2006年11月14日

ほめて遣わす

いつもブログを読んでくださるgonsukeさんのブログで現場のモラルについて拝見し、ビルダーさんなら悩んだことのある問題だと思いましたので、私なりの解決策をご提案しますね。

 

どんな仕事でも人間関係やモラルの相違で頭を抱えたことはありますよね。

私もよく「なんでそんなんこと言わせるの?」と思うことや、「ちょっと聞いてよあの人さー」と相談されることもしばしばです。

まぁこれに正論で対応することほど、互いの溝を深めることはない。

 

何が当たり前かは人それぞれ基準値が違います。

自分の基準を相手に伝えれば、自分の基準が正しいことを前提に話をしていることになります。

その内容がどれだけ正論でも、正論なだけに素直に聞き入られることは少ないです。

 

自分の考える正しさを求めるのではなく、みんなが気持ちよくあるべき姿に納まるよう持っていくのが一番ではないでしょうか。

 

この場合現場をあるべき姿に持っていくには、元受けであるビルダーの権威を振りかざすことなく、お施主さまにも協力いただくといいと思います。

住み手の顔が見え続けた状態では現場でもいい加減なことはできないでしょうから、できるだけ10時と3時のお茶にはお施主さん自ら持っていってもらう。

この時「いつも現場を綺麗にしていただきありがとうございます。」

たとえ綺麗でなくともこう言ってもらうと効果バツグン。

ビルダーさんもたまに職人さんにそう声をかけてみてください。

 

綺麗にしてくれと言われるより、綺麗にしてくれてありがとうと言われると、思いのほか素直に人は動きますよ。

イヤイヤ綺麗にしてもらうより、綺麗にしようと自発的に動いてほしいし、それが定着してくれないと、余計な心配が増えますよね。

 

ほめて遣わす。

時間は多少かかりますが、これが人を動かし、効果を定着させたいときのコツですね。

ただし言う側にも相手に定着させるために根気は必要です。

私も仕事ではこの手で、ほしい結果に導けるよう関係者をほめまくります。

だから「必殺!ほめ殺し人」と呼ばれることもあります(笑)

 

 人気ブログランキングにご協力ください


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by マルイハウス   2006年11月14日 13:06
こんにちは ビルダーナース様

「必殺!ほめ殺し人」ですか?
私は小さなリホーム工事を、中古住宅の売買があるので、時々やっております。
お客様からのクレームがあれば、早急に
現場に向かい対応して、職人さんへ手配するんですが、なかなか現場に行って
もらえないで、やきもきすることが良くありますね。「それだけのことですぐには行けない。今の現場をぬけられない」という職人さんの気持ちは分かるんですが、お客様はその気持ちは分かりません。当たり前のことですが・・・。

最後は、ほめて遣わす。ということに
なるんでしょうか?


2. Posted by gonsuke   2006年11月14日 22:56
アドバイスありがとうございます。原因は、私が現場で見つけた何本かの「ビールの缶」です。私も建材営業時代、打ち合わせで現場によく行きましたが、午後の現場はビールの缶が置いてあるところが結構ありました。その缶が灰皿代わりに使われている。でも、それは2〜3年前の話。福岡であんな事件があってから、そんなことは、もうないと思っていました。特に現場では、仕事中でも、帰宅前でも、絶対あってはならないことです。飲酒運転の問題(車の運転は自分がしていないのかも、知れませんが)はホットな話題です。何かあっては遅いのです。現場監督を通じて、注意させましたが、明日、直接諭すつもりです。勿論、高飛車に怒るつもりはありません。でもいくら、「いい腕の職人」でも、社会のルールを守らない人と、仕事をするつもりはありません。今回の記事を参考に、相手に気付かせるやり方でやってみます。
3. Posted by tatsuro   2006年11月14日 23:52
ルールを守らない場合は即刻注意の上で
更にすぐさま,でも,ここはいいよね!と褒めるということですよね。
ルール違反を注意せずに,褒めるだけではないですよね。
褒め続けるのは,難しい。
落ち度を見付る事,人のやった事を批評するのは簡単です。
でも,褒め続けた人に裏切られたら,私が褒めた人が,陰で私の悪口言ったり私に責任転嫁してたら・・・・ここで褒めるのをやめるは私の器量の狭さでしょうか。

4. Posted by ビルダーナース   2006年11月15日 11:55
>マルイハウスさんへ

これまたよく聞くお話ですね。
お客様の顔が見えないと、職人さんも日々の仕事に流されますし、かと言ってビルダー側がぎゃんぎゃん言うと、関係も険悪になりそうです。
住み手の存在を職人さんに意識させる工夫が必要かもしれません。
時間はかかりますが、「あなたのリフォーム工事のおかげでお客様がこんなに喜んでる」ということを伝え続けるといいですね。
職人さんとの日頃の人間関係が物を言うと思いますので、日常的にどう接するかを考えていかれてくださいませ。
基本はやはりほめて、相手の気を良くすることが大事だと思いますよ。

ご質問などありましたらまたコメントください。

5. Posted by ビルダーナース   2006年11月15日 12:02
>gonsukeさんへ

「ビールの缶」が現場から?!
それはモラル以上の法律違反ですね。
そこまでとは思いませんでした。
諭して改善いただけないなら、今後の仕事は厳しいですね・・・。
今後のためにもどうしてそういう事態になるのか解明は必要だとは思いますが。
なぜそうなんでしょう??
何か気持ちがささくれ立ってるのか、半分アルコール依存症なのか。
気持ちの問題なら話してわかってもらえるかもしれません。
でもアルコール依存症なら何を言っても無理ですよねぇ。

いずれにせよ、「社会のルールを守らない人と、仕事をするつもりはありません。」
というgonsukeさんの姿勢に同感です。
何か事故があっては遅いので、法律でも縛られている以上、守るべき行為は守ってもらいましょう。
6. Posted by ビルダーナース   2006年11月15日 12:10
>tatsuroさんへ

>ルール違反を注意せずに,褒めるだけではないですよね。

もちろんです。
注意とほめるのバランスは難しいところですが、注意する際もなぜ守ってほしいのかを改めて伝えていく努力は必要だと思います。
そんなのわかってるだろーという姿勢では聞き入れてもらえないかもしれませんので。
自分の想いや姿勢を絶えず伝え続けた方がいいと私は思ってます。
たとえ陰口を言われても、見てくれてる人は必ずいますよー。
「なぜ」を伝え続け、自分の軸をぶらさず貫けば、自然と味方が増えます。
tatsuroさんの信念を貫いてくださいね。
7. Posted by ワンマン   2006年11月15日 23:25
この夏毎日4,5件の現場巡回をしているとき、ある現場で普通に、汚れた建具枠を拭き養生カバーを取り付けていたら近くにいた職人が手を止めて違う建具のところで同じ作業を始めました。職人になりたての頃は親方や棟梁から整理整頓を叩き込まれているはずです。使う側が強い意思と姿勢を見せていく必要があるなぁと痛感しました。
8. Posted by gonsuke   2006年11月16日 07:35
昨日本人と、直接会って話しました。「悪い事」というのは、自覚しているようで、素直に謝って来られました。私より年上でベテランの方です。原因は・・・。「どの工務店の現場でも、何の注意も受けないから」だそうです。ということは、まだまだ建築業界は、社会的な常識が不十分だということでしょう。わが社のスタッフも、私以外住宅会社出身ですが、「信じられない」とビックリしていました。しかし、価格優先の分譲住宅の現場なんかでは、今だにこんな感覚の方たくさんいるようですね。もう少し実績を伸ばした暁には、マナーや常識の勉強会を行なって行きたいと思います。今のところは、現場巡回ですね。監督が弱いところは、私がカバーしなくてはいけません。とりあえずビルダーナースさんの姿勢で、注意の後、お茶とコーヒーを2ケース現場用に差し入れしました。勿論ディスカウントで買いましたが(笑)
9. Posted by ビルダーナース   2006年11月16日 15:12
>ワンマンさんへ

>整理整頓を叩き込まれているはずです

それでもできない方っていますよね。
気がつかない、目がいかないというか・・・。
だからこそ
>使う側が強い意思と姿勢を見せていく必要があるなぁ
というのに同感です。
あんまり怒らず、淡々と背中を見せるということが大事なんでしょうね。

整理整頓は男女関わらず、できない人は何回も言ってもできないです。
困りものです。。。。
10. Posted by ビルダーナース   2006年11月16日 15:17
>gonsukeさんへ

素直に謝って来られて良かったですね。
でも原因は今まで注意されてないからなんですか??
そういう問題でもないですよね、法律違反ですよー。
確かに分譲建売現場ではよく聞く話ですが。

差し入れしたお茶とコーヒーで休憩時間を楽しんでいただけると良いですね〜。
少なくとも気持ちは伝わったでしょうし、優しく諭せばgonsukeさんをお父さんのように慕ってくるかもしれませんね(笑)
モラルの底上げ必要で、大変でしょうが、竣工まで乗り切ってください!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ビルダーナースです
アラフォー女子。
A型。かに座。7月11日生まれ。
千葉市花見川区育ち。千葉→東京→千葉→名古屋→広島と移動し、現在は広島市在住。双子の片割れ(兄)がいます。

趣味は家事、映画、読書、散歩、人間観察。


技術屋で建築家の社長と2人で地場ビルダーを立ち上げた経験あり。


立ち上げ当初は業績も順調でしたが、3年目に大きな壁にぶつかりました。

この時、技術力やデザイン力だけではなく、PRやマーケティングを真剣に考えるようになりました。そこで主にHPで集客するスベを身に着け、金なし、地縁なし、営業マンなしで、なんとか受注できるようになりました。


得意なことは集客デザイン。そのためのHP制作やチラシ・カタログ・パンフレットの企画、制作・マーケティング施策の企画。コーチングを通してその施策を継続できるようサポートすること。


現在は工務店・ビルダー・職人・設計士さんのコンサルティングやコーチング、執筆活動などを通じて地場でがんばる方々を実務面とスピリチュアルな面から支援しています。


テクニックやスキルも大事ですが、心のあり方も大きく経営には影響します。


どうやって心を整えていけば良いかも、コーチングなどではお話させてもらうことが増えました。




人口減少、空き家の増加、職人不足などなど業界を取り巻く環境は明るくはありません。

だからこそ、スピリチュアルな視点でのサポートを通じ、心のあり方が自分を取り巻く環境を変えていけることを、一人でも多くの方に体感いただきたいなと思います。


このブログで、私のサポートを必要としている方とのご縁がありますように☆

詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

ご連絡はこちらをクリック!
メールはこちらから
Twitterでフォローしてね
Skypeでナースコール♪
工務店コミュニティの案内
「自立する工務店の会」は、ラブ&オープンの精神で同じ志を持つ仲間が集まり、絆を深め情報を交換し、それを実践しながら共に成長することを目指します!!
私もこの活動を応援しています。費用はかかりません。愛が活動の源です。 活動がブログからFacebookへと移行しました。仲間の輪に加わりたい方は、個別にご連絡くださいませ。
住宅リフォーム補助金・支援検索
全国地図から自分の住む市町村別補助金・支援情報が簡単に検索できます。


空き家でお困りの方へ
空き家の管理でお困りの方、リフォームや片づけを検討されている方は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」へ。

相談窓口検索サイトでは、地方公共団体等が実施している相談窓口の情報を検索できます。

※情報提供元:空き家に関する相談窓口を持つ各都道府県の地方公共団体等
コメントありがとう☆
住宅系書籍の案内
聞いてね!音声ブログ
音声ブログもやってます。こちらも日々のお仕事にお役立てください☆


バナーをクリックしてネ♪

広島県の天気