


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ワンマン   2007年02月03日 14:55
私のブログで紹介している「プロフェッショナルの仕事の流儀」今回の最後は当番組の司会も勤める脳科学者の茂木さんでした。
いつも持参しているPCには千曲以上入っていて字を書いたり、本を読んだり、体操したりその行動ごとに音楽を変えて取り組んでいるそうです。脳医学的にも気分転換できることがわかっているらしい。なんか解るような気がします。
ご参考ください。
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/070201/index.html
2. Posted by tatsuro   2007年02月04日 08:23
なるほど。。。
自分の当たり前は、相手によっては違うのか。
私は文字で認識してるのかな、やっぱり。
紙に書いて、紙に文字を書いて渡せば、万人押しなべて解ると思っているような気がする。。。気をつけよう。
3. Posted by ビルダーナース   2007年02月04日 21:23
>ワンマンさんへ

私もあの番組が好きでーす。茂木さんのお話面白かったですよね。
私も精神状態に応じて聞く音楽は変えているので、茂木さんの説明でその理由がよくわかりました。

>tatsuroさんへ

そーなんですよ、色んな人がいるので相手によってツールは使い分けるか、全てを網羅したツールを用意するか、した方が効果は高いと思います。

4. Posted by smooth@マインドマップ的読書感想文   2007年02月05日 17:46
ビルダーナースさん、こんばんは。

私の場合、本を選ぶ時に適度に図がないとダメなので、「絵、イメージで認識する人」なのかもしれません。

「行間ビッシリも」ダメですし(笑)。

ただ、ブログ書くときは「テキスト命」なので、ひたすら書くのみ(笑)!
5. Posted by gonsuke   2007年02月05日 20:44
>五感に訴えるように表現クセ
私も音、声でイメージする方かな。
ビルダーナースさんにアドバイス頂いて、現在モデルで始めた展開も、「五感に訴える」やり方ですね。不思議とヒーリングの音楽をかけていると、お客様が「興奮」「いらだち」が少なくなるような気がします。先日も、厳しいお客様との難しいお話の予定でしたが、お茶・映像・音楽でゆったりとお話することができました。もっとこの点を研究していきたいですね。

※ブログ仲間のリンクをはろうと思っています。よろしいでしょうか。
6. Posted by ビルダーナース   2007年02月05日 22:35
>smoothさんへ

smoothさんはきっと右脳と左脳のバランスがちょうどいいんだと思いますよ〜。
よく喋り、よく聞く、みたいな印象があります。

ブログの自分ツッコミがいつも面白いです。
思わずこっちもガンバ〜と心で声をかけております(笑)

>gonsukeさんへ

最近はいい意味で突き抜けた感じがするなーと思ったら、五感に夢中でしたか(笑)
ぜひじっくり研究されて極めてくださいっ!お客さまの心の動きを読めるようになったらしめたもの。

*リンクぜひお願いします♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Skypeでナースコール♪
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪